トピックス

国際モダンホスピタルショウ2017

 医療・介護・福祉関連製品を展示したイベント「国際モダンホスピタルショウ2017」が、有明の東京ビッグサイトで7月12日~14日の3日間にわたって開催された。  今回のテーマは、「健康・医療・福祉の未来をひらく-連携と地域包括ケアの充実を目指して」。全国各地で取り組みが進んでいる地域包括ケア構築の…

アライドテレシス/医療機関向け情報ネットワークセミナーを開催

 アライドテレシスは、6月13日から7月7日にかけて「医療機関向け情報ネットワークセミナー―情報端末との接続連携、課題とさらなる展開」を、全国9会場(札幌、秋田、東京、群馬、金沢、茨城、福岡、大阪、静岡)で順次開催した。  同セミナーは、病院情報ネットワークの基礎知識、無線ソリューションの最新事情の…

重粒子線治療施設設立者協議会/国内5施設が連携して設立

 国内で稼働中の重粒子線がん治療施設を所有する5機関は、『全国重粒子線治療施設設立者協議会』を設立し、7月6日に発明会館(東京・港区)で設立記者会見を行った。  所有5機関とは、①国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(治療施設:放射線医学総合研究所)、②兵庫県(同:県立粒子線医療センター)、③国立…

GEヘルスケア・ジャパン/超音波診断装置新製品発表会

 GEヘルスケア・ジャパンは、7月6日にマンダリン オリエンタル 東京(東京・中央区)にて、超音波診断装置「Vscan Extend」の新製品発表会を開催した。  Vscanシリーズは、ポータブル超音波診断装置の先駆けとして成功し、2010年の発売以来、日本国内の販売実績が5,200台を超える。今回発…

第5回モニタ精度管理セミナー

 公益社団法人日本診療放射線技師会(JART)と一般社団法人日本画像医療システム工業会(JIRA)は7月1日、JART講義室(東京・港区)において、第5回モニタ精度管理セミナーを開催した。  同セミナーは、医用画像表示モニタの基礎知識からモニタの品質管理のデモンストレーションやモニタ実機によるヒヤ…

JETRO/MEJと業務協力に関する覚書を締結

 日本貿易振興機構(以下JETRO)と一般社団法人Medical Exellence JAPAN(以下MEJ)は、7月3日にJETRO本部(東京・港区)において、業務協力に関する覚書を締結した。目的は日本の医療機器・サービス企業等の海外展開の支援。出席者は、JETRO理事長の石毛博行氏とMEJ理事長…

第92回日本医療機器学会大会

 一般社団法人日本医療機器学会主催の第92回日本医療機器学会大会は、6月29日から7月1日までの3日間、パシフィコ横浜で開催された。大会長は加納 隆氏(滋慶医療科学大学院大)で、大会テーマは「新たな医療技術との出会いを求めて」。  大会では、特別講演、教育講演、セミナー、シンポジウムなどが行われ、安…

日本看護協会/新会長・新執行部紹介と事業概要を説明

 日本看護協会は、6月27日に同協会(東京・渋谷区)にて、新会長就任後初の記者会見を行い、今年度の活動方針を発表した。  冒頭、6月7日に行われた平成29年度通常総会において新しく会長に選出された福井トシ子氏は、「2025年問題を見据え、社会保障制度改革が加速している。2015年に公表した『看護の…

GEヘルスケア・ジャパン/自己圧迫機能を搭載したマンモグラフィ装置を発売

 GEヘルスケア・ジャパンは、昨年10月に発表したマンモグラフィ装置「Senographe Pristina」にオプション搭載可能な自己圧迫機能「Self‐Compression(セルフコンプレッション)」を発売した。  Self‐Compressionは、術者が最適な撮像ポジショニングと圧迫レベルの…

日立製作所/中小規模医療機関向け電子カルテを強化

 日立製作所は、中小規模病院向けの電子カルテシステム「Open‐Karte」シリーズについて、電子カルテに蓄積されている診療データの分析や介護システムとの連携機能を強化する。第一弾として、電子カルテに蓄積されている診療データを分析することで医療の質向上と経営の効率化を支援する「医療分析ソリューション…

国立がん研究センター・日本電気/人工知能(AI)を活用したリアルタイム内視鏡診断サポートシステムを開発

 国立がん研究センターと日本電気(NEC)は、人工知能(AI)を用い、大腸がんおよび前がん病変(大腸腫瘍性ポリープ)を内視鏡検査時にリアルタイムに発見するシステムの開発に成功した。  このリアルタイム内視鏡診断サポートシステムは、大腸の内視鏡検査時に撮影される画像で大腸がんおよび前がん病変をリアル…

インターシステムズジャパン/医療連携ソリューションを千葉大病院がシステム間連携・データ分析プラットフォームとして採用

 インターシステムズジャパンは、同社の医療連携ソリューション「InterSystems Healthcare(ヘルスシェア)」が、千葉大学医学部附属病院が開発したPHR(パーソナルヘルスレコード)システム「SHACHI(シャチ、Social Health Assist CHIba)」の拡張機能で、シス…

EIZO/4K映像伝送による血管内治療・遠隔医療指導の実証実験を実施

 EIZOは、金沢大学と芳珠記念病院、およびPFUの子会社であるPFUビジネスフォアランナーと、遠隔地の病院間で4K映像伝送を用いた血管内治療・遠隔医療指導の実証実験を実施した。  EIZOと金沢大学、およびPFUビジネスフォアランナーは、これまで遠隔医療指導システムの実現を目指し、金沢大学病院内…

保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)/第7期定時社員総会

 保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)は、6月13日に経団連会館(東京・千代田区)で第7期定時社員総会を開催した。平成28年度の事業報告と収支決算、平成29年度の事業計画および収支予算書が満場一致で承認された。  平成29年度の事業計画では、JAHISとして中期計画2019の運営方針に基づ…

TOPへ