キヤノンITソリューションズ他/医療情報システム向けAWS利用リファレンスを共同で作成・提供開始

キヤノンITソリューションズ他/医療情報システム向けAWS利用リファレンスを共同で作成・提供開始

 キヤノンITソリューションズ、日本電気、日立システムズ、フィラーシステムズの4社は、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)の環境において、医療情報を取り扱う際に参照される各種ガイドラインに対応するための「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」を共同で作成し、本年7月を目途に無償で提供を開始する。
 同リファレンス文書により、医療機関や医療情報システム事業者は、各ガイドラインで定められたセキュリティ対策・安全管理に対し、AWSのクラウドサービスが適合するか簡単に調査することができ、調査期間を大幅に短縮することが可能。また、共同でリファレンス文書を作成した4社は、医療情報の取り扱いや各ガイドラインに関する知見を生かしてAWS導入支援サービスなど関連するサービスを各社それぞれ提供し、システムコストの最適化や運用管理の効率化を支援していく。
 4社は、米国で医療情報システムのクラウド基盤として多くの事業者に利用された実績を有し、セキュアで柔軟かつ低コストのクラウドサービスを実現可能なAWS環境で、医療情報システムの様々な要件に対応するための考え方や関連する情報を整理検討した文書を提供することにより、医療情報システムにおけるAWS環境の活用を促進し、システムコストの最適化や運用管理の効率化を支援する各種のITサービスを広く提供する。
 第一弾の取り組みとして、医療情報を受託する事業者となる立場の情報処理事業者に求められる経済産業省発行の「医療情報を受託管理する情報処理事業者向けガイドライン」に関するリファレンスを提供開始する予定である。また、今後その他のガイドラインに対応するリファレンスも年内を目途に順次提供していく。その中では、現在改訂作業が進められており、本年7月を目途に公開が予定されている「クラウドサービス事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン(第1版)」にも取り組む予定である。
 今回提供開始するリファレンスは、経済産業省発行の「医療情報を受託管理する情報処理事業者向けガイドライン」の要求事項について「AWSの該当事項に関する対応情報」「ユーザーが医療情報システムをAWS上に構築する際の該当事項」「ユーザーの該当事項に関するAWSテクノロジーの活用方法」を解説している。また、AWS環境上での医療情報システムを実装する際に考慮すべき事項や、AWS環境全体の安全で効率的な活用方法についての情報を整理して記載している。


その他の記事

アボットジャパン/クラウドを活用した新たなデータ管理システム「リブレView」を提供開始

 アボットジャパン(本社: 東京都港区)は、クラウドベースの糖尿病患者データ管理システム「リブレ View」を、2020年10月29日、糖尿病患者及び医療従事者向けに提供を開始した。日本国内で「FreeStyleリブレ」を利用している全ての糖尿病患者および医療従事者は、グルコースデータを紙や電子記録でやり取りせずに、クラ…

OKIデータ/「究極のユーザビリティ」を実現したカラーLEDプリンターを新発売

OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社:東京都港区)は、医療や流通・小売業など、印刷が欠かせないユーザーの“限られたスペースでのプリンター運用”という課題解決にフォーカスし、クラス世界最小の本体サイズ注1および設置スペース・メンテナンススペースの最小化注2と高い生産性を両立し「究極のユーザビリ…

近畿大学病院/患者向けスマートフォンアプリ 電子カルテと連動することで快適な通院生活を実現

 近畿大学病院(大阪府大阪狭山市)は、患者満足度向上と院内の混雑緩和、病院職員の負担軽減などを目的に、患者のスマートフォンと電子カルテシステムを連携して活用するアプリケーション「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-コンシェルジュ(以下、HOPE LifeMark-コンシェルジュ)」(製作:富士通)を、…

インターシステムズ/セルフサービスBI機能を提供する新しいソリューションInterSystems IRIS Adaptive Analyticsを発表

 インターシステムズは、10月22日、InterSystems IRIS(R) Data PlatformとInterSystems IRIS for Health(TM)で提供される新しいソリューションInterSystems IRIS Adaptive Analyticsを発表した。 このソリューションは、ライブデータの可視化、分析、照会を行い、ITやデータ担当が集中管理できる機能を提供して、データ…

メディカル・データ・ビジョン/医師が患者情報確認できるオンライン診療を10月27日に開始

 メディカル・データ・ビジョン(東京都千代田区、以下「MDV」)は10月27日にパソコンやスマートフォンなどの情報通信機器を通じたオンライン診療システム「オンラインドクターバンク、(以下、ODB)」サービスの提供を開始する。ODBで医師は、既往歴や受診歴などの患者情報を確認した上で、診察をすることができる。ODB…

エルピクセル/胸部X線画像から胸腔内の空気含有面積を計測するEIRL Chest Metry、医療機器製造販売認証を取得

 エルピクセル(本社:東京都千代田区)は、 胸部X線画像から胸腔内の空気含有面積を計測する医用画像解析ソフトウェアEIRL Chest Metryについて、 「医薬品、 医療機器等の品質、 有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」に基づき、 2020年9月28日、 指定管理医療機器の製造販売認証(認証番号:3…

シーメンスヘルスケア/胸部CT画像における「AI画像解析受託サービス」のトライアル提供を開始

 シーメンスヘルスケアは、医療機関において飛躍的に増加する画像診断業務に対して、AI技術*1によって画像解析処理をする胸部CT画像を対象とした「AI画像解析受託サービス」を本年6月をめどに開始する。本サービスはトライアルとして期間限定で提供され、シーメンスヘルスケアのAI技術に対する市場評価の獲得と、クラウド…

キヤノンメディカルシステムズ/次世代三次元レンダリング技術 “Global Illumination”の販売を開始

 キヤノンメディカルシステムズは、次世代三次元レンダリング技術”Global Illumination(グローバル イルミネーション)”を医用画像処理ワークステーションVitreaに搭載し、今月より販売を開始する。 キヤノンメディカルシステムズはCT、MR、X線アンギオなどのモダリティで撮像された画像から三次元画像の生成、各種定量…

島津製作所/「AVS支援システム」(研究用途向け)の展開を開始

 島津製作所は、血管撮影システムによって得たX線画像と液体クロマトグラフ質量分析計システム(LC-MS)による分析結果を融合記録し、効率的かつ迅速な血液分析を実現する研究用途向けの「AVS支援システム」を4月9日に発売する。 本システムは、X線画像と分析結果を融合して記録するソフトウェア「Sampling Viewer(サ…

インターシステムズジャパン/InterSystems IRIS Data Platformが、Docker Store で利用可能に

 医療、ビジネス、官公庁向け情報技術プラットフォームのグローバルリーダーであるインターシステムズは、4月2日、InterSystems IRIS Data Platform Community Editionが、認定されたデータプラットフォームとしてDocker Storeで利用可能になり、Docker Enterprise Edition(Docker EE)上で使用できるようになったことを発…

PHCホールディングス/新代表取締役社長 兼 CEOの就任について発表

 PHCホールディングス(以下「PHCHD」)は、2019年4月1日付けでマイケル・クロス氏が代表取締役社長 兼 CEOに就任したことを発表した。 マイケル・クロス氏は、バイエルAGにおける職務を通じて20年にわたりヘルスケア業界に携わってきた。2016年には、バイエルAGの糖尿病ケア事業がPHCHDによって買収されたことに伴い…

日立製作所/日立の放射線治療システムを導入した永守記念最先端がん治療研究センターが治療開始

 日立製作所(以下、日立)の放射線治療システムを導入した京都府立医科大学永守記念最先端がん治療研究センター(以下、永守記念最先端がん治療研究センター)が、2019年4月1日から治療を開始した。 日立は、永守記念最先端がん治療研究センター向けに放射線治療システムである陽子線治療システム「PROBEAT-CR」、および…

富士フイルムと大阪大学/共同研究講座を設置

 富士フイルムと、大阪大学は、大阪大学大学院医学系研究科に、人工知能(AI)を用いた医用画像診断支援システムや、病変箇所だと判断した思考プロセスを「説明できるAI(XAI:Explainable AI)」(*1)など高度なAI技術を開発する共同研究講座(*2)を2019年4月より開設する。 【共同研究講座設置の目的】 近年、…

インターシステムズ/ InterSystems IRIS Data Platform 2019.1 を発表

 インターシステムズは、本日、InterSystems IRIS Data Platform 2019.1が利用可能になったことを発表した。これは、インターシステムズの旗艦製品であるInterSystems IRISの3回目の発表で、性能、拡張性、クラウドサポート、連携機能などが向上し、さらにJava、Python、C#での開発をサポートしている。 InterSystems …

TOPへ