富士通Japan/診療データの利活用により病院のDXを加速する大中規模病院向けクラウド型電子カルテサービスを提供開始

 富士通Japanは、診療データの利活用により病院のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速するため、国内市場でトップシェアの電子カルテシステム(注1)と医事会計システムをクラウド化した500床規模の大中規模病院向けクラウド型電子カルテサービス「Fujitsu ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-HX Cloud (ホープ ライフマーク エイチエックス クラウド)」(以下、「HOPE LifeMark-HX Cloud」)を、2022年8月1日より提供開始する。
 本サービスは、クラウド化によりAI問診など外部サービスとの連携に必要なWEB-API(注2)が利用しやすくなるため、さらなる患者サービスの向上や院内業務の効率化、および病院経営の改善に貢献する。また、次世代医療情報標準規格であるHL7 FHIR(注3)に対応しており、医療情報連携の強化と診療データの利活用を促進する。
 今後、当社は、さらに500床以上の大規模な病院へと本サービスを展開するとともに、電子カルテと接続する臨床検査システムや診療画像システムなどの関連システムをクラウド化することで健康・医療に関わる様々なサービスとの連携を実現することにより、 患者や医療従事者、地域社会に対して、データの利活用による新たな価値を提供し、よりよい社会を実現するDXを推進していく。

【 「HOPE LifeMark-HX Cloud」の特長 】
1. 次世代医療情報交換規格のHL7 FHIRに準拠
 クラウド化によりWEB-APIが利用しやすくなるほか、医療情報交換のために厚生労働省電子的診療情報交換推進事業(Standardized Structured Medical Information eXchange)において策定された規約であるSS-MIX2(注4)、および次世代医療情報標準規格であるHL7 FHIRにも対応しているため、医療情報連携の強化と診療データの一層の利活用を促進する。

2. 富士通のデータセンターを基盤とするセキュアで業務継続性を強化したシステム
 一般財団法人日本品質保証機構が定める、「データセンター安全対策適合証明(注5)」を取得した富士通のデータセンターで運用することにより、 安心・安全なクラウド型電子カルテサービスとして提供する。また、データセンター内においてハードウェアの二重化やフェールオーバー(注6)機能の搭載などのほか、災害時の回線不通対策として複数キャリアを用いた回線の二重化や電子カルテデータを参照できる専用サーバを院内に配置することで、業務継続性を強化した。

3. システムのトータルコスト削減と保守スタイルの変革
 電子カルテや医事会計サーバをクラウド化することで、 同ソリューションのオンプレミス型と比較して約50%程度サーバ数を削減でき、サーバの購入や設置に関わる初期投資だけでなく、定期保守やハード故障時の保守といったサーバ管理費、電気代、サーバルームの空調維持費など稼働後の運用までトータルでシステムコストの削減が可能となる。また、当社がこれまでの稼働実績により培ったシステムの導入手法、および電子カルテシステムの各種設定に関わるマスタ、 医師や看護師の入力を支援するテンプレートをはじめとするコンテンツ群を活用することで、システム導入時の顧客の準備作業を軽減し、プロジェクト開始からシステム稼働までの期間を短縮する。
 さらに、システム運用においては、診療支援に役立つ便利な機能の追加など定期的なアップデート情報の適用および診療報酬改定への対応を実施し、顧客環境の資源最新化を一元管理することで、顧客はいち早く新機能を利用することができる。

(注1) 国内市場でトップシェアの電子カルテシステム:
エムイー振興協会「医療機器システム白書2021」の「病院情報システム(HIS)稼働状況」による。
(注2) WEB-API::
Web Application Programming Interfaceの略。 Webサイトなどの開発を効率的に行うための技術。
(注3) HL7 FHIR:
HL7(Health Level Seven) Fast Healthcare Interoperability Resourceの略。 HL7協会によって作成された次世代標準規格。 HL7協会は、 医療情報の標準規格の開発やその普及促進を目的とする団体。 医療情報標準規格は、 保健医療分野の適切な情報化に資することを目的に制定された規格。
(注4) SS-MIX2:
Standardized Structured Medical Information eXchangeの略。 すべての医療機関を対象とした医療情報の交
換・共有による医療の質の向上を目的とした厚生労働省電子的診療情報交換推進事業。
(注5) データセンター安全対策適合証明:
一般財団法人日本品質保証機構(JQA)が長年のセキュリティ検査を通して培った技術と経験を基に、 データセンターの安全対策基準に基づく適合証明を実施。
(注6) フェールオーバー:
稼働中のシステムに問題が生じてサーバが停止してしまった際に、 自動的に待機サーバに切り替える仕組み。

問い合わせ先=富士通Japan
TEL:0120-835-554


その他の記事

シーメンスヘルスケア/フォトンカウンティング搭載の次世代CT…

 シーメンスヘルスケア(東京都品川区)は、日本初のフォトンカウンティング検出器を搭載した次世代CT「NAEOTOM Alpha(ネオトム アルファ)」の国内2台目の導入が、メディカルスキャニング東京となったことを発表した。  なお、メディカルスキャニング東京では本製品を使用した診断は2022年8月1日より開始している。 …

メドレー/クラウド診療支援システム「CLINICS」を大幅アップデ…

 メドレーは、クラウド診療支援システム「CLINICS(クリニクス)」を大幅にアップデートし、予約から会計までの医療機関の診療業務全体をワンストップで効率化できるソリューションとして、2022年8月1日より提供を開始した。本アップデートにより、「CLINICS」は、対面診療/オンライン診療を問わず、「予約・問診・診察…

メドレー/ドコモ共同運営のオンライン診療・服薬指導アプリ「C…

 メドレーは、ドコモと共同運営するオンライン診療・服薬指導アプリ「CLINICS」に、ドコモが提供する電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」が2023年9月30日をもってサービス統合されることを発表した。あわせて、ドコモ提供の薬局向け管理システムを利用している薬局には、「CLINICS」と連携するメドレー提供のかかり…

バリアンメディカルシステムズ/京都大学医学部附属病院にて密…

 「BRAVOS」は5年以上の研究に基づき開発され、他のVarian製品とも親和性が高く統合化されたシステムで、小線源治療の手順をよりシンプルに、ワークフローの効率化に貢献する製品である。  密封小線源治療は、局所的に高線量を照射することができ、周囲の正常な臓器への線量の低減にも貢献することができる。「BRAVOSア…

キヤノングループにおけるヘルスケアIT事業強化に向けた組織再…

 キヤノンマーケティングジャパン(以下キヤノンMJ)、キヤノンMJの子会社であるキヤノンITSメディカル(以下キヤノンIM)およびキヤノンメディカルシステムズ(以下、キヤノンメディカル)は、キヤノングループにおけるヘルスケアIT事業の強化に向けて、キヤノンメディカルの電子カルテや医事会計システムなど病院情報シ…

シーメンスヘルスケアとバイエル薬品/共同開発による MRI用イ…

 シーメンスヘルスケア(本社:東京都品川区)とバイエル薬品(本社:大阪市)は、共同開発を行ったMRI用イメージングシステムインターフェース(ISI)の国内における販売を本日、開始した。  ISI(アイエスアイ)は、Siemens Healthineers AG(ドイツ)とBayer AG(ドイツ)が共同開発した、シーメンスヘルスケアのMRI…

ヘルスケアIT/DX動向研究コミュニティ “HILLS ” が…

 WATSON Coaching & Consulting Groupは、世界のヘルスケアIT/DX動向研究や情報共有、ならびに会員相互の交流等を⽬的として、この度会員制の勉強会「HILLS」(Healthcare IT Learning Leadership Society)をスタートさせた。  世界のヘルスケアITが加速度的に進歩する中、活動を通して国内のヘルスケアITにも変⾰の機…

キヤノンメディカルシステムズ/令和四年度全国発明表彰「経済…

 キヤノンメディカルシステムズ(本社︓栃木県大田原市)は、令和四年度全国発明表彰(主催︓公益社団法人発明協会)において、「低速微細血流を映像化する超音波映像装置用信号処理法の発明」(特許第 6553140号)が「経済産業大臣賞」および「発明実施功労賞」を受賞した。令和三年度全国発明表彰「恩賜発明賞」…

キヤノンメディカルシステムズ/診療所向け電子カルテ・医事会…

 キヤノンメディカルシステムズ(本社:栃木県大田原市)は、エムスリー(本社:東京都港区)と協議し、当社のヘルスケアIT事業部門が営む診療所向け電子カルテ・医事会計システム(TOSMEC製品)事業を、エムスリーの子会社として電子カルテ及び医療デジタルトランスフォーメーション(DX)事業を推進するエムスリーソリ…

NECと塩野義製薬/B型肝炎に対する治療ワクチンの創製を目指し…

 塩野義製薬(本社:大阪市中央区)と日本電気株式会社(本社:東京都港区、以下「NEC」)は、B型肝炎に対する新たな治療ワクチンの創製に関する共同研究契約を締結した。また、本共同研究には、AIを用いたバイオテクノロジー開発を手掛けるNECのグループ会社NEC OncoImmunity AS(NECオンコイミュニティ、本社:ノルウェー…

PHC/関節リウマチなどの患者の負担を軽減し、効率的な治療…

 医療機器や診断機器などを提供するPHC 診断薬事業部(以下、「PHC IVD」)は、2022年2月3日付けにて、TNF阻害薬用電動式医薬品注入器「APP-1000」を対象とした欧州医療機器規則(EU-MDR)の認証を取得した。  本製品は、抗炎症薬であるTNF阻害薬治療を受ける関節リウマチなどの患者が、在宅で、簡単且つ正確…

フィリップス /新しいビジネスモデル「MR Subscription(MRサ…

 フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、以下 フィリップス)は、新しいビジネスモデル「MR Subscription(MRサブスクリプション)」の販売を4月15日(金)より開始する。  従来のビジネスモデルでは、MRシステムの拡張や新しい機能の導入は容易ではなく、部門内での導入の検討時間や複雑な承認プロセスが必要で…

キヤノンメディカルシステムズとPSP/ヘルスケアITソリューショ…

 キヤノンメディカルシステムズ(本社︓栃木県大田原市 以下キヤノンメディカル)とPSP(本社︓東京都港区)は、国内医療施設向けのヘルスケアITソリューションにおいて協業に向けた基本合意を締結した。  今回の提携により、キヤノンメディカルが有する「AI解析技術」や「3D処理技術」と、PSPが有する「読影用ビュー…

富士フイルムと富士フイルムヘルスケア/グループとしてシナジ…

 富士フイルムは、富士フイルムヘルスケア(以下ヘルスケア社)をグループに加え、グループ企業間のシナジー効果創出の進捗とメディカルシステム事業の今後の成長戦略に関して4月5日、富士フイルム本社(東京・港区)で記者説明会を行った。登壇者は、秋山雅孝氏(富士フイルム執行役員メディカル事業部長)、山本章雄氏…

エルピクセル/医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysm、…

 エルピクセル(本社:東京都千代田区)は、 富士フイルムメディカル(本社:東京都港区)と提携し、同社が販売する読影ビューワSYNAPSE SAI viewerと医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysmの連携機能のサービス提供を開始した。 本連携機能により、SYNAPSE SAI viewer の導入施設が、EIRL Brain Aneurysmをスムー…

TOPへ