日立製作所/北海道大学と共同開発した2軸CBCT機能及び2軸四次元CBCT機能が医療機器の製造販売承認を取得     

日立製作所/北海道大学と共同開発した2軸CBCT機能及び2軸四次元CBCT機能が医療機器の製造販売承認を取得     

 北海道大学大学院医学研究院の清水伸一教授らの研究グループと日立製作所は, 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の「橋渡し研究戦略的推進プログラム」等の支援により, 新たな高精度陽子線治療のための2軸CBCT*1機能及び2軸四次元CBCT機能を開発し, 製造販売承認を取得した。これらの機能により, CBCT撮影の高速化及び動く部位の鮮明な三次元画像の取得が可能となり, 腫瘍に対する陽子線治療のさらなる高精度化が期待される。
※左図. 2軸CBCTの概要

 腫瘍に対する陽子線治療を高精度化するためには, 体内の情報をより詳細に把握することが必要。通常の二方向からの二次元X線画像から得られる骨の位置, 動体追跡技術*2によって得られる腫瘍の動きの情報に加えて, 腫瘍周辺の正常組織, 特に軟組織の位置・形状が把握できれば, 腫瘍への陽子線照射精度を高めると同時に, 正常組織への被ばくのリスクを大幅に低減することが可能となる。これを実現するため, 北海道大学と日立製作所は陽子線治療における回転ガントリー*3搭載型CBCTシステムを共同開発し, 2015年3月に医薬品医療機器等法*4に基づく医療機器の製造販売承認を取得した。
しかし, 従来のCBCTは撮影に時間を要する, また動く部位の撮影では鮮明な画像が得られないという課題があり, 適用可能な患者及び疾患に制約があった。
これらの課題を解決するため, 北海道大学と日立製作所はAMEDの「未来医療を実現する医療機器・システム開発事業」の支援を受け, 2軸CBCT機能及び2軸四次元CBCT機能を共同開発した。
2軸CBCT機能は, 回転ガントリーに搭載された互いに直交する二対のX線撮像系を同時に用いて撮影を行う技術で, CBCT撮影に要する時間をほぼ半減させることが可能となる。
2軸四次元CBCT機能は, 二対のX線撮像系を同時に用いることで体内の腫瘍内あるいは腫瘍近傍に留置された金マーカの三次元座標をリアルタイムで算出する動体追跡技術を応用し, 金マーカが計画位置から数ミリ以内に存在する状態で撮影された投影画像のみを用いてCBCT画像を再構成する技術で, 呼吸等により動く部位であっても鮮明な体内の三次元画像を取得することが可能となる。
北海道大学と日立製作所は, AMEDの「橋渡し研究戦略的推進プログラム」の支援を受け, 2軸CBCT機能及び2軸四次元CBCT機能の臨床的評価を実施, 医薬品医療機器等法に基づく医療機器の製造販売承認を申請し, 2020年9月10日に承認を取得した。

 2軸CBCT機能により, 従来のCBCT機能の課題であった撮影時間の大幅な削減が可能となり, 患者負担の軽減及び治療のスループット向上によるCBCTの実用性の向上が期待される。また, 2軸四次元CBCT機能により, 二次元のX線画像や従来のCBCTでは視認が困難であった動く部位における腫瘍及び周辺組織の鮮明な三次元画像を取得することが可能となり, 患者位置決め精度の飛躍的な改善が期待される。2軸CBCT機能及び2軸四次元CBCT機能の実用化により, より多くの患者に対して高精度な陽子線治療を提供することが可能になると考えられる。

本研究開発は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の以下の事業の支援を受けて行われた。
橋渡し研究戦略的推進プログラム「シーズB:動体追跡技術を発展させ, がん標的の3次元的形状と位置の時間的変化を把握する実体適合陽子線治療(Real-world Adaptive Proton Beam Therapy)システムの非臨床POC取得」(2018-2020, 研究開発代表者・清水伸一)(橋渡し研究支援拠点である北海道大学拠点の支援を受けて実施している。)
未来医療を実現する医療機器・システム開発事業 低侵襲がん診療装置研究開発プロジェクト「微粒子腫瘍マーカとリアルタイム3次元透視を融合した次世代高精度粒子線治療技術の開発」(2015-2018, 研究開発代表者・白土博樹)

*1CBCT … コーンビームCT(Cone Beam CT)のこと。治療装置のサイドに装備された撮影装置を使って, コーンビーム(円錐状のビーム)で撮影するCT。
*2動体追跡技術 … 腫瘍近傍に1.5ないしは2mmの金マーカを刺入し, CT装置であらかじめ腫瘍中心との関係を把握しておき, 2方向からのX線透視装置を利用し, 透視画像上の金マーカをパターン認識技術にて自動抽出, 空間上の位置を周期的に繰り返し計算する。そして, 金マーカが計画位置から数mmの範囲にある場合だけ照射。これを高速で行うことで, 呼吸などにより体内で位置が変動するがんでも高精度で照射を行うことが可能になる。
*3回転ガントリー … 放射線治療において, 治療ビームの出射方向を患者を中心に回転させることで, あらゆる角度からの治療を可能とする装置。
*4医薬品医療機器等法 … 医薬品, 医療機器等の品質, 有効性及び安全性の確保等に関する法律のこと。薬機法ともよばれる法律で, 医薬品・医薬部外品・化粧品・医療機器及び再生医療等製品の品質, 有効性及び安全性の確保を目的とし, 製品の製造販売承認や各種規制が定められている。

問い合わせ先=日立製作所 ライフ事業統括本部 ヘルスケア事業部
TEL 04-7131-4280


その他の記事

日本メドトロニック/TAVI用デバイス「Evolut(TM) PRO+ システム」の販売を開始

 日本メドトロニック(本社:東京都港区)は、重度大動脈弁狭窄症の患者を対象とした経カテーテル的大動脈弁置換術(以下、TAVI)用デバイス「Evolut(TM) PRO+(エボリュート プロプラス)システム」(以下、Evolut PRO+ )の販売を2020年10月5日より開始した。 大動脈弁狭窄症は、心臓の中にある弁のうち、酸素を含んだ…

フジデノロ/医用画像管理システム『SonicDICOM PACS MD』 クラウド版を国内医療機関向けに2020年12月より提供開始

 フジデノロ(愛知県小牧市)のグループ会社で、医用画像システムの開発を行なっている株式会社ジウン(福岡県福岡市)は、医用画像管理システム『SonicDICOM PACS MD』(認証番号:230AGBZX00016000)について、クラウドコンピューティングによる提供を可能とする、医薬品医療機器等法に基づく変更手続きを 2020 年 9 月 24 日…

オリンパス/ディスポーザブル滴下カテーテル『NT カテーテル』を発売

 オリンパスは、大腸内視鏡において、病変部の粘膜を色素で染色して拡大観察する色素内視鏡検査に用いるディスポーザブル滴下カテーテル「NTカテーテル」を 2020 年 11 月 5 日(木)から国内で発売する。本製品は、大腸内視鏡検査時に病変をより詳細に観察するために行う色素内視鏡検査の際に使用する、病変部の粘液の水…

済生会横浜市東部病院/内分泌腫瘍治療センターを11月1日(日)に新規設立

 社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部神奈川県済生会横浜市東部病院(神奈川県横浜市鶴見区、以下、当院)は、11 月 1 日(日)に内分泌腫瘍治療センターを新たに立ち上げた。 当センターは近年増加する患者の医療ニーズを充足するべく、当院所属の内分泌学会専門医、甲状腺学会専門医、脳神経外科学会専門医、頭頸部外科…

アボットジャパン/クラウドを活用した新たなデータ管理システム「リブレView」を提供開始

 アボットジャパン(本社: 東京都港区)は、クラウドベースの糖尿病患者データ管理システム「リブレ View」を、2020年10月29日、糖尿病患者及び医療従事者向けに提供を開始した。日本国内で「FreeStyleリブレ」を利用している全ての糖尿病患者および医療従事者は、グルコースデータを紙や電子記録でやり取りせずに、クラ…

OKIデータ/「究極のユーザビリティ」を実現したカラーLEDプリンターを新発売

OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社:東京都港区)は、医療や流通・小売業など、印刷が欠かせないユーザーの“限られたスペースでのプリンター運用”という課題解決にフォーカスし、クラス世界最小の本体サイズ注1および設置スペース・メンテナンススペースの最小化注2と高い生産性を両立し「究極のユーザビリ…

近畿大学病院/患者向けスマートフォンアプリ 電子カルテと連動することで快適な通院生活を実現

 近畿大学病院(大阪府大阪狭山市)は、患者満足度向上と院内の混雑緩和、病院職員の負担軽減などを目的に、患者のスマートフォンと電子カルテシステムを連携して活用するアプリケーション「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-コンシェルジュ(以下、HOPE LifeMark-コンシェルジュ)」(製作:富士通)を、…

インターシステムズ/セルフサービスBI機能を提供する新しいソリューションInterSystems IRIS Adaptive Analyticsを発表

 インターシステムズは、10月22日、InterSystems IRIS(R) Data PlatformとInterSystems IRIS for Health(TM)で提供される新しいソリューションInterSystems IRIS Adaptive Analyticsを発表した。 このソリューションは、ライブデータの可視化、分析、照会を行い、ITやデータ担当が集中管理できる機能を提供して、データ…

メディカル・データ・ビジョン/医師が患者情報確認できるオンライン診療を10月27日に開始

 メディカル・データ・ビジョン(東京都千代田区、以下「MDV」)は10月27日にパソコンやスマートフォンなどの情報通信機器を通じたオンライン診療システム「オンラインドクターバンク、(以下、ODB)」サービスの提供を開始する。ODBで医師は、既往歴や受診歴などの患者情報を確認した上で、診察をすることができる。ODB…

エルピクセル/胸部X線画像から胸腔内の空気含有面積を計測するEIRL Chest Metry、医療機器製造販売認証を取得

 エルピクセル(本社:東京都千代田区)は、 胸部X線画像から胸腔内の空気含有面積を計測する医用画像解析ソフトウェアEIRL Chest Metryについて、 「医薬品、 医療機器等の品質、 有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」に基づき、 2020年9月28日、 指定管理医療機器の製造販売認証(認証番号:3…

シーメンスヘルスケア/胸部CT画像における「AI画像解析受託サービス」のトライアル提供を開始

 シーメンスヘルスケアは、医療機関において飛躍的に増加する画像診断業務に対して、AI技術*1によって画像解析処理をする胸部CT画像を対象とした「AI画像解析受託サービス」を本年6月をめどに開始する。本サービスはトライアルとして期間限定で提供され、シーメンスヘルスケアのAI技術に対する市場評価の獲得と、クラウド…

キヤノンメディカルシステムズ/次世代三次元レンダリング技術 “Global Illumination”の販売を開始

 キヤノンメディカルシステムズは、次世代三次元レンダリング技術”Global Illumination(グローバル イルミネーション)”を医用画像処理ワークステーションVitreaに搭載し、今月より販売を開始する。 キヤノンメディカルシステムズはCT、MR、X線アンギオなどのモダリティで撮像された画像から三次元画像の生成、各種定量…

島津製作所/「AVS支援システム」(研究用途向け)の展開を開始

 島津製作所は、血管撮影システムによって得たX線画像と液体クロマトグラフ質量分析計システム(LC-MS)による分析結果を融合記録し、効率的かつ迅速な血液分析を実現する研究用途向けの「AVS支援システム」を4月9日に発売する。 本システムは、X線画像と分析結果を融合して記録するソフトウェア「Sampling Viewer(サ…

インターシステムズジャパン/InterSystems IRIS Data Platformが、Docker Store で利用可能に

 医療、ビジネス、官公庁向け情報技術プラットフォームのグローバルリーダーであるインターシステムズは、4月2日、InterSystems IRIS Data Platform Community Editionが、認定されたデータプラットフォームとしてDocker Storeで利用可能になり、Docker Enterprise Edition(Docker EE)上で使用できるようになったことを発…

TOPへ