日本メドトロニック/TAVI用デバイス「Evolut(TM) PRO+ システム」の販売を開始

 日本メドトロニック(本社:東京都港区)は、重度大動脈弁狭窄症の患者を対象とした経カテーテル的大動脈弁置換術(以下、TAVI)用デバイス「Evolut(TM) PRO+(エボリュート プロプラス)システム」(以下、Evolut PRO+ )の販売を2020年10月5日より開始した。
大動脈弁狭窄症は、心臓の中にある弁のうち、酸素を含んだ血液を全身へと送り出す際の出口にあたる大動脈弁が、加齢や動脈硬化により硬くなって十分に開かず、血液の流れが妨げられてしまう病気。日本における大動脈弁狭窄症を含む心臓弁膜症の潜在患者数は、推定200~300 万人といわれている(1)。従来の大動脈弁狭窄症の治療法(薬物治療、外科的治療、バルーン大動脈弁形成術)に加えて、日本では2013年から治療の選択肢に加わった「TAVI」は、胸を開かず心臓が動いている状態のまま、大腿動脈等を経由してカテーテル(細い管)を心臓に通し、人工弁(生体弁)を患者の心臓に植え込む治療法である。

Evolut PRO+ は、Evolut RおよびEvolut PRO の後継製品で、自己拡張型の生体弁によって大動脈弁狭窄症の患者の血液が全身へ十分に流れるよう血行動態(動脈・静脈・心臓内の圧力や血流量など)の改善を助けるほか、摩擦軽減のためにデリバリーカテーテルシステム先端のカプセルにPTFE製カプセルライナーを採用することで23/26/29mm用デリバリーカテーテルシステムのプロファイル(サイズ)の低減を実現し、血管径の小さい方が多い日本の患者にも使用しやすくなった。

さらに Evolut PRO+ には、機能不全に陥った外科生体弁に対するTAVI(TAV inSAV)の適応が追加された。TAV in SAVは再置換が必要となった外科生体弁の中にカテーテルで新しい生体弁を植え込むことで、弁機能を改善することが期待できる治療法である。大動脈弁閉鎖不全症や大動脈弁狭窄症の治療のために外科手術で植込まれた生体弁の耐久性は10~20年(2)とされており、石灰化や摩耗によって劣化し、再び弁置換術が必要となった場合に、TAV in SAVが採用されることがある。

【製品の特長】
① 良好なシーリング
Evolut PRO 生体弁の外側のアウタースカートは、PVLのさらなる抑制の可能性が示唆されている(3)。またEvolut PRO+ では、全てのサイズの生体弁にアウタースカートが追加され、シリーズ全体の特徴である良好なシーリングを提供することが期待される。

② Evolut RおよびPROの特長と実績を継承
ニチノール製自己拡張型フレーム、自己弁輪固有の形状に影響されることなく生体弁の弁尖部分で真円を描きやすく、広い弁口面積と適切なコアプテーション(弁尖の接合)を確保できるスープラアニュラー生体弁、リキャプチャー(再収納)機能を搭載したデリバリーカテーテルシステム、細い血管にも挿入可能なロープロファイルなど、従来のEvolut RおよびPRO で実績を積み重ねてきた特長を引き継いでいる。

③ 細い血管の患者さんに対応
Evolut PRO+ のスープラアニュラー生体弁はデリバリーカテーテルシステムを通じて留置され、適応のある最小血管径は5.0mm以上(4)。InLine(TM)(インライン)シースと呼ばれる、デリバリーカテーテルと一体型のイントロデューサシースを用いることにより、細い血管にも挿入可能なロープロファイルを実現し、血管径の小さい患者に対しても経大腿動脈によるTAVI治療の提供を可能にする。日本では、患者のサイズに適した生体弁サイズ(23mm、26mm、29mm、34mm)の選択が可能。

(1) 米国の弁膜症有病率(5) を日本の 18 歳以上の人口にあてはめて算出
(2) 日本循環器学会/日本胸部外科学会/日本血管外科学会/日本心臓血管外科学会合
同ガイドライン, 2020年改訂版 弁膜症治療のガイドライン
(3) Forrest JK, Williams MR, Popma JJ, et al. 30-Day Outcomes Following Transcatheter Aortic Valve Replacement With the Evolut PRO Valve in Commercial Use: A Report from the STS/ACC TVT Registry(TM). Presented at TCT 2018; San Diego, CA.
(4) 23mm、26mm、29mm用デリバリーカテーテルシステムの最小アクセス血管径
(5) Nkomo, et al., Burden of valvular heart diseases: a population-based study. Lancet. 2006; 368: 1005-1011

問い合わせ先=日本メドトロニック コミュニケーション本部 
TEL:03-6776-0002 Email: rs.japanprcom@medtronic.com 


その他の記事

シーメンスヘルスケア/緊急性の高い脳血管内治療に貢献する”シームレス”な救急救命・手術室を実現する新病院建設で柏葉会とパートナーシップを締結(24.6.12)

社会医療法人柏葉会(北海道札幌市)とシーメンスヘルスケア(東京都品川区)は、柏葉会が北海道札幌市内に新たに開院する札幌柏葉会病院の設立に関するパートナーシップを締結した。本パートナーシップは、柏葉会が現在札幌市内で運営している柏葉脳神経外科病院の移転・新築にあたり、脳神経外科領域における質の高い医…

日立製作所/関西初!車いす利用の際などの列車乗降介助が Web で申込み可能(24.6.12)

南海電気鉄道(社長兼COO:岡嶋 信行、以下「南海電鉄」)と泉北高速鉄道では、日立製作所の「移動制約者ご案内業務支援サービス」を導入した「南海・泉北サポートほっとネット」の運用を7月1日から開始する。これまで車いす利用など、介助を必要とする利用者は、来駅された際に駅係員に対して乗降の介助を必要とする…

オリンパス/インドに R&D 拠点立ち上げへ イノベーション創出をさらに強化(24.6.12)

オリンパスはこのたび、インド・テランガナ州ハイデラバードにて、研究開発戦略の一環で「オフショア・ディベロップメント・センター(以下、ODC)」の活動を開始した。最初の取り組みとして、グローバルに IT サービスを提供する HCL テクノロジーズ社(以下HCLTech、本社:ウッタル・プラデーシュ州ノイダ、インド)との…

弘前大学とNEC/共同研究講座「ヘルスケアAIシステム学講座」を開設(24.6.7)

国立大学法人弘前大学(以下 弘前大学)と、日本電気(以下 NEC)は、2024年4月1日付で、共同研究講座「ヘルスケアAIシステム学講座(英語表記:Department of Healthcare AI Systems)」を開設した。 人生100年時代を迎え、全ての人々が元気に活躍し続ける社会、安心して暮らすことができる社会を創造していくことが求めら…

バルコ/「One Barco Open House」製品ソリューション内覧会(24.6.6)

本日6月6日、東京都大田区平和島ビジターセンターにて製品展示会行ったバルコ(東京都大田区)は、1934年創業(本社ベルギー)の映像関連ソリューション企業である。その事業領域は、シネマやイベントなどのエンターテインメント/エンタープライズ/医療用ディスプレイなどヘルスケアの分野であり、各セグメントの映像ビ…

キヤノン/令和6年度全国発明表彰「朝日新聞社賞」受賞(24.6.5)

キヤノンは、公益社団法人発明協会が主催する令和6年度全国発明表彰において、「次世代天文観測を実現する高性能回折格子の発明」(特許登録第6253724号)で、「朝日新聞社賞」を受賞した。 全国発明表彰は、日本の科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に、公益社団法人発明協会が、多大な功績をあげた発明…

富士フイルム/AI技術を活用した内視鏡診断支援機能「CAD EYE(キャド アイ)」が診療報酬の加算対象に(24.6.3)

富士フイルム(本社:東京都港区)は、AI技術を活用した内視鏡診断支援機能「CAD EYE(キャド アイ)」の下部消化管用ソフトウェア「EW10-EC02」が、6月1日から診療報酬の加算対象となることが、厚生労働省より公表された。 「CAD EYE」は、富士フイルムがAI技術を活用して開発した内視鏡診断支援機能である。内視鏡検…

順天堂大学と富士通Japan/デジタル技術の活用によるレジリエントな災害医療体制の構築に向けた共同研究講座を開始(24.6.3)

順天堂 順天堂大学と富士通Japanは、大規模な自然災害やパンデミックなどで被災しても持続的な医療供給を可能とするレジリエントな災害医療体制の構築を目的とした共同研究講座「医療デジタルレジリエンス研究講座」を、2024年6月より3年間実施する。 本共同研究講座では、順天堂大学の救命救急・災害医療の知見をもと…

麻生とNEC/生成AIを活用して病院経営を支援する「病院経営マネジメントサービス」の実証実験を開始(24.5.30)

麻生のグループ病院である麻生 飯塚病院(以下 飯塚病院)とグループICT企業である麻生情報システムと日本電気(以下 NEC)は、飯塚病院の経営データをAIで分析し、その結果をもとに生成AIを活用して経営判断を示唆する「病院経営マネジメントサービス」の実証を本年4月から開始した。これは麻生とNECの、地域医療を支え持続可…

日立製作所/ニプロの再生医療等製品「ステミラック®注」を対象に バリューチェーン統合管理プラットフォームのサービス提供を開始(24.5.29)

日立製作所(以下、日立)は、ニプロ向けに、同社の再生医療等製品「ステミラック® 注」の供給管理で用いる「再生医療等製品バリューチェーン統合管理プラットフォーム/Hitachi Value Chain Traceability service for Regenerative Medicine(以下、「HVCT RM」)」のサービス提供を2024 年 5 月より開始した。 ニプロは、…

日鉄ソリューションズ/京大、国立がん研究センター東病院等とともに医療機関同士のリアルワールドデータの安全・迅速な連携目指す研究を開始(24.5.15)

 日鉄ソリューションズ(本社:東京都港区、以下「NSSOL」)は、厚生労働省の科学研究事業である臨床研究等ICT基盤構築・人工知能実装研究事業において、京都大学、大阪大学大学院医学系研究科医療情報学、国立がん研究センター東病院各機関委託の下、「リアルワールドデータの二次利用加速にむけた多施設データ処理方式…

JIRA/時代に即して5年ぶりに「産業ビジョン」を更新(24.5.1)

 日本画像医療システム工業会(以下JIRA)は、4月12日、2024国際医用画像総合展(ITEM in JRC2024)会場のパシフィコ横浜(西区)にて、毎年恒例の活動基本方針に関する記者会見を行った。JIRAは画像医療システム産業の将来像を描き、その実現のための方向性や目標を定めるために「JIRA画像医療システム産業ビジョン」を…

キヤノンメディカルシステムズ/令和6年春の褒章において紫綬褒章を受章(24.4.30)

 キヤノンメディカルシステムズ(本社:栃木県大田原市)は、令和 6 年春の褒章において、川岸 哲也(かわぎし てつや)氏が「紫綬褒章」を受章したことを発表した。紫綬褒章は、学術研究や芸術、文化などにおいて優れた功績を残した個人に国から授与される褒章のこと。  川岸氏は、従来は映像化できなかった生体内深部…

キヤノンメディカルシステムズ/医療AI事業展開の方針と今後の方向性を示唆(24.4.22)

 キヤノンメディカルシステムズは、4月5日、キヤノンマーケティングジャパン本社Sタワー(東京・港区)にて、メディア向けに「医療AIに関するラウンドテーブル」を開催した。  同ラウンドテーブルでは、ヘルスケアIT事業統括部部長の布施雅啓氏が、「医療業界を取り巻く環境とキヤノンの医療AIについて」及び「キヤノン…

シーメンスヘルスケア/新社長が診療所へのアピール含め中長期戦略を説明(24.4.22)

 シーメンスヘルスケアは、4月4日、本社のあるゲートシティ大崎ウェストタワー(東京・品川区)において「Siemens Healthineers事業戦略会」を開催した。  はじめに、4月1日付でSiemens Healthineers Varianのアジア・パシフィック・ジャパン リージョン代表に就任した森 秀顕氏が、「シーメンスヘルスケアの社長ならび…

TOPへ