OKIデータ/「究極のユーザビリティ」を実現したカラーLEDプリンターを新発売

OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社:東京都港区)は、医療や流通・小売業など、印刷が欠かせないユーザーの“限られたスペースでのプリンター運用”という課題解決にフォーカスし、クラス世界最小の本体サイズ注1および設置スペース・メンテナンススペースの最小化注2と高い生産性を両立し「究極のユーザビリティ注3」を実現した新商品として、カラーLEDプリンター「COREFIDO (コアフィード)C650dnw」(以下、C650dnw)を10月22日発表した。グローバルで20,000台/年、国内は10,000台/年の販売を見込んでおり、2020年11月下旬より出荷開始予定。
C650dnwは、限られたスペースでプリンターを利用する顧客の使い勝手(ユーザビリティ)の向上にこだわり、業界初の技術「Space Saving Technology(スペースセービングテクノロジー)」の搭載により、クラス世界最小の本体サイズ、設置スペース・メンテナンススペースの最小化と高い生産性の両立を実現している。
スペースセービングテクノロジーは、次の3つの新技術で構成される。
①イメージドラムなどの消耗品交換時はイメージドラムが格納されているバスケットを前面に引き出して、また紙詰まり発生時には用紙搬送路に前面からアクセスできるように上面側にバスケットを持ち上げて対応ができる「デュアルモーションドラムバスケットシステム」。
②装置内の空いたスペースにトナーを搬送するルートを自由に形成する「フレキシブルトナートランスポートシステム」。
③従来はトップカバーを開かないと交換できなかった定着器をダイレクトに着脱可能とする「定着器ダイレクトアクセスシステム」。
これらの新技術により本体サイズを小型化しただけでなく、消耗品・メンテナンス品の交換や紙詰まりの除去など、全てのメンテナンス作業が前面から行える業界初の「フルフロントアクセス構造」で、メンテナンススペースの最小化を実現した。

また、顧客の業務効率改善、生産性の向上に貢献すべく、毎分35ページ・ウォームアップタイム約11秒の高速印刷、装置寿命60万ページ(または5年)の高耐久性を実現した。さらに、低負荷現像方式の採用によりイメージドラムの長寿命化(印刷可能枚数5万枚)を図っているほか、特殊用紙(耐水紙、短冊熨斗、薬袋など)への印刷にも対応している。
なお、C650dnwは5年間無償保証注4、メンテナンス品5年間無償提供の長期無償サービス注5に対応している。

OKIデータは、光源に小型化が可能なLEDを使うなど、プリンターの小型化技術を追求してきた。今後も、印刷が欠かせない現場の生産性向上に貢献するとともに、限られたスペースでプリンターを運用するさまざまな業界のユーザーやシステム管理者へ出力機器を提供することで、企業が抱える課題の解決に貢献していく。また、プリンターの小型化技術を駆使して、システムインテグレーター(SIer)などが開発する業種・業務向けのシステム商材における“プリンターモジュール”としての販売を拡大していく。  
【注記】
注1:連続プリント速度25ppm以上(A4片面)のA4カラーLEDレーザープリンターの本体体積において。2020年9月現在。当社調べ。
注2:当社A4カラーLEDプリンターと比較して。
注3:当社従来機との比較。
注4:購入日から起算して5年以内に発生した故障について、当社保証規定に基づいて無償で修理するサービス
注5:購入日から起算して5年以内にメンテナンス品(定着器ユニット、転写ローラ、ベルトユニット、給紙ローラーセ
ット)が規定の交換寿命を迎えた場合、交換品を無償で提供するサービス。なお、交換作業は顧客が行う。

問い合わせ先=OKI 広報部 
 e-mail:press@oki.com


その他の記事

PHC/きりんカルテシステムとクラウド型電子カルテに関する事業譲渡契約を締結

 PHC(本社:東京都港区)は、きりんカルテシステム(本社:福岡県福岡市)からのクラウド型電子カルテ(*1)事業の譲受に関して合意に至り、同社と事業譲渡契約を締結した。 きりんカルテシステムは、診療所向けクラウド型電子カルテ「きりんカルテ」の開発を行い、国内で事業を展開している。同社は、2016年、クラウド型…

シーメンスヘルスケア/AI技術を用いた画像解析ソフト ウェア「AI-Rad Companion 」に3つのシリーズを追加

 シーメンスヘルスケア(東京都品川区)は、AI技術を用いて開発されたソフトウェア「AI-Rad Companion(エーアイ・ラド・コンパニオン」に新たなシリーズとして「AI-Rad Companion Brain MR(エーアイ・ラド・コンパニオン・ブレイン・エムアール)」、「AI-Rad Companion Prostate for Biopsy(エーアイ・ラド・コンパニ…

長瀬産業/米国製小腸用カプセル内視鏡「CapsoCam Plus」の提供を開始

 長瀬産業(東京都中央区)は、国内の総代理店契約を締結している医療機器開発メーカーCapsoVision(カプソビジョン)社(本社:米国)の小腸用カプセル内視鏡「CapsoCam Plusカプセル内視鏡」について、薬機法に基づく薬事承認を取得した(※1)。また、特定の症状(※2)の患者に対する保険適用が2021年1月から開始さ…

NEC・聖隷浜松病院/周産期病棟における入室管理に顔認証を活用

  NEC(本社:東京都港区)は、聖隷浜松病院(所在地:静岡県浜松市)に顔認証を活用した入出管理システムを提供することとなった。聖隷浜松病院は、総合周産期母子医療センター(注1)を対象に2021年1月から本システムの運用を開始する。 聖隷浜松病院は、静岡県西部地区の総合周産期母子医療センターに指定されており…

日本メドトロニック/脳深部刺激システム「メドトロニックPERCEPT PC」が保険適用に

 日本メドトロニック(本社:東京都港区)は、脳深部刺激システム「メドトロニックPercept(TM) PC」(パーセプト ピーシー、以下Percept PC)が2020年12月より保険適用となったことを発表した。また、Percept PCに搭載された、関連する脳波に応じて脳深部刺激出力を自動調整するaDBS(エー ディービーエス、以下aDBS)…

オカムラ/手術支援ロボット「hinotori」用チェア「kumpel(クンペル)」を共同開発

 オカムラ(本社:神奈川県横浜市)は、2020年12月、メディカロイドと神戸大学と共同で、手術支援ロボットシステム「hinotoriサージカルロボットシステム(以下、hinotori)」用のチェアとして「kumpel(クンペル)」を開発した。 「hinotori」は、2020年8月にメディカロイドが国産として初めて製造販売承認を取得し…

エレクタ/東北大学病院に高精度MRI画像誘導がん放射線治療装置の導入を決定

 東北大学病院は、従来よりも高精度にがん放射線治療が可能である Elekta Unity MR リニアックシステム (以下、Elekta Unity)を導入する契約をエレクタと締結した。 治療開始は、2021年10月頃を予定している。 Elekta Unityは体内を高画質に描出可能な 1.5テスラ MRIと高精度に放射線を照射するリニアックを一体化させ…

メディカル・データ・ビジョン/診療可視化システム「MDV MUST」をリリース

 メディカル・データ・ビジョン(東京都千代田区)は、過去の診療実績を可視化するシステム「MDV MUST」を開発、12月8日にサービスを開始した。同システムの「患者ヒストリー」機能で患者情報を一覧できるようにして、医師が患者の病名や過去の投薬履歴を確認した上で、疾病に対する医学的な「管理」や療養上の「指導」を…

オリンパス/内視鏡洗浄消毒装置「OER-6」を発売

 オリンパスは、高水準消毒※1 をサポートする高い洗浄消毒性能に加え、使用ごとの消毒薬の濃度チェックや消耗品の交換が簡便になり、使い勝手の良くなった内視鏡洗浄消毒装置「OER-6」を 2020 年 12 月 1 日(火)から国内で発売する。 今回発売する「内視鏡洗浄消毒装置 OER-6」は、従来品の基本仕様や性能を踏襲しなが…

キヤノンメディカルシステムズ/RSNA2020特設サイト 事前申込開始

 キヤノンメディカルシステムズでは、RSNA 2020オンライン(第106回北米放射線学会11月29日~12月5日開催)に併せて、”Made possible.” をコンセプトに、新製品のバーチャル展示やオンデマンドセミナー、LIVEデモ等のコンテンツを織り込んだRSNA特設サイトの事前申込を開始した。日本時間11月29日(日) 23:00よりサイトオ…

日本メドトロニック/TAVI用デバイス「Evolut(TM) PRO+ システム」の販売を開始

 日本メドトロニック(本社:東京都港区)は、重度大動脈弁狭窄症の患者を対象とした経カテーテル的大動脈弁置換術(以下、TAVI)用デバイス「Evolut(TM) PRO+(エボリュート プロプラス)システム」(以下、Evolut PRO+ )の販売を2020年10月5日より開始した。 大動脈弁狭窄症は、心臓の中にある弁のうち、酸素を含んだ…

TOPへ