日本メドトロニック/TAVI用デバイス「Evolut(TM) PRO+ システム」の販売を開始

 日本メドトロニック(本社:東京都港区)は、重度大動脈弁狭窄症の患者を対象とした経カテーテル的大動脈弁置換術(以下、TAVI)用デバイス「Evolut(TM) PRO+(エボリュート プロプラス)システム」(以下、Evolut PRO+ )の販売を2020年10月5日より開始した。
大動脈弁狭窄症は、心臓の中にある弁のうち、酸素を含んだ血液を全身へと送り出す際の出口にあたる大動脈弁が、加齢や動脈硬化により硬くなって十分に開かず、血液の流れが妨げられてしまう病気。日本における大動脈弁狭窄症を含む心臓弁膜症の潜在患者数は、推定200~300 万人といわれている(1)。従来の大動脈弁狭窄症の治療法(薬物治療、外科的治療、バルーン大動脈弁形成術)に加えて、日本では2013年から治療の選択肢に加わった「TAVI」は、胸を開かず心臓が動いている状態のまま、大腿動脈等を経由してカテーテル(細い管)を心臓に通し、人工弁(生体弁)を患者の心臓に植え込む治療法である。

Evolut PRO+ は、Evolut RおよびEvolut PRO の後継製品で、自己拡張型の生体弁によって大動脈弁狭窄症の患者の血液が全身へ十分に流れるよう血行動態(動脈・静脈・心臓内の圧力や血流量など)の改善を助けるほか、摩擦軽減のためにデリバリーカテーテルシステム先端のカプセルにPTFE製カプセルライナーを採用することで23/26/29mm用デリバリーカテーテルシステムのプロファイル(サイズ)の低減を実現し、血管径の小さい方が多い日本の患者にも使用しやすくなった。

さらに Evolut PRO+ には、機能不全に陥った外科生体弁に対するTAVI(TAV inSAV)の適応が追加された。TAV in SAVは再置換が必要となった外科生体弁の中にカテーテルで新しい生体弁を植え込むことで、弁機能を改善することが期待できる治療法である。大動脈弁閉鎖不全症や大動脈弁狭窄症の治療のために外科手術で植込まれた生体弁の耐久性は10~20年(2)とされており、石灰化や摩耗によって劣化し、再び弁置換術が必要となった場合に、TAV in SAVが採用されることがある。

【製品の特長】
① 良好なシーリング
Evolut PRO 生体弁の外側のアウタースカートは、PVLのさらなる抑制の可能性が示唆されている(3)。またEvolut PRO+ では、全てのサイズの生体弁にアウタースカートが追加され、シリーズ全体の特徴である良好なシーリングを提供することが期待される。

② Evolut RおよびPROの特長と実績を継承
ニチノール製自己拡張型フレーム、自己弁輪固有の形状に影響されることなく生体弁の弁尖部分で真円を描きやすく、広い弁口面積と適切なコアプテーション(弁尖の接合)を確保できるスープラアニュラー生体弁、リキャプチャー(再収納)機能を搭載したデリバリーカテーテルシステム、細い血管にも挿入可能なロープロファイルなど、従来のEvolut RおよびPRO で実績を積み重ねてきた特長を引き継いでいる。

③ 細い血管の患者さんに対応
Evolut PRO+ のスープラアニュラー生体弁はデリバリーカテーテルシステムを通じて留置され、適応のある最小血管径は5.0mm以上(4)。InLine(TM)(インライン)シースと呼ばれる、デリバリーカテーテルと一体型のイントロデューサシースを用いることにより、細い血管にも挿入可能なロープロファイルを実現し、血管径の小さい患者に対しても経大腿動脈によるTAVI治療の提供を可能にする。日本では、患者のサイズに適した生体弁サイズ(23mm、26mm、29mm、34mm)の選択が可能。

(1) 米国の弁膜症有病率(5) を日本の 18 歳以上の人口にあてはめて算出
(2) 日本循環器学会/日本胸部外科学会/日本血管外科学会/日本心臓血管外科学会合
同ガイドライン, 2020年改訂版 弁膜症治療のガイドライン
(3) Forrest JK, Williams MR, Popma JJ, et al. 30-Day Outcomes Following Transcatheter Aortic Valve Replacement With the Evolut PRO Valve in Commercial Use: A Report from the STS/ACC TVT Registry(TM). Presented at TCT 2018; San Diego, CA.
(4) 23mm、26mm、29mm用デリバリーカテーテルシステムの最小アクセス血管径
(5) Nkomo, et al., Burden of valvular heart diseases: a population-based study. Lancet. 2006; 368: 1005-1011

問い合わせ先=日本メドトロニック コミュニケーション本部 
TEL:03-6776-0002 Email: rs.japanprcom@medtronic.com 


その他の記事

PHC/きりんカルテシステムとクラウド型電子カルテに関する事業譲渡契約を締結

 PHC(本社:東京都港区)は、きりんカルテシステム(本社:福岡県福岡市)からのクラウド型電子カルテ(*1)事業の譲受に関して合意に至り、同社と事業譲渡契約を締結した。 きりんカルテシステムは、診療所向けクラウド型電子カルテ「きりんカルテ」の開発を行い、国内で事業を展開している。同社は、2016年、クラウド型…

シーメンスヘルスケア/AI技術を用いた画像解析ソフト ウェア「AI-Rad Companion 」に3つのシリーズを追加

 シーメンスヘルスケア(東京都品川区)は、AI技術を用いて開発されたソフトウェア「AI-Rad Companion(エーアイ・ラド・コンパニオン」に新たなシリーズとして「AI-Rad Companion Brain MR(エーアイ・ラド・コンパニオン・ブレイン・エムアール)」、「AI-Rad Companion Prostate for Biopsy(エーアイ・ラド・コンパニ…

長瀬産業/米国製小腸用カプセル内視鏡「CapsoCam Plus」の提供を開始

 長瀬産業(東京都中央区)は、国内の総代理店契約を締結している医療機器開発メーカーCapsoVision(カプソビジョン)社(本社:米国)の小腸用カプセル内視鏡「CapsoCam Plusカプセル内視鏡」について、薬機法に基づく薬事承認を取得した(※1)。また、特定の症状(※2)の患者に対する保険適用が2021年1月から開始さ…

NEC・聖隷浜松病院/周産期病棟における入室管理に顔認証を活用

  NEC(本社:東京都港区)は、聖隷浜松病院(所在地:静岡県浜松市)に顔認証を活用した入出管理システムを提供することとなった。聖隷浜松病院は、総合周産期母子医療センター(注1)を対象に2021年1月から本システムの運用を開始する。 聖隷浜松病院は、静岡県西部地区の総合周産期母子医療センターに指定されており…

日本メドトロニック/脳深部刺激システム「メドトロニックPERCEPT PC」が保険適用に

 日本メドトロニック(本社:東京都港区)は、脳深部刺激システム「メドトロニックPercept(TM) PC」(パーセプト ピーシー、以下Percept PC)が2020年12月より保険適用となったことを発表した。また、Percept PCに搭載された、関連する脳波に応じて脳深部刺激出力を自動調整するaDBS(エー ディービーエス、以下aDBS)…

オカムラ/手術支援ロボット「hinotori」用チェア「kumpel(クンペル)」を共同開発

 オカムラ(本社:神奈川県横浜市)は、2020年12月、メディカロイドと神戸大学と共同で、手術支援ロボットシステム「hinotoriサージカルロボットシステム(以下、hinotori)」用のチェアとして「kumpel(クンペル)」を開発した。 「hinotori」は、2020年8月にメディカロイドが国産として初めて製造販売承認を取得し…

エレクタ/東北大学病院に高精度MRI画像誘導がん放射線治療装置の導入を決定

 東北大学病院は、従来よりも高精度にがん放射線治療が可能である Elekta Unity MR リニアックシステム (以下、Elekta Unity)を導入する契約をエレクタと締結した。 治療開始は、2021年10月頃を予定している。 Elekta Unityは体内を高画質に描出可能な 1.5テスラ MRIと高精度に放射線を照射するリニアックを一体化させ…

メディカル・データ・ビジョン/診療可視化システム「MDV MUST」をリリース

 メディカル・データ・ビジョン(東京都千代田区)は、過去の診療実績を可視化するシステム「MDV MUST」を開発、12月8日にサービスを開始した。同システムの「患者ヒストリー」機能で患者情報を一覧できるようにして、医師が患者の病名や過去の投薬履歴を確認した上で、疾病に対する医学的な「管理」や療養上の「指導」を…

オリンパス/内視鏡洗浄消毒装置「OER-6」を発売

 オリンパスは、高水準消毒※1 をサポートする高い洗浄消毒性能に加え、使用ごとの消毒薬の濃度チェックや消耗品の交換が簡便になり、使い勝手の良くなった内視鏡洗浄消毒装置「OER-6」を 2020 年 12 月 1 日(火)から国内で発売する。 今回発売する「内視鏡洗浄消毒装置 OER-6」は、従来品の基本仕様や性能を踏襲しなが…

キヤノンメディカルシステムズ/RSNA2020特設サイト 事前申込開始

 キヤノンメディカルシステムズでは、RSNA 2020オンライン(第106回北米放射線学会11月29日~12月5日開催)に併せて、”Made possible.” をコンセプトに、新製品のバーチャル展示やオンデマンドセミナー、LIVEデモ等のコンテンツを織り込んだRSNA特設サイトの事前申込を開始した。日本時間11月29日(日) 23:00よりサイトオ…

フジデノロ/医用画像管理システム『SonicDICOM PACS MD』 クラウド版を国内医療機関向けに2020年12月より提供開始

 フジデノロ(愛知県小牧市)のグループ会社で、医用画像システムの開発を行なっている株式会社ジウン(福岡県福岡市)は、医用画像管理システム『SonicDICOM PACS MD』(認証番号:230AGBZX00016000)について、クラウドコンピューティングによる提供を可能とする、医薬品医療機器等法に基づく変更手続きを 2020 年 9 月 24 日…

TOPへ