富士フイルム/気管支内視鏡「EB-580S」新発売

富士フイルム/気管支内視鏡「EB-580S」新発売

 富士フイルムは、LED光源搭載内視鏡システム「6000システム」などに対応したスコープのラインアップとして、気管支内視鏡「EB-580S」を、3月4日より富士フイルムメディカルを通じて発売した。本製品では、臓器の粘膜表層の微細な血管や構造などを強調して表示する機能「BLI(Blue Light Imaging)」や、画像の赤色領域のわずかな色の違いを強調して表示する機能「LCI(Linked Color Imaging)」などの画像強調機能を用いた観察が可能。さらに、従来(*1)よりも近い最短2mmからの近接観察に対応。微細な病変などの視認性向上が期待できる。また、処置具のスムーズな出し入れを実現しており、医師の効率的な手技をサポートする。

気管支の内部を観察する気管支内視鏡検査は、肺がんの診断において重要な役割を果たしている。肺がんは、ほかの臓器のがんに比べて進行が速く、転移しやすいがんで、日本では1998年から21年連続で死亡率が第1位(*2)の疾患である。肺がんの治療では、気管支内視鏡を用いて採取した検体による病理診断や遺伝子解析などにより、腫瘍の特性に基づいて投与する薬剤を決定する。

今回発売する気管支内視鏡「EB-580S」は、照射した光と画像処理を組み合わせることで、観察に適した画像を作り出す技術「Multi-Light Technology(マルチライトテクノロジー)」を搭載した内視鏡システムに対応している。通常の白色光観察に加えて、粘膜表層の微細な血管や構造などを強調して表示する機能「BLI」や、画像の赤色領域のわずかな色の違いを強調して表示する機能「LCI」などの画像強調機能を用いて観察することができ、気管支における炎症性疾患や虚血(*3)などの微小な病変の発見をサポートする。

スコープ先端の撮像素子には、高解像度スーパーCCDハニカムを採用。近接観察が可能なレンズを組み合わせることで、対象から2mmの距離まで近づいても、粘膜表層の微細な血管などを高精細・高画質な画像で映し出す。また、検体を採取する処置具を通したり、痰や血液などの体液の吸引に用いる鉗子口径を従来(*1)よりも大きな2.2mmへと拡張。処置具の挿通性と体液の吸引力の向上により、スムーズな内視鏡検査をサポートする。

*1 従来機の気管支内視鏡「EB-530H」では、近接3.0mmから観察可能で、鉗子口径は2.0mmだった。
*2 出典:国立がん研究センターwebページ「年次推移(https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/annual.html)」より。
*3 組織や臓器への動脈血の流入が減少または途絶すること。局所的な貧血。

問い合わせ先=富士フイルムメディカル 営業本部 マーケティング部
TEL:03-6419-8033


その他の記事

島津製作所/医療情報システムの販売強化

 島津製作所は、社会的課題である医療機関の働き方改革を支援するため、島津エス・ディーが展開していた医療情報システム (病院向け再来受付システムや診療費支払システム)である「MERSYS(メルシス)シリーズ」の販売業務を4月1日に当社へ移管し、販売体制を強化する。同時に、医療情報システム「MERSYSシリーズ」の据付…

ケアストリームヘルス/ヘルスケアIT事業をフィリップスに売却

 Carestream Health(ケアストリーム)は3月8日(米国時間)、ヘルスケアITシステム事業をフィリップスに売却することに合意した。 同社のヘルスケアITシステムビジネスユニットは、世界中の複数施設連携型の病院、放射線検査プロバイダー、イメージングセンター、専門クリニック等にイメージングITソリューションを提供…

カリーナシステム/手術室向け4Kカメラシステムを発売

 EIZOのグループ会社であるカリーナシステムは、4K/60p術野カメラシステム「MEC-7000-UHD」を2019年4月26日に発売する。価格はオープン。 術野カメラとは、開腹・開胸手術における手術部位を撮影するカメラ。細かい血管や神経を扱う手術の撮影では、組織の細部や縫合糸を鮮明に再現することが求められる。撮影した映…

ファインデックス/健診施設向けに視線分析型視野計 GAP-screener を発売開始

 ファインデックスは、「視線分析型視野計ゲイズアナライジングペリメーター GAP-screener(以下、GAP-screener)」を、2019年2月25日より健診施設や人間ドックを行う医療機関を中心に販売を開始する。 GAP-screenerは、愛媛大学工学部のシーズと京都大学医学部との共同研究によって生み出された新しい視野計。ヘッド…

InterSystems IRIS for Health Data Platform/AWS ヘルスケア・ライフサイエンス マーケットプレイスで利用可能に

 インターシステムズは、InterSystems IRIS for Health™ Data Platformが、Amazon Web Service(AWS)の新しいマーケットプレイスであるヘルスケア・ライフサイエンスマーケットプレイスで、利用可能になったことを発表した。これにより、IRIS for Health Data Platformにいつでもアクセス可能になり、医療、ライフサイエ…

キヤノンメディカルシステムズ/ファインデックスと商品基本取引契約を締結

 キヤノンメディカルシステムズは、ファインデックスとの間で、商品基本取引契約(以下、本契約)を締結した。 キヤノンメディカルシステムズとファインデックスは、技術が日進月歩で進化する医療業界にあって、互いの強みをもって補完しあうことでより大きなシナジーを得るべく、2018年1月26日に業務提携における基本…

インターシステムズ/医療用データプラットフォームInterSystems IRIS for Healthが主要なパブリッククラウドサービスで利用可能に

 インターシステムズは、本日、InterSystems IRIS for Health Data Platformが、Amazon Web Service、Google Cloud、Microsoft Azureのマーケットプレイスで利用可能になったことを発表した。これら3つの主要なパブリッククラウドサービスで、インターシステムズの統合データプラットフォームが活用できるようになり、開…

GEヘルスケア・ジャパンとゲティンゲグループ・ジャパン/ハイブリッド手術室への新たなソリューションの販売開始

 GEヘルスケア・ジャパン(以下GEヘルスケア)と、ゲティンゲグループ・ジャパン(以下ゲティンゲ)は、ハイブリッド手術室への新たな提案として、カラム手術台システム「マグナス手術台」と自走式X線血管撮影装置「Discovery IGS 7 OR(ディスカバリー アイジーエス セブン オーアール)」で構成される、外科手術とカテ…

日立製作所/小型超音波発信機を用いた血管内カテーテル先端位置検出技術を開発

 日立製作所は2月5日、小型の超音波発信機を用いて血管内のカテーテル先端を検出する基礎技術の開発を発表した。  同技術開発は、カテーテル治療の時間短縮および低被ばく化を目的としたもの。具体的には、治療用の細径ガイドワイヤー先端に取り付け可能な小型超音波発信機および、ガイドワイヤー先端部がエコーの撮影…

シーメンスヘルスケア/徳洲会グループとパートナーシップを締結

 徳洲会グループの本部機能を有する一般社団法人徳洲会(以下、徳洲会)とシーメンスヘルスケアはこのほど、AIソリューションを用いた画像診断の共同研究、検体検査工程の完全自動化、人材最適化に向けた超音波研修プログラムに関するパートナーシップ契約を締結した。 本パートナーシップの締結は、世界の先端的な医…

富士フイルム/日本電子と販売提携に関する基本合意書を締結

 富士フイルムは、血液や尿を検体として、糖やコレステロールなど各種成分の測定を行う生化学検査分野において、国内大手の生化学自動分析装置メーカーである日本電子の分析装置を海外で販売する基本合意書を締結した。富士フイルムは、グループ会社の富士フイルム和光純薬(以下富士フイルム和光)が手掛ける生化学検査…

富士フイルム/子会社による再生医療製品の一部変更承認所得を発表

 富士フイルムは1月31日、子会社であるジャパン・ティッシュ・エンジニアリングが再生医療等製品「自家培養軟骨ジャック」について、厚生労働省より一部変更承認を取得したと発表した。  同製品は、膝関節における外傷性軟骨欠損症や離断性骨軟骨炎(変形性膝関節症を除く)を適応対象として、製造販売承認を取得し、20…

島津製作所/国立長寿医療研究センターと共同発表

 国立長寿医療研究センターと島津製作所は、豪州のアルツハイマー病コホート研究の組織であるAIBL(Australian Imaging, Biomarker & Lifestyle Flagship Study of Ageing)、京都大学、東京大学、東京都健康長寿医療センター、近畿大学と共同で確立したアルツハイマー病変検出法を用い、約2,000の血液検体の分析を開始し…

TOPへ