シーメンスヘルスケア/徳洲会グループとパートナーシップを締結

 徳洲会グループの本部機能を有する一般社団法人徳洲会(以下、徳洲会)とシーメンスヘルスケアはこのほど、AIソリューションを用いた画像診断の共同研究、検体検査工程の完全自動化、人材最適化に向けた超音波研修プログラムに関するパートナーシップ契約を締結した。

本パートナーシップの締結は、世界の先端的な医療を取り入れ地域医療の充実を図る徳洲会グループの目指す姿と、シーメンスヘルスケアがグローバルで取り組む医療機関のバリュー向上を実現するという理念が一致したもの。パートナーシップはまず、医療法人沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院(神奈川県鎌倉市、許可病床648床)を主な拠点として展開する。徳洲会グループの旗艦病院であり、国際的な医療機能評価のJCI(Joint Commission International)認証を取得している湘南鎌倉総合病院では、次世代の新しい病院づくりに向けて、陽子線治療装置などを備えた先端医療研究センターの開設、外傷センターや救命救急センターの新築プロジェクトなど、さまざまな計画が進行中である。今回のパートナーシップは、その取り組みの一環となるもの。

主なパートナーシップの内容は以下の通り。
・湘南鎌倉総合病院の近隣にある湘南ヘルスイノベーションパーク(神奈川県藤沢市、通称; 湘南アイパーク)内に共同で「AIコラボレーションセンター」を設立・運営し、AI ソフトウエアによる胸部画像からの診断支援など、AIに関する共同研究を行う。
・湘南鎌倉総合病院への先端的な臨床検査システム、及び搬送システムの導入による検体検査工程のさらなる自動化を推進する。
・「US(ユーエス)アカデミー」の開講: 湘南鎌倉総合病院の臨床検査技師がより専門性の高い生理検査に対応できるよう、シーメンスヘルスケアが継続的に超音波画像診断機器のトレーニングを提供する(USはUltrasound=超音波の略)。

AIコラボレーションセンター設立の背景と目的
画像診断技術の発展に伴い、臨床における画像診断の役割が拡大する一方、大量の画像を読影する医師の負担は増加傾向をたどっている。また、臨床医ごとの専門化も進んでおり、横断的な視点で画像情報を把握し共有することが求められている。これらの課題を解決すべく、徳洲会とシーメンスヘルスケアはAIコラボレーションセンターを設立し、CT検査のうち約25%*1を占め、最も一般的な検査部位の一つである胸部CT画像の読影をサポートするAI ソフトウエアの研究を行う。肺や心臓、大動脈、脊椎といった胸部の各臓器や部位全体の読影をAIがサポートし、読影医がどの画像をより注意深く読影すべきかをあらかじめ印を付けるなどして知らせる。これにより、読影の効率化・高精度化が可能になると同時に、予想外の病変の早期発見にもつながると期待される。将来的には離島やへき地医療サービスの向上にも貢献できると見込んでいる。

検体検査の完全自動化とUSアカデミー開講の背景
臨床検査室で業務を行う臨床検査技師の多くが、試験管の仕分けや搬送、廃棄などの作業工程に多くの時間を割いている。シーメンスヘルスケアによる調査*2では、検体搬送システムの導入により自動化対象となる業務が約33%削減できることがわかった。湘南鎌倉総合病院では、シーメンスヘルスケアの統合型免疫・生化学分析システム「Atellica Solution(アテリカ ソリューション)」および検体搬送処理システム「Aptio Automation(アプティオ オートメーション)」を導入し、ワークフローを改善する。さらに国内初となる外来採血テーブル・病棟エアシューターと検体搬送処理システムの接続により検査工程の完全自動化を推し進め、臨床検査技師が本来の専門的な業務に集中できる環境を整える。また、さらなる人材の最適化を図り、臨床検査技師が超音波診断装置による生理検査に対応できるよう、シーメンスヘルスケアが超音波診断装置のトレーニングや最新情報を提供するUSアカデミーを開講する。超音波検査は、装置のスペースを取らずリアルタイムで画像が読影できること、患者にとっても痛みや副作用がないことなどから、医療現場で最も多く用いられている検査のひとつ。USアカミーの開講により、需要が高く非侵襲な超音波検査体制を拡充し、これまで以上に患者に寄りそった医療サービスを目指す。将来的には、オンデマンドでの超音波検査の提供も視野に入れている。

昨今、医療現場においても「働き方改革」が急務とされているが、今回のパートナーシップによるAIを活用した画像診断の効率化、検体検査のワークフロー改善により、人材の価値最適化を図る取り組みは、世界的に見ても先進的なものと言える。将来的には、徳洲会グループの他の病院でも同様の取り組みを展開し、医療の安全性と質、患者体験価値が高い医療提供を目指していく。

*1:シーメンスヘルスケア製のCT装置を使用した検査において、頭部、体幹部、胸部、その他のうち、主にどの部位に用いられるかを調査したもの(2018年、シーメンスヘルスケア調べ)
*2:湘南鎌倉総合病院において受付・生化学検査・血液検査など、検体検査に関連する
スタッフの1日の作業時間を集計し、検体搬送ラインの導入により自動化が可能となると
算出できた作業時間の割合(2018年2月実施)。

問い合わせ先=一般社団法人徳洲会 東京本部 広報部
TEL: 03-3288-5580

問い合わせ先=シーメンスヘルスケア コミュニケーション部
TEL: 03-3493-5022


その他の記事

富士フイルムヘルスケア/超音波診断装置の画質を大幅に向上させるノイズ除去技術を開発

 富士フイルムヘルスケア(本社:東京都港区)は、超音波診断装置の画質を大幅に向上させるノイズ除去技術を開発した。本技術は、AI技術※1を活用してエコー信号とノイズを区別し、診断に必要な信号を選択的に抽出する。この新しいノイズ除去技術により、体内深部からの信号が弱く診断が難しかったケースでも高画質な画像を…

エルピクセル/胸部X線画像から「肺がん」が疑われる肺結節候補域を検出する医用画像解析ソフトウェア EIRL Chest Nodule、新モデルをリリース

 エルピクセル(本社:東京都千代田区)は、胸部X線画像から「肺結節」の疑いがある候補域を検出し、医師の診断支援を行う医用画像解析ソフトウェア EIRL Chest Nodule について、検出感度を向上させた新モデルをリリースし、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」…

東陽テクニカ/胸部読影支援システム「ClearRead CT-VS」PSP 社の医療画像管理システム(PACS)との連携開始

 東陽テクニカ(本社:東京都中央区)は、PSP(本社:東京都港区)が取り扱う医⽤画像管理システム(PACS※1)「EV Insite net」と、東陽テクニカが取り扱う胸部読影支援システム 「ClearRead CT-VS」がシステム連携を開始したことを発表した。 本連携により、PSP 社の PACS を導入済みの医療機関では「ClearRead CT-VS」の導入…

NEC/デジタル技術を活用した ヘルスケア・ライフサイエンス領域を成長事業へ

 NECは、2025中期経営計画で掲げた「次の柱となる成長事業の創造」の一環として、AIなどのデジタル技術を活用したヘルスケア・ライフサイエンス事業をNECグループ一体で創出する。NECは、Medical Care・Lifestyle Support・Life Scienceの3つの領域に注力し、2030年に事業価値5,000億円を目指す。現在ヘルスケア領域では…

キヤノンメディカルシステムズ/フォトンカウンティングCT 日本初の実用化に向けて、国立がん研究センターと共同研究を開始

キヤノンメディカルシステムズ(栃木県大田原市)は、国立がん研究センター(東京都中央区)と、2020年7月に締結した包括協定(*1)および同年11月に締結した共同研究基本契約に基づき、国立がん研究センター先端医療開発センター(千葉県柏市)および同センター東病院(千葉県柏市)と、次世代の画像診断機器として期待さ…

キヤノンメディカルシステムズ/ヘルスケアIT事業のさらなる強化について

 キヤノンメディカルシステムズ(本社︓栃木県大田原市 以下、キヤノンメディカル)は、当社の成長に不可欠なヘルスケアIT事業のさらなる強化を目指し、様々なプランの実行を開始する。今後キヤノンメディカルグループは、人工知能AIを活用した開発を推進し、臨床画像を始めとしたデータを効率的で知覚的かつ相互運用可能…

島津製作所/楽天メディカルとイルミノックスプラットフォームに関わる医療機器の共同開発・製品化契約を締結

 島津製作所(本社:京都市中京区)は、楽天メディカル(本社:米国カリフォルニア州サンマテオ)と、イルミノックスプラットフォームに関わる医療機器の共同開発・製品化契約を締結した。本契約では、がん光免疫療法による治療を支援することを目的として、光計測技術を用いた医療機器の開発を進めていく。 イルミノ…

NEC/白十字病院と新病院の院内統合ネットワークをSDNで構築

 白十字病院(所在地:福岡県福岡市)とNEC(本社:東京都港区)は、白十字病院の新築移転に合わせて、SDN(注1)を活用した院内統合ネットワークを構築し稼働を開始した。 開院から40年目を迎えた白十字病院は、診療機能の拡充にともなう機器の導入や職員数の増加に対応するため、従来のケアミックス型の病院を2つに分院…

キヤノンメディカルシステムズ/令和三年度全国発明表彰「恩賜発明賞」を受賞

 キヤノンメディカルシステムズ(本社︓栃木県大田原市)は、令和三年度全国発明表彰(主催︓公益社団法人発明協会)において、「大視野CT検出器用データ読み出し方法の発明」(特許第5135425号)が「恩賜発明賞」および「発明実施功労賞」を受賞した。「恩賜発明賞」は全国発明表彰の中で最高位の賞であり、キヤノンメ…

富士フイルム/超軽量移動型X線撮影装置カルネオ アクロの意匠が令和三年度全国発明表彰「経済産業大臣賞」「発明実施功績賞」を受賞

 富士フイルムは、公益社団法人発明協会が主催する令和三年度全国発明表彰において、「小型軽量で機動性に優れた移動型X線撮影装置の意匠」で、「経済産業大臣賞」と「発明実施功績賞」を受賞した。本意匠は、入院病棟や救命救急室、手術室のような狭い場所など、さまざまな場所で使用される、小型軽量で機動性に優れた当…

富士フイルム/AIプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer」のアプリケーションをクラウドで提供

富士フイルムは、医師の画像診断ワークフローを支援するAIプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer(シナプス サイ ビューワ)」のアプリケーションをクラウドで提供する「医療クラウドサービス」を、富士フイルムメディカルを通じて2021年5月12日に開始する。「医療クラウドサービス」の第一弾として、2020年6月に発売した…

名大病院&IIJ/産学連携で新型コロナ対策に向けた在宅医療支援を開始

 名古屋大学医学部附属病院(名大病院)とインターネットイニシアティブ(IIJ)は4月28日、2020年5月に発表した在宅医療介護連携システム「IIJ電子@連絡帳」に関する広域連携協定に参画する行政自治体が愛知県内46行政にまで拡大したことを受け、同システムを愛知県内の新型コロナウイルス感染症対策の情報共有プラッ…

富士フイルムと国立がん研究センター/「AI開発支援プラットフォーム」を共同開発

 富士フイルム(東京都港区)と国立がん研究センター(東京都中央区)は、プログラミングなどの専門知識がなくても医師や研究者が自身で画像診断支援のAI技術(ソフトウェア)を開発できる「AI開発支援プラットフォーム」を共同で開発した。 一般的に、画像診断支援AI技術を開発する際には、複数のツールを活用して、AI…

TOPへ