シーメンスヘルスケア/徳洲会グループとパートナーシップを締結

 徳洲会グループの本部機能を有する一般社団法人徳洲会(以下、徳洲会)とシーメンスヘルスケアはこのほど、AIソリューションを用いた画像診断の共同研究、検体検査工程の完全自動化、人材最適化に向けた超音波研修プログラムに関するパートナーシップ契約を締結した。

本パートナーシップの締結は、世界の先端的な医療を取り入れ地域医療の充実を図る徳洲会グループの目指す姿と、シーメンスヘルスケアがグローバルで取り組む医療機関のバリュー向上を実現するという理念が一致したもの。パートナーシップはまず、医療法人沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院(神奈川県鎌倉市、許可病床648床)を主な拠点として展開する。徳洲会グループの旗艦病院であり、国際的な医療機能評価のJCI(Joint Commission International)認証を取得している湘南鎌倉総合病院では、次世代の新しい病院づくりに向けて、陽子線治療装置などを備えた先端医療研究センターの開設、外傷センターや救命救急センターの新築プロジェクトなど、さまざまな計画が進行中である。今回のパートナーシップは、その取り組みの一環となるもの。

主なパートナーシップの内容は以下の通り。
・湘南鎌倉総合病院の近隣にある湘南ヘルスイノベーションパーク(神奈川県藤沢市、通称; 湘南アイパーク)内に共同で「AIコラボレーションセンター」を設立・運営し、AI ソフトウエアによる胸部画像からの診断支援など、AIに関する共同研究を行う。
・湘南鎌倉総合病院への先端的な臨床検査システム、及び搬送システムの導入による検体検査工程のさらなる自動化を推進する。
・「US(ユーエス)アカデミー」の開講: 湘南鎌倉総合病院の臨床検査技師がより専門性の高い生理検査に対応できるよう、シーメンスヘルスケアが継続的に超音波画像診断機器のトレーニングを提供する(USはUltrasound=超音波の略)。

AIコラボレーションセンター設立の背景と目的
画像診断技術の発展に伴い、臨床における画像診断の役割が拡大する一方、大量の画像を読影する医師の負担は増加傾向をたどっている。また、臨床医ごとの専門化も進んでおり、横断的な視点で画像情報を把握し共有することが求められている。これらの課題を解決すべく、徳洲会とシーメンスヘルスケアはAIコラボレーションセンターを設立し、CT検査のうち約25%*1を占め、最も一般的な検査部位の一つである胸部CT画像の読影をサポートするAI ソフトウエアの研究を行う。肺や心臓、大動脈、脊椎といった胸部の各臓器や部位全体の読影をAIがサポートし、読影医がどの画像をより注意深く読影すべきかをあらかじめ印を付けるなどして知らせる。これにより、読影の効率化・高精度化が可能になると同時に、予想外の病変の早期発見にもつながると期待される。将来的には離島やへき地医療サービスの向上にも貢献できると見込んでいる。

検体検査の完全自動化とUSアカデミー開講の背景
臨床検査室で業務を行う臨床検査技師の多くが、試験管の仕分けや搬送、廃棄などの作業工程に多くの時間を割いている。シーメンスヘルスケアによる調査*2では、検体搬送システムの導入により自動化対象となる業務が約33%削減できることがわかった。湘南鎌倉総合病院では、シーメンスヘルスケアの統合型免疫・生化学分析システム「Atellica Solution(アテリカ ソリューション)」および検体搬送処理システム「Aptio Automation(アプティオ オートメーション)」を導入し、ワークフローを改善する。さらに国内初となる外来採血テーブル・病棟エアシューターと検体搬送処理システムの接続により検査工程の完全自動化を推し進め、臨床検査技師が本来の専門的な業務に集中できる環境を整える。また、さらなる人材の最適化を図り、臨床検査技師が超音波診断装置による生理検査に対応できるよう、シーメンスヘルスケアが超音波診断装置のトレーニングや最新情報を提供するUSアカデミーを開講する。超音波検査は、装置のスペースを取らずリアルタイムで画像が読影できること、患者にとっても痛みや副作用がないことなどから、医療現場で最も多く用いられている検査のひとつ。USアカミーの開講により、需要が高く非侵襲な超音波検査体制を拡充し、これまで以上に患者に寄りそった医療サービスを目指す。将来的には、オンデマンドでの超音波検査の提供も視野に入れている。

昨今、医療現場においても「働き方改革」が急務とされているが、今回のパートナーシップによるAIを活用した画像診断の効率化、検体検査のワークフロー改善により、人材の価値最適化を図る取り組みは、世界的に見ても先進的なものと言える。将来的には、徳洲会グループの他の病院でも同様の取り組みを展開し、医療の安全性と質、患者体験価値が高い医療提供を目指していく。

*1:シーメンスヘルスケア製のCT装置を使用した検査において、頭部、体幹部、胸部、その他のうち、主にどの部位に用いられるかを調査したもの(2018年、シーメンスヘルスケア調べ)
*2:湘南鎌倉総合病院において受付・生化学検査・血液検査など、検体検査に関連する
スタッフの1日の作業時間を集計し、検体搬送ラインの導入により自動化が可能となると
算出できた作業時間の割合(2018年2月実施)。

問い合わせ先=一般社団法人徳洲会 東京本部 広報部
TEL: 03-3288-5580

問い合わせ先=シーメンスヘルスケア コミュニケーション部
TEL: 03-3493-5022


その他の記事

インターシステムズ/医療用データプラットフォームInterSystems IRIS for Healthが主要なパブリッククラウドサービスで利用可能に

 インターシステムズは、本日、InterSystems IRIS for Health Data Platformが、Amazon Web Service、Google Cloud、Microsoft Azureのマーケットプレイスで利用可能になったことを発表した。これら3つの主要なパブリッククラウドサービスで、インターシステムズの統合データプラットフォームが活用できるようになり、開…

GEヘルスケア・ジャパンとゲティンゲグループ・ジャパン/ハイブリッド手術室への新たなソリューションの販売開始

 GEヘルスケア・ジャパン(以下GEヘルスケア)と、ゲティンゲグループ・ジャパン(以下ゲティンゲ)は、ハイブリッド手術室への新たな提案として、カラム手術台システム「マグナス手術台」と自走式X線血管撮影装置「Discovery IGS 7 OR(ディスカバリー アイジーエス セブン オーアール)」で構成される、外科手術とカテ…

富士フイルム/日本電子と販売提携に関する基本合意書を締結

 富士フイルムは、血液や尿を検体として、糖やコレステロールなど各種成分の測定を行う生化学検査分野において、国内大手の生化学自動分析装置メーカーである日本電子の分析装置を海外で販売する基本合意書を締結した。富士フイルムは、グループ会社の富士フイルム和光純薬(以下富士フイルム和光)が手掛ける生化学検査…

島津製作所/国立長寿医療研究センターと共同発表

 国立長寿医療研究センターと島津製作所は、豪州のアルツハイマー病コホート研究の組織であるAIBL(Australian Imaging, Biomarker & Lifestyle Flagship Study of Ageing)、京都大学、東京大学、東京都健康長寿医療センター、近畿大学と共同で確立したアルツハイマー病変検出法を用い、約2,000の血液検体の分析を開始し…

オリンパス/十二指腸スコープ「TJF-Q290V」を発売

 オリンパスは、高い処置性と繊細な操作性を兼ね備えた十二指腸スコープ「TJF-Q290V」を2019年1月31日から国内で発売する。 十二指腸スコープは、口から挿入し、十二指腸乳頭部から処置具を挿入して胆管や膵管の診断・治療を行うために使用する。今回発売する「TJF-Q290V」は、十二指腸スコープに必要とされる「高い処置…

インターシステムズ/2019年ガートナー・ピアインサイト・カスタマーズチョイスを受賞

 インターシステムズは、2019年1月のオペレーショナル・データベース管理システム(ODBMS)のガートナー・ピアインサイト・カスタマーズチョイスに選定されたことを発表した。 ガートナー・ピアインサイト・カスタマーズチョイスは、300を超える市場でガートナー・ピアインサイトに投稿される10万件以上のレビューを分…

ファインデックス/視線分析型視野計GAPの薬事申請が受理

 ファインデックスは、「視線分析型視野計ゲイズアナライジングペリメーターGAP(以下、GAP)」を開発し、2019年1月16日に医薬品医療機器総合機構(通称PMDA)への届け出が受理された。 GAPはヘッドマウント型の自動視野計で、現在主流となっている自動視野計に比べて軽量化、小型化を実現した。検査に暗室や大きな設置…

日本光電/全自動血球計数・免疫反応測定装置のオプション・ライセンスを新発売

 日本光電は12月27日、全自動血球計数・免疫反応測定装置MEK-1303 セルタックα+用「HbA1cライセンスQL-130W」を発売した。  「HbA1cライセンスQL-130W」は、2018年6月に発売したMEK-1303 セルタックα+のオプション・ライセンスであり、同装置へのインストールにより、白血球3分類を含む血液20項目(CBC)とC反応性蛋…

富士フイルム/米国拠点に治療用iPS細胞の生産拠点を新設

 富士フイルムは12月20日、米国子会社のフジフイルム・セルラー・ダイナミクス(以下FCDI社)において、総額約25億円を投じcGMPに対応した治療用iPS細胞の生産施設を新設すると発表した。  FCDI社が新設する生産施設は、米国ウィスコンシン州マディソン市を拠点とし、細胞の大量生産に適した大量培養設備や少量多品種培…

旭化成ファーマ/関節リウマチ治療薬の新剤形を発売

 旭化成ファーマは12月11日、関節リウマチ治療薬「ケブザラ皮下注オートインジェクター」を発売した。  同社は従前からシリンジ製剤の「ケブザラ皮下注」を販売しているが、今般、新たにオートインジェクター製剤が加わった。新製品には150mgと200mgの2タイプがあり、ともに在宅自己注射指導管理料の対象薬となる。 新…

富士フイルム/ラップトップ型超音波画像診断装置「FC1-X(エフシーワン エックス)V3.0」を発売

 富士フイルムは、FUJIFILM SonoSite, Incのラップトップ型超音波画像診断装置「FC1-X(エフシーワン エックス)」に、透析で定期的に行われているシャント管理をより簡便に行える自動血流量測定機能を新たに追加した、「FC1-X V3.0」を、12月17日より発売する。 近年、国内の透析患者数はいまだ増加傾向にあり、末期…

島津製作所/メディカル・ケア・サービス、ERISA、島根大学の4者で認知機能に関連する共同研究契約を締結

 島津製作所、メディカル・ケア・サービス(以下「MCS」)、ERISA、国立大学法人島根大学(以下「島根大学」)の4者は、「軽度認知障害における介入アプローチと生体マーカーに関する探索的検討」(以下「本研究」)に関する共同研究契約を締結した。これに先立ち、島津製作所、MCS等5者はERISAの第三者割当増資を引き受…

TOPへ