キッセイコムテック/対策型胃検診内視鏡レポートシステム PAXiS-ES Portableの販売を開始

 キッセイコムテックは、市町村が行う対策型胃検診内視鏡検査のためのUSB型レポートシステムPAXiS-ES Portable(パクシス イ―エス ポータブル)を、2018年12月より、全国の自治体や医師会、健診施設等に販売を開始する。

 PAXiS-ES Portableは、胃検診に関連するすべての施設で手軽に運用が開始できる、USBメモリを利用した全く新しい考え方のシステム。USBメモリ内に格納されたシステムによって、ネットワーク環境がなくても、ITを活用した複数の医療機関での検査や読影のダブルチェックなどを実現する。また、PAXiS-ES Portableでは、所見入力はもちろんのこと、問診結果の登録や精度管理のための画像評価も入力することが可能。

本システムを用いた運用の流れは以下の通り。

①内視鏡検査実施施設でUSBメモリ内に撮影画像を登録し、一次所見を入力
②USBメモリを二次読影先施設へ送付
③二次読影先施設で、一次所見を参照しながら二次所見を入力
④USBメモリを健診システム担当施設へ送付
⑤レポート結果をcsv形式で健診システムなどへ出力

 これらの運用を実現するために、利用するUSBメモリには、高セキュリティのハードウェア暗号化やパスワードでのアクセス制御などの紛失等による個人情報の流出を防ぐためのセキュリティ対策を行っているほか、パスワード入力を複数回失敗するとデータを自動消去する機能も搭載している。

■開発経緯
 胃がん検診では、検査項目として、従来のバリウムを用いた胃部X線検査に加え、2016年2月から、胃内視鏡検査も推奨となった。これにより、内視鏡撮影を行う自治体が徐々に増えてきたが、市町村の行う対策型胃検診は、複数の医療機関が協力して検査や読影のダブルチェックを行うため、施設ごとのシステム環境を統一することが難しく、IT化されずに所見用紙等を利用している場合がほとんどである。

 このような状況の中、IT化の必要性を感じた公益財団法人長野県健康づくり事業団からの依頼を受け、キッセイコムテックでは、USBを利用したレポートシステムを開発するとともに、長野県立信州医療センターの赤松 泰次氏(内視鏡センター長)の協力のもと、実際の現場で運用を行いながら改修を重ね、対策型胃検診内視鏡レポートシステムとして、PAXiS-ES Portableを製品化した。

問い合わせ先=キッセイコムテック 公共・医療ソリューション事業部
TEL:0263-40-1122


その他の記事

富士フイルム/ラップトップ型超音波画像診断装置「FC1-X(エフシーワン エックス)V3.0」を発売

 富士フイルムは、FUJIFILM SonoSite, Incのラップトップ型超音波画像診断装置「FC1-X(エフシーワン エックス)」に、透析で定期的に行われているシャント管理をより簡便に行える自動血流量測定機能を新たに追加した、「FC1-X V3.0」を、12月17日より発売する。 近年、国内の透析患者数はいまだ増加傾向にあり、末期…

島津製作所/メディカル・ケア・サービス、ERISA、島根大学の4者で認知機能に関連する共同研究契約を締結

 島津製作所、メディカル・ケア・サービス(以下「MCS」)、ERISA、国立大学法人島根大学(以下「島根大学」)の4者は、「軽度認知障害における介入アプローチと生体マーカーに関する探索的検討」(以下「本研究」)に関する共同研究契約を締結した。これに先立ち、島津製作所、MCS等5者はERISAの第三者割当増資を引き受…

メディカル・データ・ビジョン/ICU/HCU転棟収益シミュレーションが「Medical Code」で可能に

 メディカル・データ・ビジョンは2018年11月28日から、 急性期一般入院料(特定、専門も含む)を算定した患者に対し、ICU/HCUへ転棟した場合の増収額と、一般病棟用の重症度、医療・看護必要度(以下、看護必要度)の該当患者割合の変化をシミュレーションできる新機能を、病院向け経営支援システム「Medical Code」に追…

島津製作所/オーストラリアのAustin Healthと相互協力協定を締結

 島津製作所は、病院運営や医療教育、医療研究を手がけるオーストラリアの医療団体・Austin Healthと相互協力協定を締結した。本協定に基づき、同社は、血管撮影システムを用いた血管内の治療または検査におけるX線被ばく量や造影剤使用量などの情報を患者情報と統合して管理するためのソフトウェアをAustin Health向けに…

キヤノンメディカルシステムズ/アルゼンチン現地法人設立

 キヤノンメディカルシステムズは、Ichiban S.A. de Inversión(本社:アルゼンチン ブエノスアイレス、以下、「Ichibanイチバン社」)との間で、両者が既に設立している合弁会社Canon Medical Systems Argentina S.A.(以下「CMSAR」)に対して、Ichiban社傘下で、これまでアルゼンチンにおける同社代理店を務めてきたGR…

医用工学研究所/クラウド型データウェアハウス拡販に向け、 南日本情報処理センターと協業

 医用工学研究所は、 南日本情報処理センターと協業し、 医用工学研究所製のデータウェアハウスシステム「CLISTA!MiCloud」の提供を開始する。 「CLISTA!MiCloud」の特長 1. 病院内システムに分散したデータを集約 病院内の様々なデータについて、 「CLISTA!」の導入実績120施設で培ったノウハウにより、 そ…

イーエムシステムズ/共通情報システム基盤MAPsシリーズを発売

 イーエムシステムズは、ヘルスケア分野(医科・調剤・介護)の垣根を超えた「共通情報シ ステム基盤」“MAPs シリーズ”を2019年1月より発売する。 製品の特長 「共通情報システム基盤」“MAPs シリーズ”は下記の特長を有する。 ・ ヘルスケア分野(医科・調剤・介護)でのシステム一体化、完全クラウドシステム ・ …

医用工学研究所/病院向けデータウェアハウス「CLISTA!アプライアンス」の拡販に向け、BIダッシュボード「MotionBoard」を採用

 医用工学研究所は、ウイングアーク1stと協業し、医用工学研究所製のデータウェアハウスシステム「CLISTA!アプライアンス」に、 ウイングアーク社製BIダッシュボード「MotionBoard」をバンドルして、 2019年1月より販売を開始する。 【「CLISTA!アプライアンス」の特長】 DWH(データウェアハウス)市場にて1…

シーメンスヘルスケア/社会医療法人渡邊高記念会と地域医療の発展を目指すパートナーシップを締結

 社会医療法人渡邊高記念会(以下、渡邊高記念会)とシーメンスヘルスケアはこのほど、先進的な画像診断・治療装置および検体検査システムによる高度な医療サービスの提供をはじめ、AIを含む医療デジタルプラットフォームを基盤にした情報共有を通して、地域医療のさらなる発展を目指すパートナーシップを締結した。 …

GEヘルスケア・ジャパン/エヌ・エム・ピイ ビジネスサポートとPET検査用薬剤合成設備「FASTlab」の販売において提携

 GEヘルスケア・ジャパン(以下、GEヘルスケア)とエヌ・エム・ピィ ビジネスサポート(以下、NBS)は、PET(陽電子放射断層撮影)検査で使用する放射性薬剤を自動合成する放射性医薬品合成設備「FASTlab(ファストラボ)」について販売提携に関する契約を締結し、新たな体制による同製品の日本国内における販売を11月9日…

日立製作所/国立国際医療研究センターと次世代医療の実現に向けた連携協定を締結

 国立国際医療研究センター(以下、NCGM)と日立製作所(以下、日立)は、今回、次世代医療の実現に向けた連携協定を締結した。協定に基づき、NCGMと日立は、NCGM内に連携拠点を設置し、国際的に模範となる安心・安全な医療の実現をめざし、手術室の高度化や医療従事者の働き方改革を中心として、幅広い分野で連携していく。 …

GEヘルスケア・ジャパン/倉敷中央病院とブリリアント・ホスピタル構想の具現化に向けた包括契約の締結

  大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院とGEヘルスケア・ジャパンは、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などのデジタル技術と製造業で培われたリーン・シックスシグマの改善手法を融合した「継続的な高度医療と最適化された運営を両立」するロール・モデル病院(以下、ブリリアント・ホスピタル)を実現す…

TOPへ