日立製作所/国立国際医療研究センターと次世代医療の実現に向けた連携協定を締結

 国立国際医療研究センター(以下、NCGM)と日立製作所(以下、日立)は、今回、次世代医療の実現に向けた連携協定を締結した。協定に基づき、NCGMと日立は、NCGM内に連携拠点を設置し、国際的に模範となる安心・安全な医療の実現をめざし、手術室の高度化や医療従事者の働き方改革を中心として、幅広い分野で連携していく。

昨今、より安心・安全で患者が心から満足できる医療の提供につながるさまざまな技術が存在するが、工学系のエンジニアが医療現場に入り込むことは難しく、医療現場の向上に十分につながっていない。また、患者数の増加や医師、看護師の不足に伴い、医療従事者の長時間労働が問題となっている。

NCGMは、日本の医療分野における国際貢献の中核的機関として、感染症その他の疾患についての調査、研究、医療技術の開発、医療の提供および医療従事者の育成等を行うことを目的として設立されたナショナル・センターである。高度総合医療の提供および研究開発を担い、日本を含むアジアの総合病院の模範として医療をけん引することをミッションとして掲げている。
日立は、ヘルスケア分野を社会イノベーション事業における注力4事業分野の一つと位置づけ、画像診断装置、粒子線がん治療システムなどの診断・臨床分野からITを活用したサービスなどのインフォマティクス分野まで、医療の質の向上と効率化を実現するソリューションを提供している。
幅広い分野で先端を行く両者が連携し、将来の世界展開も見据え、安心・安全な医療を支えるパッケージを開発していく。

具体的な連携の分野は次のとおり。

1. 次世代型外科手術室の開発

これまで外科手術において、特定の診療科に特化した手術室の高機能化が進められてきた。一方、臨床の現場では、診療科横断的な手術に対応でき、人手不足を補い、より安全な手術が行われる手術室を実現することが求められている。NCGMは、研究開発をミッションとするナショナル・センターの中でも総合病院を持ち、診療科間の垣根が低いのが特徴。また、外科手術室はさまざまな診療科が利用するユニットであり、NCGMの総合力を生かしやすい分野である。
NCGMと日立は連携して、手術室内の医療機器を連動させ、ナビゲーションなど手術時に医師をサポートする技術の強化に取り組むとともに、看護師の業務や物・人の流れまで全体をパッケージとして、より安心・安全かつ医療従事者が働きやすい手術室の実現をめざす。また、これらのパッケージを新興国等の医療の質の向上に役立てることを検討していく。

2. 働き方改革の推進

一人一人が活躍でき、多様な働き方を可能とする一億総活躍社会の実現に向け、医療の現場でも働き方改革の推進が必要不可欠である。NCGMと日立は、デジタル技術を活用した働き方改革を推進し、医療従事者がワークとライフを両立するとともに、患者志向型の病院づくりを進めていく。具体的には、ロボットが医療従事者の業務を代行することの可能性を検証するため、日立のコミュニケーションロボット「EMIEW3(エミュー・スリー)」の臨床現場での導入に係る実証研究を行う予定。

3. 先端技術を活用した医療現場の改善

日立が持つ画像診断技術や音声認識技術、指静脈認証技術などを活用し、病院のさまざまな課題解決に向けた応用可能性を探っていく。

このような連携活動を円滑にし、両者がより近い場所で同じものを見て考え、創造できる協創の場として、NCGM内に日立との連携拠点を設置する。
NCGMと日立は、こうした活動を通じ、患者や医療従事者に安心・安全な医療を提供できるパッケージの開発を進めていくことで、医療現場の課題を解決するとともに医療産業の国際力強化をめざす。

問い合わせ先=国立国際医療研究センター 企画研究部研究医療課
TEL:03-5273-6825

問い合わせ先=日立製作所 ヘルスケアビジネスユニット 経営戦略室
TEL:03-6284-3724


その他の記事

イーエムシステムズ/共通情報システム基盤MAPsシリーズを発売

 イーエムシステムズは、ヘルスケア分野(医科・調剤・介護)の垣根を超えた「共通情報シ ステム基盤」“MAPs シリーズ”を2019年1月より発売する。 製品の特長 「共通情報システム基盤」“MAPs シリーズ”は下記の特長を有する。 ・ ヘルスケア分野(医科・調剤・介護)でのシステム一体化、完全クラウドシステム ・ …

医用工学研究所/病院向けデータウェアハウス「CLISTA!アプライアンス」の拡販に向け、BIダッシュボード「MotionBoard」を採用

 医用工学研究所は、ウイングアーク1stと協業し、医用工学研究所製のデータウェアハウスシステム「CLISTA!アプライアンス」に、 ウイングアーク社製BIダッシュボード「MotionBoard」をバンドルして、 2019年1月より販売を開始する。 【「CLISTA!アプライアンス」の特長】 DWH(データウェアハウス)市場にて1…

シーメンスヘルスケア/社会医療法人渡邊高記念会と地域医療の発展を目指すパートナーシップを締結

 社会医療法人渡邊高記念会(以下、渡邊高記念会)とシーメンスヘルスケアはこのほど、先進的な画像診断・治療装置および検体検査システムによる高度な医療サービスの提供をはじめ、AIを含む医療デジタルプラットフォームを基盤にした情報共有を通して、地域医療のさらなる発展を目指すパートナーシップを締結した。 …

GEヘルスケア・ジャパン/エヌ・エム・ピイ ビジネスサポートとPET検査用薬剤合成設備「FASTlab」の販売において提携

 GEヘルスケア・ジャパン(以下、GEヘルスケア)とエヌ・エム・ピィ ビジネスサポート(以下、NBS)は、PET(陽電子放射断層撮影)検査で使用する放射性薬剤を自動合成する放射性医薬品合成設備「FASTlab(ファストラボ)」について販売提携に関する契約を締結し、新たな体制による同製品の日本国内における販売を11月9日…

GEヘルスケア・ジャパン/倉敷中央病院とブリリアント・ホスピタル構想の具現化に向けた包括契約の締結

  大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院とGEヘルスケア・ジャパンは、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などのデジタル技術と製造業で培われたリーン・シックスシグマの改善手法を融合した「継続的な高度医療と最適化された運営を両立」するロール・モデル病院(以下、ブリリアント・ホスピタル)を実現す…

富士フイルム/東京大学発AIベンチャー エルピクセル社へ出資 内視鏡向け診断支援AI開発も強化

 富士フイルムは、このほど、医療領域の画像解析に強みを持つエルピクセルと、同社の第三者割当増資を引き受ける出資契約を締結し、本日、出資手続を完了した。 富士フイルムは、今年4月に医療画像の診断を支援するAI技術の活用についてエルピクセルと提携したが、今回の出資により、まずはエルピクセルのAIエンジンを…

日立製作所/大阪重粒子線センターで「重粒子線治療システム HyBEAT」が稼働開始

  日立製作所は、大阪重粒子線センターに「重粒子線治療システム HyBEAT」(ハイビート)を納入し、10月16日から治療を開始した。日立製作所として初めての重粒子線がん治療システムの稼働となる。 本システムは、がんの形状に合わせて重粒子線を照射できるスキャニング照射技術を搭載し、水平・垂直方向から照射可能な…

島津製作所/動脈硬化などによる下肢血管狭窄のカテーテル治療を支援する血管撮影システム向けオプションに新機能を導入

 島津製作所は、血管撮影システム「Trinias(トリニアス)」シリーズ「unity edition(ユニティ エディション)」向けの下肢長尺表示オプション「SCORE Chase(スコア チェイス)」に、骨の像を減算処置して血管のみを強調する新機能を導入した。 血管撮影システムは、狭窄した血管をカテーテルで拡張する血管内治療の際に使…

インターシステムズ/世界初で唯一の医療に特化して開発されたデータプラットフォームInterSystems IRIS for Healthを発表

  医療、ビジネス、官公庁アプリケーション向け情報プラットフォームのグローバルリーダーであるインターシステムズは、本日、データ集約型医療アプリケーションを開発する組織に、高速で持続可能な価値を提供するよう設計された新製品 InterSystems IRIS for Health™ の発表をした。 データは、医療にも押し寄せてい…

日立製作所/医療ビッグデータを活用し 、8大生活習慣病に関わる入院リスクを予測する 「Risk Simulator for Insurance」を提供開始

 日立製作所は、このたび、健康診断データやレセプトデータといった医療ビッグデータを活用し、生活習慣病に起因する将来の入院リスクを予測するシミュレーションサービス「Risk Simulator for Insurance」を開発し、10月3日から販売を開始した。 本サービスは、第一生命保険との医療ビッグデータ活用に関する共同…

TOPへ