日立製作所他/スマート治療室のスタンダードモデルが臨床研究を開始

 日本医療研究開発機構(AMED)は、治療の現場においてIoTを活用し各種医療機器・設備を接続・連携させることで、手術の進行や患者の状況などの情報を瞬時に時系列をそろえて整理統合することで、医師やスタッフ間で共有できる「スマート治療室」の開発を世界に先駆けて進めている。
 同プロジェクトは、東京女子医科大学が統括して国内外の産業界で普及しているミドルウエアORiN(Open Resource interface for the Network)をコア技術とした汎用性の高い治療室用インターフェースOPeLiNKをデンソーが中心となって開発し、日立製作所のオープンMRI等の手術室内医療機器・設備を接続している。2016年に「ベーシックモデル」を広島大学病院、「ハイパーモデル(プロトタイプ )」を東京女子医科大学に設置し、機器のパッケージ化や新規アプリケーション等の開発を進めてきた。
 今回、2019年度事業化を目指して「OPeLiNK」を備えたスタンダードモデル手術室が、信州大学病院の包括先進医療棟内に完成した。各種医療情報を“時系列の治療記録”として収集・提供(表示)し、手術室外の医師・技師等にも共有することにより、治療の効率性や安全性の向上が期待され、これらを検証するための脳腫瘍に関する臨床研究を開始する。スマート治療室の情報は、将来的にはビッグデータとしての解析も可能で、保守・管理の面でも機器操作ミスの防止や機器故障の未然検知、コスト管理(稼働時間の短縮)に大きなメリットをもたらす。
 スタンダードモデルは、2019年度内の事業化を目指しておりスマート治療室の輸出等を通して日本の新たな産業基盤となることが期待される。パッケージとしての手術室の販売は日立製作所等が担当。また、今年度末に臨床研究可能なハイパーモデルを東京女子医科大学に設置し、ロボットベッド、新規精密誘導治療等の新しい技術を2020年度以降適宜リリースしていく。 
 同プロジェクトは、治療室の情報インフラとしてオープンな開発環境を提供する「OPeLiNK」を活用してスマート治療室の普及を促進していく。


その他の記事

イーエムシステムズ/共通情報システム基盤MAPsシリーズを発売

 イーエムシステムズは、ヘルスケア分野(医科・調剤・介護)の垣根を超えた「共通情報シ ステム基盤」“MAPs シリーズ”を2019年1月より発売する。 製品の特長 「共通情報システム基盤」“MAPs シリーズ”は下記の特長を有する。 ・ ヘルスケア分野(医科・調剤・介護)でのシステム一体化、完全クラウドシステム ・ …

医用工学研究所/病院向けデータウェアハウス「CLISTA!アプライアンス」の拡販に向け、BIダッシュボード「MotionBoard」を採用

 医用工学研究所は、ウイングアーク1stと協業し、医用工学研究所製のデータウェアハウスシステム「CLISTA!アプライアンス」に、 ウイングアーク社製BIダッシュボード「MotionBoard」をバンドルして、 2019年1月より販売を開始する。 【「CLISTA!アプライアンス」の特長】 DWH(データウェアハウス)市場にて1…

シーメンスヘルスケア/社会医療法人渡邊高記念会と地域医療の発展を目指すパートナーシップを締結

 社会医療法人渡邊高記念会(以下、渡邊高記念会)とシーメンスヘルスケアはこのほど、先進的な画像診断・治療装置および検体検査システムによる高度な医療サービスの提供をはじめ、AIを含む医療デジタルプラットフォームを基盤にした情報共有を通して、地域医療のさらなる発展を目指すパートナーシップを締結した。 …

GEヘルスケア・ジャパン/エヌ・エム・ピイ ビジネスサポートとPET検査用薬剤合成設備「FASTlab」の販売において提携

 GEヘルスケア・ジャパン(以下、GEヘルスケア)とエヌ・エム・ピィ ビジネスサポート(以下、NBS)は、PET(陽電子放射断層撮影)検査で使用する放射性薬剤を自動合成する放射性医薬品合成設備「FASTlab(ファストラボ)」について販売提携に関する契約を締結し、新たな体制による同製品の日本国内における販売を11月9日…

日立製作所/国立国際医療研究センターと次世代医療の実現に向けた連携協定を締結

 国立国際医療研究センター(以下、NCGM)と日立製作所(以下、日立)は、今回、次世代医療の実現に向けた連携協定を締結した。協定に基づき、NCGMと日立は、NCGM内に連携拠点を設置し、国際的に模範となる安心・安全な医療の実現をめざし、手術室の高度化や医療従事者の働き方改革を中心として、幅広い分野で連携していく。 …

GEヘルスケア・ジャパン/倉敷中央病院とブリリアント・ホスピタル構想の具現化に向けた包括契約の締結

  大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院とGEヘルスケア・ジャパンは、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などのデジタル技術と製造業で培われたリーン・シックスシグマの改善手法を融合した「継続的な高度医療と最適化された運営を両立」するロール・モデル病院(以下、ブリリアント・ホスピタル)を実現す…

富士フイルム/東京大学発AIベンチャー エルピクセル社へ出資 内視鏡向け診断支援AI開発も強化

 富士フイルムは、このほど、医療領域の画像解析に強みを持つエルピクセルと、同社の第三者割当増資を引き受ける出資契約を締結し、本日、出資手続を完了した。 富士フイルムは、今年4月に医療画像の診断を支援するAI技術の活用についてエルピクセルと提携したが、今回の出資により、まずはエルピクセルのAIエンジンを…

日立製作所/大阪重粒子線センターで「重粒子線治療システム HyBEAT」が稼働開始

  日立製作所は、大阪重粒子線センターに「重粒子線治療システム HyBEAT」(ハイビート)を納入し、10月16日から治療を開始した。日立製作所として初めての重粒子線がん治療システムの稼働となる。 本システムは、がんの形状に合わせて重粒子線を照射できるスキャニング照射技術を搭載し、水平・垂直方向から照射可能な…

島津製作所/動脈硬化などによる下肢血管狭窄のカテーテル治療を支援する血管撮影システム向けオプションに新機能を導入

 島津製作所は、血管撮影システム「Trinias(トリニアス)」シリーズ「unity edition(ユニティ エディション)」向けの下肢長尺表示オプション「SCORE Chase(スコア チェイス)」に、骨の像を減算処置して血管のみを強調する新機能を導入した。 血管撮影システムは、狭窄した血管をカテーテルで拡張する血管内治療の際に使…

インターシステムズ/世界初で唯一の医療に特化して開発されたデータプラットフォームInterSystems IRIS for Healthを発表

  医療、ビジネス、官公庁アプリケーション向け情報プラットフォームのグローバルリーダーであるインターシステムズは、本日、データ集約型医療アプリケーションを開発する組織に、高速で持続可能な価値を提供するよう設計された新製品 InterSystems IRIS for Health™ の発表をした。 データは、医療にも押し寄せてい…

日立製作所/医療ビッグデータを活用し 、8大生活習慣病に関わる入院リスクを予測する 「Risk Simulator for Insurance」を提供開始

 日立製作所は、このたび、健康診断データやレセプトデータといった医療ビッグデータを活用し、生活習慣病に起因する将来の入院リスクを予測するシミュレーションサービス「Risk Simulator for Insurance」を開発し、10月3日から販売を開始した。 本サービスは、第一生命保険との医療ビッグデータ活用に関する共同…

TOPへ