東京大学/医用画像を簡単に見ることができるモバイルアプリを無料リリース

 東京大学医学部附属病院脳神経外科(教授:齊藤延人)の金太一助教の研究グループは、スマートフォンやタブレットコンピュータでCTやMRI、およびレントゲンX線検査など医用画像を手軽に閲覧できるアプリケーションを開発した。
 同アプリは、2018年6月12日に株式会社Kompathから無料でリリースされる(2018年6月12日時点では、iPhoneおよびiPadにのみ対応しており、その他のスマートフォンやタブレットコンピュータには対応していない)。データの取り込みは、iTunes経由で簡単に行える。
 なお同研究成果は、国立研究開発法人科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)「研究開発成果実装支援プログラム」プロジェクト名「医師の高度な画像診断を支援するプログラムの実装」による成果の一部である。
【研究の背景】
 病気の診断や治療方法の検討などにおいて、医用画像は最も重要なものである。医用画像の種類は、レントゲンX線検査、CT、MRI、核医学検査など非常に多種多様で、これらの医用画像は特殊なフォーマットで作成されているため、デジタルカメラの写真のような一般的なデジタル画像と違って、簡単に見ることはできない。このため、一般の方にとって医用画像は馴染みの薄いものであり、たとえ自分自身の画像であってもじっくり見る機会もツールもない。さらに、医師や医療従事者、医学生、研究者であっても医用画像を見るためには、高度な知識と難解な操作を要するソフトウェアを使用しなければならない。一方で、遠隔医療や災害時などの救急医療において、病院外で簡単にすばやく医用画像を見ることができる機能が必要とされている。また、患者でも自身の医用画像をじっくり見たいと思う人は少なくなく、どこでも誰でも簡単に医用画像を見ることができるツールが望まれていた。そこで、東京大学医学部附属病院脳神経外科の金太一助教の研究グループは、スマートフォンやタブレットコンピュータで医用画像を手軽に見ることができるアプリケーションを開発した。
【開発内容】
・ 世界的に最も多くの人が所有している電子デバイスであるスマートフォンとタブレットコンピュータ上で動作することによって、“どこでも誰でも”を実現
・ 説明書を熟読しなくても直感的で正確な操作を可能とさせるユーザーインターフェースを実装
・ 医用画像の世界的標準規格であるDigital Imaging and Communications in Medicine(DICOM)フォーマットに対応しているほぼすべての医用画像(レントゲンX線検査、CT、MRI、核医学検査、脳血管撮影検査など)の高速な表示が可能
・ 画像の拡大や平行移動、輝度値の調整、観察断面の再構成など、医師にとって必要十分な機能を実装
・ 撮像時期の異なるデータや、CTとMRIなど異なる種類の医用画像の同時表示が可能で、それらのスライス移動がシンクロする機能を実装
・ 医用画像の種類、検査日、撮像条件、患者名などの画像に付加している情報に関して、表示・非表示を選択できる
【社会的意義】
 同アプリは、医用画像データがあれば誰もがどこでも簡単な操作で、その画像を見ることができる。これまで敷居の高かった医用画像情報が広く社会に行きわたり、一般の方の医学的知識の啓発や遠隔医療、災害地や医療過疎地での医療の質向上、および医用研究開発の促進が期待される。また、医療従事者間もしくは医療従事者と患者さんとの間において、医用情報がより正確に共有されることが見込まれる。

 


その他の記事

メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン/11月に独で国際医療機器展「MEDICA COMPAMED2018」を開催

 国際医療機器展+会議/国際医療機器技術・部品展「MEDICA COMPAMED2018」は11月12日から15日まで、ドイツ・デュッセルドルフの見本市会場で開催される。同展は毎年11月に行われる医療機器関連の国際イベントであり、最終医療製品の商談の場でもある「MEDICA」と、医療製品関連の加工技術や部品材料が多数展示される「CO…

清水建設/最短物流動線を簡単に見える化するシステムを開発

 清水建設は、病院内の多様で複雑な物流動線を見える化する病院物流動線計画支援システム「サプライくん」を開発し、8月8日、本社(東京・中央区)で記者説明会を行った。  院内の搬送物品は薬剤や医材、リネン、食事など多岐にわたり、多職種のスタッフが異なる時間帯にさまざまな手段で搬送しているが、その複雑さ…

島津製作所/血液から脳内アミロイド蓄積を推定する受託分析を開始

 島津製作所と島津テクノリサーチは8月7日、アルツハイマー型認知症に関する研究開発分野を対象とする、血漿から脳内のアミロイド蓄積度合いを推定する受託分析を開始した。  同受託分析は、2018年2月1日(日本時間)にNature Online版で発表した手法を応用し、受託解析サービスとして提供するもの。同手法では、0.6mL…

シーメンスヘルスケア/医療アプリを提供するアルムと協業を開始

 シーメンスヘルスケアとアルムは、医療におけるデジタル化の推進、ならびに医療情報の共有において新たなかたちを提案していくため協業を開始した。 今回の協業のひとつとして、シーメンスヘルスケアは、全国の医療機関に対してアルムの汎用画像診断装置用プログラム「Join(ジョイン)」の導入サポートを行っていく。…

富士フイルムメディカル/下部消化管用拡大スコープを発売

 富士フイルムメディカルは、内視鏡システムの光源に波長の異なる2種類のレーザーを用いた内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」用スコープのラインアップとして、レーザー専用下部消化管用拡大スコープ「EC-L600ZP7/L」を発売した。  同製品は、市場で評価の高い下部消化管用拡大スコープ「EC-L600ZP7」の画質、操…

日立製作所他/スマート治療室のスタンダードモデルが臨床研究を開始

 日本医療研究開発機構(AMED)は、治療の現場においてIoTを活用し各種医療機器・設備を接続・連携させることで、手術の進行や患者の状況などの情報を瞬時に時系列をそろえて整理統合することで、医師やスタッフ間で共有できる「スマート治療室」の開発を世界に先駆けて進めている。  同プロジェクトは、東京女子医…

富士フイルムメディカル/統合診療支援プラットフォームに既読管理ソリューションを追加

 富士フイルムメディカルは、病院内の各診療システムで管理されている、検査画像、バイタル情報、処方などの診療データを1つに集約・表示する統合診療支援プラットフォーム「CITA Clinical Finder(シータ クリニカル ファインダー)」に新たに画像診断レポートの読・未読を管理する既読管理ソリューションを追加した新…

キヤノンメディカルシステムズ/クリニカルシーケンスサービス企業を子会社化

 キヤノンメディカルシステムズは7月2日、アクトメッド株式会社の過半数の株式を取得・子会社化することにより、がんゲノム検査事業へ参入したと発表した。  アクトメッドは、病理検体の品質チェックからアジア人固有の変異情報・臨床情報を含む臨床データベースに基づいたレポート作成までを一貫して行い、アジア人に…

シーエスアイ/電子カルテシステムに介護機能を実装

 シーエスアイは、電子カルテシステム「MI・RA・Is / AZ(ミライズ / エーズィー)」に介護機能を実装し、7月10日より提供を開始する。 <特長> ▽医療情報・介護情報の相互参照を可能とすることにより、病院・介護施設の双方で人手による問い合わせが省力化でき、また情報伝達の齟齬を防ぐことができる ▽病院からの情報…

PHC/ヘルスケア手帳サービスがヘルスケア産業づくり貢献大賞で特別賞受賞

 PHC のヘルスケア手帳サービスが九州ヘルスケア産業推進協議会による第5回ヘルスケア産業づくり貢献大賞で、特別賞を受賞した。  ヘルスケア手帳サービスは、服用薬の情報をはじめ血圧などの個人の健康情報をスマートフォンで一元管理し、薬局へ処方せんを事前に送信することで、患者の薬局での待ち時間の削減を目…

PHC/日本医療ネットワーク協会と業務委託契約を締結

 PHCは、特定非営利活動法人日本医療ネットワーク協会と医療データ連携に関する業務委託契約を締結した。  同契約は、同協会が推進する医療情報の収集と利活用に関する研究事業「千年カルテプロジェクト」において開発された医療データベース「千年カルテ」とPHCの電子カルテシステムを接続し、医療情報を安全か…

TOPへ