コニカミノルタ/東北大との共同研究で脳磁場を簡便に低コストで計測する高感度センサを開発

 コニカミノルタは、東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻の安藤康夫教授のグループと、同大学院医学系研究科の中里信和教授との共同研究で、室温で簡便に動作する、高感度かつ高分解能のトンネル磁気抵抗(TMR)素子生体磁気センサ(以下、TMR磁気センサ)を開発し、脳活動の一つであるα波の検出に成功した。
 同研究は、科学技術振興機構(JST)研究成果展開事業 戦略的イノベーション創出推進プログラム(S-イノベ)における研究開発テーマ「スピン流を用いた新機能デバイス実現に向けた技術開発」(プログラムオフィサー:安藤功兒)の研究開発課題「トンネル磁気抵抗素子を用いた心磁図および脳磁図と核磁気共鳴像の室温同時測定装置の開発」(プロジェクトマネージャー:安藤康夫)の一環として実施された。
 同研究で開発を進めている脳磁計・心磁計は、室温で動作する多数のトンネル磁気抵抗(TMR)素子をアレイ状に集積して、高感度磁気センサとして用いるものである。このTMR素子のセンサ感度は、SQUID現状ではのそれには及ばないものの、個々のセンサは体表面に密着して計測可能であるため、感度の向上に併せて空間分解能をも格段に向上させることが期待できる。このようなことから、TMR素子を鎧帷子状に配置して、頭部や胸部の皮膚に密着させた状態で脳・心磁図を計測することにより、信号源から放射状に発生した磁束をすべて拾い上げることができるため、信号源推定がより容易となる。同研究開発は、実際に室温で動作する脳・心磁計を試作して、その有用性を実証することを目的として行っている。
 脳磁図の応用については、現在のセンサの感度では用途は限定的だが、振幅の大きな脳信号を発生する薬剤抵抗性てんかんの術前治療で威力を発揮することが期待される。てんかん異常波は、常に出現するとは限らないため、一般的に長時間の測定が必要とされていたが、TMR磁気センサを用いた室温動作・密着型の脳磁計では、拘束度が低いために長時間の連続計測が可能になる。TMR磁気センサの感度が向上することにより、脳梗塞の初期診断、アルツハイマー病などの認知症の診断、精神疾患の診断などにも脳磁図診断は応用可能であり、TMR磁気センサを用いた脳磁計による安価な計測が可能になれば、脳ドックのような健康診断装置として広い普及が期待できる。
 また、心磁図がリアルタイムで計測可能になったことで、室温心磁計の実現が期待される。加えて、TMR磁気センサの特長である高分解能測定によって、不整脈、狭心症、心筋梗塞部位の診断精度が格段に向上し、安全に術前評価が可能になる。特殊なシールドルーム外で動時にも心臓をモニタリングすることが可能であることから、心筋梗塞のリスクを有する年代に対して従来よりも安価な健康診断を提供可能になると考えられる。
 さらにTMR磁気センサは、小型・低消費電力の特長も併せ持つことから、ウェアラブルデバイスへの応用が可能であり、ウェアラブル化によって応用範囲は格段に広がり、計測医療分野に大きなインパクトを与えることが期待される。


その他の記事

日立製作所/AIを用いて心疾患患者の再入院リスクの高精度な予測に成功

 日立製作所は、心疾患の入院患者が退院後30日以内に再入院するリスクについて、その根拠を提示するとともに高精度に予測する人工知能(AI)技術を開発した。米国の代表的な医療機関の一つであるPartners HealthCare(以下、PH)と共同で、PHの有する医療データを用いた効果検証を行った結果、…

日立製作所/三菱電機の粒子線治療システム事業を統合で合意

 日立製作所と三菱電機は、三菱電機の粒子線治療システム事業を日立製作所に譲渡し、両社の事業を統合することに合意した。  今後、両社による詳細の協議と関係当局の審査・承認を経て、三菱電機の粒子線治療装置に関わる設計に関わる設計・製造販売保守事業を、2018年4月に日立製作所に統合する予定。  日立製…

フィリップス・ジャパン/ソフトバンクとの協業を合意

 フィリップス・ジャパンは、ソフトバンクとヘルスケア事業領域でIoTや AIなどを活用したソリューション開発を包括的に共同で行うことに合意した。この合意にもとづき、両社でソリューション開発及び共同実証実験を順次開始する。  両社は、共同実証実験で得られた知見をもとに地域包括ケアシステムの運用者、健康…

日立製作所/ヘルスケア事業拡大に向け国内事業を再編

 日立製作所と日立メディカルコンピュータは、ヘルスケア事業拡大に向け、地域包括ケアシステムを支える医療機関や介護事業者へワンストップサービスを提供することを目的として、2018年4月1日付で日立製作所の医療機器事業に関する保守サービスおよび営業・サービス支援部門と電子カルテ事業を日立メディカルコン…

日立製作所/電子カルテデータの解析で、糖尿病治療薬の効果を予測・比較する技術を開発

 日立製作所は、米国ユタ大学が有する糖尿病患者の電子カルテデータを機械学習を活用して解析することにより、糖尿病治療薬の効果を予測し、比較する技術を開発した。   これまで同社は、健康支援サービスや糖尿病予備群向けプログラムの開発などITを活用した糖尿病対策に取り組んでおり、今回はユタ大学の協力のも…

NEC/湘南慶育病院と協業し、「クラウド型問診サービス」を提供開始

 日本電気(NEC)は、湘南慶育病院が掲げる地域住民の健康に深く寄り添い、自宅でも病院の診察室のような環境を提供するコンセプト“Hospital in the Home”の実現に向け、先進的な医療ICTサービスの提供において湘南慶育病院と協業する。  第一弾として、11月6日の湘南慶育病院の開院に合わせ…

日立製作所/医薬品・医療機器の迅速な開発を支援する「患者レジストリサービス」

 日立製作所は、医薬品や医療機器の迅速な開発を支援するヘルスケア分野向け「患者レジストリサービス」を、2018年4月から提供を開始する。  患者レジストリとは、患者の疾患、治療内容、治療経過などを管理するデータベース。「患者レジストリサービス」は、同社の秘匿情報管理サービス「匿名バンク」を利用し、…

島津製作所/X線撮影装置を問わずトモシンセシス画像が得られる技術を開発

 島津製作所は、専用ファントムとともに被検者を撮影したX線画像に独自の画像処理を行うことにより、様々な一般撮影システムやX線TVシステムでトモシンセシス画像を取得可能にする新しい技術を開発した。  トモシンセシスは、Tomography(断層撮影)とSynthesis(合成)から作られた医療用語で…

日立製作所/サムスンと超音波診断装置の国内販売で合意

 日立製作所は、Samsung Medison Co., Ltd.(以下、サムスン)とサムスンのコンパクトモデル超音波診断装置「HS40」の日本国内における販売に関して合意した。  同製品は、導入しやすい普及タイプでありながら、このクラスでは最大級の21.5インチモニターを搭載。また、優れた画像描出力を有し、鮮明な画像で検…

日立製作所/東北大学とがんや難病の個別化医療実現に向けて包括提携

 日立製作所は、がんや難病の患者一人一人に対し、最適な医療を提供する個別化医療に関する共同研究および実用化に向けた包括提携契約を東北大学と締結した。  東北大学の附属病院である東北大学病院が進める個別化医療推進プロジェクトで収集する遺伝子情報や検診情報・診療情報と、日立製作所の遺伝子情報解析技術(…

ネットワンシステムズ/「多摩メディカル・キャンパス」3病院の共通仮想基盤を構築

 ネットワンシステムズは、都内最大級の医療拠点である多摩メディカル・キャンパス内の東京都立3病院(多摩総合医療センター、小児総合医療センター、神経病院)の共通仮想基盤をそれぞれ構築した。これらの環境は、昨年3月から本年3月にかけて稼働を開始している。  これによって各病院は、従来計約110台の物理…

島津製作所/乳房専用PET装置の研究・開発で産学官連携功労者表彰 厚生労働大臣賞を受賞

 島津製作所は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所と京都大学医学部附属病院とともに、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)プロジェクトのもとで連携して行った乳房専用PET装置「Elmammo(エルマンモ)」の研究・開発について産学官連携による活動の…

TOPへ