富士通/クラウド型のプラットフォーム「Healthy Living Platform」を販売開始

 富士通は、医療分野における診療データや健康データの利活用に向けた新たなクラウド型のプラットフォーム「Healthy Living Platform(ヘルシーリビングプラットフォーム)」を開発し、2023年3月28日より、日本国内において、医療機関や製薬企業向けに販売開始する。
 本プラットフォームは、医療機関の電子カルテシステムに蓄積された診療データを次世代医療情報標準規格であるHL7 FHIR(注1)に変換して標準化した上で集約するとともに、患者個人が持つバイタルデータや歩数、消費カロリーなどの健康データを本人同意のもと保存できる。集約保存されたデータは安全かつ容易に活用できるように特定の個人を識別できないデータに変換し、医療機関は患者一人ひとりの個別化医療の促進、製薬企業は新薬開発の有効性や安全性の分析に利用でき、新たな価値の創出につなげることが可能になる。さらに富士通はこの仕組みを活かし、患者自身が診療データをスマートフォンで閲覧できるデータポータビリティ(注2)サービスや、医療機関がプラットフォーム上で共有した診療データを高度に分析できるサービスなどを展開していく。

「Healthy Living Platform」の特長
1、次世代医療情報標準規格のHL7 FHIRに自動変換
各医療機関が持つ電子カルテシステムの診療データを本プラットフォームに集約する際、次世代医療情報標準規格HL7 FHIRの日本国内における実装ガイドであるJP Core(FHIR JP Core 実装ガイドV1.1.1)(注3)に準拠した形式へ自動変換した上でクラウド環境に保存。医療機関ごとに異なるデータ規格を統一することで、データ活用を容易にする。

2、健康に関わる幅広いデータを集約可能
電子カルテシステムの診療データだけでなく、個人が持つバイタルデータや歩数、消費カロリーなどもデータポータビリティサービスにより集約できるほか、今後、健診データなども取り込めるようにしていく予定。幅広いデータを集約することで、医療機関での診療業務および臨床研究や、製薬企業での新薬開発で、より高度な分析や活用が可能になる。

3、安心安全なデータ活用を支える高いセキュリティ性
本プラットフォームにおけるセキュリティ対策は、厚生労働省が定める「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」ほか、各省庁が定める各種ガイドライン(注4)に準拠し、Microsoft のクラウドコンピューティングプラットフォーム「Microsoft Azure」を利用して安心安全なクラウド環境で構築する。

想定される「Healthy Living Platform」の活用シーン
医療機関における活用
・複数の医療機関の診療データや患者の健康データなどを参照し、患者の病歴や日々の体調、アレルギー、体質など、詳細な健康状態やペイシェントジャーニー(注5)全体を把握することで、適した薬剤の処方、治療方法の選択といった個別化医療を促進
・データ規格の標準化によりデータの収集や加工、クレンジングにかかる時間を短縮できるため、臨床研究や論文作成を効率化

製薬企業における活用
・治験患者から得ている臨床検査データだけでなく、実診療の匿名加工されたデータによって、医薬品の効果や副作用といった有効性および安全性の検証をより詳細かつ効率的に行うことができ、新薬開発の期間短縮や成功率向上および承認薬の適用拡大を推進

注1 HL7 FHIR:
HL7(Health Level Seven) Fast Healthcare Interoperability Resourceの略であり、HL7協会によって作成された次世代標準規格。HL7協会(Health Level Seven Inc)は、医療情報標準規格の開発やその普及促進を目的とする団体。医療情報標準規格は、保健医療分野の適切な情報化に資することを目的に制定された規格。

注2 データポータビリティ:
政府、企業、医療機関などで個別に管理される情報を自分で管理し、自由に持ち運ぶことができるようにすること、その仕組み。

注3 HL7 FHIRの日本国内における実装ガイドであるJP Core(FHIR JP Core 実装ガイドV1.1.1):
HL7 FHIRのうち日本HL7協会(HL7協会 日本支部)公認であり、日本医療情報学会(JAMI) NeXEHRS課題研究会「HL7 FHIR 日本実装検討WG」で作成されたHL7 FHIR標準を元に日本国内で患者データにアクセスするための最小限の適合性要件を定めた日本国内における実装ガイドであるFHIR JP Core 実装ガイドV1.1.1を指す。

注4 各省庁が定める各種ガイドライン:
厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」および経済産業省・総務省「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」。

注5 ペイシェントジャーニー:
患者が病気を発症してから医療機関での受診や服薬など治療を受けている期間の患者の行動や感情などの過程。

問い合わせ先=富士通コンタクトライン(総合窓口)
TEL:0120-933-200


その他の記事

Transgene社とNEC/頭頸部がんに対する個別化ネオアンチゲンがんワクチンTG4050のさらなる有効性を確認(24.4.10)

 がん治療向けウイルスベース免疫治療のデザインおよび開発を手掛けるバイオテクノロジー企業Transgene SA(トランスジーン)と日本電気(以下 NEC)は、米国・カリフォルニア州サンディエゴで開催されている米国癌学会(AACR: American Association for Cancer Research)の年次総会で、個別化ネオアンチゲンがんワクチンTG405…

インターシステムズ/エンタープライズデータファブリック についての Forrester Wave で「ストロングパフォーマー」に選出される(24.4.10)

 創造的なデータテクノロジープロバイダーであるインターシステムズは、「The Forrester Wave(TM): Enterprise Data Fabric, Q1 2024(The Forrester Wave(TM): エンタープライズデータファブリック 2024年 第1四半期)」において、「ストロングパフォーマー」に選出された。このレポートは、企業向けデータファブリックの…

富士フイルムとアストラゼネカ/肺がんの化学放射線療法の過去症例を検索できる医療情報システムを共同開発(24.4.10)

 富士フイルム(本社:東京都港区)とアストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区)は、切除不能なステージIII非小細胞肺がん(Non-small cell lung cancer、以下、NSCLC)に対する化学放射線療法(Chemoradiotherapy、以下、CRT)の過去症例を検索できる医療情報システム(以下、本システム)を共同で開発した。  CRTは…

富士フイルムメディカル/AI技術を活用した胸部X線画像病変検出ソフトウェア「CXR-AID」国内2000施設へ導入(24.4.10)

 富士フイルムメディカル(本社:東京都港区)は、AI技術を活用した胸部X線画像病変検出ソフトウェア「CXR-AID(シーエックス アール エイド)」の国内の累計導入施設数が2000施設を突破したことを発表。  胸部単純X線検査は、肺癌や肺炎、心臓疾患などのルーチン検査として多く実施されている。胸部単純X線画像は、骨や…

キヤノンメディカルシステムズ/PSP、エムスリーAIによる医療AI推進のための業務提携に合意(2024.4.5)

 キヤノンメディカルシステムズ(本社:栃木県大田原市)は、PSP(本社:東京都港区)およびエムスリーAI(本社:東京都港区)と、医療AIを活用したヘルスケアIT事業の協業において業務提携することに合意した。同社が得意とする「AI解析技術」や「3D処理技術」のライセンスをPSPが有する読影用の「DICOMビューアーソフ…

富士フイルム/クラウド型AI技術開発支援サービス「SYNAPSE Creative Space(シナプス クリエイティブ スペース)」提供開始(2024.4.1)

 富士フイルム(本社:東京都港区)は、医療機関や研究機関における画像診断支援AI技術の開発を支援するサービス「SYNAPSE Creative Space(シナプス クリエイティブ スペース)」の提供を4月12日より開始する。本サービスは、国立がん研究センターと共同で開発したAI技術開発の研究基盤システムを用いたもので、プログラ…

日立製作所/医薬品・医療機器製造業向け製造・品質管理システム 「HITPHAMS」のサブスクリプション型サービス「SaaS 版 HITPHAMS」の提供を開始(2024.3.28)

 日立製作所(以下、日立)は、医薬品・医療機器製造業向け製造・品質管理システム「HITPHAMS」のサブスクリプション型サービス「SaaS 版 HITPHAMS」の提供を開始した。「HITPHAMS」は、さまざまな形態の医薬品や医療機器の生産プロセスにおいて、GMP で要求される製造指図管理や製造実績管理を中心に、厳格な製造管理・品…

NTTとオリンパス/世界初、クラウド内視鏡システムに関する共同実証実験を開始 (2024.3.27)

 日本電信電話(本社:東京都千代田区、以下「NTT」)とオリンパス(本社:東京都新宿区、以下「オリンパス」)は共同で、内視鏡の映像処理機能をクラウド上で実現するクラウド内視鏡システムの実証実験を開始した。  クラウド内視鏡システムはオリンパスの内視鏡に対する高度な技術を活用し、内視鏡装置内で処理されて…

インフォコム/集患支援の地域医療連携クラウド「mProbe」を販売開始(2024.3.26)

 インフォコム(本社:東京都港区)は、病院の集患活動を支援する地域医療連携クラウドサービス「mProbe(エムプローブ)」の販売を4月1日より開始する。  病院の経営は人口減少やコロナ禍による病床稼働率低下の影響で悪化しており、約7割の病院が赤字とされ、収益改善が課題となっている。そこで中~大規模病院で…

富士フイルムメディカル/「医薬IoTソリューション事業」を開始(2024.3.22)

 富士フイルムメディカル(本社:東京都港区)は、富士フイルムの医薬品事業の中核会社である富士フイルム富山化学(本社:東京都中央区)より薬剤の監査・識別業務に関わる製品・サービスを提供する医薬IoTソリューション事業を継承し、事業拡大を目指す。製品・サービスの提供は4月1日より開始する。  継承する医薬IoT…

NECと東京医科歯科大学/AIにより慢性腰痛のセルフケアを支援する技術を開発(2024.3.21)

 日本電気(以下NEC)と国立大学法人東京医科歯科大学(以下TMDU)は、AI(人工知能)によりスマートフォンやタブレット端末で撮影した映像や問診データを解析して、慢性の非特異的腰痛(慢性腰痛)のセルフケアを支援する技術を開発した。これにより、慢性腰痛を持つ人が、時間や場所の制約なく自身で手軽に腰の状態を確認し、推…

GE ヘルスケア・ジャパン/都内3例目となるコマンドセンターの構築を東京都立墨東病院にて着手(2024.3.20)

 医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GE ヘルスケア・ジャパン(本社:東京都日野市、以下 GE ヘルスケア)は、地方独立行政法人東京都立病院機構 東京都立墨東病院(東京都墨田区、以下、墨東病院)と 2022 年より協議を重ね、2023 年 12 月に GE ヘルスケアが提供するコマンドセンターの導入について契約を…

富士フイルム/脳脊髄液腔の各領域を抽出するAI技術を共同開発(2024.3.20)

 富士フイルム(本社:東京都港区)と公立大学法人名古屋市立大学(所在地:愛知県名古屋市瑞穂区)は、MRI画像から脳脊髄液腔の各領域を抽出するAI技術を共同で開発した。本技術により、「治療で改善できる認知症」と言われ早期発見が重要なハキム病(特発性正常圧水頭症:iNPH)の診断精度向上が期待できる。本技術は、…

Barco(バルコ)/4月12日開催「ITEM2024」(国際医用画像総合展)に出展(2024.3.15)

 ヘルスケア・エンターテインメント・エンタープライズ、それぞれの映像関連ソリューション事業で長年実績をもつBarco(バルコ)は、神奈川県パシフィコ横浜の展示ホールで開催される国際医用画像総合展「ITEM2024」(4月12日~14日)にブース出展する。今年の展示予定は以下のとおり。 医用画像表示ディスプレイソリ…

メドレー/医療介護求人サイト「ジョブメドレー」で生成AIによる求人原稿の作成補助機能を提供開始(2024.3.13)

 メドレー(本社:東京都港区)が提供する日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」は、事業所向けに生成AI(Azure OpenAI ServiceのGPTモデル)を活用した求人原稿の作成補助機能を提供開始した。 本機能により、ジョブメドレーを利用する事業所は質問に回答していくことで求人原稿が簡単に作成でき、その入力…

TOPへ