富士フイルム/名古屋大学と AI技術を用いた肺炎入院患者に対する経過予測技術の共同開発に成功

 富士フイルム(本社:東京都港区)と名古屋大学医学部附属病院(所在地:愛知県名古屋市)は、院内のさまざまな部門システムで管理している診療データを基に、AI技術※1を用いて、肺炎入院患者の経過を高精度に予測する技術を共同で開発することに成功した。

肺炎は呼吸器専門医や感染症専門医のみならず、多くの臨床医が診療に携わる可能性が高い急性期疾患で、日本人の死亡原因第5位と報告※2されている。肺炎の診療現場では、入院治療の必要性の確認や、入院患者の経過を予測するために、肺炎の重症度評価手法として作成されたA-DROP※3スコアが用いられてきた。しかし、本来A-DROPスコアは、入院時などにその時点における患者の重症度を評価するための手法であり、評価に用いるデータは年齢や血圧など5つの項目に限られることから、入院後の経過を予測するには精度に課題があった。
一方、経過を精度高く予測するために、患者属性や診断名などのカテゴリーデータや検査値などの数値データ、診療記録等を学習データに加えたAIモデルによる研究がこれまでも行われてきた。これらの先行研究から、経過予測の精度向上には、A-DROPスコアで用いられるような限定的なデータではなく、院内で日々記録される患者の多様なデータを統合して利用することが重要であると示唆されている。

今回の共同研究では、院内の多様な医療データを一元的に管理できる当社の医療機関向け総合診療支援プラットフォーム「CITA Clinical Finder」※4のデータベースを基に、AI技術を用いて、肺炎入院患者に対する経過予測を高精度に行う技術を開発した。電子カルテ、放射線部門情報管理システム、検体検査システムなどさまざまな部門システムから「CITA Clinical Finder」に集約された、医師記録、看護記録、患者背景情報、入院診療計画、放射線検査報告、臨床検査結果、処置情報、食事情報などのさまざまな情報を、既往歴など入院前の情報も含めて幅広く活用し、患者一人ひとりの状況に応じた経過予測を行うことで、A-DROPスコアよりも高精度な予測が可能となった。なお、値が1に近いほど予測精度が高いことを示すAUROC※5は、A-DROPスコアでは0.736であったのに対し、本技術ではその数値を上回る0.888を達成している。また、本研究結果を解析した結果、経過予測の根拠となり、また精度向上への寄与度が高かった項目は、実際に医療従事者が経過予測の際に重視する食事情報や臨床検査結果などの項目と一致していたことを確認した。
本研究で開発した経過予測技術を活用し、肺炎入院患者の経過をこれまで以上に高精度に予測できるようにすることで、患者一人ひとりの状況に応じた診療計画の策定や、限られた医療リソースの適切な配分を支援できる可能性がある。

※1 AI技術のひとつである機械学習を用いて開発した。
※2 厚生労働省「令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況」より
※3 日本呼吸器学会によって作成され、成人市中肺炎診療ガイドラインで採用されている一般的な肺炎患者の重症度評価手法であり、年齢、脱水状態、呼吸状態、見当識障害の有無、血圧の5つの項目を基に患者の重症度を評価する。
※4 病院内の各診療システムで管理されている、検査画像、バイタル情報、処方などの診療データを1つのプラットフォームに集約・表示する診療支援システム
※5 受信者動作特性曲線下面積(Area Under the Receiver Operating Characteristic curve)を指す。

問い合わせ先=富士フイルム メディカルシステム事業部 ITソリューション部
TEL:03-6452-6776


その他の記事

NEC/「経営層のためのサイバーセキュリティ実践入門」発刊(2024.2.29)

 NECは、企業の経営者やマネジメント層を対象に最低限知らなくてはならない知識をまとめた入門書「経営層のためのサイバーセキュリティ実践入門」をNECセキュリティと共同で制作・発刊した。サイバーセキュリティ対策が必要となっている背景から、経営層に求められる役割と戦略、組織づくりやシステム管理、事故が発生し…

デロイト トーマツ/医師の高齢化と後継者不在に伴う診療所の第三者承継の課題に対応(2024.2.29)

 デロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(東京都千代田区、以下DTFA)は、国内の診療所を運営する医師または法人の代表者の高齢化と後継者不在に伴う第三者承継を支援するサービスを開発した。2月29日に、滋賀県医師協同組合(滋賀県栗東市)と医業承継に係る業務提携契…

キヤノンメディカルシステムズ/ラドバウド大学メディカルセンターとフォトンカウンティングCTの臨床研究を開始(2024.2.26)

 キヤノンメディカルシステムズ(本社:栃木県大田原市)は、ラドバウド大学メディカルセンター(Radboud University Medical Center、Chair, Dr. Bertine Lahuis、所在地:オランダ ナイメーヘン)と次世代の X 線 CT として期待されるフォトンカウンティング CT(以下 PCCT)の、世界で2台目となる同社装置を用いた臨…

NTTコミュニケーションズ/病院向け屋内位置情報活用サービス「LocoView」の 提供開始(2024.2.19)

NTTコミュニケーションズ(以下 NTT Com)は、位置情報を活用し病院内におけるワークスタイル変革および患者のカスタマーエクスペリエンスを向上するサービス「LocoView」(以下 本サービス)の提供を、2024年2月19日より開始する。本サービスは、病院内に設置したビーコンとスマートフォンのアプリで医療従事者や患者の位置情…

GE ヘルスケア・ジャパン/神奈川県県央医療圏の 医療ニーズに応えるデジタル・ソリューションを提供(2024.2.6)

 医療課題の解決に取り組む GE ヘルスケア・ジャパン(本社:東京都日野市、以下 GE ヘルスケア)は、医師不足が著しい神奈川県県央医療圏の医療ニーズに対応するべく、2023 年 6 月より社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 海老名総合病院(以下、海老名総合病院)と連携し、コマンドセンターの導入・稼働を開始…

横河電機/CellVoyager High-Content Analysis System CQ3000 を開発 (2024.1.31)

 横河電機(本社:東京都武蔵野市)は、撮像装置や画像解析ソフトで構成されるハイコンテントアナリシス(HCA)システムソリューション「CellVoyagerTM」シリーズのラインアップとして、CellVoyager High-Content Analysis System CQ3000(セルボイジャー・ハイコンテント・アナリシス・システム)を開発した。2024 年 7 …

島津製作所/令和6年能登半島地震の被災地支援 義援金1500万円を日本赤十字社に寄付(2024.1.24)

このたびの「令和6年能登半島地震」で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。島津製作所は、被災された方々の支援のため1000万円に加え、役員・従業員から募った約500万円をあわせて日本赤十字社に寄付した。被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

アドバンスト・メディア/富士通 Japan のヘルスケアソリューションに、「AmiVoice® SDK」が搭載 病院向け音声ソリューション「HOPE LifeMark-Voice」で音声入力を実現(2024.1.17)

 アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区)の音声認識を中心とした音声関連技術を提供する開発者向けボイステックプラットフォーム「AmiVoice Cloud Platform(アミボイス クラウド プラットフォーム)」にて提供しているAI 音声認識開発キット「AmiVoice SDK」が、富士通 Japan (本社:東京都港区)が提供する病院…

インターシステムズ/2023年 Gartner(R)クラウド・データベース管理システムの Magic Quadrant(TM)でチャレンジャーに位置づけられる(2024.1.12)

企業のデジタル変革を支援する最先端ソフトウェアのリーディング・プロバイダーであるインターシステムズは、ガートナー社のクラウド・データベース管理システム(DBMS)に関するマジック・クアドラントでチャレンジャーに位置づけられた。この評価は、ビジョンの完全性と実行能力に基づくものであり、本レポートでインター…

キヤノン/米国特許取得企業ランキングで世界第 5 位・日本第 1 位(2024.1.10)

 米国の特許専門調査会社 IFI CLAIMS パテントサービスによると、2023 年に米国特許商標庁(USPTO)に登録された特許数(速報値)は、キヤノンが 5 位となり、38 年連続で世界 5 位以内を維持した。これは、世界の企業で唯一、キヤノンが達成した記録である。また、日本企業においては、19 年連続 1 位となった。  キヤ…

NTTコミュニケーションズ/共同で北海道内の中核病院群を結んだ5G遠隔視触診実験に成功(2024.1.10)

 NTTコミュニケーションズ(以下NTT Com)は、北海道大学量子集積エレクトロニクス研究センターの池辺将之教授、北海道大学病院/大学院医学研究院の岩崎倫政教授、遠藤努特任助教、北海道大学大学院情報科学院修士課程野津綾人氏らの研究グループ、BIPROGY、テクノフェイス、慶應義塾大学、モーションリブ、AnchorZと共同…

ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパ二ー/新たな機序を活用した心房細動向け治療機器 「VARIPULSE® Platform」薬事承認を取得(2024.1.9)

 ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニー(本社:東京都千代田区、以下「ジョンソン・エンド・ジョンソン メドテック」)は、パルスフィールドアブレーション技術(PFA)を採用したアブレーションプラットフォーム「VARIPULSE® Platform(バリパルス® プラットフォーム)」が2023年12月22日に薬事承認され…

インフォコム・北海道大学/共同研究で心不全患者におけるフレイル自動判定AIアプリを開発(2024.1.5)

 インフォコム(本社:東京都港区)は、北海道大学との共同研究「高齢心不全患者におけるフレイル自動診断を支援する新医療機器プログラムに関する研究開発」が、日本医療研究開発機構(AMED)が公募した「令和4年度 医療機器等研究成果展開事業」において採択された。 ■今回AMEDに採択された研究 ・フレイル判定プロ…

チャンギ総合病院・Shimadzu(Asia Pacific)/共同研究ラボでの血液検査プロジェクト(2023.12.25)

 シンガポールのチャンギ総合病院 (CGH) と島津製作所のアジア統括会社Shimadzu(Asia Pacific)Pte.Ltd(以下SAP)が開設した共同研究ラボ「Shimadzu-CGH Clinomics Centre」(以下SC3)は、2023年2月から血液検査による高血圧症の診断支援事業を同国で開始した。  CGHとSAPは2021年1月のSC3開設以来、液体クロマトグラ…

TOPへ