シーメンスヘルスケア/AI診断支援サービス等を提供するAIメディカルサービス、エルピクセル、Splinkと提携を開始

 シーメンスヘルスケア(本社:東京都品川区)は、このたび、国内における医療のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を強化するため、AIメディカルサービス(本社:東京都豊島区)、エルピクセル(本社:東京都千代田区)、Splink(本社:東京都千代田区)の3社とそれぞれ提携を開始した。

今回の提携により、シーメンスヘルスケアの持つ医療プラットフォーム「teamplay digital health platform(チームプレイ・デジタル・ヘルス・プラットフォーム)」上で提供されるアプリケーション群に、1) 内視鏡検査の画像解析を行うAIメディカルサービスの解析ソフトウェア、2) 頭部MRA画像から脳動脈瘤の候補点を検出するエルピクセルの画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm(エイル・ブレイン・アニュリズム)」、3) 頭部MRI画像から海馬領域の体積を測定するSplinkの脳ドック用AIプログラム「Brain Life Imaging」が加わる。

teamplay digital health platform は、医療のデジタルトランスフォーメーション(DX)の発展を視野に入れ、シーメンスヘルスケアが開発した多機能デジタルヘルスプラットフォーム。オープンでセキュアなクラウド環境を基盤にした仕組みのもと、医療機関、医療従事者、患者、自治体、メーカーやそのパートナーを含むすべてのステークホルダーがつながり、連携し、有用なアプリケーションやより良いサービスの提供・活用を促進することを目的としている。たとえば、メーカーやそのパートナーには、開発したアプリやサービスをすぐに提供できる環境がもたらされ、一方の医療従事者には、必要に応じてそれをいち早く活用できるなどのメリットがある。teamplay digital health platformは、現在国内で2,100以上の施設に導入されており、11の自社製アプリケーションに加え、これまでに提携した3つの他社製アプリを提供している。そして、この度の提携により、診断をサポートする3つの新たなアプリケーションが加わることで、これまで以上に幅広い領域で診療に貢献し、業務効率化と医療サービスの向上に寄与するプラットフォームへと大きく成長を遂げた。

■teamplay digital health platformに加わる新たなアプリケーション
すでにteamplay digital health platformを導入している医療施設は、別途クラウドに繋がる通信インフラを追加する必要がなく、安全かつ簡便にこれらのアプリケーションの利用を開始することができる。

内視鏡画像解析ソフトウェア(AIメディカルサービス製)
消化器軟性内視鏡は、国内メーカーだけで世界シェア98 %*1を占めている市場である。AIメディカルサービスは消化器領域を中心としたがんの根絶を目指し、ディープラーニングを用いた内視鏡 AI の開発に取り組んでいる。その第一弾製品として、2021年8月に胃がん鑑別AIを医療機器製造販売承認申請しており、承認されれば、AIを活用した胃領域の内視鏡診断支援システムとして世界初*2の事例となる。AIメディカルサービスは内視鏡AIという日本発祥の技術を、グローバルにも拡げていくことで、一人でも多くの患者の命を救うことを目指している。今回の協業により、内視鏡AIを世界に拡げる第一歩となることが期待されている。

医用画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm」(エルピクセル製)
脳MRA画像より2mm以上の嚢(のう)状動脈瘤候補点を検出しマークを表示することで、医師の読影をサポートするAIソフトウェアである。医師単独で読影した場合と比べ、本製品を併用し読影することで約10%の感度向上が認められ、2019年10月に深層学習を活用した脳MRI分野のプログラム医療機器として国内初の薬事承認を取得、販売開始した。2021年6月には偽陽性数を削減するなど検出精度を向上させた新モデルをリリース。本製品を含むEIRLシリーズは累計200以上の医療施設に導入されている。(2021年10月末時点)

脳ドック用AIプログラム「Brain Life Imaging」(Splink製)
「Brain Life Imaging」は、頭部MRI画像をAIで解析し、脳の中でも記憶や学習にかかわりの深い「海馬」領域の体積を測定・可視化、受診者様目線のわかりやすいレポートを届けることで気づきを促す、脳ドック用AIプログラムである。AIによる高精度な脳解析と脳の健康維持や将来の認知症予防のためのアドバイスを提供する、新しいオプション検査として満足度の高い脳ドックの受診体験に寄与する。

*1 出典:平成27年度 日本企業の国際競争ポジションに関する情報収集(NEDO)
*2 AIメディカルサービス調べ

問い合わせ先=シーメンスヘルスケア コミュニケーション部 
TEL: 080-1378-7085


その他の記事

キヤノンメディカルシステムズ/MR エラストグラフィーに関する Resoundant 社とのライセンス契約を締結

 キヤノンメディカルシステムズ(本社︓栃木県大田原市 )とResoundant 社(本社︓米国ミネソタ州)は、キヤノンメディカルシステムズのMRI プラットフォームに Resoundant 社が開発した先端的 MR エラストグラフィー(磁気共鳴エラストグラフィー、以下 MRE)をライセンス契約することで合意した。両社は、キヤノンメデ…

オリンパス/コニカミノルタ/国内クリニック向け画像管理ソリューションとクラウドサービスで協業

 オリンパス(本社:東京都新宿区)とコニカミノルタ(本社:東京都千代田区)は、国内クリニック向けの画像管理ソリューションにおいて協業する。 オリンパスが提供する内視鏡用クラウドサービス「Vivoly+(ヴィヴォリープラス)*1」への画像送信端末装置として、コニカミノルタ製の「BLUE Gate(ブルーゲート)」を、20…

GE ヘルスケア・ジャパン/リコージャパンと医療機器メンテナンス分野で業務提携を開始

 GE ヘルスケア・ジャパンおよびリコージャパンは、医療現場の課題解決に貢献することを目的とし、2021 年 11 月から超音波診断装置および麻酔機器メンテナンスの分野における業務提携を開始した。 背景 日本の医療においては、コロナ禍を経て高度な技術革新を伴う構造変化が加速しており、デジタルや AIを駆使した革…

富士フイルム/特殊光を用いて組織の酸素飽和度を画像化する酸素飽和度イメージング技術 新開発

 富士フイルム(本社:東京都港区)は、外科手術用内視鏡システム等に応用して組織の酸素飽和度※1を画像化できる、酸素飽和度イメージング技術を開発した。組織の酸素飽和度の画像化によって、外科医による血流状態や虚血状態の判断を支援することが期待できる。なお、12月2日から4日まで神戸で開催される「第34回日本内…

がん研有明病院/GoogleとAIを活用した乳がん検診に関する共同研究契約を締結

 がん研究会有明病院とGoogleはAI(機械学習モデル)を活用した乳がん検診の研究に向けて共同研究契約を締結した。 Googleは、これまでに米国と英国の専門家と共同で、検診用マンモグラフィから乳がんを特定するための機械学習モデルを開発し、2020 年に学術誌「Nature」に発表(英文)された。 がん研有明病院はGoogle…

富士フイルム/名古屋大学と AI技術を用いた肺炎入院患者に対する経過予測技術の共同開発に成功

 富士フイルム(本社:東京都港区)と名古屋大学医学部附属病院(所在地:愛知県名古屋市)は、院内のさまざまな部門システムで管理している診療データを基に、AI技術※1を用いて、肺炎入院患者の経過を高精度に予測する技術を共同で開発することに成功した。 肺炎は呼吸器専門医や感染症専門医のみならず、多くの臨床…

NEC/医療DXに向け新たなクラウドサービスを提供開始

 NECは、医療デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、クラウドサービスの事業を強化し、2021年11月から新サービスを順次提供開始する。 具体的には、政府のガイドラインに準拠したクラウド環境により、医療機関を支援するサービスと電子カルテシステムを安全・安心に接続可能な「MegaOak Cloud Gateway」を提供…

エルピクセル/キヤノンメディカルシステムズ社の読影支援ソリューション Abierto Reading Support Solution と提携を開始

 エルピクセル(本社:東京都千代田区)は、キヤノンメディカルシステムズ(本社:栃木県大田原市、 以下「キヤノンメディカル」)が提供する読影支援ソリューション Abierto Reading Support Solution(以下、 Abierto RSS)のアプリケーションプラットフォーム「Automation Platform」にて、 医用画像解析ソフトウェアE…

アキュレイ/放射線治療計画最適化オプション「VOLO Ultra」を国内販売開始

 アキュレイ(本社:東京都千代田区)は、当社の高精度放射線治療装置ラディザクトシステム・トモセラピーシステムの治療計画装置Accuray Precision向けに、新しい治療計画最適化オプション「VOLO Ultra」の販売を開始した。VOLO Ultraは、高精度放射線治療装置ラディザクトシステム・トモセラピーシステムとともに使用さ…

ザイオソフト/日本呼吸器学会と 「COVID-19 後遺症に関する実態調査」での共同研究を開始

 ザイオソフト(東京都港区)は、一般社団法人日本呼吸器学会(東京都文京区)との共同研究契約に基づき、同学会が厚生労働科学特別研究事業として実施する「COVID-19 後遺症に関する実態調査」において、ザイオソフトの画像解析技術を用い、胸部コンピューター断層装置(以下CT) による定量評価を行っていくことになった…

シーメンスヘルスケア/日本国内におけるPCI用支援ロボット 「CorPath GRX システム」の販売体制を強化

 シーメンスヘルスケア(本社:東京都品川区)は、米国コリンダス社を2019年に買収し、日本メディカルネクスト(本社: 大阪府大阪市)と共に、日本国内におけるコリンダス社のPCI(経皮的冠動脈形成術)用支援ロボット「CorPath GRX システム」の販売を行ってきた。シーメンスヘルスケアは「CorPath GRXシステム」の装置…

キヤノンメディカルシステムズ/肝臓の脂肪量の汎用超音波画像診断装置による正確な測定法の確立の検討に関する臨床研究について発表

 キヤノンメディカルシステムズ(本社︓栃木県大田原市)は、超音波診断装置による超音波減衰法を用いた肝臓脂肪量を測定する機能ATI(Attenuation Imaging)で肝脂肪化の正確な診断を検証するための多施設共同研究「ATiMIC Study (アトミック スタディー︓Attenuation image Multi-Institution Center study)」をサポ…

富士フイルムヘルスケア/超音波診断装置の画質を大幅に向上させるノイズ除去技術を開発

 富士フイルムヘルスケア(本社:東京都港区)は、超音波診断装置の画質を大幅に向上させるノイズ除去技術を開発した。本技術は、AI技術※1を活用してエコー信号とノイズを区別し、診断に必要な信号を選択的に抽出する。この新しいノイズ除去技術により、体内深部からの信号が弱く診断が難しかったケースでも高画質な画像を…

エルピクセル/胸部X線画像から「肺がん」が疑われる肺結節候補域を検出する医用画像解析ソフトウェア EIRL Chest Nodule、新モデルをリリース

 エルピクセル(本社:東京都千代田区)は、胸部X線画像から「肺結節」の疑いがある候補域を検出し、医師の診断支援を行う医用画像解析ソフトウェア EIRL Chest Nodule について、検出感度を向上させた新モデルをリリースし、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」…

TOPへ