キヤノンメディカルシステムズ/肝臓の脂肪量の汎用超音波画像診断装置による正確な測定法の確立の検討に関する臨床研究について発表

 キヤノンメディカルシステムズ(本社︓栃木県大田原市)は、超音波診断装置による超音波減衰法を用いた肝臓脂肪量を測定する機能ATI(Attenuation Imaging)で肝脂肪化の正確な診断を検証するための多施設共同研究「ATiMIC Study (アトミック スタディー︓Attenuation image Multi-Institution Center study)」をサポートする。
日本超音波医学会 用語・診断基準委員会「脂肪肝の超音波診断基準に関する小委員会」(委員長 熊田卓)によると、近年、医学的にも社会的にも肥満、糖尿病、高血圧、脂質代謝異常などの増加を背景に、メタボリック症候群が注目されているが、肝臓への中性脂肪の蓄積(脂肪肝)がメタボリック症候群に高頻度に合併していることが知られている。脂肪肝はアルコール性と非アルコール性の2つに大きく分類され、アルコールに由来しない非アルコール性の脂肪肝を「NAFLD《ナッフルディー》︓nonalcoholic fatty liver disease」と呼ばれ、近年NAFLDの中にも肝硬変や肝癌に至ることのある進行性の一群があることが明らかにされ、これらは非アルコール性脂肪肝炎「NASH《ナッシュ》︓non-alcoholic steatohepatitis」と呼ばれ、注意が必要な病気と認識されるようになってきた。NASHは肝細胞の5%以上に脂肪化を認めることが分かってきており、NAFLD患者全体の約1~2割を占めるとされ、肥満人口の増加に伴いNASH患者も増えていると懸念されている。
超音波診断装置が普及している日本国内では、その脂肪肝のスクリーニングは主として超音波Bモードによる検査が用いられているが、一定の診断基準がなく、各施設がそれぞれの基準で診断しているのが現状である。また、脂肪肝の診断には肝生検がゴールドスタンダードとされているが侵襲性が高く、検体量が肝全体の5万分の1であるためサンプリングエラーの可能性も高く、脂肪肝の全例に施行することは現実的ではない。そのため近年では、脂肪肝の診断、脂肪量の評価手法として、MRIを用いて肝臓内の脂肪と水の比率を測定するPDFF(Proton Density Fat Fraction)や、超音波の減衰を測定する専用装置が肝生検に代わるものとして認識されるようになった。しかし、MRIによる検査は高額で検査に時間がかかるため、あまり普及しておらず、検診等で広く普及している汎用超音波画像診断装置での簡便で標準的な検査方法が求められていた。

キヤノンメディカルシステムズが開発したATI(Attenuation Imaging)は、腹部検査用の標準的なプローブを用いて超音波周波数依存減衰を測定することのできる臨床アプリケーション。ATIをNAFLDの診断に用い、数値で脂肪肝の進行度を把握することで、NASH診断への有用性が期待されている。ATIはAplio i-series(Aplio i900, Aplio i800, Aplio i700)、Aplio a-series (Aplio a550, Aplio a450, Aplio a / Verifia)で使用可能。
本研究は、このATIをPDFFや肝生検等と比較し、正確性を検証することを目的としている。これまでのBモードでは診断が難しかった少ない脂肪量がATIで診断できるようになれば、客観的な数値によって進行度合いの目安とすることができるだけでなく、NASH患者の見落としを減らすことが期待されている。

本研究は、兵庫医科大学 消化器内科 飯島 尋子 教授を研究総括者とし、兵庫医科大学に加えて、以下の国内11施設が参加して2021年9月に発足、10月からデータ収集を開始した。
名寄市立総合病院
学校法人 岩手医科大学
学校法人 東京医科大学
公立大学法人 横浜市立大学
医療法人社団三成会 新百合ヶ丘総合病院
大垣市民病院
日本赤十字社 姫路赤十字病院
国立大学法人 愛媛大学
国立大学法人 佐賀大学
国立大学法人 広島大学
学校法人 久留米大学

問い合わせ先=キヤノンメディカルシステムズ 広報室
TEL:0287-26-5100


その他の記事

島津理化と東京農業大学/研究室の環境改善をテーマに共同開発(24.4.16)

 島津製作所のグループ会社として、研究・教育設備、理化学機器などの製造および販売を行う島津理化は、学校法人東京農業大学(以下、東農大)と安全で快適な研究環境づくりに関する共同開発契約を締結した。島津理化は、生命科学部分子生命化学科の矢島新教授と連携して研究室における化学物質使用時の作業改善や、ガス…

フィリップス/研究用MRIシステム3.0T「MR 7700」国内1号機、浜松医科大学医学部附属病院で稼働開始(24.4.15)

 フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、以下フィリップス)は、研究用システムである 3.0T「MR 7700」の国内 1 号機を導入した浜松医科大学医学部附属病院において、多核種(Multi Nuclei)イメージングを利用した撮像が開始されたことを発表した。  フィリップスの3.0T「MR 7700」は、先進の分子イメージングに…

Transgene社とNEC/頭頸部がんに対する個別化ネオアンチゲンがんワクチンTG4050のさらなる有効性を確認(24.4.10)

 がん治療向けウイルスベース免疫治療のデザインおよび開発を手掛けるバイオテクノロジー企業Transgene SA(トランスジーン)と日本電気(以下 NEC)は、米国・カリフォルニア州サンディエゴで開催されている米国癌学会(AACR: American Association for Cancer Research)の年次総会で、個別化ネオアンチゲンがんワクチンTG405…

インターシステムズ/エンタープライズデータファブリック についての Forrester Wave で「ストロングパフォーマー」に選出される(24.4.10)

 創造的なデータテクノロジープロバイダーであるインターシステムズは、「The Forrester Wave(TM): Enterprise Data Fabric, Q1 2024(The Forrester Wave(TM): エンタープライズデータファブリック 2024年 第1四半期)」において、「ストロングパフォーマー」に選出された。このレポートは、企業向けデータファブリックの…

富士フイルムとアストラゼネカ/肺がんの化学放射線療法の過去症例を検索できる医療情報システムを共同開発(24.4.10)

 富士フイルム(本社:東京都港区)とアストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区)は、切除不能なステージIII非小細胞肺がん(Non-small cell lung cancer、以下、NSCLC)に対する化学放射線療法(Chemoradiotherapy、以下、CRT)の過去症例を検索できる医療情報システム(以下、本システム)を共同で開発した。  CRTは…

富士フイルムメディカル/AI技術を活用した胸部X線画像病変検出ソフトウェア「CXR-AID」国内2000施設へ導入(24.4.10)

 富士フイルムメディカル(本社:東京都港区)は、AI技術を活用した胸部X線画像病変検出ソフトウェア「CXR-AID(シーエックス アール エイド)」の国内の累計導入施設数が2000施設を突破したことを発表。  胸部単純X線検査は、肺癌や肺炎、心臓疾患などのルーチン検査として多く実施されている。胸部単純X線画像は、骨や…

キヤノンメディカルシステムズ/PSP、エムスリーAIによる医療AI推進のための業務提携に合意(2024.4.5)

 キヤノンメディカルシステムズ(本社:栃木県大田原市)は、PSP(本社:東京都港区)およびエムスリーAI(本社:東京都港区)と、医療AIを活用したヘルスケアIT事業の協業において業務提携することに合意した。同社が得意とする「AI解析技術」や「3D処理技術」のライセンスをPSPが有する読影用の「DICOMビューアーソフ…

富士フイルム/クラウド型AI技術開発支援サービス「SYNAPSE Creative Space(シナプス クリエイティブ スペース)」提供開始(2024.4.1)

 富士フイルム(本社:東京都港区)は、医療機関や研究機関における画像診断支援AI技術の開発を支援するサービス「SYNAPSE Creative Space(シナプス クリエイティブ スペース)」の提供を4月12日より開始する。本サービスは、国立がん研究センターと共同で開発したAI技術開発の研究基盤システムを用いたもので、プログラ…

日立製作所/医薬品・医療機器製造業向け製造・品質管理システム 「HITPHAMS」のサブスクリプション型サービス「SaaS 版 HITPHAMS」の提供を開始(2024.3.28)

 日立製作所(以下、日立)は、医薬品・医療機器製造業向け製造・品質管理システム「HITPHAMS」のサブスクリプション型サービス「SaaS 版 HITPHAMS」の提供を開始した。「HITPHAMS」は、さまざまな形態の医薬品や医療機器の生産プロセスにおいて、GMP で要求される製造指図管理や製造実績管理を中心に、厳格な製造管理・品…

NTTとオリンパス/世界初、クラウド内視鏡システムに関する共同実証実験を開始 (2024.3.27)

 日本電信電話(本社:東京都千代田区、以下「NTT」)とオリンパス(本社:東京都新宿区、以下「オリンパス」)は共同で、内視鏡の映像処理機能をクラウド上で実現するクラウド内視鏡システムの実証実験を開始した。  クラウド内視鏡システムはオリンパスの内視鏡に対する高度な技術を活用し、内視鏡装置内で処理されて…

インフォコム/集患支援の地域医療連携クラウド「mProbe」を販売開始(2024.3.26)

 インフォコム(本社:東京都港区)は、病院の集患活動を支援する地域医療連携クラウドサービス「mProbe(エムプローブ)」の販売を4月1日より開始する。  病院の経営は人口減少やコロナ禍による病床稼働率低下の影響で悪化しており、約7割の病院が赤字とされ、収益改善が課題となっている。そこで中~大規模病院で…

富士フイルムメディカル/「医薬IoTソリューション事業」を開始(2024.3.22)

 富士フイルムメディカル(本社:東京都港区)は、富士フイルムの医薬品事業の中核会社である富士フイルム富山化学(本社:東京都中央区)より薬剤の監査・識別業務に関わる製品・サービスを提供する医薬IoTソリューション事業を継承し、事業拡大を目指す。製品・サービスの提供は4月1日より開始する。  継承する医薬IoT…

NECと東京医科歯科大学/AIにより慢性腰痛のセルフケアを支援する技術を開発(2024.3.21)

 日本電気(以下NEC)と国立大学法人東京医科歯科大学(以下TMDU)は、AI(人工知能)によりスマートフォンやタブレット端末で撮影した映像や問診データを解析して、慢性の非特異的腰痛(慢性腰痛)のセルフケアを支援する技術を開発した。これにより、慢性腰痛を持つ人が、時間や場所の制約なく自身で手軽に腰の状態を確認し、推…

GE ヘルスケア・ジャパン/都内3例目となるコマンドセンターの構築を東京都立墨東病院にて着手(2024.3.20)

 医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GE ヘルスケア・ジャパン(本社:東京都日野市、以下 GE ヘルスケア)は、地方独立行政法人東京都立病院機構 東京都立墨東病院(東京都墨田区、以下、墨東病院)と 2022 年より協議を重ね、2023 年 12 月に GE ヘルスケアが提供するコマンドセンターの導入について契約を…

富士フイルム/脳脊髄液腔の各領域を抽出するAI技術を共同開発(2024.3.20)

 富士フイルム(本社:東京都港区)と公立大学法人名古屋市立大学(所在地:愛知県名古屋市瑞穂区)は、MRI画像から脳脊髄液腔の各領域を抽出するAI技術を共同で開発した。本技術により、「治療で改善できる認知症」と言われ早期発見が重要なハキム病(特発性正常圧水頭症:iNPH)の診断精度向上が期待できる。本技術は、…

TOPへ