富士フイルムメディカル/統合診療支援プラットフォームに既読管理ソリューションを追加

 富士フイルムメディカルは、病院内の各診療システムで管理されている、検査画像、バイタル情報、処方などの診療データを1つに集約・表示する統合診療支援プラットフォーム「CITA Clinical Finder(シータ クリニカル ファインダー)」に新たに画像診断レポートの読・未読を管理する既読管理ソリューションを追加した新バージョン(統合診療支援プラットフォーム「CITA Clinical Finder バージョン2.1」)の提供を開始した。
近年、画像診断レポートの未読や診断結果の見落としが報告されており、画像診断報告書等の確認不足に関する医療安全対策について、厚生労働省から昨年11 月と今年6 月に注意喚起の通知が出たことを受け、医療機関それぞれが、画像診断レポートの見落としを防ぐ仕組み作りを進めている。「CITA Clinical Finder」は、患者の診療情報や診療プロセスの全体像を迅速に把握可能としチーム医療をサポートするシステムとして、2015 年の4 月に発売されたが、検査画像や所見レポートなどの患者の診療情報を一覧表示する「統合診療支援ポータル」機能や、任意の患者を一覧に表示して患者属性や診療文書・同意書の有無や検査の実施状況などの診療情報を表示し、ケアプロセスを可視化する「クリニカルフロー」機能など、情報を目的に応じて自由に活用できるシステムとなっている。
 今回バージョンアップにあたり新たに追加された画像診断レポートの既読管理ソリューションは、診療における様々なシーンでレポートの既読・未読管理をサポートする機能であり、クリニカルフローに未読アイコン表示をすることで、医師は自分の受け持つ患者を一覧表示し、検査レポートの未読・既読を一括で把握できるようになった。
 また、電子カルテにログインした際、未読レポートがあればCITA を立ち上げなくてもアラートを表示する電子カルテとの連携機能や、レポートの既読管理をする医療情報部等の管理者向けに、未読レポートを一覧表示する機能も搭載しており、主治医を中心に多職種協働でレポートの未読・既読管理を行える。
<特長>
1.放射線・生理・内視鏡・病理など各種検査を統合に管理可能
▽RIS や病理システムなど単独の部門システムでは実現できない、検査を横断した統合的な既読管理を実現
2.患者単位の管理だけではなく、複数患者をまたいだ一括管理が可能
▽クリニカルフローや管理者用画面で自分の受け持ち患者等の未読状況を一覧でき、効率的な既読管理を実現
3.CITA クリニカルフロー上に未読アイコンを表示
▽CITA クリニカルフロー上にレポートの未読アイコンを表示。主治医が受け持つ患者一覧を閲覧することで放射線や内視鏡、病理、エコーなどの検査レポートの既読・未読を一括で把握することができる
4.タイムライン上に未読アイコンを表示
▽患者個人の経時的な情報を参照できるタイムラインへも、検査エリアに未読アイコンが表示され、一人の患者が複数の検査を受けている際の見落とし防止をサポート
5.通知機能でCITA にログインせずとも未読状況を把握可能
▽電子カルテにログインした際、未読レポートがあれば、CITA が立ち上がっていなくてもアラートを画面中に表示し、レポートの改版があった場合も改版通知を表示
6.部門システム側での既読管理と連携可能
▽部門システム側で既読操作を行った際に情報連携し、CITA側での一元管理が可能
7.管理者用ワークリストで未読を管理し、データ出力も可能
▽マネジメント層の医師や医療情報部など、レポートの既読管理を行う管理者が院内もしくは自部門内の未読レポートの有無を一覧で把握することができ、データの出力も可能


その他の記事

キヤノンメディカルシステムズ/3分で陽性判定できる機能を追加したインフルエンザ迅速検査システム「Rapiim」販売開始

 キヤノンメディカルシステムズは、最短3分で陽性判定できる機能を追加したインフルエンザ迅速検査システム「Rapiim(ラピーム)」を9月20日より販売開始した。 2016年より販売を開始した迅速検査システム「Rapiim」は、微量なインフルエンザウイルスを迅速に検出可能であるが、従来の8分での最終判定に加え、ウイルス量…

島津製作所/質量分析イメージングデータ解析ソフトウェアを発売

 島津製作所は、質量分析イメージングデータ解析ソフトウェア「IMAGEREVEAL MS」を発売した。 質量分析イメージングは、質量分析計で測定した物質の2次元分布画像を解析する技術。同製品は、膨大な質量分析イメージングデータから必要な情報を簡単に抽出する機能を備えており、研究効率の向上に寄与する。また、6種類の…

日本メジフィジックス/胃がんイメージング剤に関する基本合意書を締結

 日本メジフィジックスは8月16日、テリックス・ファーマシューティカルズ・リミテッド(本社・豪州メルボルン、以下テリックス)と胃がんイメージング剤に関するパートナーシップの基本合意書を締結した。  同合意書は、胃がんのPET診断剤としてテリックスが開発している「TLX250」に関するもの。日本メジフィジックス…

PSP/被ばく線量管理システム「iSED」を発表

 PSP は、医療被ばくの線量情報を電子的に記録し管理できるシステム「iSED」(アイセド:Information System forExposuring Dose)を、近日、販売開始することを発表した。開発の背景として近年、医療被ばくへの関心が高まっており、平成30年度の診療報酬改定でも医療被ばく線量管理を施設基準とする項目が追加された。そ…

NEC/倉敷中央病院とAIを活用した予防医療に向けて共創を開始

 倉敷中央病院とNECは、倉敷中央病院が2019年6月にオープンする「倉敷中央病院付属 予防医療プラザ」(以下 「予防医療プラザ」)において、「自分のいのちの未来を見よう」をコンセプトに、AIを活用した予防医療に向けて共創活動を開始する。  倉敷中央病院では、総合保健管理センターを1987年に設立し、年間約3万8…

富士フイルム/3次元画像解析システム「SYNAPSE VINCENT(シナプス ヴィンセント)」がレッドドット賞:コミュニケーションデザイン2018を受賞

 富士フイルムは、ドイツ・エッセンを拠点とする「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」主催の「レッドドット・デザイン賞」において、3次元画像解析システム「SYNAPSE VINCENT(シナプス ヴィンセント)」が、「レッドドット賞:コミュニケーションデザイン2018(Red Dot Award: Communication Design …

メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン/11月に独で国際医療機器展「MEDICA COMPAMED2018」を開催

 国際医療機器展+会議/国際医療機器技術・部品展「MEDICA COMPAMED2018」は11月12日から15日まで、ドイツ・デュッセルドルフの見本市会場で開催される。同展は毎年11月に行われる医療機器関連の国際イベントであり、最終医療製品の商談の場でもある「MEDICA」と、医療製品関連の加工技術や部品材料が多数展示される「CO…

富士フイルム/米インディアナ大学医学部と共同研究契約を締結

 富士フイルムは、米国の高度先端医療機関であるインディアナ大学医学部 (Indiana University School of Medicine、以下:IUSM、米インディアナ州)と、AI技術を活用した医療画像診断支援システムの開発に関して共同研究契約を締結し、8月28日より米国で研究を開始した。  近年、CTの多列化など画像診断装置の高性…

清水建設/最短物流動線を簡単に見える化するシステムを開発

 清水建設は、病院内の多様で複雑な物流動線を見える化する病院物流動線計画支援システム「サプライくん」を開発し、8月8日、本社(東京・中央区)で記者説明会を行った。  院内の搬送物品は薬剤や医材、リネン、食事など多岐にわたり、多職種のスタッフが異なる時間帯にさまざまな手段で搬送しているが、その複雑さ…

島津製作所/血液から脳内アミロイド蓄積を推定する受託分析を開始

 島津製作所と島津テクノリサーチは8月7日、アルツハイマー型認知症に関する研究開発分野を対象とする、血漿から脳内のアミロイド蓄積度合いを推定する受託分析を開始した。  同受託分析は、2018年2月1日(日本時間)にNature Online版で発表した手法を応用し、受託解析サービスとして提供するもの。同手法では、0.6mL…

シーメンスヘルスケア/医療アプリを提供するアルムと協業を開始

 シーメンスヘルスケアとアルムは、医療におけるデジタル化の推進、ならびに医療情報の共有において新たなかたちを提案していくため協業を開始した。 今回の協業のひとつとして、シーメンスヘルスケアは、全国の医療機関に対してアルムの汎用画像診断装置用プログラム「Join(ジョイン)」の導入サポートを行っていく。…

富士フイルムメディカル/下部消化管用拡大スコープを発売

 富士フイルムメディカルは、内視鏡システムの光源に波長の異なる2種類のレーザーを用いた内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」用スコープのラインアップとして、レーザー専用下部消化管用拡大スコープ「EC-L600ZP7/L」を発売した。  同製品は、市場で評価の高い下部消化管用拡大スコープ「EC-L600ZP7」の画質、操…

日立製作所他/スマート治療室のスタンダードモデルが臨床研究を開始

 日本医療研究開発機構(AMED)は、治療の現場においてIoTを活用し各種医療機器・設備を接続・連携させることで、手術の進行や患者の状況などの情報を瞬時に時系列をそろえて整理統合することで、医師やスタッフ間で共有できる「スマート治療室」の開発を世界に先駆けて進めている。  同プロジェクトは、東京女子医…

TOPへ