JRC2022開催迫る

 JRC2022は、日本医学放射線学会総会、日本放射線技術学会総会学術大会、日本医学物理学会学術大会の3学会と国際医用画像総合展からなる毎春恒例のイベントである。昨年は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、オンラインと現地開催を併用した初のハイブリッド開催となった。
 今年の学会は、第81回日本医学放射線学会総会(会長は村上卓道氏・神戸大)、第78回日本放射線技術学会総会学術大会(大会長は白石順二氏・熊本大)、第123回日本医学物理学会学術大会(大会長は西尾禎治氏・阪大)が、4月14 ~ 17日の4日間、パシフィコ横浜会議ホールで開催する。なお、今大会もコロナ禍の影響を考慮し、オンライン配信を含むハイブリッド形式での開催となる。。3学会と国際医用画像総合展合同によるメインテーマは「未来への潮流と変革(Radiology ─ A Key for theparadigm shift)」。
 JRC2022の合同企画は、三学会合同特別講演で、全米、全仏、全豪、ウィンブルドンのテニスの4大大会において62回の連続出場経験のある、元女子プロテニスプレーヤーの杉山愛氏が講演。また、JRS特別講演として、従来の陸上界の常識を打ち破り、ビジネスの現場で培った組織づくり・人材育成のノウハウを活かした指導法で選手を育成し、第98回 東京箱根間往復駅伝大会の優勝監督となった青山学院大学 陸上競技部長距離ブロック監督の原 晋氏が講演を行う。
 合同シンポジウムとしては
①「ポストコロナ社会へ~みらいへの潮流と変革」(COVID-19 最近の話題/放射線医学の未来への潮流と変革/放射線技術の未来への潮流と変革/遠隔治療に発展するスマート治療室SCOT /コロナ禍における航空業界の役割とポストコロナへの期待)、

②「MRリニアックの新たなる可能性~未来への潮流を探る」(病院運営として導入に至った戦略/ MR画像誘導放射線治療におけるガイドライン策定の動き/より良い放射線治療を目指して(1)~(3)/放射線技術学・医学物理学的な着眼点について/MRリニアック導入経験の紹介)、

③「放射線治療技術の変革─ 未来への道標」(FLASH therapyの臨床応用への期待/ FLASH治療効果の作用機序の解明に向けて/光免疫療法と画像診断/高精度光免疫療法システムの開発/標的アイソトープ治療の高度化に向けた線量評価研究の現状と今後の課題/非臨床研究から考えるα線放出核種を用いたRI内容療法とその応答機構について)の3題が行われる。

3学会のWeb開催については、一部コンテンツを4月14日から順次配信を開始。5月18日正午までの配信を予定している。

 2022国際医用画像総合展(ITEM2022)は、4月15 ~ 17日の3日間、パシフィコ横浜展示ホールA(一部)・B・C・Dで開催される。
主催はJRC(日本ラジオロジー協会)、運営はJIRA(日本画像医療システム工業会)。後援は厚生労働省、経済産業省、日本医師会、神奈川県医師会、横浜市医師会、日本医学会、日本医療機器産業連合会、横浜市。
開催時間は、15日が10時~ 17時、16日が9時30分~ 17時、17日が9時30分~ 15時となっている。開会式は15日9時30分から、展示ホール1階エントランスエリアで行われる。
展示内容は、画像診断装置、医用画像システム、周辺機器やアプリケーションを中心に、企業138社が展示を行う。
(月刊新医療4月号125頁より「ITEM2022 ここだけは見逃せない展示ブースガイド」を掲載)。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、JRC2022(第81回日本医学放射線学会、第78回日本放射線技術学会総会学術大会、第123回日本医学物理学会学術大会、2022国際医用画像総合展)の参加登録は、今回もオンライン上で実施し、学会場内での参加登録は実施しない。現地開催とWeb開催のいずれも、オンライン参加登録が必要である。

 


その他の記事

香港特別行政区政府、香港貿易発展局/香港で第4回「アジア・グローバルヘルス・サミット」及び第15回「香港国際メディカル&ヘルスケア・フェア」開催(24.5.9)

 香港特別行政区政府と香港貿易発展局の共催による第4回「アジア・グローバルヘルス・サミット(ASGH)」及び香港貿易発展局主催の第15回「香港国際メディカル&ヘルスケア・フェア」が5月16日から、ASGHは17日、同フェアは18日まで、香港島中心部の湾仔(ワンチャイ)にある香港コンベンション&エキシビジョンセンター…

2/7(水) 大阪会場・オンライン同時開催/いま医療機関に求められるサイバー攻撃対策とは〜高まるランサムウェア攻撃から医療サービスの提供を維持するための具体的な対策(2024.1.16)

 相次ぐ医療機関へのランサムウェア攻撃は緊迫する国際情勢とともに加速し、医療機関としての機能が停止する事態が発生するなど、2023年も脅威であり続けた。また一方で、医療行為の利便性を高めるためにDX化や情報の共有化が進められ、2023年4月1日からオンライン保険確認が始まるなど、2023年は「医療DX元年」と言える…

キヤノンメディカルシステムズ/『スポーツ医療の最前線』 Global Sports Medicine Forum2023開催のお知らせ

 ラグビーワールドカップ2023に合わせ、2023年9月10日(日)キヤノンメディカルシステムズでは『スポーツ医療の最前線』をテーマにGlobal Sports Medicine Forum2023(GSMF2023)を開催する。  Session1では第一線で活躍されているプロのラグビー、野球、サッカーのチームクリニックの方々を招き、アスリートの予防管理の…

アライドテレシス/国際モダンホスピタルショウ2023に出展

 アライドテレシス(本社 東京都品川区)は、2023年7月12日(水)から14日(金)まで東京ビッグサイトにて開催される『国際モダンホスピタルショウ2023』および、2023年6月1日(木)から7月31日(月)まで開催される『ホスピタルショウ オンライン』へ出展する。  医療現場では、人手不足や長時間労働の問題を受けて、…

キヤノンメディカルシステムズ/「画論31st The Best Image」応募受付開始

 キヤノンメディカルシステムズ(本社︓栃木県大田原市)は、全国の同社画像診断装置(CT、MRI、超音波診断装置)を使用の医療施設を対象に、「画論31st The Best Image」の応募受付を開始した。  「画論 The Best Image」は、診断・治療に有用な画像のクオリティ、被検者へのメリット、テクニックの創意工夫など、クリ…

香港貿易発展局、香港医療・健康機器産業協会/香港で第14回「香港国際メディカル&ヘルスケア・フェア」を開催

  第14回「香港国際メディカル&ヘルスケア・フェア」(主催:香港貿易発展局、香港医療・健康機器産業協会)が5月16日~18日の3日間、香港島中心部の湾仔(ワンチャイ)にある香港コンベンション・アンド・エキシビションセンターにて開催される。本開催は、第3回「アジア・グローバルヘルス・サミット」との併催となる…

香港特別行政区政府、香港貿易発展局/香港で第3回「アジア・グローバルヘルス・サミット」を開催

 第3回「アジア・グローバルヘルス・サミット」(香港特別行政区政府と香港貿易発展局の共催)が5月17日~18日、香港島中心部の湾仔(ワンチャイ)にある香港コンベンション&エキシビジョンセンターにて開催される。なお、17日は現地開催、18日はオンライン開催となる。  同サミットは、公衆衛生、医療ヘルスケア分野…

キヤノンメディカルシステムズ/「画論31st The Best Image」の 応募概要を発表

 1993年からスタートした「画論 The Best Image」は 31回目を迎えた。  診断・治療に有用な画像のクオリティ、被験者へのメリット、テクニックの創意工夫など、クリニカルバリューを総合的に判断し「画像診断技術と医療の発展に貢献する画像」として多くの施設で共有して取組んできた。  本年も以下の概要で開催する…

JRC2023開催迫る

 JRC2023は、3学会と国際医用画像総合展で構成する毎春恒例のイベントである。  今年の学会は、第82回日本医学放射線学会総会(会長は粟井和夫氏・広島大)、第79回日本放射線技術学会総会学術大会(大会長は市田隆雄氏・大阪公立大学医学部附属病院)、第125回日本医学物理学会学術大会(大会長は阿部慎司・茨城県立医…

サイバーリーズン/医療機関向けオンラインセミナー開催

 相次ぐ医療機関へのランサムウェア攻撃は緊迫する国際情勢とともに加速し、医療機関としての機能が停止する事態が発生するなど、2023年も引き続き脅威であり続けている。一方で、医療行為の利便性を高めるためにDX化や情報の共有化が進められ、2023年4月1日からオンライン保険確認が始まることで2023年は「医療DX元年」…

キヤノンメディカルシステムズ/ 「画論30th The Best Image」 30周年記念サイト公開 最終審査および結果発表式 Web中継のお知らせ

 キヤノンメディカルシステムズ(本社︓栃木県大田原市)は、「画論30th The Best Image」最終審査を12月18日(日)にオンラインweb中継にて開催する。  「画論 The Best Image」は、診断・治療に有用な画像のクオリティ、被検者へのメリット、テクニックの創意工夫など、クリニカルバリューを総合的に判断し、「画像診…

香港政府、香港貿易発展局/香港で第2回アジア・グローバルヘルス・サミットを開催

 香港政府と香港貿易発展局は11月10~11日、香港・湾仔の香港コンベンション&エキシビションセンターで「アジア・グローバルヘルス・サミット」(以下、ASGH)を開催する。初日は会場でのリアル開催に加え、オンライン視聴も可能。2日目はオンラインのみの開催となる。  ASGHは医療とヘルスケアの国際イベントであり、…

バリアン メディカル システムズ/「Varian Oncology Summit」オンラインでの開催に変更

 バリアン メディカル システムズ(本社:東京都中央区)は、2022年8月28日(日)13時30分から17時30分にかけて、大規模現地開催イベント「Varian Oncology Summit」を約4年ぶりに開催する予定であったが、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、オンライン開催に変更することになった。  医療従事者である登壇の先生方、…

バリアン メディカル システムズ/約4年ぶりの大規模現地イベント「Varian Oncology Summit 2022」8月28日(日)開催が決定

 放射線治療装置及び関連システムを取り扱うバリアン メディカル システムズ(本社:東京都中央区)は、 2022年8月28日(日)13時30分から17時30分にかけて、 全国10カ所の会場をWebで繋ぎながら、 医療関係者の皆様にVarianのいま(革新的ながん医療技術とソリューションの“最先端情報”)を伝える約4年ぶりの大規模現地開催…

TOPへ