JRC2022開催迫る

 JRC2022は、日本医学放射線学会総会、日本放射線技術学会総会学術大会、日本医学物理学会学術大会の3学会と国際医用画像総合展からなる毎春恒例のイベントである。昨年は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、オンラインと現地開催を併用した初のハイブリッド開催となった。
 今年の学会は、第81回日本医学放射線学会総会(会長は村上卓道氏・神戸大)、第78回日本放射線技術学会総会学術大会(大会長は白石順二氏・熊本大)、第123回日本医学物理学会学術大会(大会長は西尾禎治氏・阪大)が、4月14 ~ 17日の4日間、パシフィコ横浜会議ホールで開催する。なお、今大会もコロナ禍の影響を考慮し、オンライン配信を含むハイブリッド形式での開催となる。。3学会と国際医用画像総合展合同によるメインテーマは「未来への潮流と変革(Radiology ─ A Key for theparadigm shift)」。
 JRC2022の合同企画は、三学会合同特別講演で、全米、全仏、全豪、ウィンブルドンのテニスの4大大会において62回の連続出場経験のある、元女子プロテニスプレーヤーの杉山愛氏が講演。また、JRS特別講演として、従来の陸上界の常識を打ち破り、ビジネスの現場で培った組織づくり・人材育成のノウハウを活かした指導法で選手を育成し、第98回 東京箱根間往復駅伝大会の優勝監督となった青山学院大学 陸上競技部長距離ブロック監督の原 晋氏が講演を行う。
 合同シンポジウムとしては
①「ポストコロナ社会へ~みらいへの潮流と変革」(COVID-19 最近の話題/放射線医学の未来への潮流と変革/放射線技術の未来への潮流と変革/遠隔治療に発展するスマート治療室SCOT /コロナ禍における航空業界の役割とポストコロナへの期待)、

②「MRリニアックの新たなる可能性~未来への潮流を探る」(病院運営として導入に至った戦略/ MR画像誘導放射線治療におけるガイドライン策定の動き/より良い放射線治療を目指して(1)~(3)/放射線技術学・医学物理学的な着眼点について/MRリニアック導入経験の紹介)、

③「放射線治療技術の変革─ 未来への道標」(FLASH therapyの臨床応用への期待/ FLASH治療効果の作用機序の解明に向けて/光免疫療法と画像診断/高精度光免疫療法システムの開発/標的アイソトープ治療の高度化に向けた線量評価研究の現状と今後の課題/非臨床研究から考えるα線放出核種を用いたRI内容療法とその応答機構について)の3題が行われる。

3学会のWeb開催については、一部コンテンツを4月14日から順次配信を開始。5月18日正午までの配信を予定している。

 2022国際医用画像総合展(ITEM2022)は、4月15 ~ 17日の3日間、パシフィコ横浜展示ホールA(一部)・B・C・Dで開催される。
主催はJRC(日本ラジオロジー協会)、運営はJIRA(日本画像医療システム工業会)。後援は厚生労働省、経済産業省、日本医師会、神奈川県医師会、横浜市医師会、日本医学会、日本医療機器産業連合会、横浜市。
開催時間は、15日が10時~ 17時、16日が9時30分~ 17時、17日が9時30分~ 15時となっている。開会式は15日9時30分から、展示ホール1階エントランスエリアで行われる。
展示内容は、画像診断装置、医用画像システム、周辺機器やアプリケーションを中心に、企業138社が展示を行う。
(月刊新医療4月号125頁より「ITEM2022 ここだけは見逃せない展示ブースガイド」を掲載)。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、JRC2022(第81回日本医学放射線学会、第78回日本放射線技術学会総会学術大会、第123回日本医学物理学会学術大会、2022国際医用画像総合展)の参加登録は、今回もオンライン上で実施し、学会場内での参加登録は実施しない。現地開催とWeb開催のいずれも、オンライン参加登録が必要である。

 


その他の記事

キヤノンメディカルシステムズ/「画論30th The Best Image」応…

 キヤノンメディカルシステムズ(本社︓栃木県大田原市 )は、全国の当社画像診断装置(CT、MRI、超音波診断装置)を使用の医療施設を対象に、「画論30th The Best Image」の応募受付を5月18日(水)から開始した。受付終了は7月8日(金)までを予定しており、10月の厳正なる一次審査を経て12月18日(日)に最終審査が行わ…

キヤノンメディカルシステムズ/「画論30th The Best Image」開…

 1993年からスタートした「画論The Best Image」は、30回目を迎える。 診断・治療に有用な画像のクオリティ、被検者へのメリット、テクニックの創意工夫など、クリニカルバリューを総合的に判断し「画像診断技術と医療の発展に貢献する画像」として多くの施設で共有してもらうべく、取組んできた。本年も以下の要領で…

キヤノンメディカルシステムズ/「画論29th The Best Image」オ…

 キヤノンメディカルシステムズ(本社︓栃木県大田原市)は、「画論29th The Best Image」最終審査を12月19日(日)にオンラインにて開催する。 「画論 The Best Image」は、診断・治療に有用な画像のクオリティ、被検者へのメリット、テクニックの創意工夫など、クリニカルバリューを総合的に判断し「画像診断技術と医療の…

アジア・グローバルヘルス・サミット/ 香港にて2021年11月に初…

 香港特別行政区政府と香港貿易発展局は11月24日、香港・湾仔の香港コンベンション&エキシビジョンセンターにて、アジア・グローバルヘルス・サミット(ASGH)を開催する。  ASGHは今回が初の国際医療イベントであり、香港及び世界の専門家やトップリーダーが参加して、ヘルスケア分野の最新情報を発信・議論し、同分野…

JASTROオンラインプレスセミナー/「為せば成る!」テーマに放…

 日本放射線腫瘍学会(JASTRO)は、11月12日〜14日に第32回学術大会をオンラインで開催する。大会長は根本建二氏(山形大)。テーマは「為せば成る!」。大会に先立ち9月15日、同学会は、同大会の概要と学会活動を紹介するオンラインプレスセミナーを実施した。  冒頭、JASTRO理事長の茂松直之氏(慶大)が「放射線治療…

日本診療放射線技師会/日本画像医療システム工業会共催「第8回…

 6月19日に開催予定だった日本診療放射線技師会/日本画像医療システム工業会共催の「第8回 モニタ精度管理セミナー」は、東京都の緊急事態宣言が6月20日まで延長されるとことになったため、中止となった。 問い合わせ先=日本診療放射線技師会  TEL:03-4226-2211 インターネットから http://www.jart.jp/(トッ…

キヤノンメディカルシステムズ/画像診断のスタンダードを築く…

 キヤノンメディカルシステムズ(本社︓栃木県大田原市)は、「画論29th The Best Image」の応募受付を本日5月18日(火)11時から開始した。(https://www.thebestimage.jp/) 応募部門はCT・MRI・超音波の三部門で、10月の一次審査を経て12月19日に最終審査が行われ、結果が発表される。 「画論 The Best Image」は、診…

日本診療放射線技師会/日本画像医療システム工業会と共催で「…

 モニタ精度管理セミナーを,日本画像医療システム工業会(JIRA)との共催の下,下記の通り開催する.モニタの品質管理のデモンストレーション,モニタの品質管理に関するガイドライン(JESRA X-0093)の紹介,モニタ実機によるヒヤリハット体験など,モニタ精度管理の体験ができる内容になっている. セミナー名 第8…

NEC/医療セミナー・病院経営戦略セミナーの開催概要を発表

 NECは、毎年恒例の医療関連セミナーの開催概要を発表した。 「NEC病院経営戦略セミナー2019」は2019年1月25日、同社関西ビル2階で催される。講演として副島秀久氏(済生会熊本病院)による「病院経営に必要な4つのガバナンス」、宇都由美子氏(鹿児島大学病院)による「病院再開発にも負けず100床減床にも負けず丈夫な…

インターシステムズジャパン/「Healthcare Seminar 2018」開催

 インターシステムズジャパンは、10月11日(木) に「Bring Together The Information That Matters ― すべての大切な情報を利用可能に」をテーマとした自社セミナーをANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催する。 医療をとりまく環境は、その複雑さに加え、AI、IoT、クラウドといったテクノロジーの進化が、医療…

TOPへ