JASTROオンラインプレスセミナー/「為せば成る!」テーマに放射線治療の今を考える大会11月開催

 日本放射線腫瘍学会(JASTRO)は、11月12日〜14日に第32回学術大会をオンラインで開催する。大会長は根本建二氏(山形大)。テーマは「為せば成る!」。大会に先立ち9月15日、同学会は、同大会の概要と学会活動を紹介するオンラインプレスセミナーを実施した。
 冒頭、JASTRO理事長の茂松直之氏(慶大)が「放射線治療の現状と学会について」と題した挨拶の後、根本氏は第34回学術大会の内容について紹介。「大会では放射線腫瘍学のトピックス全般を取り上げるが、中でも粒子線治療や、従来の治療照射の線量率に比べて極めて高い線量率、 40 Gy/s以上で照射する高線量率照射“FLASH”に注目したい。他にも免疫チェックポイント阻害剤や放射線治療での共有意思決定のあり方、COVID-19 パンデミック下での放射線治療についてセッションを設けて議論したい」と述べ、また、東電事故から10年を振り返るシンポジウムや、10月23日開催予定の市民公開講座について紹介した。
 次いで、「コロナに強い放射線治療」と題してJASTRO広報委員会副委員長の中川恵一氏(東大)が講演。放射線治療に関しての成人と乳がん患者に対して行ったアンケート調査の結果を報告。その結果から、同治療の認知度が低い点などを指摘し、放射線治療の普及啓発活動に今後も努めたいと述べた。
 最後に「新しい放射線治療」を演題にJASTRO専務理事の宇野 隆氏(千葉大)が講演。宇野氏は、コロナ禍の影響に関しての全国実態調査の結果を説明。治療そのものへの影響は少ないが、治療装置の点検・修理や装置導入には影響が少なからずあったことや、寡分割照射を積極的に行う施設が増加したことなどを報告。加えて、最先端の放射線治療技術として、適応放射線治療(Adaptive Radiation Therapy: ART)および即時適応放射線治療(on-line ART)について紹介した。


その他の記事

キヤノンメディカルシステムズ/「画論29th The Best Image」オンライン開催

 キヤノンメディカルシステムズ(本社︓栃木県大田原市)は、「画論29th The Best Image」最終審査を12月19日(日)にオンラインにて開催する。 「画論 The Best Image」は、診断・治療に有用な画像のクオリティ、被検者へのメリット、テクニックの創意工夫など、クリニカルバリューを総合的に判断し「画像診断技術と医療の…

アジア・グローバルヘルス・サミット/ 香港にて2021年11月に初開催

 香港特別行政区政府と香港貿易発展局は11月24日、香港・湾仔の香港コンベンション&エキシビジョンセンターにて、アジア・グローバルヘルス・サミット(ASGH)を開催する。  ASGHは今回が初の国際医療イベントであり、香港及び世界の専門家やトップリーダーが参加して、ヘルスケア分野の最新情報を発信・議論し、同分野…

日本診療放射線技師会/日本画像医療システム工業会共催「第8回 モニタ精度管理セミナー」の開催中止を発表

 6月19日に開催予定だった日本診療放射線技師会/日本画像医療システム工業会共催の「第8回 モニタ精度管理セミナー」は、東京都の緊急事態宣言が6月20日まで延長されるとことになったため、中止となった。 問い合わせ先=日本診療放射線技師会  TEL:03-4226-2211 インターネットから http://www.jart.jp/(トッ…

キヤノンメディカルシステムズ/画像診断のスタンダードを築く「画論29th The Best Image」応募受付を開始

 キヤノンメディカルシステムズ(本社︓栃木県大田原市)は、「画論29th The Best Image」の応募受付を本日5月18日(火)11時から開始した。(https://www.thebestimage.jp/) 応募部門はCT・MRI・超音波の三部門で、10月の一次審査を経て12月19日に最終審査が行われ、結果が発表される。 「画論 The Best Image」は、診…

日本診療放射線技師会/日本画像医療システム工業会と共催で「第8回 モニタ精度管理セミナー」の開催を発表

 モニタ精度管理セミナーを,日本画像医療システム工業会(JIRA)との共催の下,下記の通り開催する.モニタの品質管理のデモンストレーション,モニタの品質管理に関するガイドライン(JESRA X-0093)の紹介,モニタ実機によるヒヤリハット体験など,モニタ精度管理の体験ができる内容になっている. セミナー名 第8…

NEC/医療セミナー・病院経営戦略セミナーの開催概要を発表

 NECは、毎年恒例の医療関連セミナーの開催概要を発表した。 「NEC病院経営戦略セミナー2019」は2019年1月25日、同社関西ビル2階で催される。講演として副島秀久氏(済生会熊本病院)による「病院経営に必要な4つのガバナンス」、宇都由美子氏(鹿児島大学病院)による「病院再開発にも負けず100床減床にも負けず丈夫な…

インターシステムズジャパン/「Healthcare Seminar 2018」開催

 インターシステムズジャパンは、10月11日(木) に「Bring Together The Information That Matters ― すべての大切な情報を利用可能に」をテーマとした自社セミナーをANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催する。 医療をとりまく環境は、その複雑さに加え、AI、IoT、クラウドといったテクノロジーの進化が、医療…

TOPへ