キヤノンメディカルシステムズ/CT・MR Advanced Imaging Seminar 2018

 キヤノンメディカルシステムズは、2月10日にJPタワー ホール&カンファレンス(東京・千代田区)にて、「CT・MR Advanced Imaging Seminar 2018‐超高精細/高精度CT・MRイメージングが切り拓く新しい診断」を開催した。なお、同大会の様子は、メイン会場となる東京会場のほか、札幌、仙台、大阪、那覇の全国4ヵ所のサテライト会場でも配信された。
 開会挨拶で瀧口登志夫氏(同社代表取締役社長)は、「我々は、Made for Lifeのスローガンのもと、より良い医療を提供するための技術、商品、サービスを開発している。しかし、メーカーが技術を開発するだけでは技術が臨床に貢献することにはならない。日々、臨床現場で活躍される医療関係者の方々に協力いただき、技術や商品の評価をしていただくことが臨床現場で役立つものに昇華していくと考えている」と挨拶した。
 Session1では、MRIに関する講演が行われ、座長に青木茂樹氏(順大)を迎えて3講演が行われた。
△「高速化イメージングの最新動向」山下裕市氏(キヤノンメディカルシステムズ)△「Deep Learning Reconstructionについて」北島美香氏(熊本大)△Initial experience with the high gradient system “GALAN ZGO”-From research to clinical use」Thomas Tourdias氏(Bordeaux Hospital University Center)
 北島氏は、「ノイズ低減を目的としたDLR(Deep Learning Reconstruction)技術は、さまざまな撮像技術との併用が可能で、通常検査における撮像時間の短縮や短時間での高分解能画像撮像、定量解析の精度向上など、発展性のある技術だが、病変描出のValidationなどの課題があるので、DLRの特徴を理解した上で使用する必要がある」と述べた。
 Session2-1は、CTに関する講演が行われ、横山健一氏(杏林大)を座長に迎えて3講演が行われた。
△「Aquilion Precision技術紹介」信藤康孝氏(キヤノンメディカルシステムズ)△「Aquilion Precisionの性能と物理特性」石原敏裕氏(国立がん研究センター中央病院)△「超高精細CTの臨床展開」千葉工弥氏(岩手医大病院循環器医療センター)
 千葉氏は、同センターで稼働している超高精細CT「Aquilion Precision」を使用した検査について言及し、「Precisionによる検査では、冠動脈の狭窄率評価やアダムキュービッツ動脈などの細い血管の描出が向上した。ただし、当院には320列CTもあるので、冠動脈CT検査は心拍数が60以下の患者に限定して検査を行っている」と語った。
 Session2-2は、引き続きCTに関する講演が行われ、新本 弘氏(防衛医大)を座長に迎えて4講演が行われた。
△「超高精細CTによる肝胆膵領域の描出~診断から治療まで」久保貴俊氏(国立がん研究センター中央病院)△「冠動脈CTの現状と超高精細CTの可能性」高木英誠氏(岩手医大病院循環器医療センター)△「Aquilion Precisionだけが写すもの(中内耳・胸部)」山城恒雄氏(琉球大)△「脳神経領域の画像診断にPrecisionがもたらすもの」村山和宏氏(藤田保健衛生大)
 山城氏は、Precisionの持つ高い空間分解能を絶賛し、特に中内耳CTや胸部CTの領域について具体的な症例を示しながらその有用性を強調。「0.25㎜厚画像は、従来CTでは観察不可能だった、ごく微細な病変・正常構造物を描出でき、中内耳の画像解剖・画像診断を一新する装置である。胸部CTでも、PACSに画像を送る512マトリクスデータであっても微細病変の視認性やノイズレベル・アーチファクト等が明らかに改善している」と高く評価した。


その他の記事

JRC2018

 放射線医療関連の国内最大イベント「JRC2018」が、4月12~16日の4日間、横浜市・パシフィコ横浜で開催された。主催は一般社団法人日本ラジオロジー協会。JRC2018は、第77回日本医学放射線学会総会(JRS)、第74回日本放射線技術学会総会学術大会(JSRT)、第115回日本医学物理学会学…

Medtec Japan 2018

 医療機器の製造・設計に関するアジア最大級の展示会・セミナー「Medtec Japan 2018」が、4月18~20日に東京ビッグサイト(江東区)で開催された。本年は3ホールに12エリアを設定し、560社/団体が参加。3日間合計の来場者は3万1062人を記録した。  「医療ICT・在宅医療・IoTエ…

GEヘルスケア・ジャパン/2018年成長戦略発表会

 GEヘルスケア・ジャパンは、4月11日に日本GE(東京・港区)で、「2018年成長戦略発表会~これまでの成果と今後の成長に向けて~」を開催した。  同社代表取締役社長兼CEOの多田荘一郎氏は、「プラットフォームとパートナーシップによるイノベーション」と題し成長戦略を発表。日本の医療環境における課…

シーメンスヘルスケア/メディア説明会

 シーメンスヘルスケアは、4月5日に同本社(東京・品川区)で2018国際医用画像総合展(ITEM2018)に向けたメディア説明会を開催した。  冒頭で、同社代表取締役社長兼CEOの森 秀顕氏が、日本における取り組みについて説明。森氏は、「コストを抑えつつ、すぐれた医療サービスを提供し、製品やサービス…

バルコ/ITEM プレスカンファレンス

 バルコは、『JRC2018』の一環として4月13日から開催される「2018国際医用画像総合展(ITEM2018)」に先立ち、3月23日に同社の本社(東京・大田区)にてプレスミーティングが行われた。  プレスミーティングでは、製品の不具合発生時における対応を迅速化するサービスである「ワンウェイアフ…

GEヘルスケア・ジャパン/肝疾患関連セミナー

 GEヘルスケア・ジャパンは、3月5日にGEジャパン(東京・港区)で、肝疾患関連のセミナーを開催した。  テーマは、「肝疾患における最新トピックス―増加傾向にある非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)への非侵襲的アプローチ」。近年、前がん病変である肝硬変の成因で、ウイルス性・アルコール性以外のNASH…

がん対策推進企業アクション/統括セミナー

 がん対策推進企業アクションは、企業や団体とともに、がん受診率を50%以上に引き上げ、がんになっても働き続けられる社会を目指して活動を行う国のプロジェクトである。  2月28日に同アクションの統括セミナー「職域におけるがん対策のこれから」が、日本医師会大講堂(東京・文京区)で開かれた。  飯塚威文…

フィリップス・ジャパン/プレスセミナー

 フィリップス・ジャパンは、2月28日に同本社(東京・港区)にて、プレスセミナーを開催した。 <セミナー内容> ▽睡眠時無呼吸症候群の在宅医療を支えるクラウドソリューション(久保和也氏/フィリップス・レスピロニクス) ▽デジタル病理診断の展望とそのための準備(岡村秀樹氏/フィリップス・ジャパン) ▽特…

メディカルジャパン2018

 4回目を迎える日本最大級の医療展示会 「メディカルジャパン2018」が、2月21~23日の3日間にわたりインテックス大阪(大阪市・住之江区)で開催された。  出展社数は、1340社。同施設をフルに活用し、「地域包括ケアEXPO」、「医療ITソリューション展」、「病院イノベーション展」、「関西医療機…

NEC/医療セミナー2018

 NECは、医療セミナーを2月16日に同本社ビル(東京・港区)で開催した。  セミナーは、3つの講演と展示会で構成。講演に先立ち同社医療ソリューション事業部の中家章雄氏が挨拶し、医療サービスを支える同社のICT技術について3つの観点から紹介。①医療現場の安全・安心について、同社の電子カルテやサイバー…

エレクタ/転移性脳腫瘍の米国と日本における最新治療戦略を紹介

 エレクタは、2月7日にトラストシティカンファレンス・丸の内(東京・千代田区)で、プレスセミナー「がん患者の10人に1人が発症する“脳転移”治療 最前線~がんと共存する時代の、『転移性』脳腫瘍の適切な治療とは」を開催した。  セミナーでは、米国の脳神経外科・放射線治療科の権威で多くの治療実績を持つディ…

単回医療機器再製造推進協議会/医療機器分野の新産業領域発展を目的に協議会発足

 使用済みの単回使用医療機器(SUD)の再製造に関する普及や産業創出を目指す任意団体として、「単回医療機器再製造推進協議会」が1月5日に発足した。その背景として、昨年7月の単回使用医療機器(SUD)の再製造に関する新たな通知が厚労省から発出されたことがあげられる。2月2日に日本橋ライフサイエンスビ…

NEC/病院経営戦略セミナー

 NECは、1月26日にNEC関西ビル(大阪市)で「NEC病院経営戦略セミナー」を開催した。参加者は72名で、2名の講師による講演会とパネルディスカッションが行われた。  はじめに近森正幸氏(近森会理事長)が、『地域医療の今後と地方急性期病院のあり方』と題して講演。「高知県は、中小規模病院に急性期…

TOPへ