HOSPEX Japan 2015/第44回日本医療福祉設備学会

 病院/福祉機器に関する展示会「HOSPEX Japan」は、11月25~27日の3日間、東京ビッグサイト(東京・江東区)で開催された。
 主催は、日本医療福祉設備協会と日本能率協会で、来場者は前回より244人増の2万2071人。400社700ブースの展示や講演会、および「医療経営」、「病院・福祉給食」、「医療機器安全管理」、「リハビリ・介護」、「看護」、「慢性期医療」などに分かれた各セミナーを計70以上開催し、医療・看護・介護が直面する課題に迫った。
 「介護ロボットコーナー」では、日本医療研究開発機構(AMED)ロボット介護機器開発・導入促進事業で開発されている移乗・移動・見守り支援のロボットを展示し、その水準の高さを来場者にアピールした。
 第44回日本医療福祉設備学会は、11月25・26日の両日、東京ビッグサイト会議棟で、「超高齢社会に立ち向かうホスピタルエンジニアリング-医療福祉施設の再編を視野に入れて」をテーマに開催された。学会長は、小室克夫氏(聖路加国際大学施設課マネジャー)。
 講演・シンポジウム・一般演題の内容は、医療・福祉施設の再編を視野に入れ、給排水・衛生・空調・電気・通信・医療ガスをはじめ、各種医療・福祉設備はどうあるべきかを問うものが多かった。
<HOSPEXシンポジウム>
 医業経営セミナーシンポジウムは、「地域包括ケアの地域連携-福島県の場合」をテーマに、福島県医療福祉情報ネットワーク協議会事務局アドバイザーの柴田真吾氏(市立大村市民病院)と、同協議会理事の星 北斗氏(星総合病院)が講演を行った。
 柴田氏は、現状の地域医療連携ネットワークの広がりと問題点を指摘した。星氏は、福島県内の医療機関・薬局・介護施設などで医療情報の共有を可能にした「キビタン健康ネット」の有用性を説き、「福島県の医療・福祉情報ネットワーク環境の整備と利活用を進めることによって、医療の質や安全性の向上を図り、患者中心の地域医療・福祉向上への貢献ができる」と、ネット設立の目的を述べた。
<HOSPEXセミナー>
 HOSPEX会場では、全日本病院協会と日本医療法人協会との共催セミナーが行われ、11月27日には高橋 肇氏(高橋病院理事長/全日本病院協会常任理事)が、「地域包括ケアシステム時代におけるICTの上手な活用法」と題して講演。高橋氏は、次期診療報酬改定に触れ、「自院のことだけを考えていると点数が落ちる時代」と述べ、地域包括ケアシステム整備の重要性を強調。ICT技術を用いることで、どのように生産性を高められるのか、地域の質をどのように高めるのか、どのように生涯社会の実現に貢献できるのか、高橋病院における地域医療連携ネットワークサービス「ID-Link」や、見守りシステム「どこでもMy Life」を使った具体的事例を交えて説明した。
 病院・福祉給食セミナーでは、石川祐一氏(日立総合病院栄養科長)が、「今、求められる病院食運営マネジメントシステム」を講演。病院の栄養部門の課題として、入院患者の食事療養費自己負担増、平成28年度診療報酬改定、労働力不足の3つを挙げ、それぞれに対して、病院スタッフ・患者への周知、栄養指導にかかわる点数の見直し要望、施設に合わせた配食方法の検討が必要であるとした。また、栄養部門の管理者は、情報の先取り、情報を職場にどう反映させるか(PDCAサイクルの活用)、結果を出すこと、が重要であると述べた
<HOSPEX特別講演会>
 笠松眞吾氏(福井大)は、11月27日に「GS1とICTで切り開く手術医療の将来像」と題して講演した。GS1(Global Standard ONE)とは、国際規格を設計・策定する国際組織で、現在医薬品および医療機器の標準バーコードとしてGS1データバーの導入が進められている。笠松氏は、GS1登場に至る経緯を紹介。GS1の有用性を説明し、GS1とICTが融合する際のメリットについて、福井大病院における総合滅菌管理システム等、GS1実装の事例を取り上げて説明した。
<第44回日本医療福祉設備学会>
・学会 学会長講演
 学会初日の11月25日には、開会式に引き続いて小室克夫学会長が学会長講演を行った。題目は、「超高齢社会に立ち向かうホスピタルエンジニアリング」。小室氏は、聖路加国際病院の関連施設改築などを例にして、よりよいサービス提供を得るために建築業者をパートナーとしていかに行うべきかを具体的に示した。そのキーワードとして、施工者選びに対し「自分の足、目、耳で情報の収集・確認を行うこと」「瑕疵期間、支払い開始時期、最終支払いなどについて、依頼者は常識を疑うこと」などを挙げ、担当者は設計や施工(建築・設備)に対しても細心の注意を払うべきだと述べた。
・学会 講演
 11月25日に行われた講演2では、北垣和彦氏(大阪工業大)が「なぜ病院と介護施設は変われないのか?-ロボティクスとデザインによる改革の提案」を講演。工場における工程診断・改善の手法を取り入れた、松下記念病院へのロボット導入による業務改善活動への取り組みを紹介し、「成功した要因は、一緒に取り組んだ人への共感や理解の深まりがあったことだ」と述べた。さらに、病院・介護施設の生産性・効率性の向上が課題となっている現在、業務改善に向けイノベーションを起こすにはデザイン思考が有効であるとした。


その他の記事

JIRA/年頭所感発表会 ニューノーマル時代の新たな価値提供を目指す

 一般社団法人 日本画像医療システム工業会(JIRA)は1月7日、恒例のJIRA山本章雄会長(日立製作所)による年頭所感発表会を開催した。同発表会は、新型コロナウイルス感染症の流行に配慮し、オンラインでの開催となった。  山本氏は冒頭、2020年を振り返って「医療関係者を筆頭に新たな感染症に立ち向かった1年であっ…

キヤノンメディカルシステムズ/画論 28th The Best Image 年末恒例の画像コンテストをオンラインで開催

 キヤノンメディカルシステムズは、2020年12月20日、「画論28th The Best Image」を開催した。同イベントは、同社製CT、MRI、超音波の3画像診断装置による画像の品質に加え、被検者へのメリット、撮影・画像処理技術の工夫、臨床的価値や創意工夫等を総合的に判断するコンテストで、今年で28回目。今回は、新型コロナウイ…

エム・シー・ヘルスケア/コロナ禍の現況から今後の医療の在り方を問う

 エム・シー・ヘルスケアは、11月11日、本社(東京・港区)にて、鈴木康裕氏(厚生労働省顧問、初代医務技監)によるオンライン講演会を開催した。 同社は2000年より、講演会とディスカッション、及びワークショップを中心に病院戦略や医療の行方を考察する「病院の経営を考える会」を年1回、開催してきた。各回ごとに…

第49回日本医療福祉設備学会/HOSPEX Japan2020

第49回日本医療福祉設備学会は、11月11~12日の2日間、初となるWeb開催となった。 開会式で学会長の佐々木久美子氏(医療法人社団 直和会・社会医療法人社団 正志会 本部 看護部業務担当部長/HEAJ理事)が挨拶し、「新型コロナウイルス感染症の流行下、医療福祉の領域でもまさに命がけの対応を迫られている。学会開催…

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO/「日立」が目指す“社会イノベーション”のビジョン示す

 11月4日~6日の3日間、Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYOがオンライン形式で開催された。同イベントは、日立グループ最大規模のイベントとして毎年行われているもので、社会変化をリードするビジョンと具体的な取り組みを、講演、ビジネスセッション、セミナー、オンデマンドムービーなどを通して、幅広く…

第48回日本Mテクノロジー学会/コロナ禍での対策とHL7 FHIRの活用法を学ぶ

 第48回日本Mテクノロジー学会(MTA)が10月23日、オンライン形式で開催された。同学会はM言語等の普及を目指す学会。今回の大会長は本多正幸氏(長崎大名誉教授)、プログラム委員長は鳥飼幸太氏(群馬大)、実行委員長は鈴木隆弘氏(千葉大)が務めた。大会テーマは、「AI時代におけるパラダイムシフトへの対応-脱コロ…

キヤノンメディカルシステムズ/超高精細・高精度なCT・MRIの最新画像診断技術を紹介

 キヤノンメディカルシステムズは、2月9日、JPタワーホール&カンファレンス(東京・千代田区)において、「Advanced Imaging Seminar 2019」を開催した。なお、同大会の様子は、メイン会場となる東京会場のほか、札幌、仙台、大阪の全国3カ所のサテライト会場でも配信された。  開会挨拶で、瀧口登志夫氏(同社代表取…

島津製作所/96回目の恒例レントゲン祭。博士の功績を顕彰

 島津製作所は、2月8日、本社・三条工場(京都市中京区)にて、第96回レントゲン祭を開催した。同祭は、ヴィルヘルム・レントゲン博士を偲び、またその功績を顕彰するために、他界した翌年の1924年から博士の命日(の前後含め)に毎年催されてきており、併せて記念講演会を行っている。  同祭では、伊藤邦昌常務執行役…

NEC/病院経営戦略セミナー2019

 NECは、1月25日、関西支社(大阪市中央区)にて「NEC病院経営戦略セミナー2019」を開催した。 同セミナーでは、松尾 茂氏(同社医療ソリューション事業部長)の挨拶に続き、副島秀久氏(済生会熊本病院)が「病院経営に必要な4つのガバナンス」と題して講演した。  副島氏はガバナンスの重要要素として「人事・財…

フィリップス Coffee Talk/ヘルステック”視点から医療の未来を考える集いスタート

 フィリップス・ジャパンは1月23日、本社(東京・港区)にて報道関係者を集めたイベント「Philips Coffee talk」を開催した。 同イベントは「2025年ヘルステック未来予想図を考える」をテーマとして、様々な切り口からヘルステック(ヘルスケア×テクノロジー)についての理解を深めていくことを目的に実施するもので、今…

JAHIS講演会&賀詞交換会/18年の活動成果を報告し、今年度の取り組みを紹介

保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)は1月16日、イイノホール&カンファレンスセンター(東京・千代田区)で、講演会と賀詞交換会を開催した。 講演会では、JAHISの高橋弘明運営会議議長が「2019年の年頭にあたって」と題した講演を行った。高橋氏は講演で、2018年の活動を振り返り、同年のトピックスとして次世代医…

JIRA会長年頭所感発表会/AIへの注力及び“ビジョン2025”策定を訴える

 日本画像医療システム工業会(JIRA)は、1月9日、KKRホテル東京(千代田区)にて、JIRA会長年頭所感発表会を開催した。 新延晶雄会長は、画像医療システム産業が、今後取り組むべきテーマをつぎのように述べた。 「10年ほど前からは医療ICT推進を重点化してきたが、今、大きな期待が寄せるのはAIだ。工業会として諸…

キヤノン 画論 26th The Best Image/更にレベル向上?年末恒例の医用画像コンテスト

 キヤノンメディカルシステムズは2018年12月16日、東京国際フォーラム(千代田区)で「画論 26th The Best Image」を開催した。同イベントは、同社製CT、MRI、超音波の3画像診断装置による画像の品質に加え、被験者へのメリット、撮影・処理技術の工夫等、臨床的価値 を総合的に判断するコンテストであり、今回26回目を…

超高精細CT研究会/臨床における有用性や新技術の効果について報告

 第2回超高精細CT研究会(主催:超高精細CT研究会、共催:キヤノンメディカルシステムズ)が、12月22日、国立がん研究センター・新研究棟1F大会議室(東京・中央区)にて行われた。 同会は、キヤノンメディカルシステムズの超高精細CT「Aquilion Precision」の技術・撮影・診断研究を通じて、CT撮影に関わる技術者の情…

TOPへ