インターシステムズジャパン

インターシステムズジャパン

●「Care the Future of Care-医療の未来を創造する」をテーマに次世代型ITソリューションを出展

https://www.intersystems.com/jp/

インターシステムズジャパンは、医療専用の統合データプラットフォーム「InterSystems IRIS for Health」と医療連携・統合診療記録のための基盤「InterSystems HealthShare」を中心に、各種ソリューションの展示やセミナーを開催した。

同社の展示で力を入れていたのが、と次世代医療情報交換標準仕様「FHIR」と同社製品群とを組み合わせたソリューションの紹介である。「FHIR」は、 HL7 が開発した次世代の医療 IT 標準仕様フレームワーク。従来のHL7 Ver.2、Ver.3、CDAなど各標準仕様の優れた点を生かしつつ、最新のWeb標準に対応、実装のしやすさに重点が置いたもの。
インターシステムズでは、「FHIR」に関するセミナーを同社ブースで実施するとともに、「InterSystems HealthShare」関連製品群を展示。統合診療記録の「HealthShare Unified Care Record」、患者ポータルの「HealthShare Personal Community」、分析モジュールの「HealthShare Health Insight」、患者特定機能を持つ「HealthShare Patient Index」、プロバイダ検索可能な「HealthShare Provider Directory」、ESB/SOAプラットフォーム「HealthShare Health Connect」などを紹介した。

ミニセミナーでは、7月17日、鳥飼幸太氏(群馬大)が「IoTとFHIR規格を活用した院内ワークフローの改革」と題して講演。「FHIR」規格の概要と従来のHL7との違いを説明し、群馬大学医学部附属病院において、鳥飼氏が取り組んでいる同社のソリューションを活用した事例を紹介した。


その他の記事

ブラザー販売

●ブラザーで現場を変える!-医療現場でのコスト削減と生産性の向上を支援…

EIZO

●「Making Each Life Visual」をテーマに、手術室ソリューションを統合的…

島津製作所

●「医療現場の働き方をサポート」をテーマに、再来受付/会計周辺の省力化…

アライドテレシス

医療情報ネットワークを支える多彩な製品群とサービスを紹介 https://w…

SBS情報システム

●「新たな一歩、未来へ繋がるイノベーションを」をテーマに、クラウド対応…

PSP

●医療被ばく線量管理システムや医療機器管理システムを出展、アピール …

NEC

●「医療の課題を、ともに解きつづけ、問いつづける」をテーマに、医療界の…

日立製作所

●「“CARE”をつなごう」をテーマに、病院から介護施設、在宅までシームレス…

OKIデータ

●医療現場の業務効率化とコスト削減に貢献-院内のICT化の進展に従い、一…

PHC

●新規開業の診療所に絞った新製品に注目 https://www.phchd.com/jp/med…

TOPへ