インフォコム

インフォコム

放射線部門の業務を強力にサポート

医療安全にフォーカスした「線量管理」「患者認証」機能を出展

http://www.infocom.co.jp/healthcare/irad/index.html

 インフォコムでは、放射線部門における日常業務の利便性の向上を始め、安全性やチーム医療の促進など、同部門を支援する機能を数多く開発・実装してきている。
 ITEM2019では、多くのユーザーから要望を受けている「線量管理」や「読影レポートの既読管理」の他に、新機能として「患者認証」「チーム医療の促進」のためのツールを出展した。
また、この他に、放射線治療の件数増加・高精度化に伴い、同ビューアは治療計画装置・治療装置とのオンライン接続やDICOM-RTデータの長期保管・参照運用を実現する。放射線治療を依頼した診療科にも、同じ画像データを配信可能な放射線治療ビューア「RT Image Viewer」や、従来の検像システムにAnywhereオプション機能を搭載することで、放射線情報システム「iRad-RS」端末上で検像業務を実現する検像システム「iRad-QA」、整形外科医の各種計測・術前シミュレーションをシステム上でサポートし、フィルムレス環境を実現する整形外科画像システム「iRad-OT」等が展示された。

●放射線部門システム「iRad-RS」
 来年からCT等の線量管理が義務付けられることから注目される「被ばく線量管理」機能では、撮影装置あるいはPACSより線量情報を蓄積し、RIS情報と連携させることで、効果的な被ばく線量管理を可能にするのが「iRad-RS」である。同機能はRISのオプションとしての提供のため、ユーザーは新規にサーバを購入する等のコストが不要で、RISが持つ患者情報・検査情報・線量データを統合し、参照・抽出・二次活用が可能となっている。
 また、患者間違いを未然に防ぐ「患者取り間違い防止」機能を併せて出展。同機能では、「患者認証専用画面」、「警告メッセージ」を用意。患者認証専用画面で患者認証を実施し、認証に成功しない限り、検査画面に移行できないシステム運用の形態となっている。運用に合わせて表示媒体(インルームモニタ、タブレット端末等)を選択することが可能であり、多様な運用スタイルを実現できる。


その他の記事

EIZO

Making Each Life Visual 最新映像ソリューションを包括的に提案 ht…

JVCケンウッド

より良い読影環境を構築するソリューションを提案 医用画像表示モニタ…

島津製作所

With Your Stories -lifetime healthcare support- 機能を高めた新…

ニプロ

未来につながる確かな経験~想像から創造へ 信頼と実績に裏づけられた…

PSP

Working for better health care レポートの既読管理や被ばく線量管理…

日立製作所

Innovating Healthcare, Embracing the Future 医療の多様な課題解決に…

フジデノロ

新しい価値を創造し続けるフジデノロ 頭部も頭頸部も体幹部もひとつの…

ファインデックス

放射線部門をはじめ、院内全体の診療を支援 既読管理や被ばく線量管理…

TOPへ