ケアストリームヘルス

ケアストリームヘルス

Whatever You’re Facing, Let’s Talk it Through.

豊富な実績、膨大なノウハウ、そして最新AI技術で放射線検査も治療も高効率化

http://www.carestream.jp/ITEM2019

前身が100年の歴史を誇るコダック社が前身であることが広く知られるケアストリームヘルス。同社はITEM2019では、AI技術を積極的に採り入れて放射線検査や画像診断のワークフローの効率化、ひいては関係者の作業負担を飛躍的に軽減する「Vue PACS」を強くアピールしていた。同時に診断RISと治療RISの作業効率を向上させつつより緻密な医療安全に貢献する「CARESTREAM RIS-J」の提案も来場者の足を止めさせることに成功していた。その他の展示を含めて紹介する。

●医用画像情報システム Vue PACS
「Vue PACS」は画像の参照は当然、3Dデータの表示と解析などをオールインワンでこなす読影PACSビューア。読影の優先順位を自動で決定するワークフローオーケストレーター機能、自動位置合わせ機能、病変管理機能、さらにさまざまな解析機能搭載によって読影に伴う煩雑な作業を軽減する。また、AIによる自動診断結果を検査リストに表示するインターフェースも搭載。さらにPET/CTやCTパフュージョン解析やマンモグラフィのトモシンセス読影機能も搭載。
さらに割り振ったショートカットキーの一覧を別ウインドウで呼び出す便利な機能を有する他、PACS画面はほかの読影ビューワとも共有でき、チャット機能でオーダ医と放射線科医間等でのコミュニケーションも図れる。
クライアント優先のカスタマイズも可能であることもユーザからの支持を集める要因になっている。

●放射線情報システム(診断RIS・治療RIS) CARESTREAM RIS-J
「CARESTREAM RIS-J」は、診断RISはもちろん治療RISもラインアップしている総合的な放射線情報システム。視認性の高いユーザインターフェイスによって、プレチェックによる情報共有、未読レポートの管理、RI薬剤の管理、危機の点検履歴などの管理に加え、線量管理も簡単な操作でこなすことができる。医療安全と業務の効率化にとって期待の大きなシステムだといえそうだ。


その他の記事

インフォコム

放射線部門の業務を強力にサポート 医療安全にフォーカスした「線量管…

EIZO

Making Each Life Visual 最新映像ソリューションを包括的に提案 ht…

JVCケンウッド

より良い読影環境を構築するソリューションを提案 医用画像表示モニタ…

島津製作所

With Your Stories -lifetime healthcare support- 機能を高めた新…

ニプロ

未来につながる確かな経験~想像から創造へ 信頼と実績に裏づけられた…

PSP

Working for better health care レポートの既読管理や被ばく線量管理…

日立製作所

Innovating Healthcare, Embracing the Future 医療の多様な課題解決に…

フジデノロ

新しい価値を創造し続けるフジデノロ 頭部も頭頸部も体幹部もひとつの…

ファインデックス

放射線部門をはじめ、院内全体の診療を支援 既読管理や被ばく線量管理…

TOPへ