アライドテレシス/医療機関向け情報ネットワークセミナーを開催

 アライドテレシスは、6月13日から7月7日にかけて「医療機関向け情報ネットワークセミナー―情報端末との接続連携、課題とさらなる展開」を、全国9会場(札幌、秋田、東京、群馬、金沢、茨城、福岡、大阪、静岡)で順次開催した。
 同セミナーは、病院情報ネットワークの基礎知識、無線ソリューションの最新事情の紹介に加え、現在の医療情報分野において必要不可欠な情報端末との連携における有効、容易かつ安全な運用管理の方策をテーマにしたもの。
 7月6日に開催された大阪会場では、基調講演として山下芳範氏(福井大)が「更なるクラウド・IoT技術の活用とSDN/OpenFlowによる新しいセキュリティ対策」と題して講演した。山下氏は、最近の病院情報システムの仮想化の流れについて触れ、「仮想化の有用性として、機器・配線を集約することでシステム管理の効率化やセキュリティ対策の強化できる点が挙げられる。福井大では、サーバラック2本でサーバ50台と端末1500台をサポートしている。仮想化を実現することで、通信のトラフィックが減少し、不審な通信の区別が容易になることは仮想化の隠れたメリットである」と述べた。さらに、福井大学における事例等を紹介しながらIoTにも言及。「IoTの進展で、今までにない医療データを取り込むことができるようになる。今後は、ビッグデータの運用を想定したネットワークの管理を考えなければならない」と強調した。
 続いて、アライドテレシス社の各担当者により、次世代ネットワーク基盤で実現する院内LAN‐AMF+AWCで有線と無線の統合管理」「『自律型ネットワーク』による安定した院内LANの導入~運用」「院内ネットワークのセキュリティ対策-病院のシステムに合わせたSESとセキュリティ製品の組み合わせ」を演題に講演が行われた。
 「次世代ネットワーク基盤で実現する院内LAN‐AMF+AWCで有線と無線の統合管理」では、アライドテレシスのネットワーク関連製品群を紹介した。AWC(Autonomous Wave Control)導入のメリットに触れ、ネットワーク構築に関して導入工数・運用工数・設定変更費用を大幅に削減できるという点を強調し、国内での導入事例を紹介。さらに、仮想化の同社独自技術であるAMF(Allied Telesis Management Framework)を紹介し、このAMFとAWCを組み合わせたネットワークの統合管理の有用性を解説した。
 「『自律型ネットワーク』による安定した院内LANの導入~運用」では、院内ネットワークの重要性とその課題を解説。ネットワークダウンや安定しない無線LAN、煩雑な運用管理やランサムウェア被害などの課題解決策として、AWCを用いた自律型ネットワークを提案。事例紹介を交え、同ネットワーク構築と運用のポイントを説明した。
 「院内ネットワークのセキュリティ対策-病院のシステムに合わせたSESとセキュリティ製品の組み合わせ」では、セキュリティに関するインシデントやアクシデントの現況を説明し、同社のセキュリティ技術であるSES(Secure Enterprise SDN)について紹介した。
 その後、医療情報端末ベンダープレゼンテーションとして、ソニービジネスソリューション社による「4K対応・手術映像支援システムのご紹介」、アイホン社による「成長型ナースコール Vi‐nurse」、キャピタルメディカ社による「電子化ピクトグラム端末で実現する医療安全の強化と看護業務の効率化」、アライドテレシスによる「IoT技術を活用した医療環境可視化ソリューションのご紹介」が行われた。
 最後に、同社の代表取締役副社長である長尾利彦氏が閉会の挨拶を述べ、同社のネットワークを採用している134病院が入会しているユーザー会を紹介。「当社では、2010年に医療ユーザー会を設立しており、年2回の定例会を行っている。病院情報システムの担当者同士が活発に意見交換できる場を提供する定例会では、先進的な学問的取り組みや事例発表、当社の最新技術のエッセンスを紹介するなどしている」と述べ、ユーザー会への積極的な参加を呼び掛けた。
 セミナー会場は、満員の盛況で医療情報システムの責任者および担当者や自治体の医療行政関係者などが多数来場した。


その他の記事

国際モダンホスピタルショウ2017

 医療・介護・福祉関連製品を展示したイベント「国際モダンホスピタルショウ2017」が、有明の東京ビッグサイトで7月12日~14日の3日間にわたって開催された。  今回のテーマは、「健康・医療・福祉の未来をひらく-連携と地域包括ケアの充実を目指して」。全国各地で取り組みが進んでいる地域包括ケア構築の…

重粒子線治療施設設立者協議会/国内5施設が連携して設立

 国内で稼働中の重粒子線がん治療施設を所有する5機関は、『全国重粒子線治療施設設立者協議会』を設立し、7月6日に発明会館(東京・港区)で設立記者会見を行った。  所有5機関とは、①国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(治療施設:放射線医学総合研究所)、②兵庫県(同:県立粒子線医療センター)、③国立…

GEヘルスケア・ジャパン/超音波診断装置新製品発表会

 GEヘルスケア・ジャパンは、7月6日にマンダリン オリエンタル 東京(東京・中央区)にて、超音波診断装置「Vscan Extend」の新製品発表会を開催した。  Vscanシリーズは、ポータブル超音波診断装置の先駆けとして成功し、2010年の発売以来、日本国内の販売実績が5,200台を超える。今回発…

第5回モニタ精度管理セミナー

 公益社団法人日本診療放射線技師会(JART)と一般社団法人日本画像医療システム工業会(JIRA)は7月1日、JART講義室(東京・港区)において、第5回モニタ精度管理セミナーを開催した。  同セミナーは、医用画像表示モニタの基礎知識からモニタの品質管理のデモンストレーションやモニタ実機によるヒヤ…

JETRO/MEJと業務協力に関する覚書を締結

 日本貿易振興機構(以下JETRO)と一般社団法人Medical Exellence JAPAN(以下MEJ)は、7月3日にJETRO本部(東京・港区)において、業務協力に関する覚書を締結した。目的は日本の医療機器・サービス企業等の海外展開の支援。出席者は、JETRO理事長の石毛博行氏とMEJ理事長…

第92回日本医療機器学会大会

 一般社団法人日本医療機器学会主催の第92回日本医療機器学会大会は、6月29日から7月1日までの3日間、パシフィコ横浜で開催された。大会長は加納 隆氏(滋慶医療科学大学院大)で、大会テーマは「新たな医療技術との出会いを求めて」。  大会では、特別講演、教育講演、セミナー、シンポジウムなどが行われ、安…

日本看護協会/新会長・新執行部紹介と事業概要を説明

 日本看護協会は、6月27日に同協会(東京・渋谷区)にて、新会長就任後初の記者会見を行い、今年度の活動方針を発表した。  冒頭、6月7日に行われた平成29年度通常総会において新しく会長に選出された福井トシ子氏は、「2025年問題を見据え、社会保障制度改革が加速している。2015年に公表した『看護の…

保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)/第7期定時社員総会

 保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)は、6月13日に経団連会館(東京・千代田区)で第7期定時社員総会を開催した。平成28年度の事業報告と収支決算、平成29年度の事業計画および収支予算書が満場一致で承認された。  平成29年度の事業計画では、JAHISとして中期計画2019の運営方針に基づ…

日本画像医療システム工業会(JIRA)/活動報告会・定時社員総会

 創立50周年を迎えた日本画像医療システム工業会(JIRA)は、6月8日に2017年度定時社員総会と第6回活動報告会を、KKRホテル東京(千代田区)で開催した。  報告会は、小松研一会長の開会挨拶で始まり、次いで、各部会・委員会の担当者から「重点テーマ」と「トピックス」についてそれぞれ活動報告があ…

インターシステムズジャパン/Healthcare Seminar2017

 インターシステムズジャパンは、6月8日に東京コンファレンスセンター・品川(港区)で「InterSystems in Healthcare Seminar 2017」を開催した。今年のテーマは、「医療現場を支えるIT~医療連携と情報共有」。  同社日本統括責任者の植松裕史氏が挨拶に立ち、上記テーマについ…

第14回化学放射線治療科学研究会/放射線治療装置・システムに関する最新動向を紹介

 放射線治療を取り巻くさまざまな技術等を議論する「第14回化学放射線治療科学研究会」が6月7日に東京大学医学部附属病院で開催された。 <講演内容> ▽動体捕捉最前線/エレクタの動体標的対策(岩井良夫・エレクタ) ▽ViewRay社MRIdianシステムのMR画像ガイド下での放射線治療(西岡史絵・国立…

日本診療放射線技師会/創立70周年記念式典

 公益社団法人日本診療放射線技師会は、6月2日にパレスホテル東京(千代田区)で、創立70周年記念式典を開催した。  同技師会の綱領朗読の後、中澤靖夫日本診療放射線技師会会長が主催者挨拶を述べた。「本技師会は、1947年に日本放射線技師会として成立してから、先達の努力によって苦難の道を乗り越えここま…

シーメンスヘルスケア/伯鳳会グループと救急災害医療に関するパートナーシップを締結

 シーメンスヘルスケアと医療法人伯鳳会を中心とした伯鳳会グループは、5月25日に伯鳳会東京曳舟病院(墨田区)で救急災害医療を中心とした医療機器の運用およびサービスに関するパートナーシップを4月21日に締結したと発表した。  東京曳舟病院は、4月1日に伯鳳会白髭橋病院を新築移転した病院であり、東京都…

日立製作所/乳がん検診のための“新超音波計測技術”を発表

 日立製作所は、5月24日に同社本社(東京・千代田区)にて、乳がん検診技術の研究開発説明会を開催した。  現在の乳がん検診の課題を解決できるという“新超音波計測技術”は、360度の方向から超音波を照射・取得するもので、リング状の超音波デバイスを用いて自動スキャンを行うため、検査者によらない検査が可能…

Medtec Japan 2017

 医療機器の製造・設計に関するアジアで最大級の展示会・セミナー「Medtec Japan 2017」が、4月19~21日に東京ビッグサイト(江東区)で開催された。東4~6ホールの3会場に13エリアを設定し、544社/団体が参加。来場者数は3万2561名(3日間)に達した。  「介護・福祉ロボット&機…

TOPへ