オリンパス/朝日インテックと独占販売契約を締結、独自技術のねじ形状を採用した内視鏡ダイレータ「Tornus ES」

 オリンパスは、朝日インテックとの間で、胆膵領域における内視鏡治療で使用する朝日インテック社製内視鏡ダイレータ「Tornus ES(トルナス イーエス)」※1の国内での独占販売契約を締結し、2022年6月30日から販売を開始する。
 内視鏡ダイレータは、主に胆管や膵管の疾患により狭窄した部位の拡張を行うディスポーザブル処置具。今回発売する「Tornus ES」は、拡張部にねじ形状を採用し、回転することで狭窄部位へのよりスムーズな挿入操作が可能となり、安全かつ簡便な狭窄部位の拡張をサポートする。
※1 「Tornus ES」は、販売名「内視鏡ダイレータ」の愛称。

▪発売の背景
悪性腫瘍や慢性膵炎等の良性疾患により胆管・膵管が狭窄するケースがあり、内視鏡的な処置を行うためには狭窄した部位を拡張する必要がある。内視鏡的な拡張手技には手技の安全性と拡張の確実性が求められ、双方を備えたデバイスに対するニーズがあった。今回発売する「Tornus ES」は、朝日インテック独自の技術により、拡張部にねじ形状を採用した。手元グリップの回転操作により、デバイス自体が推進し、押し込むことなく挿入できるため、安全かつ簡便な狭窄部位の拡張をサポートする。

▪主な特長の詳細
1.拡張部のねじ形状により、手元の回転操作でデバイスを推進させ、安全かつ簡便な拡張手技に寄与
拡張部にねじ形状を採用しており、手元のグリップを回転させるだけでデバイスの挿入が可能。デバイスを押し込む操作が不要となるため、押し込みの反動で内視鏡のポジションがずれてしまうことがなく、安全かつ簡便な拡張手技に寄与する。

2.柔軟で回転伝達性の高いシャフトにより、屈曲したルートの追従をサポート
本製品は、シャフト部に柔軟かつ回転伝達性の高い金属コイルを採用した。手元の操作を先端まで確実に伝達でき、屈曲したルートの追従をサポートする。

3.テーパー加工を施した先端チップにより、スムーズな挿入に貢献
先端チップは円錐状に先細りしていくテーパー加工を施した。これにより、ガイドワイヤ※2との段差が低減されスムーズな挿入に貢献する。
※2 細長い針金状の処置具。十二指腸まで挿入した内視鏡の先端からガイドワイヤを胆管・膵管内へ挿入し、留置させておくことでその後の処置具をガイドワイヤに沿わせて効率的に挿入することをサポートする。

問い合わせ先=オリンパス コミュニケーションズ
TEL:070-2629-2739 FAX:03-6901-4344


その他の記事

PHCホールディングス傘下Epredia Holdings Ltd. /がん診断における病理医の作業効率化を目指し、デジタルスライドスキャナ「PANNORAMIC 480」を発売(2023.11.6)

 PHCホールディングス(本社:東京都港区、以下「PHCHD」)傘下で病理事業を展開するEpredia Holdings Ltd. (本社:米国ニューハンプシャー州、以下「Epredia」)は、3DHISTECH Ltd.(本社:ハンガリーブダペスト、以下「3DHISTECH」)が開発した「PANNORAMIC 480」を発売した。Eprediaと3DHISTECH社は、病理検査室向け…

ウィーメックス/一般・療養型病院向け電子カルテシステム「Medicom-CKII」を発売 (2023.10.31)

 PHCホールディングス(本社:東京都港区)傘下のウィーメックス(本社:東京都渋谷区)は、医療従事者の業務効率化に貢献する、一般・療養型中小規模病院向け電子カルテシステム「Medicom-CKII」を発売した。療養型の病院では、長期間入院患者の数に比例して、患者ごとの診療データ量も増加する。 そのため、医療従事…

キヤノン/光干渉断層計“OCT-R1”とデジタル眼底カメラ“CR-10”を発売

 キヤノンは、眼科機器の新製品として、OCT と眼底カメラの機能を有する光干渉断層計“OCT-R1”およびデジタル眼底カメラ“CR-10”を2023 年10 月下旬に発売する。  OCT は、近赤外光を利用して網膜の断層像を撮影する眼科機器で、眼科や健診などで、近年増加している緑内障や加齢黄斑変性など眼の疾患の診断や経過観察に用…

ウィーメックス/リアルタイム遠隔医療システム「Doctor Cart」を新発売

 PHCホールディングス(本社:東京都港区)傘下のウィーメックス(本社:東京都渋谷区)は、日本国内における医療現場のニーズに対応した小型カートタイプのリアルタイム遠隔医療システム「Doctor Cart」を、2023年9月1日より発売する。本製品は、十分な診療スペースの確保が困難な日本の医療現場でも扱いやすいコン…

富士フイルムメディカル/病原体の捕集性能に優れた医療機関向け空気清浄機を富士フイルムとシャープで共同開発し、新発売

 富士フイルムメディカル(本社:東京都港区)は、富士フイルムの抗菌技術「Hydro Ag⁺」により除菌効果が長時間継続するフィルター(以下、「Hydro Ag⁺フィルター」)を搭載した空気清浄機「FU-M1400-W(Hydro Ag⁺医療用菌・ウイルスフィルター搭載モデル)」を、医療機関に向けて4月28日より発売した。本製品は、富士フ…

ユナイテッドイメージングヘルスケア/uMR Omega V 10 をリリース

 United Imaging Healthcare Japan (東京都千代田区、以下ユナイテッドイメージングヘルスケア)は“AI for Imaging”というキーワードをもとに、さまざまな臨床現場や市場ニーズに合わせたAI 技術(uAiFI)を開発し、今回 3T フラッグシップモデルである75cm の開口径を有したuMROmega に取り入れた新バージョンV 10 を発…

ウィーメックス/クラウド環境を活用した診療所向け医事一体型電子カルテシステム「Medicom-HRf Hybrid Cloud」を発売

 ウィーメックス(本社:東京都渋谷区)は、診療所向け医事一体型電子カルテシステム「Medicom-HRf Hybrid Cloud」を発売すると発表した。医療業務の効率化や医療DXへの対応が求められる中、厚生労働省が提唱するデータヘルス集中改革プランへの適応やそれに付随したセキュリティ対策、障害・災害対策用の業務継続計画(B…

GEヘルスケア・ジャパン/AI等の技術を用いた画像診断支援アプリケーションの事前評価・運用ソリューション「Open AI VNA」 を販売開始

  GEヘルスケア・ジャパン(本社:東京都日野市、GEヘルスケア)は、VNAプラットフォーム上で、AI等の技術を用いたマルチベンダーの画像診断支援アプリケーションの導入前評価、運用を効率的に行うためのソリューション「Open AI VNA(オープン エーアイ ヴイエヌエー)」を3月末に発売した。 【背景】 放射線画像…

富士フイルムメディカル/上部消化管用細径処置スコープ「EG-840TP」新発売

 富士フイルムメディカル(本社:東京都港区)は、4色のLED光源搭載の内視鏡システム「ELUXEO(エルクセオ)」用の上部消化管用細径処置スコープ「EG-840TP」を発売した。本スコープは、先端部径7.9mmの細径ながら鉗子口径3.2mm・副送水機能・ハイビジョン画質を実現することで、観察から処置までをサポートするもの。 …

フィリップス・ジャパン/国内初の医療機器承認デジタル病理システムの次世代型ソリューションを販売開始

 フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区)は、2023 年1 月1 日から、病理ホールスライド画像診断補助装置「フィリップス インテリサイト パソロジーソリューション」を日本国内にて販売開始した。本製品は、これまでの経験と実績をもとに刷新された次世代型ソリューションであり、病理ホールスライド診断補助装置とし…

エルピクセル/胸部X線画像の読影診断を支援するEIRL Chest Screeningの新モデルを発売

 2023年1月10日、エルピクセル(本社:東京都千代田区)は、胸部X線画像の読影診断を支援するEIRL Chest Screeningについて、新たに3つの異常陰影領域(浸潤影、無気肺、間質性陰影)を検出する機能を追加した新モデルを発売した。  従来のEIRL Chest Screeningは、胸部X線画像から肺結節候補域を検出するEIRL Chest No…

富士通Japan/手術室の稼働率を向上し病院経営を支援する新ソリューションを提供開始

 富士通Japanは、手術室の稼働率を向上し病院経営を支援する新ソリューション「Fujitsu リソース最適化エンジン Assignment Master」(以下、「Assignment Master」)を開発し、300床以上の大中規模病院向けに2022年12月7日より提供開始する。  本ソリューションは、手術室や手術機器、医師や看護師の予定など、手術に…

TOPへ