コニカミノルタ/カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR swift」を3月11日に発売予定

 コニカミノルタ(本社:東京都千代田区)は、カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR swift(エアロディーアール スウィフト)」を3月11日に発売予定。コニカミノルタの「AeroDR」シリーズは、これまでもカセッテ型DR*1として、ベッドサイド、手術室、X線撮影室内など様々な場面の撮影で活用されている。
カセッテ型DRはCR*2よりも即時性や画質で優れる一方、重いことが課題とされていたが、「AeroDR swift」は即時性や高画質を維持しながら、バッテリー内蔵にも関わらずCRよりも軽量*3な1.9kgの質量を実現した。

主な特長
1.軽さと持ちやすさで使用時の負荷を軽減
カセッテ型DRには片手での撮影作業や持ち歩きが多いため、軽さが求められる。「AeroDR swift」はコニカミノルタとして初となる薄型フィルム基板のTFT(薄膜トランジスタ)*4を採用するとともに、内部構造の最適化により、当社CRカセッテよりも軽い1.9kgの軽量化を実現した。
また、持ちやすくするためにカセッテ裏面の全周に設けているくぼみの深さを全周4mmに改良し、感染防止対策として本機をビニール袋で覆った際にもさらに掴みやすくした。軽量化とあわせて、使用後の疲労感や、カセッテを落としてしまう不安感などのストレスを軽減させることができ、医療従事者の負担軽減に寄与する。
さらに、軽さと持ちやすさの向上は、X線撮影作業の効率化と、撮影に掛かる時間の短縮による患者への負担軽減も期待できる。

2.シリーズ最高の低線量・高画質を提供
DRの画質性能において、CsIシンチレータ(蛍光体)*5は最も重要な役割を持っている。「AeroDRシリーズ」は、CRカセッテ時代より培った独自の蒸着技術で開発したCsIシンチレータ(蛍光体)を採用してきた。
「AeroDR swift」は、CsIシンチレータの厚膜化、IC(集積回路)の低ノイズ技術、さらにX線入射面の内側を薄膜化してシンチレータに到達するX線量のロスを低減することにより、「AeroDRシリーズ」最高のDQE59%*6を達成した。また、センサーパネルの画素サイズが100μmと細かいので高い解像度が得られ、高DQEと合わせて低線量でも高画質な画像を提供する。
これらにより、「AeroDR swift」では、従来製品の「AeroDR Premium」に対してX線量を約25%低減させることができ、CRに対しては60%以上の低減を可能にすることで、患者の被ばく量低減に寄与する。

3.劣化しない抗菌性能で感染リスク低減に寄与
「AeroDR swift」は、外装素材のカーボンSMC(炭素繊維強化シート成形複合材料)へ抗菌剤を混練しているため、擦れやキズが発生した場合でも抗菌性能を維持することができる。抗菌性能はJIS Z 2801 / ISO 22196に準拠し、抗菌製品技術協議会のSIAAマーク*7を取得している。

*1:Digital Radiography:照射されたX線をセンサーパネルで受光し、ダイレクトにデジタル画像を得るため、一般的にCRよりも画質が良く、また即時性に優れる。
*2:Computed Radiography: 従来のX線フィルムに代わり、イメージング・プレート(IP)上にX線画像を記録し、これを読み取り装置でデジタル画像に変換する。
*3:当社の同じサイズのCRカセッテ「レジウスカセッテ RP4S110 1417サイズ(製造販売届出番号13B2X10206000010)」(2.0Kg)と比較して。
*4:Thin Film Transistor:センサーパネルの画素から電気信号を読み出すためのスイッチ。
*5:ヨウ化セシウム(CsI)シンチレータ(蛍光体)。放射線を受けて可視光(蛍光)を発光する蛍光体。この発光効率向上により鮮鋭性に優れた放射線診断画像を得られる。
*6:Detective Quanta Efficiency(検出量子効率):照射したX線がどれほど効率的に画像形成に役立ったかを評価する際に使われる指標。数値が高いほどX線光子を効率よく捕獲でき、低線量で高い画質を得られることを意味する。
*7:SIAA for KOHKIN 有機合成抗菌剤・練り込み 本体 (JP0112912A0001S)。抗菌試験機関や抗菌加工製品メーカー等が参加する抗菌製品技術協議会の制定するマークで、「抗菌性」「安全性」「適正な表示」を満たす抗菌加工製品に対して与えられる。
*8:IP規格(防水・防塵規格)は、IEC(国際電気標準化会議)によって定められている。本製品の防塵・防水性能は、完全防塵・完全防水、無破損・無故障を保証するものではない。

問い合わせ先=コニカミノルタ 広報部
E-mail: wakako.sakamoto@konicaminolta.com


その他の記事

島津製作所/外科手術での異物遺残を防ぐため、AI技術を用いた…

 島津製作所は、AI技術を用いた「遺残確認支援ソフトウェアSmart DSI*1(スマート ディーエスアイ)」を開発した。当社のX線画像診断装置のワークステーション用プログラムとして、4月7日から国内で発売する。  外科手術の前後には、執刀医、麻酔医、看護師など手術室に入る医療担当者によって、ガーゼ、縫合針、鉗子な…

富士フイルム/放射線科領域向けの解析機能に特化したソフトウ…

 富士フイルム(本社:東京都港区)は、当社の3D画像解析システム「SYNAPSE VINCENT(シナプス ヴィンセント)」※1 の多彩な解析アプリケーションのうち放射線科領域向けの解析機能に特化したソフトウェア「SYNAPSE VINCENT Core(シナプス ヴィンセント コア)」を開発し、富士フイルムヘルスケア(本社:東京都港区)が…

富士通/電子カルテシステムから医薬品に関する情報を直接閲覧…

 富士通は、医療従事者が、電子カルテシステムを通じて、医薬品に関する適正使用情報などの様々な情報を直接閲覧可能とするクラウドサービス(以下、薬剤情報提供サービス)を、12月2日より日本国内で提供開始した。 本サービスは、医薬品に関する添付文書などの基本文書や、主要な臨床成績などをまとめた専門性の高い…

オリンパス/消化管における早期がんやポリープなどの内視鏡的…

 オリンパスは、医師の求める切開・凝固性能を、手技に応じて簡単に選択し、出力できる高周波焼灼電源装置「ESG-150」を2021年11月24日から国内で発売する。 今ではポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)や、EMR(内視鏡的粘膜切除術)、ESD(内視鏡的粘膜下層はく離術)、EST(内視鏡的乳頭筋切開術)などの手技により、消…

コニカミノルタ/AIで医師の負担軽減に寄与する 胸部X線画像診…

 コニカミノルタ(本社:東京都千代田区)は、AI技術により医師をサポートする胸部X線画像診断支援ソフトウェア「CXR finding-i」を発売した。 胸部単純X線検査は撮影が簡便なため医療現場で一般的に利用されているが、一方で限られた時間の中で数多くの画像を見て病変を識別し、検出しなければならないため、医師への負…

富士フイルムメディカル/鉗子口、副送水口、処置具接続の3つの…

 富士フイルムメディカル(本社:東京都港区)は、従来の副送水口経由での送水に加えて、鉗子口経由での送水とESD(*1)で使用するディスポーザブル高周波ナイフ(*2)(以下、Flush Knife(DK2620JI))経由での送水機能を備えた送水装置「JW-3」を2021年11月1日に発売する。 なお、2021年11月4日から7日まで神戸コンベ…

富士フイルム/「肋骨骨折検出プログラム」新発売

 富士フイルム(本社:東京都港区)は、AI技術※1を活用して胸部CT画像から肋骨骨折を検出し、医師の画像診断を支援するソフトウェア「肋骨骨折検出プログラム」の薬機法※3における医療機器の承認を取得した。本ソフトウェアは画像診断ワークフローを支援する当社のAIプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer(シナプス サイ…

富士フイルム/「胸部X線画像病変検出ソフトウェア CXR-AID」新…

 富士フイルムは、AI技術※1を活用して胸部単純X線画像から結節・腫瘤影、浸潤影、気胸の3つの画像所見を検出し医師の画像診断を支援する「胸部X線画像病変検出ソフトウェア CXR-AID(シーエックスアール エイド)」の薬機法※2における製造販売承認を取得した。本ソフトウェアを、当社の医用画像情報システム(PACS)「SYN…

TOPへ