量子科学技術研究開発機構・アトックス/世界初のヘルメット型PET装置を製品化

量子科学技術研究開発機構・アトックス/世界初のヘルメット型PET装置を製品化

  量子科学技術研究開発機構(以下「量研」)とアトックスは、世界で初めて半球状の検出器配置を採用した、小型・高性能なヘルメット型の陽電子放射断層撮影)(PET)装置を開発し、製品化した。「頭部専用PET装置 Vrain」(以下、Vrain)と名付けた本装置は、アトックスが令和3 年10 月7 日に医療機器承認を取得し、令和4 年1月18 日より国内で販売する予定。
 PET は、がんなど患部に集まる検査薬を注射し、検査薬が放つ放射線を検出器で捉えて病巣を画像化する。全身をみることができる従来の装置は、横になって大きな検出器のトンネルをくぐる形のため、大型・高価であり導入できる病院も限られていた。一方で、PET による認知症診断が注目されており、頭部検査に特化した高精度で小型な普及型装置が求められてきた。
 そこで開発チームは、光の速度で飛行する放射線をより正確に捉えるため、世界最高クラスの時間分解能を持つ検出器を開発した。しかし、検出器はコストがかかることから、PETは円筒型という常識を覆す半球状配置を採用することで、最も少ない検出器で頭部をカバーできるようにした。これらにより、Vrainは、従来装置と比べて少ない検出器数でありながらも、高画質な脳画像の撮像が可能。さらに患者目線でPET 装置を見直し、座ったまま検査できるようにしたことで、従来装置に比べて圧倒的にコンパクトにできたのもVrainの特徴である。今回の開発では、量研は基本設計や検出器開発などの基礎パートを、アトックスはこれまで蓄積した技術・ノウハウを生かして詳細設計やシステム開発などの実用化パートを中心に担当し、相互の得意分野を持ち寄って開発を進めた。開発装置は、これまでの脳腫瘍やてんかんの検査の高精度化に加えて、認知症の診断にも役立つと期待される。アルツハイマー型認知症は、アミロイドβ やタウと呼ばれるタンパク質の異常な蓄積が病気の進行に関わっているとされており、脳に蓄積されるごく初期の段階を捉えることができるようになると考えられる。
さらに、今後有効な治療薬が開発された際の治療開始時期の判断にも役立つと期待される。

<特長>
①世界最高クラスの時間分解能(245ピコ秒)を有する検出器を開発。1回の同時計数で検査薬位置を3.7㎝の線分上に特定可能。このような線分の集合体を画像処理して3㎜以下の分解能を達成。

②上記検出器を半球状(ヘルメット状)に配置して、世界最少の検出器(従来比1/4 ~ 1/5)で頭部をカバーできるように設計(量研の特許)。

③被検者が座位で検査できるため、従来装置に比べて圧倒的なコンパクト化を実現(約1/5)。

④CTを不要にしたことで、被ばく量を従来装置の数分の1に低減。

⑤従来の脳腫瘍やてんかんの検査の高精度化に加え、認知症の診断にも貢献すると期待。今後有効な治療薬開発時の治療開始時期判断にも有用。

問い合わせ先=量子科学技術研究開発機構経営企画部 広報課
TEL:043-206-3026
E-mail:info@qst.go.jp

問い合わせ先=アトックス 事業開発部 頭部PET開発室
TEL:03-6758-9004
E-mail:atox-pet@atox.co.jp


その他の記事

島津製作所/外科手術での異物遺残を防ぐため、AI技術を用いた…

 島津製作所は、AI技術を用いた「遺残確認支援ソフトウェアSmart DSI*1(スマート ディーエスアイ)」を開発した。当社のX線画像診断装置のワークステーション用プログラムとして、4月7日から国内で発売する。  外科手術の前後には、執刀医、麻酔医、看護師など手術室に入る医療担当者によって、ガーゼ、縫合針、鉗子な…

富士フイルム/放射線科領域向けの解析機能に特化したソフトウ…

 富士フイルム(本社:東京都港区)は、当社の3D画像解析システム「SYNAPSE VINCENT(シナプス ヴィンセント)」※1 の多彩な解析アプリケーションのうち放射線科領域向けの解析機能に特化したソフトウェア「SYNAPSE VINCENT Core(シナプス ヴィンセント コア)」を開発し、富士フイルムヘルスケア(本社:東京都港区)が…

コニカミノルタ/カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR swift…

 コニカミノルタ(本社:東京都千代田区)は、カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR swift(エアロディーアール スウィフト)」を3月11日に発売予定。コニカミノルタの「AeroDR」シリーズは、これまでもカセッテ型DR*1として、ベッドサイド、手術室、X線撮影室内など様々な場面の撮影で活用されている。 カセッテ型DRはCR…

富士通/電子カルテシステムから医薬品に関する情報を直接閲覧…

 富士通は、医療従事者が、電子カルテシステムを通じて、医薬品に関する適正使用情報などの様々な情報を直接閲覧可能とするクラウドサービス(以下、薬剤情報提供サービス)を、12月2日より日本国内で提供開始した。 本サービスは、医薬品に関する添付文書などの基本文書や、主要な臨床成績などをまとめた専門性の高い…

オリンパス/消化管における早期がんやポリープなどの内視鏡的…

 オリンパスは、医師の求める切開・凝固性能を、手技に応じて簡単に選択し、出力できる高周波焼灼電源装置「ESG-150」を2021年11月24日から国内で発売する。 今ではポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)や、EMR(内視鏡的粘膜切除術)、ESD(内視鏡的粘膜下層はく離術)、EST(内視鏡的乳頭筋切開術)などの手技により、消…

コニカミノルタ/AIで医師の負担軽減に寄与する 胸部X線画像診…

 コニカミノルタ(本社:東京都千代田区)は、AI技術により医師をサポートする胸部X線画像診断支援ソフトウェア「CXR finding-i」を発売した。 胸部単純X線検査は撮影が簡便なため医療現場で一般的に利用されているが、一方で限られた時間の中で数多くの画像を見て病変を識別し、検出しなければならないため、医師への負…

富士フイルムメディカル/鉗子口、副送水口、処置具接続の3つの…

 富士フイルムメディカル(本社:東京都港区)は、従来の副送水口経由での送水に加えて、鉗子口経由での送水とESD(*1)で使用するディスポーザブル高周波ナイフ(*2)(以下、Flush Knife(DK2620JI))経由での送水機能を備えた送水装置「JW-3」を2021年11月1日に発売する。 なお、2021年11月4日から7日まで神戸コンベ…

富士フイルム/「肋骨骨折検出プログラム」新発売

 富士フイルム(本社:東京都港区)は、AI技術※1を活用して胸部CT画像から肋骨骨折を検出し、医師の画像診断を支援するソフトウェア「肋骨骨折検出プログラム」の薬機法※3における医療機器の承認を取得した。本ソフトウェアは画像診断ワークフローを支援する当社のAIプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer(シナプス サイ…

富士フイルム/「胸部X線画像病変検出ソフトウェア CXR-AID」新…

 富士フイルムは、AI技術※1を活用して胸部単純X線画像から結節・腫瘤影、浸潤影、気胸の3つの画像所見を検出し医師の画像診断を支援する「胸部X線画像病変検出ソフトウェア CXR-AID(シーエックスアール エイド)」の薬機法※2における製造販売承認を取得した。本ソフトウェアを、当社の医用画像情報システム(PACS)「SYN…

TOPへ