富士フイルム/「肋骨骨折検出プログラム」新発売

 富士フイルム(本社:東京都港区)は、AI技術※1を活用して胸部CT画像から肋骨骨折を検出し、医師の画像診断を支援するソフトウェア「肋骨骨折検出プログラム」の薬機法※3における医療機器の承認を取得した。本ソフトウェアは画像診断ワークフローを支援する当社のAIプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer(シナプス サイ ビューワ)※2」向けのアプリケーションとして、富士フイルムメディカル(本社:東京都港区)を通じて10月7日より発売する。

肋骨骨折の原因の多くは交通事故、転落、打撲などで、胸部外傷患者に多く見られる。また、肋骨骨折は、気胸、血胸、肺挫傷などの合併症を引き起こすことがある※4、5。そのため、大小に関わらず骨折を把握することは、肋骨骨折だけでなく合併症を含めて精確な診断を行う上で非常に重要である。

肋骨の骨折が疑われるケースでは、胸部単純X線検査に加えて、より詳細な読影をするためにCT検査が行われることがある。湾曲した肋骨にある骨折所見を見落としなく診断することは、集中力を必要とし、医師の負担が大きいと言われている。中でも、微小な骨折は、見落としやすいと報告されており※6、医師の負担を軽減し、見落とし防止を支援するソリューションが求められていた。

今回発売する「肋骨骨折検出プログラム」は、肋骨全体が含まれている胸部CT画像を自動解析し、肋骨骨折が疑われる箇所を検出してマーキングするソフトウェアである。マーキングされた領域を医師に再確認してもらうことで、見落し防止を支援する。また、SYNAPSE SAI viewerに搭載されている、医師が骨折の場所などを指し示す際に引用する「骨番号」を自動付与する「ラベリング機能」を併用でき、所見文を作成する際の負荷を軽減する。さらに、二次元画像から三次元画像を構成して観察できる 「VR機能※7」と併用すると、どの方向から外傷を受けたのかなど、骨折の原因分析に活用できる三次元的な情報を確認することができる。

AIプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer」について
「SYNAPSE SAI viewer」は、富士フイルムの医用画像情報システム(PACS)「SYNAPSE(シナプス)」上で、AI技術を活用した画像診断ワークフロー支援を実現するAIプラットフォーム。CT画像から肝臓、腎臓などの臓器構造を自動で抽出する「臓器セグメンテーション機能」や、過去に撮影したCT画像を現在の画像に重ねてCT値※8の経時的変化を可視化する「骨経時サブトラクション機能」などを搭載。2019年7月の発売以来、医師の効率的な画像診断をサポートするソリューションとして、多くの医療機関で活用されている。

※1 AI技術のひとつであるディープラーニングを設計に用いた。導入後に自動的にシステムの性能や精度が変化することはない。
※2 SYNAPSE SAI viewerは以下の医療機器を含む製品の総称。
SYNAPSE SAI viewer用 画像表示プログラム
販売名:画像診断ワークステーション用プログラム FS-V686型
認証番号:231ABBZX00028000
SYNAPSE SAI viewer用 画像処理プログラム
販売名:画像診断処理プログラム FS-AI683型
認証番号:231ABBZX00029000
SYNAPSE SAI viewer用 肺結節検出プログラム
販売名:肺結節検出プログラムFS-AI688型
承認番号:30200BZX00150000
SYNAPSE SAI viewer用 肋骨骨折検出プログラム
販売名:肋骨骨折検出プログラム FS-AI691型
承認番号:30300BZX00244000
※3 医薬品、医療機器等の品質、有効性および安全性の確保等に関する法律
※4 Ziegler DW, Agarwal NN:The morbidity and mortality of rib fractures. J Trauma. 1994; 37:975-9
※5 Sirmali M, Turut H, Topcu S, et al: A comprehensive analysis of traumatic rib fractures: morbidity, mortality and management. Eur J Cardiothorac Surg. 2003; 24: 133-8.
※6 Traub M, Stevenson M, McEvoy S et al. The use of chest computed tomography versus chest X-ray in patients with major blunt trauma. Injury 2007:38:43–47
※7 CT画像などの二次元画像から三次元構造を再構成し、仮想的な光をあてることで組織ごとの光の透過量に基づいて三次元画像を表示する方法。
※8 CT検査において、被写体の中の小さな単位容積内における物質のX線吸収値。CT値が高い部分は、硬い状態であることを意味する。

問い合わせ先=富士フイルムメディカル 営業本部 マーケティング部
TEL:03-6419-8033


その他の記事

島津製作所/外科手術での異物遺残を防ぐため、AI技術を用いた…

 島津製作所は、AI技術を用いた「遺残確認支援ソフトウェアSmart DSI*1(スマート ディーエスアイ)」を開発した。当社のX線画像診断装置のワークステーション用プログラムとして、4月7日から国内で発売する。  外科手術の前後には、執刀医、麻酔医、看護師など手術室に入る医療担当者によって、ガーゼ、縫合針、鉗子な…

富士フイルム/放射線科領域向けの解析機能に特化したソフトウ…

 富士フイルム(本社:東京都港区)は、当社の3D画像解析システム「SYNAPSE VINCENT(シナプス ヴィンセント)」※1 の多彩な解析アプリケーションのうち放射線科領域向けの解析機能に特化したソフトウェア「SYNAPSE VINCENT Core(シナプス ヴィンセント コア)」を開発し、富士フイルムヘルスケア(本社:東京都港区)が…

コニカミノルタ/カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR swift…

 コニカミノルタ(本社:東京都千代田区)は、カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR swift(エアロディーアール スウィフト)」を3月11日に発売予定。コニカミノルタの「AeroDR」シリーズは、これまでもカセッテ型DR*1として、ベッドサイド、手術室、X線撮影室内など様々な場面の撮影で活用されている。 カセッテ型DRはCR…

富士通/電子カルテシステムから医薬品に関する情報を直接閲覧…

 富士通は、医療従事者が、電子カルテシステムを通じて、医薬品に関する適正使用情報などの様々な情報を直接閲覧可能とするクラウドサービス(以下、薬剤情報提供サービス)を、12月2日より日本国内で提供開始した。 本サービスは、医薬品に関する添付文書などの基本文書や、主要な臨床成績などをまとめた専門性の高い…

オリンパス/消化管における早期がんやポリープなどの内視鏡的…

 オリンパスは、医師の求める切開・凝固性能を、手技に応じて簡単に選択し、出力できる高周波焼灼電源装置「ESG-150」を2021年11月24日から国内で発売する。 今ではポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)や、EMR(内視鏡的粘膜切除術)、ESD(内視鏡的粘膜下層はく離術)、EST(内視鏡的乳頭筋切開術)などの手技により、消…

コニカミノルタ/AIで医師の負担軽減に寄与する 胸部X線画像診…

 コニカミノルタ(本社:東京都千代田区)は、AI技術により医師をサポートする胸部X線画像診断支援ソフトウェア「CXR finding-i」を発売した。 胸部単純X線検査は撮影が簡便なため医療現場で一般的に利用されているが、一方で限られた時間の中で数多くの画像を見て病変を識別し、検出しなければならないため、医師への負…

富士フイルムメディカル/鉗子口、副送水口、処置具接続の3つの…

 富士フイルムメディカル(本社:東京都港区)は、従来の副送水口経由での送水に加えて、鉗子口経由での送水とESD(*1)で使用するディスポーザブル高周波ナイフ(*2)(以下、Flush Knife(DK2620JI))経由での送水機能を備えた送水装置「JW-3」を2021年11月1日に発売する。 なお、2021年11月4日から7日まで神戸コンベ…

TOPへ