富士フイルム/内視鏡洗浄消毒機「ESR-110」を発売

富士フイルム/内視鏡洗浄消毒機「ESR-110」を発売

 富士フイルムメディカルは、高水準消毒薬の過酢酸製剤「エスサイド消毒液6%」を用いた内視鏡洗浄消毒システムENDOSTREAM の1 本タイプ内視鏡洗浄消毒機「ESR-110」を2021 年8 月24 日に発売した。
内視鏡検査では、スコープを繰り返し使用することから、患者・医療従事者への交差感染を防ぐために安全で効率的なスコープの洗浄消毒システムが求められている。富士フイルムは、2010 年にトップカバーの開閉やスタート操作を足元で操作できる1 本タイプ内視鏡洗浄消毒機、高水準消毒薬の過酢酸製剤「エスサイド消毒液6%」、消毒前の洗浄に使用するアルカリ系洗浄剤「エンドフラッシュ」等を含む内視鏡洗浄消毒システムENDOSTERAM を発売した。
今回発売する一本タイプ内視鏡洗浄消毒機「ESR-110」は、装置前面にLED インジケータ―を配備し、各工程の進捗状況を視認しやすくした。これにより洗浄消毒作業間の放置時間が短縮でき、内視鏡の洗浄消毒の作業効率向上を支援する。「ESR-110」は、トップカバーの開閉やスタート操作などのルーティン操作を、手を使わずに足元の操作のみで行うことができる。スイッチ類など手で触れる部分をメインパネルに集中させ、手で触れる部分と触れない部分を区別したゾーン別設計に配慮している。また、過酢酸製剤「エスサイド消毒液6%」は装置で希釈した実用液を20℃に加温して使用するが、冬場の朝など室温が20℃を下回るときなどは、実用液の加温待ち時間が生じることがある。「ESR-110」には、使用開始日時に合わせて予約できる「温調タイマー」が搭載されているため、このような温度調整に必要な待ち時間を減らすことができる。

主な特長
(1) 各工程の進捗状況を離れた場所からでも視認できる「LED インジケータ―」
内視鏡検査数の多い施設では複数の洗浄消毒機を並行稼働させるとともに、次の検査に使用する内視鏡を短時間で洗浄消毒する必要がある。洗浄・消毒・すすぎの標準工程を従来機の17 分から16 分に短縮させるとともに※1、洗浄消毒完了後の取り出し作業等、スタッフのアクションが必要なタイミングを装置前面に配備したLED インジケータ―で知らせ、効率的な洗浄消毒作業をサポートする。
※1 当社給水条件での測定。施設の給水圧・給水量により工程時間は変わる。

(2) 加温時間を待たずに消毒工程を行える「温調タイマー」
過酢酸製剤「エスサイド消毒液6%」は装置で20 倍に希釈した実用液を20℃に加温して使用する。冬場の朝などは室温が20℃を下回り、実用液の加温待ち時間が生じることがある。このようなロスタイムを低減するため、開始日時に合わせて予約できる「温調タイマー」を搭載した。なお、過酢酸製剤「エスサイド消毒液6%」は従来機と同じ750ml×2 のカセットボトルを使用できる。

(3) 内視鏡の入れ易さ、取り出し易さを追求した洗浄槽
長尺で複雑な構造の内視鏡スコープは、洗浄消毒機へのセッティングや洗浄消毒後の取り出し時に苦慮する場合があった。「ESR-110」は、従来機同等の外形寸法を維持したまま、洗浄槽の材質・レイアウトを見直すことで、セッティングと取り出しがし易い洗浄槽を実現した。

(4) 充実した洗浄消毒履歴管理機能
内視鏡を適切に洗浄消毒した履歴を管理するため、洗浄消毒履歴情報が重要となる。ESR-110 は、PCにインストールして使用できる洗浄消毒履歴管理ソフトを標準搭載し、12000 件の洗浄履歴を保存できる。さらに、富士フイルム製の内視鏡情報管理システム「NEXUS(ネクサス)」を使用することで、RFID/バーコードリーダーで洗浄消毒の履歴がない内視鏡を読み込んだ際にメッセージ通知を行い、洗浄消毒履歴のない内視鏡の誤使用を防止できる。

問い合わせ先=富士フイルムメディカル マーケティング部
TEL:03-6419-8033


その他の記事

EIZO/手術顕微鏡・内視鏡の映像をより鮮明に表示可能な32型4K…

 EIZO(本社:石川県白山市)は、手術顕微鏡・内視鏡の4K映像を表示する32型3Dモニター「CuratOR EX3242-3D」と32型2Dモニター「CuratOR EX3242」を2022年10月24日に発売する。価格はオープン。 主な特長 <前機種からの変更点> ■高輝度、高コントラストで、手術映像をより鮮明に表示  発光効率の優れたLEDバ…

島津製作所/国内初、病院の放射線科専用受付システムを発売

 島津製作所は、病院の放射線科専用の受付システム「MERSYS-IV™(メルシス フォー)(ラジエーションパッケージ)」を7月5日から国内で発売する。  新製品は、受付機に診察券を挿入または患者のリストバンドのバーコードを読み取らせることにより放射線科で受ける検査への受付(チェックイン)ができるもの。検査予約…

オリンパス/朝日インテックと独占販売契約を締結、独自技術の…

 オリンパスは、朝日インテックとの間で、胆膵領域における内視鏡治療で使用する朝日インテック社製内視鏡ダイレータ「Tornus ES(トルナス イーエス)」※1の国内での独占販売契約を締結し、2022年6月30日から販売を開始する。  内視鏡ダイレータは、主に胆管や膵管の疾患により狭窄した部位の拡張を行うディスポーザブ…

島津製作所/外科手術での異物遺残を防ぐため、AI技術を用いた…

 島津製作所は、AI技術を用いた「遺残確認支援ソフトウェアSmart DSI*1(スマート ディーエスアイ)」を開発した。当社のX線画像診断装置のワークステーション用プログラムとして、4月7日から国内で発売する。  外科手術の前後には、執刀医、麻酔医、看護師など手術室に入る医療担当者によって、ガーゼ、縫合針、鉗子な…

富士フイルム/放射線科領域向けの解析機能に特化したソフトウ…

 富士フイルム(本社:東京都港区)は、当社の3D画像解析システム「SYNAPSE VINCENT(シナプス ヴィンセント)」※1 の多彩な解析アプリケーションのうち放射線科領域向けの解析機能に特化したソフトウェア「SYNAPSE VINCENT Core(シナプス ヴィンセント コア)」を開発し、富士フイルムヘルスケア(本社:東京都港区)が…

コニカミノルタ/カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR swift…

 コニカミノルタ(本社:東京都千代田区)は、カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR swift(エアロディーアール スウィフト)」を3月11日に発売予定。コニカミノルタの「AeroDR」シリーズは、これまでもカセッテ型DR*1として、ベッドサイド、手術室、X線撮影室内など様々な場面の撮影で活用されている。 カセッテ型DRはCR…

TOPへ