富士フイルム/3D画像解析システム「SYNAPSE VINCENT」向けアプリケーション「脳解析」ソフトウェア 新発売

 富士フイルムは、AI技術※1を活用して頭部CT画像から、周辺組織と比較して高信号および低信号領域※2を強調表示する画像診断支援機能を搭載した「脳解析」ソフトウェアを、開発した。一般的に高信号および低信号領域は脳卒中診断の際に脳の出血状態や虚血領域の評価に活用されている。本ソフトウェアを、当社の3D画像解析システム「SYNAPSE VINCENT(シナプス ヴィンセント)」のアプリケーションとして富士フイルムメディカルを通じて2021年5月に発売する。

<今回発売する「脳解析」ソフトウェアの特徴>
(1)高信号領域・低信号領域の強調表示
頭部CT画像の高信号および低信号領域に色をつけて強調し表示する。これらは脳内の出血領域や虚血範囲の評価に用いられ、頭部CT画像診断の支援に繋がることが期待される。
(2)梗塞領域を定量化するASPECTS※3の算出
脳梗塞における血管内治療(静注血栓溶解法)の適用可否の判断には、虚血領域の広がりを定量化するスコア法である「ASPECTS」が用いられる。ASPECTSは、10区域に分けた中大脳動脈領域の各区域の虚血の有無や広がりを評価し、減点方式でスコア化する方法である。通常、医師が頭の中で中大脳動脈領域を区分けして虚血領域の広がりを診るが、本機能は、中大脳動脈領域を自動で10区域に分割し色分けして表示するとともに、低信号領域の強調表示結果をスコアリングすることで、医師のASPECTS算出を支援する。※4
脳梗塞の場合、CT検査に加えてMRIでより詳細な検査を行い、治療方針を決定することがある。「SYNAPSE VINCENT」は、脳組織や血液中に含まれる水分子の拡散度合いを解析し、脳梗塞が疑われる領域の評価を行う「ADCマップ」ソフトウェアや、CTやMRI画像から血流の状態を解析して血流量や血液量を算出する「パフュージョン」ソフトウェアを提供しており、今回発売する「脳解析」ソフトウェアと組み合わせて使用することで、脳卒中の画像診断ワークフローに活用できる機能を一貫して操作することができ、効率的な診断ワークフローを実現する。

<3D画像解析システム「SYNAPSE VINCENT」について>
SYNAPSE VINCENTは当社の画像認識技術を生かして、CTやMRIなどの断層画像から高精度な3D画像を描出し解析する3D画像解析システム。医療画像を立体的に可視化することで、画像診断や手術シミュレーションなどに活用できる。2020年8月から提供している新バージョンでは、AI技術※1を活用して開発した各種解析機能を提供している。さらに、当社のPACS「SYNAPSE」やAIプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer」などの各システムとシームレスに連携し、効率的な診断ワークフローをサポートしている。

※1 AI技術のひとつであるディープラーニングを設計に用いた。導入後に自動的にシステムの性能や精度が変化することはない。
※2 CTは身体を通過したX線量の差を画像化する。X線の透過しにくい(高吸収)領域は高信号領域と定義され、一般的に画像上では周りと比べて白っぽく写る。また、X線の透過しやすい(低吸収)領域は、低信号領域と定義され、一般的に画像上では周りと比べて黒っぽく写る。
※3 Alberta Stroke Program Early CT Scoreの略で、Early CT sign(早期虚血サイン)を定量化したスコア法。
※4 本機能によって強調表示された領域や算出されたスコアは医師が必要に応じて修正することができる。

問い合わせ先=富士フイルムメディカル 営業本部 マーケティング部
TEL:03-6419-8033


その他の記事

島津製作所/外科手術での異物遺残を防ぐため、AI技術を用いた…

 島津製作所は、AI技術を用いた「遺残確認支援ソフトウェアSmart DSI*1(スマート ディーエスアイ)」を開発した。当社のX線画像診断装置のワークステーション用プログラムとして、4月7日から国内で発売する。  外科手術の前後には、執刀医、麻酔医、看護師など手術室に入る医療担当者によって、ガーゼ、縫合針、鉗子な…

富士フイルム/放射線科領域向けの解析機能に特化したソフトウ…

 富士フイルム(本社:東京都港区)は、当社の3D画像解析システム「SYNAPSE VINCENT(シナプス ヴィンセント)」※1 の多彩な解析アプリケーションのうち放射線科領域向けの解析機能に特化したソフトウェア「SYNAPSE VINCENT Core(シナプス ヴィンセント コア)」を開発し、富士フイルムヘルスケア(本社:東京都港区)が…

コニカミノルタ/カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR swift…

 コニカミノルタ(本社:東京都千代田区)は、カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR swift(エアロディーアール スウィフト)」を3月11日に発売予定。コニカミノルタの「AeroDR」シリーズは、これまでもカセッテ型DR*1として、ベッドサイド、手術室、X線撮影室内など様々な場面の撮影で活用されている。 カセッテ型DRはCR…

富士通/電子カルテシステムから医薬品に関する情報を直接閲覧…

 富士通は、医療従事者が、電子カルテシステムを通じて、医薬品に関する適正使用情報などの様々な情報を直接閲覧可能とするクラウドサービス(以下、薬剤情報提供サービス)を、12月2日より日本国内で提供開始した。 本サービスは、医薬品に関する添付文書などの基本文書や、主要な臨床成績などをまとめた専門性の高い…

オリンパス/消化管における早期がんやポリープなどの内視鏡的…

 オリンパスは、医師の求める切開・凝固性能を、手技に応じて簡単に選択し、出力できる高周波焼灼電源装置「ESG-150」を2021年11月24日から国内で発売する。 今ではポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)や、EMR(内視鏡的粘膜切除術)、ESD(内視鏡的粘膜下層はく離術)、EST(内視鏡的乳頭筋切開術)などの手技により、消…

コニカミノルタ/AIで医師の負担軽減に寄与する 胸部X線画像診…

 コニカミノルタ(本社:東京都千代田区)は、AI技術により医師をサポートする胸部X線画像診断支援ソフトウェア「CXR finding-i」を発売した。 胸部単純X線検査は撮影が簡便なため医療現場で一般的に利用されているが、一方で限られた時間の中で数多くの画像を見て病変を識別し、検出しなければならないため、医師への負…

富士フイルムメディカル/鉗子口、副送水口、処置具接続の3つの…

 富士フイルムメディカル(本社:東京都港区)は、従来の副送水口経由での送水に加えて、鉗子口経由での送水とESD(*1)で使用するディスポーザブル高周波ナイフ(*2)(以下、Flush Knife(DK2620JI))経由での送水機能を備えた送水装置「JW-3」を2021年11月1日に発売する。 なお、2021年11月4日から7日まで神戸コンベ…

富士フイルム/「肋骨骨折検出プログラム」新発売

 富士フイルム(本社:東京都港区)は、AI技術※1を活用して胸部CT画像から肋骨骨折を検出し、医師の画像診断を支援するソフトウェア「肋骨骨折検出プログラム」の薬機法※3における医療機器の承認を取得した。本ソフトウェアは画像診断ワークフローを支援する当社のAIプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer(シナプス サイ…

TOPへ