富士フイルム/放射線治療計画支援ソフトウェア「SYNAPSE Radiotherapy(シナプス レディオセラピー)」新発売

 富士フイルムは、がんの放射線治療計画における医師のワークフローを支援する、放射線治療計画支援ソフトウェア「SYNAPSE Radiotherapy(シナプス レディオセラピー)」をAI技術を活用して開発し、薬機法における医療機器の承認を取得した。本ソフトウエアは富士フイルム医療ソリューションズを通じて2月3日発売する。

放射線治療は、手術、薬物療法(抗がん剤治療)と並ぶがんの3大治療法の1つで、細胞に高エネルギーの放射線を体外から複数回照射したり、小型の放射線源をがん細胞が存在する組織近くの体内に埋め込み体内から放射線を照射して治療する手法。手術や抗がん剤治療に比べ、体への負担が少なく済むことが多く、手術が体力的に難しい場合などにも対応でき、また、がんの発生した臓器を残し、臓器の機能を温存できる治療として注目されており、国内の治療件数は年々増加している。一方で、放射線治療の専門医は全国的に少なく、放射線治療医の業務効率化を支援するソリューションへの期待が高まっている。
今回発売する放射線治療計画支援ソフトウェア「SYNAPSE Radiotherapy」は、富士フイルムの3次元画像解析システム「SYNAPSE VINCENT(シナプス ヴィンセント)」で培ったノウハウを基にAI技術を活用して開発した「臓器輪郭作成支援機能」と、医用画像情報システム(PACS)で培った技術を生かした「放射線治療ビューア機能」により、医師の放射線治療計画のワークフローを支援する。

<「SYNAPSE Radiotherapy」の特長>
(1)臓器輪郭作成支援機能
AI技術を活用して開発した「臓器輪郭作成支援機能」により、医師が特定したリスク臓器の輪郭を自動で作成することで、医師の作業時間を短縮する。
また、複数回照射を行う治療の中で、再度治療計画を立て直す際には、治療開始当初に撮影した計画CTの臓器の輪郭情報を、新たに撮影した計画CTに対して変形させてマッピングする「輪郭プロパゲーション機能」により、一から輪郭を作り直すことなく効率的に輪郭を作成できる。

(2)放射線治療ビューア機能
CT画像上で、照射した線量の分布を3Dで表示する機能や、複数の治療計画の線量を比較表示できる機能(線量表示機能)、複数回にわたる治療の照射線量を積算して表示する機能(線量積算表示機能)により、腫瘍部および正常な臓器への投与線量の管理をサポートする。これらの情報は各科で参照可能なため、院内で共有することができ、チーム医療を推進する。

さらに、「SYNAPSE Radiotherapy」は、放射線治療部門情報システム(治療RIS)と連携することができる。今後は富士フイルム医療ソリューションズが提供する治療RIS「ShadeQuest(シェードクエスト)/TheraRIS(セラリス)」との連携性を高め、「SYNAPSE Radiotherapy」の情報を治療RIS上でも参照できるようにすることで、放射線治療における業務の効率化にさらに貢献していく。

問い合わせ先=富士フイルム医療ソリューションズ 営業本部 第二営業部
TEL:03-6383-6272


その他の記事

GEヘルスケア・ジャパン/新プラットホーム「AIR IQ Edition」を全MRI製品で販売開始

 GEヘルスケア・ジャパン(本社:東京都日野市)は、新しいプラットホーム「AIR(TM) IQ Edition (エアーアイキュー エディション)」の販売を開始した。 「AIR(TM) IQ Edition 」は、従来のテクノロジーに加え、革新的な新機能を複数にわたり追加することで、MRの検査に関わる人々のニーズに応え、より質の高い医療の提供…

富士フイルム/3D画像解析システム「SYNAPSE VINCENT」向けアプリケーション「脳解析」ソフトウェア 新発売

 富士フイルムは、AI技術※1を活用して頭部CT画像から、周辺組織と比較して高信号および低信号領域※2を強調表示する画像診断支援機能を搭載した「脳解析」ソフトウェアを、開発した。一般的に高信号および低信号領域は脳卒中診断の際に脳の出血状態や虚血領域の評価に活用されている。本ソフトウェアを、当社の3D画像解析…

オリンパス/AIを搭載した内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN-Plus」を発売】

 オリンパスは、大腸の超拡大内視鏡※1画像を AI で解析し、検査中にリアルタイムで腫瘍や浸潤がん※2 を高精度に判別することで医師の診断を補助する内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN-Plus(エンドブレインプラス)」を 2021 年 2月 5 日から国内で発売する。本製品は大腸における浸潤がんの診断において国内で…

OKIデータ/「究極のユーザビリティ」を実現したカラーLEDプリンターを新発売

OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社:東京都港区)は、医療や流通・小売業など、印刷が欠かせないユーザーの“限られたスペースでのプリンター運用”という課題解決にフォーカスし、クラス世界最小の本体サイズ注1および設置スペース・メンテナンススペースの最小化注2と高い生産性を両立し「究極のユーザビリ…

日本メドトロニック/大動脈弁狭窄症患者治療を対象としたTAVI用デバイスを発売

 日本メドトロニックは8月1日、大動脈狭窄症患者の治療を対象としたTAVI(経カテーテル大動脈弁置換術)用デバイス「コアバルブ Evolut PRO」を発売した。  同デバイスは、大動脈狭窄症患者の血行動態改善および弁周囲逆流の軽減を主目的として開発された。デリバリーカテーテルシステムを介して体内に留置され、適応可…

ドルニエメドテックジャパン/体外衝撃波結石破砕装置の新製品を発売

 ドルニエメドテックジャパンは8月1日、ドルニエメドテックシステムが製造する体外衝撃波結石破砕装置「ドルニエDelta Ⅲ」の国内販売を開始した。  同製品は、従来型の4倍以上ハイパワーなジェネレータを搭載し画質を改善するとともに、2つのイメージングモード(超音波とX線)により鮮明なX線画像を実現し、結石の視認…

TOPへ