NEC/「WISE VISION 内視鏡画像解析AI」を日本と欧州で販売開始

NEC/「WISE VISION 内視鏡画像解析AI」を日本と欧州で販売開始

 NECは、大腸内視鏡用のAI診断支援医療機器ソフトウェア「WISE VISION 内視鏡画像解析AI」を開発し、1月12日から日本における販売を開始した。日本に次いで欧州では近く販売を開始する予定。
本ソフトウェアは、既存の内視鏡機器に接続することで、内視鏡検査時に撮影される画像から内視鏡検査中にAIで病変が疑われる部位を自動検知し、病変の検出を支援する。
大腸がんは日本国内で最も罹患者数が多いがん(注1)であり、欧州域内でも2番目に患者数が多いがん(注2)と言われている。大腸がんは前がん病変(大腸腫瘍性ポリープ)から発生することが明らかになっており、ポリープの段階で内視鏡検査時に見つけ出し摘除することで、大腸がんへの進行を抑制することができる。しかし、ポリープは内視鏡医の肉眼で見つける必要があり、サイズが小さい、形状が認識しにくいなどの場合は発見が難しく、約24%(注3)が見逃されており、発見が遅れる原因となっている。
この課題解決に貢献するため、NECは2016年から国立研究開発法人国立がん研究センター(注4)と連携し、1万病変以上の内視鏡画像を専門医の所見と併せてAIに学習させ、病変が疑われる部位を自動検知するソフトウェアを開発した(注5)。開発にあたってはNECのAI技術群
「NEC the WISE」(注6)及び米国国立標準技術研究所(NIST)において高い評価(注7)を獲得している顔認証技術を応用した。

【本ソフトウェアの特長】
1. 主要3社の内視鏡システムに接続でき、どの検査室でも使用可能
主要内視鏡メーカー3社の内視鏡(注8)に接続が可能。既存の内視鏡と本ソフトウェアを搭載した端末およびモニターを接続するだけで、すぐに利用を開始できる。様々な内視鏡に対応し、準備が容易であるため、院内での移動もでき、検査のある先で効率的に使用することができる。

2.視認性と自由度の高い画面
病変候補位置を通知音とマーキングで伝える。通知音や音量、マーカーの色は利用者の好みに合わせていつでもカスタマイズ可能。視認性の高いユーザーインターフェースで直観的に操作することができ、ストレスなく検査を進めることができる。

(注1) 国立がん研究センター「最新がん統計」
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html
(注2) United European Gastroenterology”Colorectal Cancer”
https://ueg.eu/p/78#
(注3) Rex DK, Cutler CS, Lemmel GT, et al. Colonoscopic miss rates of
adenomas determined by back-to-back colonoscopies.Gastroenterology.
1997;112(1):24-28.
(注4) 理事長:中釜 斉、所在地:東京都中央区
(注5) Yamada M, Saito Y, Imaoka H,et al. Development of a real-time
endoscopic image diagnosis support system using deep learning technology
in colonoscopy. Sci Rep. 2019;9:14465
(注6)
「NEC the WISE」(エヌイーシー ザ ワイズ)はNECの先端AI技術群の名称。
プレスリリース NEC、AI(人工知能)技術ブランド「NEC the WISE」を策定
https://jpn.nec.com/press/201607/20160719_01.html
NECのAI https://jpn.nec.com/ai/
(注7) 米国国立標準技術研究所(NIST)による顔認証技術の性能評価
https://jpn.nec.com/press/201910/20191003_01.html
(注8) 以下の内視鏡との接続性を検証し、動作確認済み。
●オリンパスメディカルシステムズ
(EVIS LUCERA ELITEビデオシステセンターOLYMPUS CV-290)
●富士フイルム(プロセッサーVP-7000)
●HOYA(PENTAX Medical ビデオプロセッサEPK-i7010)

問い合わせ先=NEC デジタルヘルスケア事業開発室
E-Mail:wise-press@med.jp.nec.com


その他の記事

富士フイルム/3D画像解析システム「SYNAPSE VINCENT」向けアプリケーション「脳解析」ソフトウェア 新発売

 富士フイルムは、AI技術※1を活用して頭部CT画像から、周辺組織と比較して高信号および低信号領域※2を強調表示する画像診断支援機能を搭載した「脳解析」ソフトウェアを、開発した。一般的に高信号および低信号領域は脳卒中診断の際に脳の出血状態や虚血領域の評価に活用されている。本ソフトウェアを、当社の3D画像解析…

富士フイルム/放射線治療計画支援ソフトウェア「SYNAPSE Radiotherapy(シナプス レディオセラピー)」新発売

 富士フイルムは、がんの放射線治療計画における医師のワークフローを支援する、放射線治療計画支援ソフトウェア「SYNAPSE Radiotherapy(シナプス レディオセラピー)」をAI技術を活用して開発し、薬機法における医療機器の承認を取得した。本ソフトウエアは富士フイルム医療ソリューションズを通じて2月3日発売する。 …

オリンパス/AIを搭載した内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN-Plus」を発売】

 オリンパスは、大腸の超拡大内視鏡※1画像を AI で解析し、検査中にリアルタイムで腫瘍や浸潤がん※2 を高精度に判別することで医師の診断を補助する内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN-Plus(エンドブレインプラス)」を 2021 年 2月 5 日から国内で発売する。本製品は大腸における浸潤がんの診断において国内で…

OKIデータ/「究極のユーザビリティ」を実現したカラーLEDプリンターを新発売

OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社:東京都港区)は、医療や流通・小売業など、印刷が欠かせないユーザーの“限られたスペースでのプリンター運用”という課題解決にフォーカスし、クラス世界最小の本体サイズ注1および設置スペース・メンテナンススペースの最小化注2と高い生産性を両立し「究極のユーザビリ…

日本メドトロニック/大動脈弁狭窄症患者治療を対象としたTAVI用デバイスを発売

 日本メドトロニックは8月1日、大動脈狭窄症患者の治療を対象としたTAVI(経カテーテル大動脈弁置換術)用デバイス「コアバルブ Evolut PRO」を発売した。  同デバイスは、大動脈狭窄症患者の血行動態改善および弁周囲逆流の軽減を主目的として開発された。デリバリーカテーテルシステムを介して体内に留置され、適応可…

ドルニエメドテックジャパン/体外衝撃波結石破砕装置の新製品を発売

 ドルニエメドテックジャパンは8月1日、ドルニエメドテックシステムが製造する体外衝撃波結石破砕装置「ドルニエDelta Ⅲ」の国内販売を開始した。  同製品は、従来型の4倍以上ハイパワーなジェネレータを搭載し画質を改善するとともに、2つのイメージングモード(超音波とX線)により鮮明なX線画像を実現し、結石の視認…

TOPへ