シーメンス・ジャパン/SOMATOM Symposium 2014

 シーメンス・ジャパンは、8月30日にTKP東京ガーデンシティ品川(東京・港区)で「SOMATOM Symposium 2014」を開催した。同シンポジウムは、同社が2009年から5回にわたり開催してきたDual Source CTの最新技術とその臨床応用を紹介する「Definition Symposium」を名称変更したもので、今後はDual Source CTだけでなく、Single Source CTも対象に、臨床現場に有用なさまざまな情報を提供するシンポジウムとした。    開会に際してモデレータの内藤博昭氏(国立循環器病研究センター病院)は「近年、CTの技術的進歩は目覚ましいが、シーメンスはCT開発の先頭を走ってきた。このシンポジウムを通じCTの最新情報を私自身も学んでいきたい」と述べた。  
 同シンポジウムは、5セッションで構成された。はじめにセッション1では「CT Image Contest 2014 Japanese Edition」が行われた。同コンテストは昨年のDefinitionシンポジウムで初めて行われたイメージコンテストで、「General」「Cardio- Vascular」 「Oncology」「Dual Energy」「Pediatric」「Technical」「Best Overall」の7部門で、受賞者がプレゼンテーションを行った。受賞者は下記の通り。 《General》田村文香氏(東京都保健医療公社大久保病院)/《Cardio- Vascular》鷲塚冬記氏(東邦大学医療センター大森病院)/《Oncology》吉田亮一氏(東海大学医学部付属病院)/《Dual Energy》川嶋広貴氏(金沢大学附属病院)/《Pediatric》佐藤和宏氏(東北大学病院)/《Technical》永澤直樹氏(三重大学医学部附属病院)/《Best Overall》長田弘二氏(金沢医科大)  
 セッション2「Latest Storie」では、まずDual Source CTについて、大田英揮氏(東北大)が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症におけるDual Source CTの臨床応用」と題して講演。同疾患の概要について説明した後、その診療におけるDual Source CTの有用性を述べた。  また、Single Source CTについては、丹羽 徹氏(東海大)が「Dual Energy Imaging Single Source CT」と題して講演。Single Source CT「SOMATOM Definition Edge」を用いたDual Energyイメージングについて説明し、通常のCT撮像の延長線上で、動きの少ない部位であればDual Energy Imagingは十分可能であると述べた。  
 セッション3の「Synergies in Oncology CT」では、Computed Aided Detectionについて西村 崇氏(バリューHRビルクリニック)が「健診領域でのSyngo.viaの活用」と題して講演。Syngo.viaの健診領域での活用例を紹介し、「病巣の経時的な比較が容易にでき、安定した診断精度が確保できる」と高く評価した。
 Therapy Planningについて玉本哲郎氏(奈良県立医大)が「放射線治療計画用CT SOMATOM Definition AS Open RT-Pro Edition~高精度・低侵襲を目指す放射線治療のパートナーとなりえるか」を講演。玉本氏は同CTの持つ機能の有用性について解説し、「このCTは高精度・低侵襲を目指す放射線治療のパートナーとして十分な精度、機能を持つ」と結論づけた。  
 セッション4の「Frontier of Cardiac CT」では、Low Kv,Low Contrast Mediumとして静 毅人氏(高崎医療センター)が「当院の循環器領域における低管電圧・低造影剤量撮影の取り組みとその応用について」と題して講演し、症例を提示しながらLow Kv撮影の有用性を説明し、今後の技術革新による更なる進歩への期待感を示した。   続いて「New Benchmark of CAD Diagnosis」について、北川覚也氏(三重大)が講演。三重大での心臓CT検査の概要と取り組みについて述べ、CTPや遅延造影CTの多施設共同研究「AMPLIFiED」について紹介した。  
 最後のセッション5「Special Lecture」では、Two Steps Ahead in CT FieldをテーマにThomas Henzler氏(University Medical Centre Mannheim)が「Personalized CT Imaging with SOMATOM Force」と題して講演。シーメンスの最新型CT「SOMATOM Force」第1号機の使用経験について説明。同CTの特長を紹介し、症例画像を提示しながら同CTの臨床における有用性を報告した。  
 同シンポジウム終了後は意見交換会が開催され、「CT Image Contest 2014 Japanese Edition」の受賞者への表彰式が行われた。


その他の記事

島津製作所/恒例のレントゲン祭─リアル開催(2024.2.20)

 島津製作所は、毎年ヴィルヘルム・レントゲン博士の命日に博士の功績を称え遺徳を偲ぶ「レントゲン祭」と記念講演会を、2月9日、本社(京都・中京区)にて開催した。今回は101回目で、4年振りのリアル開催となる。  冒頭、医用機器事業部長の園木清人氏は式辞を述べた後、同社の最新トピックスを紹介。「高齢化、QOL向…

保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)/恒例の新春講演会&賀詞交換会を4年振りに対面で開催(2024.2.20)

 保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)は、1月23日、年初恒例のJAHIS新春講演会および賀詞交換会をイイノホール&カンファレンスセンター(東京・千代田区)で、対面方式での開催を4年振りに行った。  第1部となる講演会では、JAHIS総務会長の下山赤城氏の挨拶の後、同運営会議議長の大原通宏氏が「2024年の年頭に…

メドレーとグロービス・キャピタル・パートナーズ/「なぜいま医療DXが必要なのか?~医療DXの現在地とこれから~」セミナーレポート(2024.2.20)

 メドレーとグロービス・キャピタル・パートナーズは、1月18日、メドレー本社(東京・港区)にて、メディア向けセミナー「なぜいま医療DXが必要なのか?~医療DXの現在地とこれから~」を開催した。  同セミナーには両社から1名ずつが登壇。最初に、グロービス・キャピタル・パートナーズの福島智史氏が「医療DXを取り…

日本放射線腫瘍学会第36回学術大会レポート(2023.12.15)

■JASTR02023─展示会場にも多くの関係者が集う  11月30~12月2日、日本放射線腫瘍学会(パシフィコ横浜ノース)に合わせ、展示会も開催され、多くの関係者を集めた。以下に、小誌が注目する企業を紹介する。  ビードットメディカルでは陽子線治療装置の模擬装置が展示された。同社の古川氏によれば、「数年後の実用化」…

第43回医療情報学連合大会レポート(2023.12.15)

■テーマは「医療情報の安全な流通と活用」―時代を反映した講演が人気博す  第43回医療情報学連合大会(第24回日本医療情報学会学術大会)が2023年11月22~25日、神戸ファッションマート(神戸市東灘区)で開催された。大会長は松村泰志氏(大阪医療センター)。同大会は、現地開催に加えオンライン配信を含むハイブリ…

キヤノン・キヤノンマーケティングジャパン/キヤノンEXPOを8年ぶりに開催

 キヤノンとキヤノンマーケティングジャパンは、「Canon EXPO 2023」を、10月17~20日、東京と横浜で開催した。「Canon EXPO」は、2000年に開始し5年ごとに開催されてきたイベントであるが、2020年はコロナ禍の影響で中止になったことから、今回が5回目になる。キヤノングループの新製品群や先進技術、ソリューションをビ…

キヤノンメディカルシステムズ/スポーツ医療の最前線と可能性─現場からの証言

 キヤノンメディカルシステムズは、ラグビーワールドカップ2023に合わせ、9月10日、KABUTO ONE(東京・中央区)にて、「Global Sports Medicine Forum2023」を開催した。「スポーツ医療の最前線」をテーマとし、スポーツ医療関係者約100名が参加した(Webでも同数が参加)。  冒頭、瀧口登志夫社長が登壇しつぎのように…

国際モダンホスピタルショウ2023/医療情報システムを中心に昨年を上回る来場者を迎え、盛況裡に終了

 医療・介護・福祉関連製品を展示した国内最大のイベント「国際モダンホスピタルショウ2023(主催:一般社団法人日本病院会/一般社団法人日本経営協会)」が、7月12日から14日までの3日間、東京・有明のビッグサイトで開催された。また、7月31日まで、オンラインでの展示も併せて行わる。  新型コロナウイルス感染症が…

富士フイルム/グループ全体のDX推進指針と具体的事例を紹介

 富士フイルムは7月6日、本社(東京・港区)でDXに関する報道向け説明会を開催した。同説明会では、富士フイルムホールディングス執行役員CDO ICT戦略部長の杉本征剛氏と、富士フイルム執行役員 メディカルシステム開発センター長で富士フイルムホールディングスICT戦略部次長の鍋田敏之氏が登壇し、富士フイルムグルー…

第3回 アジア・グローバルヘルス・サミット/各国要人や企業経営者らが ヘルスケアの未来について 最新の動向や共通の課題を 包括・多角的に討議重ねる

  第3回アジア・グローバルヘルス・サミット(以下、ASGH)は5月17日~18日、香港特別行政区政府及び香港発展貿易局の共催にて、香港コンベンション&エキシビジョンセンターのホール3FGで行われた。現地開催(18日はオンライン開催)の17日には、三井物産と塩野義製薬の代表取締役会長が登壇した。そのセッショ…

キヤノンメディカルシステムズ/アンギオのショールームと製品安全試験センターを公開

 キヤノンメディカルシステムズは5月16日、本社(栃木県大田原市)で、今年4月に本社敷地内に完成した製品安全試験センターと、5月にオープンしたアンギオグラフィ・ショールームをメディアに公開した。  製品安全試験センターは、これまで外部に委託していた同社製品の安全規格に関する試験を社内で実施できるようにし…

インターシステムズジャパン/先進のデータ活用・分析の動向を専門家がセミナー開催

インターシステムズジャパンは、4月20日、「第4回 InterSystems 医療×IT セミナー ソリューション開発編Ⅲ」をオンライン上で開催した。同セミナーは医療ソリューション・プロバイダーに向けに3回シリーズで行なっているもので、最終回となる今回のセミナーでは、データの活用・分析の動向や、データプラットフォームのアー…

JIRA /恒例の活動方針報告─時宜得た各種対応策示す

 日本画像医療システム工業会(以下JIRA)は、4月14日、2023国際医用画像総合展(ITEM in JRC2023)会場のパシフィコ横浜(西区)にて、毎年恒例の活動基本方針に関する記者会見を行った。  JIRAは、2023年度における活動基本方針に以下の3重要課題を挙げている。①技術の進展や医療現場のニーズを踏まえた将来の医療現…

バイエル薬品 /画像診断におけるAI活用の最新動向と新製品を紹介

 バイエル薬品は4月10日、プレスセミナー「医療用画像診断におけるAI活用の最新動向と未来」をオンライン上で開催した。  セミナーでは、基調講演として村上卓道氏(神戸大学 放射線診断学教授)が「画像診断におけるAIの役割」と題した講演を行った。  村上氏は、まず、画像診断機器の技術的進歩に触れ、CTによる多…

富士フイルム /グループシナジー創出とIT・AI技術の活用を加速する

 富士フイルムは、4月5日、同社のメディカル事業における新製品発表会を本社(東京・港区)において行った。新製品の発表、紹介に先んじて、富士フイルム執行役員メディカルシステム事業部長兼富士フイルムヘルスケア代表取締役会長の秋山雅孝氏が「メディカルシステム事業の取り組みについて」をテーマに、まずメディカ…

TOPへ