キヤノンメディカルシステムズ/画論25th The Best Image

キヤノンメディカルシステムズ/画論25th The Best Image

 キヤノンメディカルシステムズは、1月27日にキヤノン本社(東京・大田区)で恒例の『画論25th The Best Image』を開催した。同イベントは、キヤノンメディカルシステムズ(旧・東芝メディカルシステムズ)製の画像診断装置を使って描出した画像のコンテスト。なお今回は、新生キヤノンメディカルシステムズとしての最初の最大イベントであり、東芝メディカルシステムズ時代から通算25回目を迎える。
 今回の応募総数はCT、MR、超音波の3部門合計527件。同日は、上位入賞施設による応募画像の発表(ディスカッション)、発表式が行われた。

 なお、発表式に先駆けて『Made for Lifeアワー』名のセッションが設けられ、同社の技術紹介と特別講演が行われた。
 技術紹介では、技術開発センター長の立崎寿氏が『画像技術の取組』を演題に講演。25年前から現在に至る同社のCT技術の変遷と、同社製各種画像診断装置の高分解能化、動態診断、機能診断に向けての具体的技術の現況を紹介。最後に将来に向けた取り組みとして、「我々のミッションは、顧客と共に創りあげてきた技術と製品をコアに、臨床医が目の前の患者さんにとって、より効率的で質の高い診療を提供するために必要な情報を収集、結合、加工して届けることだ。今般発売した医療情報の統合と共有のためのソリューション『Abierto(アビエルト)』もそのための製品だ。将来的には、AIを用いたナレッジエンジンによるデータ利活用などその可能性を拡げていく」と述べた。

 特別講演では、粟井和夫氏(広島大)が『次世代イメージングへの期待』について講演。2012年に始まった共同研究の成果をもとに、次世代のCT/MRI/USイメージングでは何が重要となるか、およびAIが画像診断にどのように関わるのかをテーマに私見を語った。同氏は、「従来よりも定量性が高い画像診断が次世代イメージングのキーワードであり、実際にそうしたモダリティが登場している。その正確度を我々が検証していく必要がある」と述べ、AIについては、「今後、診断、治療戦略の立案を変革する可能性がある」と期待を語った。

《CT部門》
 辻岡勝美氏(藤田保健衛生大)「審査に当たっては、ポジショニング、被ばく低減、造影剤低減や表示技術までさまざまな視点を重視している。特に今回は、ポジショニングの面で役に立つ画像が多く見られた。診断医と術医の連携がうまくいくことが良い画像が撮れる1つの条件となる」
《MR部門》
 小林邦典氏(杏林大)「MRは、元々多様性に富んだモダリティだが、その中でも今回はその多様性を十分に生かした症例画像を見ることができた。今まで行ってきた技術に工夫を加え、今まで見たこともないコントラストの画像が多く集まった。画論は、ユーザーとメーカーとの両者が互いに刺激し合う格好の機会である」
《超音波部門》
 伊藤 浩氏(岡山大)「超音波は、CTやMRIと比べて技術的な進歩がある程度確立した領域を持つモダリティといえる。その確立した技術を駆使して症例画像を作成し、高度なプレゼンテーションを行った施設が目立った」

 閉会に際して、キヤノン会長兼最高経営責任者の御手洗冨士夫氏が挨拶。
「キヤノンと旧東芝メディカルシステムズには大きな共通点がある。それはイメージング技術に軸足を置き、そのあくなき追求に力を注いできたことである。また、“Made for Life”と“共生”というそれぞれの理念においても大きな共通点を持っている。出自や歩んできた道のりは違うが、目指すところは同じである。キヤノンの初代社長御手洗毅は、もともと医師であり、そのこともあり当社は古くから医療器を手掛けていた。創業は1937年だが、当時は結核が広く蔓延しており、その早期発見に貢献すべくX線間接撮影カメラの開発を始めた。1940年に国内初のX線間接撮影カメラの開発に成功し、医療器事業をスタートした。しかし、カメラや複写機などの主力事業が隆盛を極める中、医療器へ十分な資金や技術者を割くことができなくなった。今回このような機会が訪れたことで、創業当時から抱いてきた夢をようやく叶えることができた。今後は、キヤノンメディカルシステムズがグループ内でメディカル事業を展開する企業の総本山として、グループの持つ先端技術やノウハウ、経営リソースを最大限に利用し、これまで以上によりよい製品とサービスを提供して社会に貢献していきたい」と語った。

 最後に、キヤノンメディカルシステムズ代表取締役社長の瀧口登志夫氏が、主催者を代表して挨拶。
「昨年の第1回日本医療研究開発大賞において『4次元X線CT装置の開発』というタイトルで、片田和弘氏(藤田保健衛生大学名誉教授)、遠藤真広氏(医用原子力技術研究振興財団常務理事)とともに厚生労働大臣賞を受賞した。より良い医療を追求しようという先生方の思いを我々が製品開発で応えることで実現したものだと思う。臨床現場で必要な技術やサービスの開発を我々が実現する。できあがったものを臨床の現場で使ってもらう。このサイクルが実現してこそ、我々の“Made for Life”が実現する。画論で提示されたさまざまな臨床例が全国で使われてこそ、その価値が高まる。画論を通して“Made for Life”で生まれた技術・手技が世の中に広まっていくようにするのが当社の責任である。その活動に今後も邁進していきたい」と語った。


その他の記事

量子科学技術研究開発機構/量子メス開発に関する研究成果と将来構想を紹介

 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(QST)は、7月9日、オンライン上で、次世代高性能がん治療装置「量子メス」の開発の進捗等を紹介する2021年度第1回QST記者懇談会を開催した。  はじめに、QST理事の野田耕司氏が「量子メス開発の現状と将来展望」と題して講演。旧放医研時代からの重粒子線治療開発に関する…

宿毛市&大井田病院/オンライン診療・服薬指導に関する医療実証事業を開始

 高知県幡多地域の宿毛市と特定医療法人長生会 大井田病院は、6月28日、医療実証事業に関する連携協定を締結。同日より12月28日までの半年間、オンライン診療・オンライン服薬指導および地域医療情報ネットワークを活用した「SUKUMOオンライン医療実証事業」を実施すると発表した。  宿毛市長の中平富宏氏は会見で「宿…

医療機器サイバーセキュリティ協議会/サイバー犯罪に対する演習をオンライン上で開催

 医療機器サイバーセキュリティ協議会は、5月19日、オンライン上で第6回医療機器サイバーセキュリティ協議会を開催した。  同協議会は、2019年9月に設立されたもので、医療機器ベンダー、セキュリティベンダー、医療機関、関係府省などから有志が参加。各分野、領域の専門家が、医療ITのセキュリティ向上のために…

日本IVR学会/第50回となる節目の大会を完全Web形式にて開催

 日本IVR学会は4月26日、第50回日本IVR学会総会(5月20~22日、Webにて開催)に先立ち、プレスセミナーをオンライン上で開催した。  司会は掛田伸吾氏(弘前大)が務め、まず日本IVR学会について同学会理事長の山門亨一郎氏(兵庫医科大)が説明。その後、山門氏は「IVRを用いた新たながん治療」を演題に講演し、IVRに…

JIRA/基本方針もITEMも“ニューノーマル”への対応に注力

 日本画像医療システム工業会(以下JIRA)は、4月16日、2021国際医用画像総合展(ITEM in JRC2021)初日に、同会場のパシフィコ横浜にて、毎年恒例の記者会見を行った。  JIRA会長の山本章雄氏は、冒頭、以下のように挨拶、方針を解説した。 「年頭所感記者会見でウィズコロナ・ポストコロナでのニューノーマルに向け…

シーメンスヘルスケア&伯鳳会グループ/救急災害医療用の新ソリューションを開発

 シーメンスヘルスケアと医療法人伯鳳会を中心とした伯鳳会グループは4月2日、両者が共同開発した新メディカル・モビリティ・ソリューションを同グループの東京曳舟病院に導入することを発表した。 両者は、2017年に高度な救急災害医療の提供を目的としたパートナーシップ契約を締結しており、今回、CTや検体検査装置、…

島津製作所/恒例の「レントゲン祭」第98回はオンラインで開催

 島津製作所はヴィルヘルム・レントゲン博士の功績を讃える恒例の「レントゲン祭」の第98回目を、博士の命日である2月10日に開催した。今回は、昨今のコロナ禍の影響を鑑み、初のオンラインによる開催となった。  冒頭、同社 医用機器事業部長の伊藤邦昌氏が挨拶に立ち、同社の最新トピックスを紹介。「世界的な新型コ…

JAHIS新春講演会/賀詞交歓会に代えて新春講演会をオンラインで開催

 保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)は1月20日、毎年恒例の賀詞交歓会を中止し、新春講演会としてオンラインで開催した。  はじめにJAHIS会長の瀧口登志夫氏が挨拶し、「新型コロナウイルスの流行で社会は大きく変化した。ヘルスケア・デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に向け、JAHISは標準化の推進…

JIRA/年頭所感発表会 ニューノーマル時代の新たな価値提供を目指す

 一般社団法人 日本画像医療システム工業会(JIRA)は1月7日、恒例のJIRA山本章雄会長(日立製作所)による年頭所感発表会を開催した。同発表会は、新型コロナウイルス感染症の流行に配慮し、オンラインでの開催となった。  山本氏は冒頭、2020年を振り返って「医療関係者を筆頭に新たな感染症に立ち向かった1年であっ…

キヤノンメディカルシステムズ/画論 28th The Best Image 年末恒例の画像コンテストをオンラインで開催

 キヤノンメディカルシステムズは、2020年12月20日、「画論28th The Best Image」を開催した。同イベントは、同社製CT、MRI、超音波の3画像診断装置による画像の品質に加え、被検者へのメリット、撮影・画像処理技術の工夫、臨床的価値や創意工夫等を総合的に判断するコンテストで、今年で28回目。今回は、新型コロナウイ…

エム・シー・ヘルスケア/コロナ禍の現況から今後の医療の在り方を問う

 エム・シー・ヘルスケアは、11月11日、本社(東京・港区)にて、鈴木康裕氏(厚生労働省顧問、初代医務技監)によるオンライン講演会を開催した。 同社は2000年より、講演会とディスカッション、及びワークショップを中心に病院戦略や医療の行方を考察する「病院の経営を考える会」を年1回、開催してきた。各回ごとに…

第49回日本医療福祉設備学会/HOSPEX Japan2020

第49回日本医療福祉設備学会は、11月11~12日の2日間、初となるWeb開催となった。 開会式で学会長の佐々木久美子氏(医療法人社団 直和会・社会医療法人社団 正志会 本部 看護部業務担当部長/HEAJ理事)が挨拶し、「新型コロナウイルス感染症の流行下、医療福祉の領域でもまさに命がけの対応を迫られている。学会開催…

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO/「日立」が目指す“社会イノベーション”のビジョン示す

 11月4日~6日の3日間、Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYOがオンライン形式で開催された。同イベントは、日立グループ最大規模のイベントとして毎年行われているもので、社会変化をリードするビジョンと具体的な取り組みを、講演、ビジネスセッション、セミナー、オンデマンドムービーなどを通して、幅広く…

第48回日本Mテクノロジー学会/コロナ禍での対策とHL7 FHIRの活用法を学ぶ

 第48回日本Mテクノロジー学会(MTA)が10月23日、オンライン形式で開催された。同学会はM言語等の普及を目指す学会。今回の大会長は本多正幸氏(長崎大名誉教授)、プログラム委員長は鳥飼幸太氏(群馬大)、実行委員長は鈴木隆弘氏(千葉大)が務めた。大会テーマは、「AI時代におけるパラダイムシフトへの対応-脱コロ…

TOPへ