第19回日本医療情報学会春季学術大会

 第19回日本医療情報学会春季学術大会「シンポジウム 2015 in 仙台」が、6月11~13日の3日間、仙台市・仙台国際センターにおいて、が開催された。大会長は東北大学の中谷 純氏で、テーマは「羅針盤:医療情報学の位置~実学、研究、教育」。参加者は約1200名を数え、春季大会では最高となった。
 開会式で中谷氏は、「医療情報の内容・技術・意義が大きく変わろうとする昨今、今回の大会では実学、研究、教育の3つの観点から、多岐にわたる医療情報学の位置づけについて考えていきたい」とコメント。開会式後に行われた会長講演では、自身が取り組んでいる東北メディカル・メガバンク機構などについての説明を交えながら、大会テーマに関する講演を行った。
 さらに、続く特別講演では、田中 博氏(東北大/東京医歯大)が、「医療情報学と医療情報システムのこれから」と題して講演。田中氏はこの中で、「新たな医療・ケア体制構築に向けたパラダイム転換が日本医療の喫緊の課題」と述べ、医療情報システムの広域化、個別化、知能化の進展とその課題について論じた。
 大会企画では、大会テーマに沿ったセッションが行われた。6月12日に行われた大会企画1では、昨年も実施されて好評だった「Year-In-Review」を開催。澤 智博氏(帝京大)を座長とし、仲野俊成氏(関西医大)が学術誌「医療情報学」から、今井 健氏(東大)が情報科学系学術誌から、座長の澤氏が医学・医療系学術誌から、選りすぐった論文について紹介した。
 大会企画2「羅針盤(研究) 医療情報学的課題と医療情報学会としての役割」では、木村通男氏(浜松医大)と中谷氏を座長に中島直樹氏(九大)を加えた3者が、研究面から医療情報学のあり方と、それに対する学会の貢献について論じた。
 6月13日に行われた大会企画3では、「羅針盤(教育) 世界の医療情報学教育の潮流」と題したセッションが行われ、欧米および日本における医療情報学の教育体制について論じた。小笠原克彦氏(北大)は、日本の医療情報教育学について解説。学会での医療情報技師の認定は進んでいるものの、大学教育の現場での医療情報学研究者の育成は十分でないと述べた。また、発表の最後に中国の医療情報学教育の現況についてもコメントした。次いで澤氏が、米国における医療情報学の専門医制度について説明。最後に美代賢吾氏(国立国際医療研究センター)が、ドイツのPLRI医療情報学研究所における客員研究員としての体験を踏まえながら、ドイツの医療情報学教育の現状について概説した。
 大会企画4では、中安一幸氏(北大/厚労省)に代わって山本隆一氏(東大)と石川広己氏(日本医師会)が座長となり、「羅針盤(実学) 医療における共通IDと個人情報保護法制」と題してセッションが行われた。2015年10月から通称マイナンバーの通知が始まることから同セッションでは、マイナンバー法と相俟って行われる個人情報保護法の改正等が、医療分野にどのような影響を及ぼすかについて、芝 真理子氏(厚労省)、田尻泰典氏(日本薬剤師会)、冨山雅史氏(日本歯科医師会)、向井治紀氏(内閣官房)らの演者が会場の参加者を交えて議論を行った。
 次回の第20回日本医療情報学会春季学術大会は、津本周作氏(島根大)を大会長に、2016年6月2~4日の3日間、島根県松江市・くにびきメッセを会場として開催する予定。


その他の記事

JIRA/年頭所感発表会 ニューノーマル時代の新たな価値提供を目指す

 一般社団法人 日本画像医療システム工業会(JIRA)は1月7日、恒例のJIRA山本章雄会長(日立製作所)による年頭所感発表会を開催した。同発表会は、新型コロナウイルス感染症の流行に配慮し、オンラインでの開催となった。  山本氏は冒頭、2020年を振り返って「医療関係者を筆頭に新たな感染症に立ち向かった1年であっ…

キヤノンメディカルシステムズ/画論 28th The Best Image 年末恒例の画像コンテストをオンラインで開催

 キヤノンメディカルシステムズは、2020年12月20日、「画論28th The Best Image」を開催した。同イベントは、同社製CT、MRI、超音波の3画像診断装置による画像の品質に加え、被検者へのメリット、撮影・画像処理技術の工夫、臨床的価値や創意工夫等を総合的に判断するコンテストで、今年で28回目。今回は、新型コロナウイ…

エム・シー・ヘルスケア/コロナ禍の現況から今後の医療の在り方を問う

 エム・シー・ヘルスケアは、11月11日、本社(東京・港区)にて、鈴木康裕氏(厚生労働省顧問、初代医務技監)によるオンライン講演会を開催した。 同社は2000年より、講演会とディスカッション、及びワークショップを中心に病院戦略や医療の行方を考察する「病院の経営を考える会」を年1回、開催してきた。各回ごとに…

第49回日本医療福祉設備学会/HOSPEX Japan2020

第49回日本医療福祉設備学会は、11月11~12日の2日間、初となるWeb開催となった。 開会式で学会長の佐々木久美子氏(医療法人社団 直和会・社会医療法人社団 正志会 本部 看護部業務担当部長/HEAJ理事)が挨拶し、「新型コロナウイルス感染症の流行下、医療福祉の領域でもまさに命がけの対応を迫られている。学会開催…

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO/「日立」が目指す“社会イノベーション”のビジョン示す

 11月4日~6日の3日間、Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYOがオンライン形式で開催された。同イベントは、日立グループ最大規模のイベントとして毎年行われているもので、社会変化をリードするビジョンと具体的な取り組みを、講演、ビジネスセッション、セミナー、オンデマンドムービーなどを通して、幅広く…

第48回日本Mテクノロジー学会/コロナ禍での対策とHL7 FHIRの活用法を学ぶ

 第48回日本Mテクノロジー学会(MTA)が10月23日、オンライン形式で開催された。同学会はM言語等の普及を目指す学会。今回の大会長は本多正幸氏(長崎大名誉教授)、プログラム委員長は鳥飼幸太氏(群馬大)、実行委員長は鈴木隆弘氏(千葉大)が務めた。大会テーマは、「AI時代におけるパラダイムシフトへの対応-脱コロ…

キヤノンメディカルシステムズ/超高精細・高精度なCT・MRIの最新画像診断技術を紹介

 キヤノンメディカルシステムズは、2月9日、JPタワーホール&カンファレンス(東京・千代田区)において、「Advanced Imaging Seminar 2019」を開催した。なお、同大会の様子は、メイン会場となる東京会場のほか、札幌、仙台、大阪の全国3カ所のサテライト会場でも配信された。  開会挨拶で、瀧口登志夫氏(同社代表取…

島津製作所/96回目の恒例レントゲン祭。博士の功績を顕彰

 島津製作所は、2月8日、本社・三条工場(京都市中京区)にて、第96回レントゲン祭を開催した。同祭は、ヴィルヘルム・レントゲン博士を偲び、またその功績を顕彰するために、他界した翌年の1924年から博士の命日(の前後含め)に毎年催されてきており、併せて記念講演会を行っている。  同祭では、伊藤邦昌常務執行役…

NEC/病院経営戦略セミナー2019

 NECは、1月25日、関西支社(大阪市中央区)にて「NEC病院経営戦略セミナー2019」を開催した。 同セミナーでは、松尾 茂氏(同社医療ソリューション事業部長)の挨拶に続き、副島秀久氏(済生会熊本病院)が「病院経営に必要な4つのガバナンス」と題して講演した。  副島氏はガバナンスの重要要素として「人事・財…

フィリップス Coffee Talk/ヘルステック”視点から医療の未来を考える集いスタート

 フィリップス・ジャパンは1月23日、本社(東京・港区)にて報道関係者を集めたイベント「Philips Coffee talk」を開催した。 同イベントは「2025年ヘルステック未来予想図を考える」をテーマとして、様々な切り口からヘルステック(ヘルスケア×テクノロジー)についての理解を深めていくことを目的に実施するもので、今…

JAHIS講演会&賀詞交換会/18年の活動成果を報告し、今年度の取り組みを紹介

保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)は1月16日、イイノホール&カンファレンスセンター(東京・千代田区)で、講演会と賀詞交換会を開催した。 講演会では、JAHISの高橋弘明運営会議議長が「2019年の年頭にあたって」と題した講演を行った。高橋氏は講演で、2018年の活動を振り返り、同年のトピックスとして次世代医…

JIRA会長年頭所感発表会/AIへの注力及び“ビジョン2025”策定を訴える

 日本画像医療システム工業会(JIRA)は、1月9日、KKRホテル東京(千代田区)にて、JIRA会長年頭所感発表会を開催した。 新延晶雄会長は、画像医療システム産業が、今後取り組むべきテーマをつぎのように述べた。 「10年ほど前からは医療ICT推進を重点化してきたが、今、大きな期待が寄せるのはAIだ。工業会として諸…

キヤノン 画論 26th The Best Image/更にレベル向上?年末恒例の医用画像コンテスト

 キヤノンメディカルシステムズは2018年12月16日、東京国際フォーラム(千代田区)で「画論 26th The Best Image」を開催した。同イベントは、同社製CT、MRI、超音波の3画像診断装置による画像の品質に加え、被験者へのメリット、撮影・処理技術の工夫等、臨床的価値 を総合的に判断するコンテストであり、今回26回目を…

超高精細CT研究会/臨床における有用性や新技術の効果について報告

 第2回超高精細CT研究会(主催:超高精細CT研究会、共催:キヤノンメディカルシステムズ)が、12月22日、国立がん研究センター・新研究棟1F大会議室(東京・中央区)にて行われた。 同会は、キヤノンメディカルシステムズの超高精細CT「Aquilion Precision」の技術・撮影・診断研究を通じて、CT撮影に関わる技術者の情…

TOPへ