国際モダンホスピタルショウ 2015

 毎夏恒例の、医療・福祉・介護関連製品を展示した国内最大の見本市「国際モダンホスピタルショウ 2015」が、東京ビッグサイト(東京・有明)で7月15~17日の3日間開催され、来場者は前回より1889人増の8万2149人を数えて大盛況だった。
 5つのゾーンに分かれた会場の中でも、展示内容や面積などで一際目立っていたのが「医療情報システムゾーン」であり、同ゾーンの出展社数は136を超えた。中でも、電子カルテシステムが17社の企業から出展・実演されたほか、ヘルスケアサービスやレセプトソフト、在宅療養チームケア関連分野でのクラウド対応システムの展示も注目を集めた。
<オープニングセッション>
 初日に行われた恒例のオープニングセッションでは、日本病院会会長の堺 常雄氏が、「今、求められている医療供給体制改革」をテーマに講演を行った。「現状の医療供給体制」「診療報酬改定」「地域医療構想」「財政健全化」を骨子に、これからの病院対応について言及した。特に診療報酬改定については、平成24年度の診療報酬改定後、減少施設・病院は期待通りに伸びていないことを指摘した上で、診療報酬と地域医療構想の連動を強調した。また、病院内においては診療体制の見直しが必要だとし、総合診療と専門診療について有機的な連動の重要性を示し、今後病院は「地域医療構想の中での自院の役割を適正に判断することが不可欠だ」としめくくった。
<病院経営フォーラム>
 病院経営フォーラムでは、山本隆一氏(医療情報システム開発センター理事長/東大)が、「マイナンバー制度の医療分野での活用について」と題して講演した。山本氏は、マイナンバー制度開始に至るまでの経緯を述べ、さらに同制度と同時に改正される予定の個人情報保護法の改正案のその内容と課題について詳しく説明した。その上で、マイナンバー制度が医療分野で具体的にどのように活用されていくかについて解説。医療界が求める、マイナンバーとは別のものとなる医療等IDと、こうした番号制度を用いたPersonal Health Recordのあり方について私見を述べた。
<ITフォーラム>
 ITフォーラム①「健康・医療分野におけるビッグデータの活用」では、副島秀久氏(済生会熊本病院)が、「医療ビッグデータの分析・可視化がここまで可能になった」について講演。同氏は「電子クリニカルパス導入の最終目標は医療の質向上」という前提のもと、NECと共同研究開発したパス分析システム「NECV」を活用したビッグデータ抽出への取り組みと臨床効果などについて述べた。また、ITによるビッグデータ分析の今後については、「分析結果をリアルタイムに臨床へフィードバックする仕組みが多くの病院に普及するのは、比較的早いのではないかとみている」と論じた。続いて村下公一氏(弘前大COI研究推進機構)が「健康ビッグデータ解析で『寿命革命を』〜疾患予兆発見プロジェクト戦略〜」と題し、健康増強を主目的としたビッグデータ解析を中心とするCOIの基本戦略、その解析結果から見える“目指す健康像”、および社会実装に向けた戦略展開などについて語った。
<出展者プレゼンテーションセミナー>
 出展者が主催する出展者プレゼンテーションセミナーは、23題行われた。
 保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)のセミナーでは、真野 誠氏(JAHIS戦略企画部運営幹事)が、「医療ITをめぐる動向ガイダンス」について講演。同氏は国の方針としての社会保障と税の一体改革の現況を述べた後、マイナンバー制度についても言及。また、昨今のITの話題として挙げた平成27年度「世界最先端IT国家創造宣言」と厚労省の医療分野におけるICT化の推進の中で、「情報標準化」の重要性を指摘。レセコンからの診療情報(薬剤等)を連携させるためのガイドや、在宅医療と介護分野の標準化の資料作成など、同工業会における支援活動の概要を語った。最後にJAHIS2025ビジョンとして、「医療情報は次に“空間を超えた連携”、その先に“時間を超えたデータリンク”が必要になる。JAHISは前者について『セキュアなネットワークによる全情報のやりとり』、後者に関しては『PHR、ナショナルデータベースの発展』を支援することが使命と考えている」と述べた。
 アライドテレシスのセミナーでは、山下芳範氏(福井大病院)が「医療情報における仮想化技術・IoT技術の活用について」をテーマに講演した。同氏は同院での実証実験や臨床導入の実例を紹介しつつ、それらの技術の現況および将来像について語った。同氏は仮想化技術について「病院システムのあり方を変えてくれる好機と捉え、これからのICTインフラの要と考えるべき」と語り、「仮想化によりスマートデバイス活用の自由度が高まり、それによってワークフローを進化的に変えられる」と指摘。IoT技術に関しては、IoTゲートウェイを活用した位置情報システム(IMES)による次世代通信の活用例などについて概要を解説した。同氏はその中で、「例えばウェアラブルセンサーをネットワーク化し、スマホと連携させると臨床現場で得られる情報が劇的に変わる。それを電子カルテやナースコール等とどう結びつけるかが今後、医療における活用法になると考える」と述べた。
 インターシステムズジャパンによるセミナー「ICTマネジメントによる有機的連鎖の実現に向けた医療情報基盤構築の取り組み」では、島川龍載氏(広島赤十字・原爆病院)が、広島赤十字・原爆病院における医療情報連携基盤構築の背景を説明。新棟建築に伴い、ICTマネジメントによるシステムの最適化を進めて院内のICTインフラ整備を推進。同社の統合プラットフォーム「Ensemble」を活用した、病院経営の健全化と医療の質の向上を図るために、階層別に親和性の高い医療情報基盤構築を実現したと述べた。
 Skyによるセミナー「そうか!そんな方法もあったんだ“PC管理”~リスクに立ち向かう3つの機能」は、奥村幸光氏(名古屋掖済会病院)が講演。奥村氏は、同氏がセンター長を務める同院情報管理センターの現況と業務内容を紹介。IT資産の管理・運用と情報漏えいなどの医療ITに関するリスク低減のために、IT資産管理ソフトが必要であることを強調。さらに、今後はマイナンバー制度開始で、病院が管理・運用する情報の増加が見込まれることから、より一層の情報漏えい対策が必要であると述べた。
 東芝メディカルシステムズのセミナーでは、神薗淳司氏(北九州市立八幡病院)が「電子カルテによる小児早期警告スコアリングシステム(PEWSS)運用と急変対応への医療安全」と題して講演した。PEWSSは、小児入院患者の院内急変対応を支援するためのITシステムとして、同院と同社の共同開発の形で2011年初頭に計画が始まり、4年ほどで完成。開発の経緯について、同氏は「入院患者がICUに運び込まれるほど病態が急変する時は、実は数時間前にバイタルが急変しているといわれている。その早期発見および急変時の状況認識の標準化等を目的として開発した。入院全患者のアラートをスコアリングし評価するためのシステムである」と語り、続いて電子カルテと連動したタブレット端末による同システムの活用概要について述べた。
<看護セッション>
 國本陽子氏(セコム医療システム 訪問看護ステーション)は、「訪問看護のICT化の取り組み―モバイル導入の実際」を講演。モバイル端末を導入した経験から導入に伴う現場の変化を挙げ、「1年経過して一番感じていることは、現場にICT化を浸透させる難しさである。そのため、ICT化推進プロジェクトを立ち上げ現場にアプローチしながら『運用マニュアル』を作成した」と語った。松月みどり氏(日本看護協会前常任理事/愛知医科大)は、「看護の質向上のためのデータ収集とマネジメント」を講演。客観的な看護の質評価のために、日本看護協会が2015年度から本格的に実施しているDiNQL事業の概要を説明し、「看護の質向上には、ベンチマーク評価を見るだけでなく、他の病院の人とのつながりを通して、情報や知識の共有化を図ることが必要」と述べた。
<公開シンポジウム>
 日本病院会主催の公開シンポジウムは、「病院の新時代-何が変わるか」をテーマに、有賀 徹(昭和大)、山元恵子(富山福祉短大)両氏を座長に行われた。基調講演は、相澤孝夫氏(相澤病院理事長・院長)が、「病院の新時代-何が変わるか」の題で講演。その中で、団塊の世代が後期高齢者になる2025年問題における「高齢化の進展に伴う変化」について、慢性疾患・複数疾病やリハビリ・在宅医療の必要患者の増加を指摘した。そしてこれらに対処する医療供給体制の改革の方向性として、高度急性期から在宅医療まで、患者の状態に応じた適切な医療体制の整備の必要性を挙げた。続いて、本田麻由美(読売新聞社)、栗原正紀(長崎リハビリテ―ション病院)、早坂由美子(北里大学病院)、松浦佳紀(特別養護老人ホーム太閤の杜)のシンポジスト4氏が「新時代での医療・病院・患者」をそれぞれの立場から見据えた発表を行い、最後に参加者全員によるディスカッションが開かれた。


その他の記事

量子科学技術研究開発機構/量子メス開発に関する研究成果と将来構想を紹介

 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(QST)は、7月9日、オンライン上で、次世代高性能がん治療装置「量子メス」の開発の進捗等を紹介する2021年度第1回QST記者懇談会を開催した。  はじめに、QST理事の野田耕司氏が「量子メス開発の現状と将来展望」と題して講演。旧放医研時代からの重粒子線治療開発に関する…

宿毛市&大井田病院/オンライン診療・服薬指導に関する医療実証事業を開始

 高知県幡多地域の宿毛市と特定医療法人長生会 大井田病院は、6月28日、医療実証事業に関する連携協定を締結。同日より12月28日までの半年間、オンライン診療・オンライン服薬指導および地域医療情報ネットワークを活用した「SUKUMOオンライン医療実証事業」を実施すると発表した。  宿毛市長の中平富宏氏は会見で「宿…

医療機器サイバーセキュリティ協議会/サイバー犯罪に対する演習をオンライン上で開催

 医療機器サイバーセキュリティ協議会は、5月19日、オンライン上で第6回医療機器サイバーセキュリティ協議会を開催した。  同協議会は、2019年9月に設立されたもので、医療機器ベンダー、セキュリティベンダー、医療機関、関係府省などから有志が参加。各分野、領域の専門家が、医療ITのセキュリティ向上のために…

日本IVR学会/第50回となる節目の大会を完全Web形式にて開催

 日本IVR学会は4月26日、第50回日本IVR学会総会(5月20~22日、Webにて開催)に先立ち、プレスセミナーをオンライン上で開催した。  司会は掛田伸吾氏(弘前大)が務め、まず日本IVR学会について同学会理事長の山門亨一郎氏(兵庫医科大)が説明。その後、山門氏は「IVRを用いた新たながん治療」を演題に講演し、IVRに…

JIRA/基本方針もITEMも“ニューノーマル”への対応に注力

 日本画像医療システム工業会(以下JIRA)は、4月16日、2021国際医用画像総合展(ITEM in JRC2021)初日に、同会場のパシフィコ横浜にて、毎年恒例の記者会見を行った。  JIRA会長の山本章雄氏は、冒頭、以下のように挨拶、方針を解説した。 「年頭所感記者会見でウィズコロナ・ポストコロナでのニューノーマルに向け…

シーメンスヘルスケア&伯鳳会グループ/救急災害医療用の新ソリューションを開発

 シーメンスヘルスケアと医療法人伯鳳会を中心とした伯鳳会グループは4月2日、両者が共同開発した新メディカル・モビリティ・ソリューションを同グループの東京曳舟病院に導入することを発表した。 両者は、2017年に高度な救急災害医療の提供を目的としたパートナーシップ契約を締結しており、今回、CTや検体検査装置、…

島津製作所/恒例の「レントゲン祭」第98回はオンラインで開催

 島津製作所はヴィルヘルム・レントゲン博士の功績を讃える恒例の「レントゲン祭」の第98回目を、博士の命日である2月10日に開催した。今回は、昨今のコロナ禍の影響を鑑み、初のオンラインによる開催となった。  冒頭、同社 医用機器事業部長の伊藤邦昌氏が挨拶に立ち、同社の最新トピックスを紹介。「世界的な新型コ…

JAHIS新春講演会/賀詞交歓会に代えて新春講演会をオンラインで開催

 保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)は1月20日、毎年恒例の賀詞交歓会を中止し、新春講演会としてオンラインで開催した。  はじめにJAHIS会長の瀧口登志夫氏が挨拶し、「新型コロナウイルスの流行で社会は大きく変化した。ヘルスケア・デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に向け、JAHISは標準化の推進…

JIRA/年頭所感発表会 ニューノーマル時代の新たな価値提供を目指す

 一般社団法人 日本画像医療システム工業会(JIRA)は1月7日、恒例のJIRA山本章雄会長(日立製作所)による年頭所感発表会を開催した。同発表会は、新型コロナウイルス感染症の流行に配慮し、オンラインでの開催となった。  山本氏は冒頭、2020年を振り返って「医療関係者を筆頭に新たな感染症に立ち向かった1年であっ…

キヤノンメディカルシステムズ/画論 28th The Best Image 年末恒例の画像コンテストをオンラインで開催

 キヤノンメディカルシステムズは、2020年12月20日、「画論28th The Best Image」を開催した。同イベントは、同社製CT、MRI、超音波の3画像診断装置による画像の品質に加え、被検者へのメリット、撮影・画像処理技術の工夫、臨床的価値や創意工夫等を総合的に判断するコンテストで、今年で28回目。今回は、新型コロナウイ…

エム・シー・ヘルスケア/コロナ禍の現況から今後の医療の在り方を問う

 エム・シー・ヘルスケアは、11月11日、本社(東京・港区)にて、鈴木康裕氏(厚生労働省顧問、初代医務技監)によるオンライン講演会を開催した。 同社は2000年より、講演会とディスカッション、及びワークショップを中心に病院戦略や医療の行方を考察する「病院の経営を考える会」を年1回、開催してきた。各回ごとに…

第49回日本医療福祉設備学会/HOSPEX Japan2020

第49回日本医療福祉設備学会は、11月11~12日の2日間、初となるWeb開催となった。 開会式で学会長の佐々木久美子氏(医療法人社団 直和会・社会医療法人社団 正志会 本部 看護部業務担当部長/HEAJ理事)が挨拶し、「新型コロナウイルス感染症の流行下、医療福祉の領域でもまさに命がけの対応を迫られている。学会開催…

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO/「日立」が目指す“社会イノベーション”のビジョン示す

 11月4日~6日の3日間、Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYOがオンライン形式で開催された。同イベントは、日立グループ最大規模のイベントとして毎年行われているもので、社会変化をリードするビジョンと具体的な取り組みを、講演、ビジネスセッション、セミナー、オンデマンドムービーなどを通して、幅広く…

第48回日本Mテクノロジー学会/コロナ禍での対策とHL7 FHIRの活用法を学ぶ

 第48回日本Mテクノロジー学会(MTA)が10月23日、オンライン形式で開催された。同学会はM言語等の普及を目指す学会。今回の大会長は本多正幸氏(長崎大名誉教授)、プログラム委員長は鳥飼幸太氏(群馬大)、実行委員長は鈴木隆弘氏(千葉大)が務めた。大会テーマは、「AI時代におけるパラダイムシフトへの対応-脱コロ…

TOPへ