島津製作所/メディカル・ケア・サービス、ERISA、島根大学の4者で認知機能に関連する共同研究契約を締結

 島津製作所、メディカル・ケア・サービス(以下「MCS」)、ERISA、国立大学法人島根大学(以下「島根大学」)の4者は、「軽度認知障害における介入アプローチと生体マーカーに関する探索的検討」(以下「本研究」)に関する共同研究契約を締結した。これに先立ち、島津製作所、MCS等5者はERISAの第三者割当増資を引き受け、7月31日に同社へ計1億4500万円を出資した。

厚生労働省によると、認知症患者は2025年には約700万人に達し、65歳以上のシニア層の約5人に1人が認知症になると言われている。それにつれて、医療費や介護費といった社会的費用も増加傾向にあり、慶應義塾大学の研究によると、日本の認知症の社会的費用は2014年時点で総額14.5兆円に上ると試算されている。特に島根県は全国に先駆けて高齢化が進展しており、この課題に対応し島根大学医学部においては認知症の予防に関する研究が早くから行われてきた。

本研究においては、介護事業者であるMCSが事業展開する有料老人ホームを拠点として、認知症予備軍と言われる軽度認知障害(MCI)の方を対象に、認知機能の改善を目的とした介入プログラムを6か月間実施する。また、介入の前後で、島根大学が長年にわたって研究対象として来たfMRI、及び島津製作所が製造販売するfNIRSによる生体マーカー計測を行い、介入効果の評価方法を開発する。本研究は、脳内の活性部位を可視化する2種類の異なる手法を用いて認知機能との相関を検証する点、及び計測・医用機器製造販売事業者、統計解析会社、介護事業者、国立大学という認知症予防の技術開発に必要な専門家が提携している点において、独自性の高い画期的な取り組みとなる。本研究により開発された認知機能改善プログラムと評価手法については、日本国内の地方自治体との連携を通じた事業化、及びMCSが事業展開する中国を始めとした世界への事業展開を3社で協力して推進する。

研究概要

・研究目的 : 本研究では認知症リスクの高い高齢者の進行予防における効果的な介入アプローチと、認知機能と相関する有用な生体マーカーの探索的検討を行う
・被検者人数 : 35名予定
・予定研究期間 : 2018年12月から2020年6月30日(約1年半)
・検査項目 : 認知機能検査、MRI検査、fNIRS検査、血液検査、等

島根大学医学部は日本で最初に脳ドック健診を導入し、一般の健診データと共に脳のMRI画像データ、認知機能データを30年間にわたって継続し蓄積してきた。また前学長の小林祥泰名誉教授は日本脳ドック学会の創設に携わり、脳ドック健診の確立と普及に努め、前医学部長の山口修平教授は同学会の理事として活躍している。2017年11月にはERISAと共同研究契約を締結して脳MRI画像を用いた認知症の早期検出技術の開発を進めている。

今回、島津製作所、MCS、とっとり地方創生ファンド、山陰合同銀行、島根銀行の5者がERISAの第三者割当増資に参加し、事業会社に加えて地域ファンド及び金融も含めて、島根県の医療資産を利用した認知症予防技術の共同開発体制を構築した。
島津製作所、MCS、ERISA、島根大学は、本研究を通じて、今後とも認知症という大きな社会的課題の解決に相互協力して取り組んでいく。

問い合わせ先=島津製作所 広報室
TEL:075-823-1110


その他の記事

富士フイルム/ラップトップ型超音波画像診断装置「FC1-X(エフシーワン エックス)V3.0」を発売

 富士フイルムは、FUJIFILM SonoSite, Incのラップトップ型超音波画像診断装置「FC1-X(エフシーワン エックス)」に、透析で定期的に行われているシャント管理をより簡便に行える自動血流量測定機能を新たに追加した、「FC1-X V3.0」を、12月17日より発売する。 近年、国内の透析患者数はいまだ増加傾向にあり、末期…

キッセイコムテック/対策型胃検診内視鏡レポートシステム PAXiS-ES Portableの販売を開始

 キッセイコムテックは、市町村が行う対策型胃検診内視鏡検査のためのUSB型レポートシステムPAXiS-ES Portable(パクシス イ―エス ポータブル)を、2018年12月より、全国の自治体や医師会、健診施設等に販売を開始する。  PAXiS-ES Portableは、胃検診に関連するすべての施設で手軽に運用が開始できる、USBメモリを利用…

メディカル・データ・ビジョン/ICU/HCU転棟収益シミュレーションが「Medical Code」で可能に

 メディカル・データ・ビジョンは2018年11月28日から、 急性期一般入院料(特定、専門も含む)を算定した患者に対し、ICU/HCUへ転棟した場合の増収額と、一般病棟用の重症度、医療・看護必要度(以下、看護必要度)の該当患者割合の変化をシミュレーションできる新機能を、病院向け経営支援システム「Medical Code」に追…

島津製作所/オーストラリアのAustin Healthと相互協力協定を締結

 島津製作所は、病院運営や医療教育、医療研究を手がけるオーストラリアの医療団体・Austin Healthと相互協力協定を締結した。本協定に基づき、同社は、血管撮影システムを用いた血管内の治療または検査におけるX線被ばく量や造影剤使用量などの情報を患者情報と統合して管理するためのソフトウェアをAustin Health向けに…

キヤノンメディカルシステムズ/アルゼンチン現地法人設立

 キヤノンメディカルシステムズは、Ichiban S.A. de Inversión(本社:アルゼンチン ブエノスアイレス、以下、「Ichibanイチバン社」)との間で、両者が既に設立している合弁会社Canon Medical Systems Argentina S.A.(以下「CMSAR」)に対して、Ichiban社傘下で、これまでアルゼンチンにおける同社代理店を務めてきたGR…

医用工学研究所/クラウド型データウェアハウス拡販に向け、 南日本情報処理センターと協業

 医用工学研究所は、 南日本情報処理センターと協業し、 医用工学研究所製のデータウェアハウスシステム「CLISTA!MiCloud」の提供を開始する。 「CLISTA!MiCloud」の特長 1. 病院内システムに分散したデータを集約 病院内の様々なデータについて、 「CLISTA!」の導入実績120施設で培ったノウハウにより、 そ…

イーエムシステムズ/共通情報システム基盤MAPsシリーズを発売

 イーエムシステムズは、ヘルスケア分野(医科・調剤・介護)の垣根を超えた「共通情報シ ステム基盤」“MAPs シリーズ”を2019年1月より発売する。 製品の特長 「共通情報システム基盤」“MAPs シリーズ”は下記の特長を有する。 ・ ヘルスケア分野(医科・調剤・介護)でのシステム一体化、完全クラウドシステム ・ …

医用工学研究所/病院向けデータウェアハウス「CLISTA!アプライアンス」の拡販に向け、BIダッシュボード「MotionBoard」を採用

 医用工学研究所は、ウイングアーク1stと協業し、医用工学研究所製のデータウェアハウスシステム「CLISTA!アプライアンス」に、 ウイングアーク社製BIダッシュボード「MotionBoard」をバンドルして、 2019年1月より販売を開始する。 【「CLISTA!アプライアンス」の特長】 DWH(データウェアハウス)市場にて1…

シーメンスヘルスケア/社会医療法人渡邊高記念会と地域医療の発展を目指すパートナーシップを締結

 社会医療法人渡邊高記念会(以下、渡邊高記念会)とシーメンスヘルスケアはこのほど、先進的な画像診断・治療装置および検体検査システムによる高度な医療サービスの提供をはじめ、AIを含む医療デジタルプラットフォームを基盤にした情報共有を通して、地域医療のさらなる発展を目指すパートナーシップを締結した。 …

GEヘルスケア・ジャパン/エヌ・エム・ピイ ビジネスサポートとPET検査用薬剤合成設備「FASTlab」の販売において提携

 GEヘルスケア・ジャパン(以下、GEヘルスケア)とエヌ・エム・ピィ ビジネスサポート(以下、NBS)は、PET(陽電子放射断層撮影)検査で使用する放射性薬剤を自動合成する放射性医薬品合成設備「FASTlab(ファストラボ)」について販売提携に関する契約を締結し、新たな体制による同製品の日本国内における販売を11月9日…

日立製作所/国立国際医療研究センターと次世代医療の実現に向けた連携協定を締結

 国立国際医療研究センター(以下、NCGM)と日立製作所(以下、日立)は、今回、次世代医療の実現に向けた連携協定を締結した。協定に基づき、NCGMと日立は、NCGM内に連携拠点を設置し、国際的に模範となる安心・安全な医療の実現をめざし、手術室の高度化や医療従事者の働き方改革を中心として、幅広い分野で連携していく。 …

GEヘルスケア・ジャパン/倉敷中央病院とブリリアント・ホスピタル構想の具現化に向けた包括契約の締結

  大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院とGEヘルスケア・ジャパンは、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などのデジタル技術と製造業で培われたリーン・シックスシグマの改善手法を融合した「継続的な高度医療と最適化された運営を両立」するロール・モデル病院(以下、ブリリアント・ホスピタル)を実現す…

TOPへ