インターシステムズHealthcare Seminar 2018/まさに最先端の医療ITを活用した事例と可能性を説く

 インターシステムズは10月11日、ANAインターコンチネンタル東京(東京・港区)で「InterSystems in Healthcare Seminar 2018」を開催した。
今年のテーマは「Bring Together The Information That Matters‐すべての大切な情報を利用可能に」。 同セミナーは2004年以来、医療および医療ITをけん引する識者が先進的な取り組み事例や最新技術の動向などを紹介しており、今年は15回目になる。
 冒頭、同社日本統括責任者の植松裕史氏が挨拶し、上記テーマについて説明。「ビッグデータという言葉が日常的に使われるようになった今日、文字どおり大量のデータに囲まれた医療現場において、どのようにシステムを構築していけばよいのか、またどのようなシステムであるべきなのか、来場者の皆さんと一緒に考察していきたい」と述べた。
 セミナーでは、まず田中良一氏(岩手医大)が「ミドルウェアは医療情報連携のHUBとなり得るか?-システム統合に向けた取り組みと展望」と題して講演した。田中氏は、岩手医大で矢巾新附属病院を2019年9月に開院すると同時に、同大付属の4病院、50以上のシステム統合を進めているプロジェクトについて紹介。同プロジェクトでは、サーバとストレージの仮想化を実施してミドルウェアを導入。相互接続性に冗長性を持たせてシステム間の接続を再設定することなく、機能の追加や制御を可能としている。
 田中氏は、「今回のプロジェクトでは、ミドルウェアをHUBとし、電子カルテを頂点とせず部門システムと同格のシステムと位置づけ、さらに部門システムもミドルウェア経由に構成変更して統合環境に集約した」と、プロジェクトのコンセプトについて説明。さらに将来構想として、集約したデータを活用した診療情報連携チェックシステムの構築を進めていきたいと述べ、そのシステム構築には自然言語処理などの機能の応用が鍵となると述べた上で、「データは溜めるのが目的ではない。データは活用してはじめて生きる。データ交換基盤としてミドルウェアは重要な意味を持つ。個人的には、今後FHIRに期待している」と今後の展望を語った。
 次にインターシステムズコーポレーション シニアクリニカルアドバイザーを務めるラッセル・リフトウィッチ氏(ヴァンダービルド大)が「相互運用性の実現への革新的なアプローチ:HL7 FHIRの可能性」と題して講演した。「FHIR」は、 HL7 が開発した次世代の医療 IT 標準仕様フレームワーク。リフトウィッチ氏は、米国において、一般的な病院1施設には80以上の部門システムが存在し、これら多数ある部門システムを連携させる仕組みとしてHL7 が作りだしたのがFHIRであると説明。そして、米国でFHIRを使用して、患者個人が病院情報システムから診療データをiPhoneにダウンロードできる仕組みを紹介するなど、同フレームワークによる新しい医療の可能性について説明した。
 最後に、植松氏と同社のテクニカルコンサルティング部 上級コンサルタントである堀田 稔氏が「Bring Together The Information That Matters‐AI・IoT時代におけるすべての医療健康情報利用にあたっての課題とソリューションの考察」と題して講演した。植松氏は、9月30日から10月3日にかけて米国テキサス州サンアントニオで開催された「InterSystems Global Summit 2018」の概要について説明。「医療ITの進化は急激に訪れる」ことを強調した後、医療ITを取り巻く環境の変化について、政府が取り組んでいる「Society 5.0」の現状を紹介した。
 堀田氏は、医療ITを進化させる上で課題となっている、個人・院内・地域に広がる患者情報を共有できる医療ITアーキテクチャーと、文書・テキストといった記述情報をデータに変換する技術として、特別な辞書なしで文書を解析する非構造データ活用の新技術である自然言語処理技術「InterSystems NLP」の仕組みについて説明。実際に同技術を用いたプレゼンを行った。


その他の記事

キヤノンメディカルシステムズ/超高精細・高精度なCT・MRIの最新画像診断技術を紹介

 キヤノンメディカルシステムズは、2月9日、JPタワーホール&カンファレンス(東京・千代田区)において、「Advanced Imaging Seminar 2019」を開催した。なお、同大会の様子は、メイン会場となる東京会場のほか、札幌、仙台、大阪の全国3カ所のサテライト会場でも配信された。  開会挨拶で、瀧口登志夫氏(同社代表取…

島津製作所/96回目の恒例レントゲン祭。博士の功績を顕彰

 島津製作所は、2月8日、本社・三条工場(京都市中京区)にて、第96回レントゲン祭を開催した。同祭は、ヴィルヘルム・レントゲン博士を偲び、またその功績を顕彰するために、他界した翌年の1924年から博士の命日(の前後含め)に毎年催されてきており、併せて記念講演会を行っている。  同祭では、伊藤邦昌常務執行役…

NEC/病院経営戦略セミナー2019

 NECは、1月25日、関西支社(大阪市中央区)にて「NEC病院経営戦略セミナー2019」を開催した。 同セミナーでは、松尾 茂氏(同社医療ソリューション事業部長)の挨拶に続き、副島秀久氏(済生会熊本病院)が「病院経営に必要な4つのガバナンス」と題して講演した。  副島氏はガバナンスの重要要素として「人事・財…

フィリップス Coffee Talk/ヘルステック”視点から医療の未来を考える集いスタート

 フィリップス・ジャパンは1月23日、本社(東京・港区)にて報道関係者を集めたイベント「Philips Coffee talk」を開催した。 同イベントは「2025年ヘルステック未来予想図を考える」をテーマとして、様々な切り口からヘルステック(ヘルスケア×テクノロジー)についての理解を深めていくことを目的に実施するもので、今…

JAHIS講演会&賀詞交換会/18年の活動成果を報告し、今年度の取り組みを紹介

保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)は1月16日、イイノホール&カンファレンスセンター(東京・千代田区)で、講演会と賀詞交換会を開催した。 講演会では、JAHISの高橋弘明運営会議議長が「2019年の年頭にあたって」と題した講演を行った。高橋氏は講演で、2018年の活動を振り返り、同年のトピックスとして次世代医…

JIRA会長年頭所感発表会/AIへの注力及び“ビジョン2025”策定を訴える

 日本画像医療システム工業会(JIRA)は、1月9日、KKRホテル東京(千代田区)にて、JIRA会長年頭所感発表会を開催した。 新延晶雄会長は、画像医療システム産業が、今後取り組むべきテーマをつぎのように述べた。 「10年ほど前からは医療ICT推進を重点化してきたが、今、大きな期待が寄せるのはAIだ。工業会として諸…

キヤノン 画論 26th The Best Image/更にレベル向上?年末恒例の医用画像コンテスト

 キヤノンメディカルシステムズは2018年12月16日、東京国際フォーラム(千代田区)で「画論 26th The Best Image」を開催した。同イベントは、同社製CT、MRI、超音波の3画像診断装置による画像の品質に加え、被験者へのメリット、撮影・処理技術の工夫等、臨床的価値 を総合的に判断するコンテストであり、今回26回目を…

超高精細CT研究会/臨床における有用性や新技術の効果について報告

 第2回超高精細CT研究会(主催:超高精細CT研究会、共催:キヤノンメディカルシステムズ)が、12月22日、国立がん研究センター・新研究棟1F大会議室(東京・中央区)にて行われた。 同会は、キヤノンメディカルシステムズの超高精細CT「Aquilion Precision」の技術・撮影・診断研究を通じて、CT撮影に関わる技術者の情…

Siemens Healthineers/RSNAに出展したSiemens Healthineersの最新ソリューションを日本各地で紹介

 シーメンスヘルスケアは2018年12月15日と22日両日、「RSNA 2018 Flash Seminar」を開催した。 同セミナーは、2018年11月25~30日に開かれた第104回北米放射線学会(RSNA 2018)で発表されたSiemens Healthineersの新製品や最新テクノロジーについて紹介するもの。同セミナーは12月15日に福岡、12月22日に東京で開催され…

JIRA 第8回「画像医療システム産業研究会」/AIを用いた画像診断をテーマにその可能性を探る

 日本画像医療システム工業会(JIRA)は2018年12月20日、大手町フィナンシャルシティ サウスタワー 3F カンファレンスセンター(東京・千代田区)で第8回画像医療システム産業研究会を開催した。 同研究会は、2011年に第1回会合を開催以降、「画像医療システム産業発展の方向性と課題」をテーマに例年開催しているもの…

フィリップス・ジャパン/2019年度事業戦略を発表、パートナー企業との取り組みを紹介

 フィリップス・ジャパンは2018年12月6日、ウェスティンホテル東京(東京・目黒区)で、「Philips Partnership Meetup 2018」を開催した。 これは、フィリップスが重要顧客を招待して同社の事業戦略や提携企業等の取り組みを紹介するもので、2回目の開催となる。  はじめに、同社代表取締役社長の堤 浩幸氏が2019年度…

第47回日本医療福祉設備学会/HOSPEX Japan2018

 第47回日本医療福祉設備学会は、「“ヘルスケア・サステナビリティ”に貢献する医療福祉設備」をメインテーマに、11月20、21日の両日、東京ビッグサイト(東京・江東区)会議棟で開催された。学会長は安原 洋氏(東大)。同学会では、講演4題、シンポジウム10題、HEAJ委員会企画6題、共催企業によるランチョンセミナー5題…

第45回国際福祉機器展/恒例の機器展‐最新型の国産福祉車両が一堂に会す

 アジア最大級の総合福祉機器展である国際福祉機器展が、10月10~12日、東京ビッグサイト(江東区)で開催された。第45回目の今展示会には、過去最大の会場に14ヵ国・1地域から546社・団体が出展。3日間の累計来場者数は11万9452人に達した。  会場には例年、日本の自動車メーカーが福祉車両(車椅子使用者や足腰の弱…

キヤノンメディカルシステムズ/大連工場開所式を開催

 キヤノンメディカルシステムズは、9月14日、キヤノン医用機器(大連)有限公司(中国遼寧省)の開所式を開催した。 当社はマザー工場のある日本の他、中国、ブラジル、ロシア、マレーシアに製造の拠点を持ち、医療システムの部品やユニットの生産、組み立てなどを行っている。キヤノン医用機器(大連)有限公司は、…

JASTROプレスカンファレンス/「時間と空間の最適化」をテーマに平成を振り返る

 日本放射線腫瘍学会(JASTRO)は、10月11日~13日に国立京都国際会館(左京区)で第31回学術大会を開催する。学術大会長は西村恭昌氏(近畿大)が務める。それに先立つ9月13日、同学会は、同大会の概要と学会活動を紹介するプレスカンファレンスをフクラシア八重洲 東京(千代田区)で行った。  JASTRO理事長の茂松直…

TOPへ