第37回医療情報学連合大会

 第37回医療情報学連合大会(第18回医療情報学会学術大会)は、11月20~23日の4日間、グランキューブ大阪(大阪国際会議場、大阪市北区)において開催された。
 大会長は、武田 裕氏(滋慶医療科学大学院大学学長)。テーマは、「医療情報学が紡ぐ『いのち・ヒト・夢』」。
 同大会では、一般公募演題は口演185、ポスター99、HyperDEMO 10題を採択。また、特別講演、学会長講演、大会長講演に加え、学会企画2企画、共同企画12企画、大会企画8企画、産官学連携企画、シンポジウム11、ワークショップ7、チュートリアル16企画が実施された。
 大会2日目の11月21日には開会式が催され、引き続き行われた大会長講演で武田氏は、「IoTやAIに代表される情報通信技術の進歩により、現在は第4次産業革命とも言うべき状況である」と称した。また、生命現象や疾病本態の解明などを「いのち」、健康寿命の延伸、医療の効率化と質を担保したヘルスケアシステムの構築の重要性を「ヒト」、そして個体の遺伝情報や生活環境情報を統合したプレシジョン医療などの進展を「夢」という各キーワードをもって論を展開し、医療情報学が今後どのような方向性で発展すべきかを訴えた。
 学会長講演では大江和彦氏(東大)が、「あるべき診療記録ができる電子カルテシステム再考-新たなる挑戦の必要性」と題して講演。医療情報学会の1年間の活動を振り返った後、データの2次利用に関する現状と問題点について論じ、そのための診療情報の記録の在り方について持論を展開した。
 3日目の22日には今大会に招待されたIMIA(国際医療情報学連携)のPresidentであるChristoph U. Lehmann氏(米国Vanderbilt大)が特別講演として、「Dreaming of a better Health Care System: Use of Secondary Data」と題した講演を行った。Lehmann氏は、医療情報学の進歩がもたらす将来像として、より安全な医療の提供、医療コストの削減、患者参加型システムの構築と患者体験の改善による医療の質と患者満足度の向上をあげ、現在米国で取り組んでいる研究やシステム開発について論じた。
 大会企画5「個人情報保護法改正への具体的な対応方法」では山本隆一氏(東大)が、2017年改正・施行された改正個人情報保護法の概要を説明。現状で十分対応できている場合、医療・介護の現場での運用にほぼ変更は必要ないとしながら学術研究など診療データの2次利用については患者の同意を得るなどの対応を適切に行う必要があると述べ、遺伝情報の取り扱いなどにも不明瞭な部分があると同法の問題点について解説した。大原 信氏(筑波大)は、臨床医学研究での改正個人情報保護法への対応をテーマに講演し、主な改訂内容である1.用語の定義の見直し、2.インフォームド・コンセント等の手続きの見直し、3.匿名加工情報および非識別孤高情報の取り扱いに関する規定の追加について説明し、臨床研究を実施する上での注意点・対応について概説した。
 また、「電子カルテExpo2017」セッションでは、大会3日目と4日目の2日間にわたり電子カルテデータの利活用、電子カルテの医療安全への活用、病棟を支援するシステム(指示システム)、診療情報の記載と閲覧(情報収集)の4つの領域に分けて病院情報システムの具体的な利活用に関する講演が行われた。
 学会には、3000人以上の参加者が来場。73の企業・団体による展示ブースやホスピタリティルームには、システム導入の相談等に訪れる来場者の姿が数多く見られた。
 次回の第38回医療情報学連合大会(第19回日本医療情報学会学術大会)は、宇都由美子氏(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)を大会長として、2018年11月22~25日に福岡市の福岡国際会議場と福岡サンパレスで開催する予定である。


その他の記事

神奈川県立病院機構/平成29年度記者懇談会

 神奈川県立病院機構は、12月12日に平成29年度記者懇談会を開催し、県立がんセンターの取り組み事例を中心に同機構の活動を報道機関向けに紹介した。  同機構の土屋了介理事長が挨拶して同機構の5施設を紹介。現在抱えている課題として、「がんセンターは重粒子線治療施設の陣容が薄いので、がん医療に貢献して…

恵寿総合病院/患者が自身の医用画像データを管理・閲覧できるサービス開始を発表

 董仙会 恵寿総合病院(石川県七尾市)は、12月8日に病院向けのデータネットワークサービス「CADA-BOX」を提供するメディカル・データ・ビジョン社と、クラウド型PACS「NOBORI」を開発・販売しているテクマトリックス社と共同記者会見を行い、デジタル・データ・ビジョン社が提供するWEBサービス「カルテコ」の…

フィリップス・ジャパン/2018年度事業戦略発表会

 フィリップス・ジャパンは、12月5日に東京アメリカンクラブ(東京・港区)で2018年度事業戦略発表会を行った。  代表取締役社長の堤 浩幸氏は、「有意義なイノベーションを通じて、2025年までに30億人の人々の生活を向上させる」という同社のミッションを紹介。そのためには「健康な生活から予防、診断…

第5回医機連メディアセミナー

 一般社団法人日本医療機器産業連合会(以下「医機連」)は、11月20日に同連合会会議室(東京・新宿区)で第5回医機連メディアセミナー「医療機器産業成長に向けた取り組み~全国の中小企業を医工連携でつなぐ/医療ICT活用の推進に向けて~」を開催した。  冒頭、医機連会長の渡部眞也氏が挨拶。「来年度の医…

HOSPEX Japan 2017

 病院/福祉設備・医療機器を展示紹介する『HOSPEX Japan 2017』が、11月20日(月)から22日(水)の3日間にわたり、東京ビッグサイト(東京都・江東区)にて開催された。今回は、東4~6ホールを会場にして、「建築・設備・エンジニアリング」「医療機器」「医療情報・ICT」「看護・介護製品…

第46回日本医療福祉設備学会

 第46回日本医療福祉設備学会は、『人と技術の協働-ヘルスケア・エンジニアリングのあした』をメインテーマに、11月21日と22日の2日間にわたって東京ビッグサイト会議棟で開催された。学会長は、中山茂樹氏(千葉大大学院工学研究科 建築・都市科学専攻教授)。  講演・シンポジウム・HEAJ委員会企画・一般…

富士フイルムメディカル/FUJIFILM MEDICAL SEMINAR 2017 エクセレントカンファレンス

 富士フイルムメディカルは、10月21日にデジタルマンモグラフィ読影セミナー「FUJIFILM MEDICAL SEMINAR 2017 エクセレントカンファレンス」を開催した。TKPガーデンシティPREMIUM神保町(東京・千代田区)と、ブリーゼプラザ(大阪・北区)をメイン会場とし、TV中継システム…

日立製作所/Hitachi Social Innovation Forum 2017 Tokyo

 日立グループの最大規模の恒例イベント「Hitachi Social Innovation Forum 2017 Tokyo」が、11月1日と2日の両日に東京国際フォーラム(千代田区)で開催された。  展示会場では、働き方改革を見える化の視点から具体的に紹介した「WORKSTYLE INNOVATION」、製造現場のノウハ…

第45回東京モーターショー2017/国内自動車メーカーが福祉車両の未来像を提案

 第45回東京モーターショー2017(主催:一般社団法人日本自動車工業会)は、10月27日~11月5日に東京ビッグサイト(江東区)で開催された。ショーテーマは、「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」。国内外の153社・団体が出展し、合計380台が展示された。  同イベントには、毎回市販車の…

NEC・医療法人社団KNI/AI活用による診療支援での協業開始

 NECと北原国際病院などを運営する医療法人社団KNIは、10月23日にAI(人工知能)を活用した診療支援に関して協業することをアーバンネット大手町ビル(東京・千代田区)で発表した。  KNIは、医療・社会改革の一環として医療分野へ高度なICTを活用する「デジタルホスピタルの実現」を推進しているが…

日本放射線腫瘍学会/プレスカンファレンス

 日本放射線腫瘍学会(JASTRO)は、11月17日~19日にナレッジキャピタルコングレコンベンションセンター(大阪市北区)で第30回学術大会を開催する。大会長は、手島昭樹氏(大阪国際がんセンター)。それに先立つ10月20日に同学会は、同大会の概要と学会活動を紹介するプレスカンファレンスをフクラシ…

シーメンスヘルスケア/SOMATOM Symposium 2017

 シーメンスヘルスケアは、8月26日にTKPガーデンシティ品川(東京・港区)で、「SOMATOM Symposium 2017」を開催した。  Session1は、今井 裕氏(東海大)が座長で、「CT Image Contest 2017 Japanese Edition」が行われた。審査委員である今井氏…

島津製作所/乳房専用PET装置新製品発表会

 島津製作所は、9月4日にストリングスホテル東京インターコンチネンタル(東京・港区)で乳房専用PET装置の新製品「Elmammo Avant Class」の発表会を行った。  「Elmammo」は、新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)による委託業務の成果をもとに2014年に製品化した乳房専用P…

フィリップス エレクトロニクス ジャパン/MRI新製品発表とMR先端技術講演会を開催

 フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、8月26日にコクヨホール(東京・港区)で「Philips MRI先端技術講演会2017」を開催した。同講演会は、「1.5テスラMRI新製品の運用および臨床応用」と「Compressed SENSEシンポジウム&パネルディスカッション」の2部構成で行われた。 …

TOPへ