重粒子線治療施設設立者協議会/国内5施設が連携して設立

 国内で稼働中の重粒子線がん治療施設を所有する5機関は、『全国重粒子線治療施設設立者協議会』を設立し、7月6日に発明会館(東京・港区)で設立記者会見を行った。
 所有5機関とは、①国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(治療施設:放射線医学総合研究所)、②兵庫県(同:県立粒子線医療センター)、③国立大学法人群馬大学(同:重粒子線医学研究センター)、④公益財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団(同:九州国際重粒子線がん医療センター)、⑤地方独立行政法人神奈川県立病院機構(同:県立がんセンター)。協議会会長には、①の平野俊夫理事長が就任した。
 平野氏は、協議会設立の背景と目的を「日本は本分野で世界をリードしているが、国家プロジェクトとして長期的計画の下、必要なリソースを集中的に配した結果だ。現在、大阪と山形にも建設計画がある一方、世界の医療機関も日本製装置の購入を検討中だ。重粒子線治療の社会での存在感が増すことにより、治療施設への各方面からの要請、期待レベルも高まり、医学的な助言や指導はもとより、施設建設に関する技術的支援や運営計画の立案など多岐にわたる。これらへの対応については、治療施設同士の一層の協力体制強化が必要だ。そこで、本協議会を設立し、今後の同治療の普及発展のために、施設の設立責任者が各々の意見を取りまとめて、現場だけでは難しい課題解決に寄与していくことを目的としている」と説明した。
 なお、記者会見には兵庫県立粒子線医療センター院長・沖本智昭氏、群馬大学学長・平塚浩士氏、佐賀国際重粒子線がん治療財団理事長・中川原 章氏、神奈川県立病院機構理事長・土屋了介氏が同席し、協議会への期待を述べた。
 なお同日、協議会設立を記念したシンポジウムも開催された。


その他の記事

日本画像医療システム工業会/活動報告会と定時社員総会を開催

 日本画像医療システム工業会(JIRA)は、6月7日に2018年度定時社員総会と第7回活動報告会を、KKRホテル東京(東京・千代田区)において開催した。  活動報告会は、小松研一会長の開会挨拶で始まり、17年度のJIRA事業活動基本方針に基づく重点活動の活動状況が関係部会・委員会から報告があった。  続…

日本医療機器学会/第93回日本医療機器学会大会

 一般社団法人日本医療機器学会は、5月31日~6月2日にパシフィコ横浜(横浜市)で、「第93回日本医療機器学会大会」を開催した。今大会のテーマは「医療技術、医療機器産業の明日を考える」。  初日は、4つのマネジメントセミナーが行われ、セミナー4は「進化」をテーマに4人の演者が講演。加見谷将人氏(神原病…

GEヘルスケア・ジャパン/膵臓がんの早期発見と超音波検査の可能性に関するセミナーを開催

 GEヘルスケア・ジャパンは、6月1日に膵臓がんの早期発見と超音波検査の可能性に関するセミナーを開催した。テーマは「超音波検査による膵臓がんの早期発見に向けて―ハイリスク患者の絞り込みと超音波診断装置がもたらすインパクト」。  まず同社のクリニカルケア・ソリューション本部長黒川貴史氏が、「超音波検査…

フィリップス・ジャパン/アクセラレータプログラムの事前説明会と記者発表会を開催

 フィリップス・ジャパンは、6月1日にヘルステック領域に特化したアクセラレータプログラム「Philips HealthWorks」の日本代表選考事前説明会および記者発表会を行った。  はじめに堤 浩幸同社社長が挨拶し、同プログラム開催の背景やヘルステックにAIを活用する取り組み「Adaptive intelligence」を解説。アクセラ…

インテュイティブサージカル/プレスセミナーを開催

 インテュイティブサージカルは、5月21日に東京トレーニングセンターでプレスセミナー「がん治療における最新医療の現状とは」を開催した。  冒頭、同社の滝沢一浩社長は、「3月末現在、世界では4,528台のダビンチが導入され、内579台がアジアにある。さらにその50%以上が日本にあり、米国に次ぐ実績だ。日本で…

日本医療福祉建築協会/医療福祉建築賞2017表彰式を開催

 一般社団法人日本医療福祉建築協会は、5月18日に建築会館ホール(東京・港区)で「医療福祉建築賞2017表彰式」を開催した。  同賞は、建築物作品としての視点だけではなく建物が実際に使用する職員や来場者(患者等)のニーズにマッチしているかを総合的に評価した上で受賞が決定される。今回は、2013年から2015年…

医療福祉クラウド協会/MeWCAシンポジウム2018を開催

 特定非営利活動法人医療福祉クラウド協会(MeWCA)は、5月17日に文京シビックホール(東京・文京区)でMeWCAシンポジウム2018を開催した。テーマは、「平成30年度における各省庁の医療・介護・健康分野における取り組み」と「医療情報とブロックチェーン」。  最初の挨拶でMeWCA理事長の御園愼一郎氏は、「インター…

JRC2018

 放射線医療関連の国内最大イベント「JRC2018」が、4月12~16日の4日間、横浜市・パシフィコ横浜で開催された。主催は一般社団法人日本ラジオロジー協会。JRC2018は、第77回日本医学放射線学会総会(JRS)、第74回日本放射線技術学会総会学術大会(JSRT)、第115回日本医学物理学会学…

Medtec Japan 2018

 医療機器の製造・設計に関するアジア最大級の展示会・セミナー「Medtec Japan 2018」が、4月18~20日に東京ビッグサイト(江東区)で開催された。本年は3ホールに12エリアを設定し、560社/団体が参加。3日間合計の来場者は3万1062人を記録した。  「医療ICT・在宅医療・IoTエ…

GEヘルスケア・ジャパン/2018年成長戦略発表会

 GEヘルスケア・ジャパンは、4月11日に日本GE(東京・港区)で、「2018年成長戦略発表会~これまでの成果と今後の成長に向けて~」を開催した。  同社代表取締役社長兼CEOの多田荘一郎氏は、「プラットフォームとパートナーシップによるイノベーション」と題し成長戦略を発表。日本の医療環境における課…

シーメンスヘルスケア/メディア説明会

 シーメンスヘルスケアは、4月5日に同本社(東京・品川区)で2018国際医用画像総合展(ITEM2018)に向けたメディア説明会を開催した。  冒頭で、同社代表取締役社長兼CEOの森 秀顕氏が、日本における取り組みについて説明。森氏は、「コストを抑えつつ、すぐれた医療サービスを提供し、製品やサービス…

バルコ/ITEM プレスカンファレンス

 バルコは、『JRC2018』の一環として4月13日から開催される「2018国際医用画像総合展(ITEM2018)」に先立ち、3月23日に同社の本社(東京・大田区)にてプレスミーティングが行われた。  プレスミーティングでは、製品の不具合発生時における対応を迅速化するサービスである「ワンウェイアフ…

GEヘルスケア・ジャパン/肝疾患関連セミナー

 GEヘルスケア・ジャパンは、3月5日にGEジャパン(東京・港区)で、肝疾患関連のセミナーを開催した。  テーマは、「肝疾患における最新トピックス―増加傾向にある非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)への非侵襲的アプローチ」。近年、前がん病変である肝硬変の成因で、ウイルス性・アルコール性以外のNASH…

がん対策推進企業アクション/統括セミナー

 がん対策推進企業アクションは、企業や団体とともに、がん受診率を50%以上に引き上げ、がんになっても働き続けられる社会を目指して活動を行う国のプロジェクトである。  2月28日に同アクションの統括セミナー「職域におけるがん対策のこれから」が、日本医師会大講堂(東京・文京区)で開かれた。  飯塚威文…

フィリップス・ジャパン/プレスセミナー

 フィリップス・ジャパンは、2月28日に同本社(東京・港区)にて、プレスセミナーを開催した。 <セミナー内容> ▽睡眠時無呼吸症候群の在宅医療を支えるクラウドソリューション(久保和也氏/フィリップス・レスピロニクス) ▽デジタル病理診断の展望とそのための準備(岡村秀樹氏/フィリップス・ジャパン) ▽特…

TOPへ