日本オミックス医療学会/春季講演会を開催

 日本オミックス医療学会は、3月21日、一橋大学・一橋講堂(東京・千代田区)にて、春季講演会、および同学会の理事長である田中 博氏(東京医科歯科大)の退官記念シンポジウムを開催した。開催テーマは「生命・医療情報学の発展へ向けて」。
 開会に先立ち、松原謙一氏(阪大)が挨拶を述べ、続いて春季講演会第1部「生命知を探求する」で、2名の演者が講演。まず合原一幸氏(東大生産技術研究所)が「複雑系数理モデル学の生命・医療情報学への応用」について述べた。
 数理モデル学の医療システムへの応用を研究対象とする同氏は、講演の中で「数理モデルに基づくテーラーメードな前立腺がん・内分泌療法」の研究成果を報告。「内分泌療法を行ったり止めたりする間欠療法において、適応患者や効果を発揮するサイクルを個別に予測・確定することが可能になってきた」と語った。その他、病気になる前に発病を予知するための新しいバイオマーカー、“動的ネットワークバイオマーカー”研究の現況と展望についても言及した。
 北野宏明氏(システム・バイオロジー研究機構)は、「システムバイオロジーの今後の展開」を演題に講演。現在手がけるプロジェクトとして、システムバイオロジーの知識やデータ、解析方法等の世界的な流通を主目的として構築した“ガルーダ・プラットホーム”の概要について述べた。同氏はこの統合システムを「バイオメディカル関連のソフトウェアやクリニカルデータベース、ウェアラブルデバイスなどを、世界の企業や研究所が連動的に活用できるようにするためのオープンプラットホーム」と定義づけ、今後の目標として「人工知能システムの取り込み」を掲げた。
 第2部「到来するゲノム医療」では、油谷浩幸氏(東大先端科学技術研究センター)が「ゲノム:個体から1細胞へ」をテーマに講演。同氏は日本でのゲノム解析技術と疾患解析の歩みを振り返った後、次世代がんプロジェクトの中で行われている研究成果の1つとして、悪性転化例のエクソン解析などグリオーマの研究を紹介。ゲノム研究の行方について、「今後ますます高次な解析が必要になってくるし、ゲノムを医療で実践するために、電子カルテとの連携などの体制づくりが今まさに必要とされている」と結んだ。
 続いて菅野純夫氏(東大大学院)が「次世代シークエンサーを用いた1細胞解析」について講演。同氏はシングルセルによるゲノム解析の研究内容や進捗状況等について、ヒト肺腺がん細胞株や薬剤耐久株ごとの比較などの事例を挙げて述べた。また、今後の課題としてビッグデータから必要な情報を抽出する労力の負担軽減を挙げ、「次世代の抽出ツールとして、インテリジェントな人工頭脳の実用化を切に望む」と語った。
 辻 省次氏(東大)は、「ゲノム医療実現への展望」について講演。同氏はゲノム医療実現において最重要視すべきは「医療への応用を考えた場合、疾患に対する治療効果が大きいこと」とし、実現に際して「臨床的有用性が確立されたゲノム要因の医療への実装を進めつつ、未解明のゲノム要因解明を進展させる研究を、いかに最適なバランスとタイムラインを組み立てて進めていくかが今、最も求められている」と述べた。
 また、臨床研究の報告としては、東大病院がミッションの1つに掲げる孤発性疾患の疾患関連遺伝子解明について、多系統萎縮症を例に挙げて報告。ゲノム医療の展望に関しては、「診断をゲノム解析により確定し、それに基づいて最適な治療を選択・提供できるようになることが望ましい流れだが、現状では診断が不確定なゲノム研究の必要性の方が大きいと考えている」と述べた。
 春季講演会に続き、田中 博氏が「生命知とより良き医療を求めて」と題した特別講演を行った。同氏は講演に先立ち、「今回は講演内容を私自身の生命観としたい」と述べ、「生命とは何か」という問いに複雑系生物学からアプローチした生命論について語った。
 田中氏は生命の普遍的形式として、Morowitzが唱えた「非平衡の流れは循環過程を起こす」という非平衡循環構造による代謝ネットワーク(円環)と、情報による秩序形成を挙げ、これらの概要について解説。その中で「生命はまず非平衡循環構造である」と指摘した上で、「エントロピーの格差が生む(熱力学的な)円環により、生物は宇宙で生存でき、進化もできるし、継続して存在できる。また、その円環は元に戻るのではなく、絶えず余剰を生み出す自己触媒反応(自己再生産ネットワーク)としても働く」と述べた。
 情報による秩序形成については、一定基準以上に複雑な構造のものは情報に基づかないと自己組織化ができないことを、ウィルスを例に挙げて説明。「タバコモザイクウィルスは分解しても自己集合化により元に戻るが、バクテリオファージは分解されると遺伝子がないと元に戻らない。その意味では、情報(による秩序形成)が生命を作っているといえる」と語った。
 生命とは何かの回答については、「1つが自己回帰システムである」と指摘。その理由について「(生命を司る)3つ(非平衡循環系の自己再生産ネットワークと膜区画自己再生産ネットワーク、情報マクロ分子ネットワーク)の自己回帰システムが共通であったため、1つのシステムに統合できた(細胞的生命ができた)」と語った。続いて「もう1つは、円環構造の中にある自己触媒反応。つまりは自分自身の単なる継続よりも多くを生産する能力であって、増大する余剰を情報(マクロ分子)ネットワークが適切に制御することで、生命が維持される」と指摘し、講演を終えた。
 最後に浅野茂隆氏(東大)が閉会の辞を述べ、同会は盛況のうちに終了した。
 なお、同日夜、帝国ホテルにおいて田中 博氏の退官記念祝賀会が、多数の参加者を迎え盛大に行われた。


その他の記事

量子科学技術研究開発機構/量子メス開発に関する研究成果と将来構想を紹介

 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(QST)は、7月9日、オンライン上で、次世代高性能がん治療装置「量子メス」の開発の進捗等を紹介する2021年度第1回QST記者懇談会を開催した。  はじめに、QST理事の野田耕司氏が「量子メス開発の現状と将来展望」と題して講演。旧放医研時代からの重粒子線治療開発に関する…

宿毛市&大井田病院/オンライン診療・服薬指導に関する医療実証事業を開始

 高知県幡多地域の宿毛市と特定医療法人長生会 大井田病院は、6月28日、医療実証事業に関する連携協定を締結。同日より12月28日までの半年間、オンライン診療・オンライン服薬指導および地域医療情報ネットワークを活用した「SUKUMOオンライン医療実証事業」を実施すると発表した。  宿毛市長の中平富宏氏は会見で「宿…

医療機器サイバーセキュリティ協議会/サイバー犯罪に対する演習をオンライン上で開催

 医療機器サイバーセキュリティ協議会は、5月19日、オンライン上で第6回医療機器サイバーセキュリティ協議会を開催した。  同協議会は、2019年9月に設立されたもので、医療機器ベンダー、セキュリティベンダー、医療機関、関係府省などから有志が参加。各分野、領域の専門家が、医療ITのセキュリティ向上のために…

日本IVR学会/第50回となる節目の大会を完全Web形式にて開催

 日本IVR学会は4月26日、第50回日本IVR学会総会(5月20~22日、Webにて開催)に先立ち、プレスセミナーをオンライン上で開催した。  司会は掛田伸吾氏(弘前大)が務め、まず日本IVR学会について同学会理事長の山門亨一郎氏(兵庫医科大)が説明。その後、山門氏は「IVRを用いた新たながん治療」を演題に講演し、IVRに…

JIRA/基本方針もITEMも“ニューノーマル”への対応に注力

 日本画像医療システム工業会(以下JIRA)は、4月16日、2021国際医用画像総合展(ITEM in JRC2021)初日に、同会場のパシフィコ横浜にて、毎年恒例の記者会見を行った。  JIRA会長の山本章雄氏は、冒頭、以下のように挨拶、方針を解説した。 「年頭所感記者会見でウィズコロナ・ポストコロナでのニューノーマルに向け…

シーメンスヘルスケア&伯鳳会グループ/救急災害医療用の新ソリューションを開発

 シーメンスヘルスケアと医療法人伯鳳会を中心とした伯鳳会グループは4月2日、両者が共同開発した新メディカル・モビリティ・ソリューションを同グループの東京曳舟病院に導入することを発表した。 両者は、2017年に高度な救急災害医療の提供を目的としたパートナーシップ契約を締結しており、今回、CTや検体検査装置、…

島津製作所/恒例の「レントゲン祭」第98回はオンラインで開催

 島津製作所はヴィルヘルム・レントゲン博士の功績を讃える恒例の「レントゲン祭」の第98回目を、博士の命日である2月10日に開催した。今回は、昨今のコロナ禍の影響を鑑み、初のオンラインによる開催となった。  冒頭、同社 医用機器事業部長の伊藤邦昌氏が挨拶に立ち、同社の最新トピックスを紹介。「世界的な新型コ…

JAHIS新春講演会/賀詞交歓会に代えて新春講演会をオンラインで開催

 保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)は1月20日、毎年恒例の賀詞交歓会を中止し、新春講演会としてオンラインで開催した。  はじめにJAHIS会長の瀧口登志夫氏が挨拶し、「新型コロナウイルスの流行で社会は大きく変化した。ヘルスケア・デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に向け、JAHISは標準化の推進…

JIRA/年頭所感発表会 ニューノーマル時代の新たな価値提供を目指す

 一般社団法人 日本画像医療システム工業会(JIRA)は1月7日、恒例のJIRA山本章雄会長(日立製作所)による年頭所感発表会を開催した。同発表会は、新型コロナウイルス感染症の流行に配慮し、オンラインでの開催となった。  山本氏は冒頭、2020年を振り返って「医療関係者を筆頭に新たな感染症に立ち向かった1年であっ…

キヤノンメディカルシステムズ/画論 28th The Best Image 年末恒例の画像コンテストをオンラインで開催

 キヤノンメディカルシステムズは、2020年12月20日、「画論28th The Best Image」を開催した。同イベントは、同社製CT、MRI、超音波の3画像診断装置による画像の品質に加え、被検者へのメリット、撮影・画像処理技術の工夫、臨床的価値や創意工夫等を総合的に判断するコンテストで、今年で28回目。今回は、新型コロナウイ…

エム・シー・ヘルスケア/コロナ禍の現況から今後の医療の在り方を問う

 エム・シー・ヘルスケアは、11月11日、本社(東京・港区)にて、鈴木康裕氏(厚生労働省顧問、初代医務技監)によるオンライン講演会を開催した。 同社は2000年より、講演会とディスカッション、及びワークショップを中心に病院戦略や医療の行方を考察する「病院の経営を考える会」を年1回、開催してきた。各回ごとに…

第49回日本医療福祉設備学会/HOSPEX Japan2020

第49回日本医療福祉設備学会は、11月11~12日の2日間、初となるWeb開催となった。 開会式で学会長の佐々木久美子氏(医療法人社団 直和会・社会医療法人社団 正志会 本部 看護部業務担当部長/HEAJ理事)が挨拶し、「新型コロナウイルス感染症の流行下、医療福祉の領域でもまさに命がけの対応を迫られている。学会開催…

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO/「日立」が目指す“社会イノベーション”のビジョン示す

 11月4日~6日の3日間、Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYOがオンライン形式で開催された。同イベントは、日立グループ最大規模のイベントとして毎年行われているもので、社会変化をリードするビジョンと具体的な取り組みを、講演、ビジネスセッション、セミナー、オンデマンドムービーなどを通して、幅広く…

第48回日本Mテクノロジー学会/コロナ禍での対策とHL7 FHIRの活用法を学ぶ

 第48回日本Mテクノロジー学会(MTA)が10月23日、オンライン形式で開催された。同学会はM言語等の普及を目指す学会。今回の大会長は本多正幸氏(長崎大名誉教授)、プログラム委員長は鳥飼幸太氏(群馬大)、実行委員長は鈴木隆弘氏(千葉大)が務めた。大会テーマは、「AI時代におけるパラダイムシフトへの対応-脱コロ…

TOPへ