シーメンス/SOMATOM Symposium 2018 Dual Energy CT他、最新の臨床応用例を紹介

 シーメンスヘルスケアは8月25日、TKPガーデンシティ品川(東京・港区)で、同社のCTに関する毎夏恒例のイベントである「SOMATOM Symposium 2018」を開催。同シンポは、総合司会の今井 裕氏(東海大)の開会の辞から始まった。SessionⅠ「Innovative Trends in CT」は、同氏が座長を務め、Paul Jamous氏(Siemens Healthineers)が登壇、「Artifical Intelligence~Current Status and Future Perspective」と題して、CTにおける人工知能活用の可能性を述べた。
 続くSessionⅡ「Maximize the Synergy of CT-related Systems」では、東原大樹氏(大阪大大学院)が「Precise Intervention with latest IVR-CT system」を演題に、2018年3月に更新した最新IVR-CTの臨床の優位性について「種々のアプリが使用可能となり、高難度穿刺手技も高精度で遂行できる」と述べた。
 続いて岩井俊憲氏(横浜市立大)が「New 3D Mapping of Sentinel Lymph Node in Oral Cancer」と題し、口腔がんにおけるセンチネルリンパ節(SLN)の3D画像マッピングについて語った。同氏は直近の研究として「早期口腔がんにおける新しいSLN同定法の確立」を挙げ、その同定目的の3D-CTLの撮影タイミングの研究結果を報告。「2分、5分の撮影でSLNが100%描出できたことから、同タイミングが3D-CTLに最適と思われる」と述べた。
 加茂前 健氏(名大)は、「New Dedicated CT System for Radiotherapy Treatment Planning」を演題に、治療計画用CTにおける最新技術の有用性について講演。同氏はSOMATOM Confidence RT Proの最新ソフトウェア「iMAR」および「DirectDensity」の使用経験について報告。「iMARは金属アーチファクトの除去、DirectDensityはDual Energy等の管電圧最適化に有用であり、治療計画においても医用画像の進歩の恩恵が感じられる」と語った。
 SessonⅢ「Robust performance of Dual Source CT for Cardiac Imaging」では、後藤義崇氏(三重大)が「Comprehensive Cardiac study for Appropriate PCI」と題し、適切なPCI実施への取り組みとして、Dynamic Perfusion CT、遅延造影CT、cine CTの活用事例を紹介し、包括的な心臓CT検査の利点として「On-siteで診断できること、梗塞を含めて包括的に診断できること」などを挙げた。続いて、井口信雄氏(榊原記念病院)が「Pre Operative Precise information for Structural Heart Disease」について講演。同氏は大動脈弁閉鎖不全症(AR)、閉塞性肥大型心筋症(HOCM)、僧帽弁閉鎖不全症(MR)診断でのCT活用について「例えばMRは、視覚的評価として機序の解明においても有用である」と語った。
 SessionⅣ「New performance of Dual Energy CT for Precision Medicine」では、後閑武彦氏(昭和大)が「Highlighting Dual Energy CT in Abdominal Emergency」と題し、救急症例を中心にDual Energy CTの活用を報告。仮想単純画像、ヨードマップ画像、仮想単色X線画像の症例等を紹介し、「Dual Energy CTのイメージングは、腹部救急のCTにおいて補助診断として役立つと考えられる」と述べた。朝比奈昭彦氏(東京慈恵会医大)は、「Promising Approach for Managing Psoriatic Arthritis」を演題に、乾癬性関節炎診断におけるDual Energy CTの有用性について解説。「Dual Energy CTのヨードマップ画像は、空間分解能と濃度分解能に優れ、末梢関節炎において関節周囲の炎症描出に優位」とした。
 最後のSessionⅤ「Technological Innovations of SOMATOM CT」では、CT新技術開発等について、伊藤俊英氏(シーメンスヘルスケア)が「Embarkig on A New Era of Computed Tomography-Spectral-shaping, Quantification, and Counting」と題して講演した。


その他の記事

島津製作所/恒例のレントゲン祭─リアル開催(2024.2.20)

 島津製作所は、毎年ヴィルヘルム・レントゲン博士の命日に博士の功績を称え遺徳を偲ぶ「レントゲン祭」と記念講演会を、2月9日、本社(京都・中京区)にて開催した。今回は101回目で、4年振りのリアル開催となる。  冒頭、医用機器事業部長の園木清人氏は式辞を述べた後、同社の最新トピックスを紹介。「高齢化、QOL向…

保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)/恒例の新春講演会&賀詞交換会を4年振りに対面で開催(2024.2.20)

 保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)は、1月23日、年初恒例のJAHIS新春講演会および賀詞交換会をイイノホール&カンファレンスセンター(東京・千代田区)で、対面方式での開催を4年振りに行った。  第1部となる講演会では、JAHIS総務会長の下山赤城氏の挨拶の後、同運営会議議長の大原通宏氏が「2024年の年頭に…

メドレーとグロービス・キャピタル・パートナーズ/「なぜいま医療DXが必要なのか?~医療DXの現在地とこれから~」セミナーレポート(2024.2.20)

 メドレーとグロービス・キャピタル・パートナーズは、1月18日、メドレー本社(東京・港区)にて、メディア向けセミナー「なぜいま医療DXが必要なのか?~医療DXの現在地とこれから~」を開催した。  同セミナーには両社から1名ずつが登壇。最初に、グロービス・キャピタル・パートナーズの福島智史氏が「医療DXを取り…

日本放射線腫瘍学会第36回学術大会レポート(2023.12.15)

■JASTR02023─展示会場にも多くの関係者が集う  11月30~12月2日、日本放射線腫瘍学会(パシフィコ横浜ノース)に合わせ、展示会も開催され、多くの関係者を集めた。以下に、小誌が注目する企業を紹介する。  ビードットメディカルでは陽子線治療装置の模擬装置が展示された。同社の古川氏によれば、「数年後の実用化」…

第43回医療情報学連合大会レポート(2023.12.15)

■テーマは「医療情報の安全な流通と活用」―時代を反映した講演が人気博す  第43回医療情報学連合大会(第24回日本医療情報学会学術大会)が2023年11月22~25日、神戸ファッションマート(神戸市東灘区)で開催された。大会長は松村泰志氏(大阪医療センター)。同大会は、現地開催に加えオンライン配信を含むハイブリ…

キヤノン・キヤノンマーケティングジャパン/キヤノンEXPOを8年ぶりに開催

 キヤノンとキヤノンマーケティングジャパンは、「Canon EXPO 2023」を、10月17~20日、東京と横浜で開催した。「Canon EXPO」は、2000年に開始し5年ごとに開催されてきたイベントであるが、2020年はコロナ禍の影響で中止になったことから、今回が5回目になる。キヤノングループの新製品群や先進技術、ソリューションをビ…

キヤノンメディカルシステムズ/スポーツ医療の最前線と可能性─現場からの証言

 キヤノンメディカルシステムズは、ラグビーワールドカップ2023に合わせ、9月10日、KABUTO ONE(東京・中央区)にて、「Global Sports Medicine Forum2023」を開催した。「スポーツ医療の最前線」をテーマとし、スポーツ医療関係者約100名が参加した(Webでも同数が参加)。  冒頭、瀧口登志夫社長が登壇しつぎのように…

国際モダンホスピタルショウ2023/医療情報システムを中心に昨年を上回る来場者を迎え、盛況裡に終了

 医療・介護・福祉関連製品を展示した国内最大のイベント「国際モダンホスピタルショウ2023(主催:一般社団法人日本病院会/一般社団法人日本経営協会)」が、7月12日から14日までの3日間、東京・有明のビッグサイトで開催された。また、7月31日まで、オンラインでの展示も併せて行わる。  新型コロナウイルス感染症が…

富士フイルム/グループ全体のDX推進指針と具体的事例を紹介

 富士フイルムは7月6日、本社(東京・港区)でDXに関する報道向け説明会を開催した。同説明会では、富士フイルムホールディングス執行役員CDO ICT戦略部長の杉本征剛氏と、富士フイルム執行役員 メディカルシステム開発センター長で富士フイルムホールディングスICT戦略部次長の鍋田敏之氏が登壇し、富士フイルムグルー…

第3回 アジア・グローバルヘルス・サミット/各国要人や企業経営者らが ヘルスケアの未来について 最新の動向や共通の課題を 包括・多角的に討議重ねる

  第3回アジア・グローバルヘルス・サミット(以下、ASGH)は5月17日~18日、香港特別行政区政府及び香港発展貿易局の共催にて、香港コンベンション&エキシビジョンセンターのホール3FGで行われた。現地開催(18日はオンライン開催)の17日には、三井物産と塩野義製薬の代表取締役会長が登壇した。そのセッショ…

キヤノンメディカルシステムズ/アンギオのショールームと製品安全試験センターを公開

 キヤノンメディカルシステムズは5月16日、本社(栃木県大田原市)で、今年4月に本社敷地内に完成した製品安全試験センターと、5月にオープンしたアンギオグラフィ・ショールームをメディアに公開した。  製品安全試験センターは、これまで外部に委託していた同社製品の安全規格に関する試験を社内で実施できるようにし…

インターシステムズジャパン/先進のデータ活用・分析の動向を専門家がセミナー開催

インターシステムズジャパンは、4月20日、「第4回 InterSystems 医療×IT セミナー ソリューション開発編Ⅲ」をオンライン上で開催した。同セミナーは医療ソリューション・プロバイダーに向けに3回シリーズで行なっているもので、最終回となる今回のセミナーでは、データの活用・分析の動向や、データプラットフォームのアー…

JIRA /恒例の活動方針報告─時宜得た各種対応策示す

 日本画像医療システム工業会(以下JIRA)は、4月14日、2023国際医用画像総合展(ITEM in JRC2023)会場のパシフィコ横浜(西区)にて、毎年恒例の活動基本方針に関する記者会見を行った。  JIRAは、2023年度における活動基本方針に以下の3重要課題を挙げている。①技術の進展や医療現場のニーズを踏まえた将来の医療現…

バイエル薬品 /画像診断におけるAI活用の最新動向と新製品を紹介

 バイエル薬品は4月10日、プレスセミナー「医療用画像診断におけるAI活用の最新動向と未来」をオンライン上で開催した。  セミナーでは、基調講演として村上卓道氏(神戸大学 放射線診断学教授)が「画像診断におけるAIの役割」と題した講演を行った。  村上氏は、まず、画像診断機器の技術的進歩に触れ、CTによる多…

富士フイルム /グループシナジー創出とIT・AI技術の活用を加速する

 富士フイルムは、4月5日、同社のメディカル事業における新製品発表会を本社(東京・港区)において行った。新製品の発表、紹介に先んじて、富士フイルム執行役員メディカルシステム事業部長兼富士フイルムヘルスケア代表取締役会長の秋山雅孝氏が「メディカルシステム事業の取り組みについて」をテーマに、まずメディカ…

TOPへ