HOSPEX Japan 2016・第45回日本医療福祉設備学会

 病院/福祉機器に関する展示会「HOSPEX Japan 2016」は、例年より1ヵ月早い10月26~28日の3日間、東京ビッグサイト(東京・江東区)で開催された。会場は、西1・2ホールおよびアトリウムと雰囲気を変えて開かれた。主催は、日本医療福祉設備協会と日本能率協会で、3日間を通じての来場者は2万593人と盛況だった。350社/700ブースの展示や講演会、「医業経営」「医療機器安全管理」「病院・福祉給食」「医療・福祉機器開発テクノロジー」「看護」などに分かれたセミナーを開催し、今の医療・看護・介護・福祉が直面する問題の提起とその解決策に迫った。
 第45回日本医療福祉設備学会は、26、27日の両日、東京ビッグサイト会議棟で、「いざという時、頼りになるホスピタルエンジニアリング」をテーマに開催された。学会長は加藤信介氏(東大生産技術研究所教授)。講演・シンポジウム・一般演題は、「感染対策」「手術室環境」「医療ロボットによるリハビリ」「災害対策」「空調設計」「無線LAN利用」など、各種医療・福祉環境をいかに支えるかを問うた内容が多かった。

<HOSPEX特別講演会>
 千先康二氏(自衛隊中央病院院長)は、27日に「医療機関におけるBCP-大規模災害・特殊災害時に医療機能を継続させるために」について講演した。①BCP概論、②医療機関こそBCP構築を、③自衛隊中央病院の取り組み、④今後の課題-特殊災害時等への取り組みなどをメインに進められた。同氏は、「BCP策定については、医療機関が最も遅れている」とし、大規模災害の医療への影響として「医療機関自体が被災し、機能できないこと」「備蓄が不十分であり、病床稼働率が高く、被災者受け入れの余裕がない」ことを挙げた。また事業継続取り組みの流れとして、経営環境の変化などに応じた発展的改善が必要だとし、「BCPに完成はなく、PDCAサイクルの継続が危機管理の本質である」と述べ、想定外を想定することの大切さを強調した。

<HOSPEXセミナー>
 初日の26日に行われた医業経営セミナーでは、日本医療福祉建築協会共催シンポジウム「病院経営と病院建築」を開催。演者は、星 北斗氏(星総合病院理事長)と河口 豊氏(元日本医療福祉建築協会会長)。星総合病院は、被災地の福島県郡山市に2015年に新病院を建築。星氏は、新病院の特徴を紹介した後、「370席のコンサートホールや鉄板焼きのできる厨房等やりたい放題やったが、これも新病院での新たな医療の提供や事業実現のために必要な建築だった」と述べた。河口氏は、「医療崩壊が問題視されるが、建築は医療を再生することはできないが、建築抜きには再生はあり得ない。建築が医療に果たせる役割は、テクニカル的には施設制約型医療の解消、ノンテクニカル的には提供側医療から患者参加型医療への転換だ」と訴えた。

第45回日本医療福祉設備学会

<学会講演>
 講演1「手術室環境におけるわが国の独創的な取り組みについて」では、4名の演者が登壇し、河尻浩司氏(エア・ウォーター防災)は、「手術室内装システムの有用性」について講演した。同氏は、①手術室内装に求められる要件、②最近の手術室の変化とトレンド、③海外の事例紹介について解説。その中で日本の手術室内装の独自性について、「パネル工法を突き詰めたところにあると考える。手術室の今後30年の見通しは困難であるが、同工法により医療ガスや電気の増設に簡単に対応できることが、他国にはない将来対応への優位性」と指摘した。

<学会長講演>
 学会初日の26日、開会式に引き続いて学会長講演が行われ、加藤信介氏(東大生産技術研究所教授/日本医療福祉設備協会理事)が、「いざという時、頼りになるホスピタルエンジニアリング-感染対策としての紫外線殺菌の活用」と題して講演した。加藤氏は、まず紫外線照射による殺菌技術の概要を紹介し、現在主流となっているUVGI(Ultraviolet Germicidal Irradiation)技術について説明した。さらに、欧米でよく用いられているUR-UVGIとID-UVGIの違いを解説。従来、空気殺菌には向いていないとされたID-UVGIについて、三井記念病院に導入された事例を使って説明し、近年のUVGI技術の進歩を検証した。

<学会セッション>
 EMC・HEAJ共催セッションは、「医療機関において安心・安全に電波を利用するための手引き」をメインテーマに、3名が講演した。篠澤康夫氏(総務省)は、「総務省における安心・安全な電波利用の推進に向けた取り組み」の中で、医療機関での携帯電話利用の推進と電波利用の推進について、電波環境協議会の示した指針・手引きに基づいた同省の取り組みを示した。村木能也氏(東海大)は、「医用テレメータを取り巻く電磁ノイズと対策」について講演し、院内で用いる無線LANアクセスポイントやLED照明器具、ナースコールI/Oユニットなどの機器に対して、医用テレメータに障害を与えないより低いノイズ限度値の公的規格の制定が必要だとした。花田英輔氏(佐賀大)は、「医療における無線LAN利用の問題点と対策」を講演し、「医療現場への無線LAN導入が進行中だが、情報の電子化との並行的進行が必須であり、安全な無線通信の利用は、医療の効率と安全を高める」と述べた。

<学会シンポジウム>
 26日には、シンポジウム3「革新的医療機器等の創出―医療ロボットの活用による次世代リハビリテーション」が行われた。ロボットスーツHALの開発者の山海嘉之氏(筑波大/CYBERDYNE)は、「革新的サイバニックシステム最前線」を講演。サイバニック治療の原理やHALの使用効果、開発した製品が保険適用される重要性等を語った。浅見豊子氏(佐賀大)は、「ロボットリハビリテーションの実際」を講演。佐賀大病院のロボットリハ外来で、9種のロボットを使用しているリハビリテーションを紹介。ロボットリハで機能を改善することにより生活の場面も広がると、その効果を語った。


その他の記事

JIRA/年頭所感発表会 ニューノーマル時代の新たな価値提供を目指す

 一般社団法人 日本画像医療システム工業会(JIRA)は1月7日、恒例のJIRA山本章雄会長(日立製作所)による年頭所感発表会を開催した。同発表会は、新型コロナウイルス感染症の流行に配慮し、オンラインでの開催となった。  山本氏は冒頭、2020年を振り返って「医療関係者を筆頭に新たな感染症に立ち向かった1年であっ…

キヤノンメディカルシステムズ/画論 28th The Best Image 年末恒例の画像コンテストをオンラインで開催

 キヤノンメディカルシステムズは、2020年12月20日、「画論28th The Best Image」を開催した。同イベントは、同社製CT、MRI、超音波の3画像診断装置による画像の品質に加え、被検者へのメリット、撮影・画像処理技術の工夫、臨床的価値や創意工夫等を総合的に判断するコンテストで、今年で28回目。今回は、新型コロナウイ…

エム・シー・ヘルスケア/コロナ禍の現況から今後の医療の在り方を問う

 エム・シー・ヘルスケアは、11月11日、本社(東京・港区)にて、鈴木康裕氏(厚生労働省顧問、初代医務技監)によるオンライン講演会を開催した。 同社は2000年より、講演会とディスカッション、及びワークショップを中心に病院戦略や医療の行方を考察する「病院の経営を考える会」を年1回、開催してきた。各回ごとに…

第49回日本医療福祉設備学会/HOSPEX Japan2020

第49回日本医療福祉設備学会は、11月11~12日の2日間、初となるWeb開催となった。 開会式で学会長の佐々木久美子氏(医療法人社団 直和会・社会医療法人社団 正志会 本部 看護部業務担当部長/HEAJ理事)が挨拶し、「新型コロナウイルス感染症の流行下、医療福祉の領域でもまさに命がけの対応を迫られている。学会開催…

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO/「日立」が目指す“社会イノベーション”のビジョン示す

 11月4日~6日の3日間、Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYOがオンライン形式で開催された。同イベントは、日立グループ最大規模のイベントとして毎年行われているもので、社会変化をリードするビジョンと具体的な取り組みを、講演、ビジネスセッション、セミナー、オンデマンドムービーなどを通して、幅広く…

第48回日本Mテクノロジー学会/コロナ禍での対策とHL7 FHIRの活用法を学ぶ

 第48回日本Mテクノロジー学会(MTA)が10月23日、オンライン形式で開催された。同学会はM言語等の普及を目指す学会。今回の大会長は本多正幸氏(長崎大名誉教授)、プログラム委員長は鳥飼幸太氏(群馬大)、実行委員長は鈴木隆弘氏(千葉大)が務めた。大会テーマは、「AI時代におけるパラダイムシフトへの対応-脱コロ…

キヤノンメディカルシステムズ/超高精細・高精度なCT・MRIの最新画像診断技術を紹介

 キヤノンメディカルシステムズは、2月9日、JPタワーホール&カンファレンス(東京・千代田区)において、「Advanced Imaging Seminar 2019」を開催した。なお、同大会の様子は、メイン会場となる東京会場のほか、札幌、仙台、大阪の全国3カ所のサテライト会場でも配信された。  開会挨拶で、瀧口登志夫氏(同社代表取…

島津製作所/96回目の恒例レントゲン祭。博士の功績を顕彰

 島津製作所は、2月8日、本社・三条工場(京都市中京区)にて、第96回レントゲン祭を開催した。同祭は、ヴィルヘルム・レントゲン博士を偲び、またその功績を顕彰するために、他界した翌年の1924年から博士の命日(の前後含め)に毎年催されてきており、併せて記念講演会を行っている。  同祭では、伊藤邦昌常務執行役…

NEC/病院経営戦略セミナー2019

 NECは、1月25日、関西支社(大阪市中央区)にて「NEC病院経営戦略セミナー2019」を開催した。 同セミナーでは、松尾 茂氏(同社医療ソリューション事業部長)の挨拶に続き、副島秀久氏(済生会熊本病院)が「病院経営に必要な4つのガバナンス」と題して講演した。  副島氏はガバナンスの重要要素として「人事・財…

フィリップス Coffee Talk/ヘルステック”視点から医療の未来を考える集いスタート

 フィリップス・ジャパンは1月23日、本社(東京・港区)にて報道関係者を集めたイベント「Philips Coffee talk」を開催した。 同イベントは「2025年ヘルステック未来予想図を考える」をテーマとして、様々な切り口からヘルステック(ヘルスケア×テクノロジー)についての理解を深めていくことを目的に実施するもので、今…

JAHIS講演会&賀詞交換会/18年の活動成果を報告し、今年度の取り組みを紹介

保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)は1月16日、イイノホール&カンファレンスセンター(東京・千代田区)で、講演会と賀詞交換会を開催した。 講演会では、JAHISの高橋弘明運営会議議長が「2019年の年頭にあたって」と題した講演を行った。高橋氏は講演で、2018年の活動を振り返り、同年のトピックスとして次世代医…

JIRA会長年頭所感発表会/AIへの注力及び“ビジョン2025”策定を訴える

 日本画像医療システム工業会(JIRA)は、1月9日、KKRホテル東京(千代田区)にて、JIRA会長年頭所感発表会を開催した。 新延晶雄会長は、画像医療システム産業が、今後取り組むべきテーマをつぎのように述べた。 「10年ほど前からは医療ICT推進を重点化してきたが、今、大きな期待が寄せるのはAIだ。工業会として諸…

キヤノン 画論 26th The Best Image/更にレベル向上?年末恒例の医用画像コンテスト

 キヤノンメディカルシステムズは2018年12月16日、東京国際フォーラム(千代田区)で「画論 26th The Best Image」を開催した。同イベントは、同社製CT、MRI、超音波の3画像診断装置による画像の品質に加え、被験者へのメリット、撮影・処理技術の工夫等、臨床的価値 を総合的に判断するコンテストであり、今回26回目を…

超高精細CT研究会/臨床における有用性や新技術の効果について報告

 第2回超高精細CT研究会(主催:超高精細CT研究会、共催:キヤノンメディカルシステムズ)が、12月22日、国立がん研究センター・新研究棟1F大会議室(東京・中央区)にて行われた。 同会は、キヤノンメディカルシステムズの超高精細CT「Aquilion Precision」の技術・撮影・診断研究を通じて、CT撮影に関わる技術者の情…

TOPへ