国際モダンホスピタルショウ2016

 医療・介護・福祉関連製品を展示したイベント「国際モダンホスピタルショウ2016」が、東京・有明の東京ビッグサイトにて、7月13~15日の3日間開催された。来場者は8万942名、出展社は336社を数えた。
 会場内は、5つのゾーンに分けられ展示が行われ、展示社数および展示面積ともに最大だった「医療情報システムゾーン」は、地域医療や多職種連携を支える医療情報ネットワーク製品の充実が伺えた。中でも、地域連携や院内での医療連携支援のクラウド型システムやネットワークシステムなど、IT関連の新製品展示は、多くの来場者の注目を集めていた。
<オープニングセッション>
 7月13日には、オープニングセッションが行われ、日本病院会会長の堺 常雄氏が「待ったなしの医療・介護提供体制改革」をテーマに講演した。堺氏は、初めに我が国の医療提供体制の課題を挙げ、日本の医療が目指す姿と今後の課題を述べた。最後に「医療・介護提供体制が大きな変革の時を迎えている今、求められているのは課題の明確化と『新たな価値創造』である。中でも地域の関わりが重要になってきており、利用者ニーズにいかに応えるかが大きな課題と思われる」と締めくくった。
<病院経営フォーラム>
 山本隆一氏(医療情報システム開発センター理事長)が、「マイナンバーの基盤を活用した医療等IDと個人情報保護」について講演した。マイナンバー制度導入のロードマップや利用範囲、番号制度における情報関連の概要を述べた後、「医療介護情報への展開」として医療等IDのあり方、厚労省での検討体制について解説した。その上で、残る検討事項として申請方法や他情報との紐付けの仕方、本人同意の取得方法、情報アクセスの手段、法的な位置付けなどをあげた。さらに、レセプト情報・特定健診情報等データベース(NDB)収集経路や利活用、個人情報保護法制とのかかわりや課題についても言及。また個人情報保護強化のための規定整備や問題点などを具体的に示し、「改正個人情報保護法制の運用の難しさや医療等IDの導入、遺伝情報のフェア・ユースを促進するためには、医療健康情報利活用促進法として法整備が必要ではないか」と締めくくった。
<ITフォーラム>
 ①「医療における人工知能の活用について」、②「ICTとクラウドで進化する地域包括ケア」、③「仮想化基盤・IoT活用による地域医療システムの未来」と題し、先進の医療IT技術が紹介された。このうち、③「仮想化基盤・IoT活用による地域医療システムの未来」では山下芳範氏(福井大病院)が、「仮想化技術とIoT技術の医療情報システムでの活用と展望」と題して講演。「IoTは情報を集める技術。スマートデバイスとともに活用することで、本当の意味での“ユビキタスホスピタル”が実現できる」と述べるとともに、仮想化技術の重要性を解説。同大病院で実施している仮想技術とIoT技術の運用事例を紹介し、今後の医療におけるクラウド技術やIoT技術の役割について持論を展開した。
 中後 淳氏(亀田メディカルセンター)は、「亀田総合病院のICT改革の取り組みとAoLani(アオラニ)プロジェクト」と題して講演。亀田メディカルセンターの概要と医療ITに関するこれまでの取り組みを紹介した後、現在、同センターが開発・導入を進めている亀田グループの新診療支援システム「AoLani」および同システムを用いたクラウドネットワークについて解説した。
<出展社プレゼンテーションセミナー>
 東芝メディカルシステムズによるセミナー「大学グループ病院を統合した次世代画像ネットワークシステムの取り組み」では、小林泰之氏(聖マリアンナ医科大)がグループ内画像連携システムの概要と現況などについて説明。同氏は次世代に求められる画像システムの要件として、「画像データから得られる情報全てを、迅速かつ適切に臨床医へ届け、データベース化して効率的に利用可能とし、患者のマネージメントに役立てられるシステム」を挙げた。その概念に立ちシステムを統合し、4病院1クリニック間で全く同じ読影環境および画像の統合管理体制を構築したと報告。また、システムを活用してベンダーと共同開発する臨床解析アプリケーションに関しても言及し、その事例として大動脈計測径アプリおよび腫瘍ボリューム計測アプリの概要を述べた。さらに同氏は、「施設間やベンダー等と強力に連携した次世代画像情報システムを構築できたので、これからは病院内の異なる部門システムの連携、他施設との異なるPACSやRISとの広範な地域連携など、VNAを実現していくことになる」と今後の展望を語った。
 インターシステムズジャパンによるセミナー「長崎県五島市における調剤情報共有システムのご紹介」では、菅原正典氏(五島薬剤師会会長)が、長崎県五島市で開始した医療関係者による調剤情報共有システム構築の経緯とその取り組みについて紹介した。高齢化率35%以上という離島医療が抱える課題について、「大きなコスト負担を伴わずに医療介護連携ネットワークと、高齢者の見守りシステムを構築することが重要であり、地理的要因からICTの利用が不可欠」と自説を強調。情報共有システムでは、データの二次利用を推進するために同社のデータベースを活用し、後発医薬品の利用推移を解析するなどの成果を上げていると説明した。今後は長崎県の医療情報共有システム「あじさいネット」とつなげることで、市内の医療施設との連携強化と市外の医療施設とのネットワーク構築を図りたいと述べた。
 日本医師会ORCA管理機構によるセミナーでは、日本医師会常務理事の石川広己氏が「日本医師会のICT戦略について」をテーマに講演。医療・介護情報連携と医療情報ICT化の共通基盤の構築、医療・介護分野のビッグデータ構築と利活用、ORCA事業の継続-日本医師会ORCA管理機構の創設、広範な医療・介護分野におけるクローズドネットワークの形成を紹介。「医療・介護連携の必要性が高まっており、SNSの利用が進んでいる。しかし、データ漏えいを防ぐためには専用のクローズドネットワークが必要であり、日本医師会はその提供を目指している」と語った。
 アライドテレシスのセミナーでは、山下芳範氏(福井大病院)が「医療におけるクラウド・IoTの活用と新しいセキュリティ対策」について講演した。同氏は、最初に医療情報システムにおける仮想化・クラウドおよびIoTの活用現況やこれからの展望について解説。「通信機器対応の医療機器の増加等の理由から、ネットワーク環境の改善が不可欠となる。その対策の1つとしては、仮想機能の活用・統合ネットワークの実現が挙げられる」と述べた。また、IoTによる多くの機器・センサーやBYOD等の接続を鑑みた上でのセキュリティ対策として、エンドポイント端末およびネットワーク監視の必要性を強調。その上で、ネットワークにおいては「認証VLANによる統合ネットワークやSDNの活用による運用コストの低減に対する意識が、これからの院内LAN構築に求められる」と指摘。最後に「仮想化やSDN等の新しいネットワーク技術を活用することで、病院情報システムの運用やセキュリティ管理が容易になる」と結んだ。
 Skyによるセミナー「PCのメンテナンス、お困りではないですか?~病院内のPC管理を実現する方法~」では、佐々木邦義氏(日本海総合病院)が講演。佐々木氏は、同氏がシステム管理を担当する同院および酒田医療センターの診療の現況と、病院情報システムに関するハードウェア・ソフトウェア管理の現状および問題点を説明。IT資産の管理・運用と情報漏えいなどの医療ITに関するリスク低減のために、IT資産管理ソフトが必要であることを強調。外部記憶媒体の制御や操作ミスなどによるトラブルの解決など、クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」導入によって、これらの問題点が改善した実績を、具体例を交えながら解説した。
<セミナーステージ>
 PSPは、「医用画像システムのPSPが提案する地域包括ケアと院外情報共有」と題し、プレゼンテーションセミナーを行った。①夜間・休日などの緊急時に画像参照を可能にする仕組み、②施設間で診療や検査のオンライン予約が行え、情報共有ができる地域医療連携システム、③往診時などにモバイル端末を活用した情報共有ツール、の同社ならではの画像を通じた地域包括ケアへの取り組みを3点紹介し、今後は、検査データを地域の共有サーバで共有することなどで、地域包括ケアに貢献していきたいと同社の担当者が述べた。
 トレンドマイクロのセミナーステージでは、山下芳範氏(福井大病院)が「セキュリティと利便性を両立する仮想化と監視の活用について」を演題に講演。同氏は医療情報システムのセキュリティになぜ仮想化が有効なのか、システム構成等を具体的に示して説明。その上で、「セキュリティは仮想化だけでは100%固められないことを知り、仮想化以外のリスクの存在も認識することが重要」と述べた。


その他の記事

日本IVR学会/6月開催の第51回日本IVR学会学術総会の見どころを…

  日本インターベンショナルラジオロジー(IVR)学会は、6月4日(土)~ 6日(月)に開催される第51回日本IVR学会学術総会について、5月10日、オンラインによるプレスセミナーを開催した。司会は、同学会広報・障害委員会委員長の掛田伸吾氏(弘前大)が務めた。  はじめに、同学術総会会長で日本IVR学会理事長を務め…

GEヘルスケア・ジャパン/創立40周年を迎え、プレシジョンヘル…

 GEヘルスケア・ジャパンは4月21日、AP日本橋(東京・中央区)にて、2022年成長戦略記者発表会を開催した。  スピーチ1では、同社代表取締役社長兼CEOの多田壮一郎氏が「デジタル・トランスフォーメーションで実現する新たなヒト中心の医療」と題して講演。多田氏は「新型コロナウイルス感染症の拡大では、医療提供体制…

「JRC2022」はハイブリッド方式で開催 学会、展示会は来場者が…

 放射線医療関連の国内最大イベント「JRC2022」が、4月14 ~ 17日の4日間、横浜市・パシフィコ横浜で開催された。主催は一般社団法人日本ラジオロジー協会。 「JRC2022」は、第81回日本医学放射線学会(JRS)総会、第78回日本放射線技術学会(JSRT)総会学術大会、第123回日本医学物理学会(JSMP)学術大会、2022国際医…

シーメンス事業戦略説明会/予定を前倒しして、新たな戦略フェ…

 シーメンスヘルスケアは3月11日、ゲートシティ大崎 ウエストタワー地下1階「ゲートシティホール」(東京・品川区)にて、「日本におけるSiemens Healthineers事業戦略説明会」を開催した。  はじめに、同社代表取締役社長の森 秀顕氏が「日本におけるSiemensHealthineersのビジネスと今後の戦略について」と題して講…

エム・シー・ヘルスケア/ 今後の医療政策と病院経営をテーマに…

 エム・シー・ヘルスケアは、2月16日、本社(東京・港区)にて、オンライン講演会を中心とする「第22回病院の経営を考える会」を開催した。本年は「今後の医療政策と病院経営」をテーマに、共に厚生労働省出身の武田俊彦氏(岩手医科大学客員教授)と鈴木康裕氏(国際医療福祉大学副学長)が講演を行った。  最初に登壇…

NEC医療DXオンラインセミナー/済生会熊本病院での医療DXの取り…

 NECは2月17日、医療DXオンラインセミナー「FutureHospital実現を目指した医療DX共創」をオンライン上で開催した。 同セミナーでは、同社の新サービスの1つであるオンライン診療・カンファレンス支援サービス「MegaOakTeleHealth」を活用して医療DXの価値創出へ取り組んでいる済生会熊本病院のスタッフによる講演が行わ…

島津製作所/恒例の「レントゲン祭」でAI技術の活用をアピール

 島津製作所は恒例の「第99回レントゲン祭」を、ヴィルヘルム・レントゲン博士の命日である2月10日に開催した。同会は、昨年に続きオンラインによる開催となった。  冒頭、同社 医用機器事業部長の青山功基氏が式辞を述べ、同社の最新トピックスを紹介。「X線画像診断分野でもAI技術の活用が進んでいるが、当社でも検査…

JIRA年頭所感発表会/新型コロナの影響続く下で、DⅩ拡大等を目…

 一般社団法人 日本画像医療システム工業会(JIRA)は、1月6日、恒例のJIRA山本章夫会長(富士フイルムヘルスケア代表取締役社長)による年頭所感発表会をKKRホテル東京(千代田区)で開催した。  山本会長は、まず2021年を振り返って次のように述べた。「昨年は、一昨年から続く新型コロナウイルス感染症の影響が大き…

フィリップス・ジャパン/遠隔医療やデータ連携など、ヘルスケ…

 フィリップス・ジャパンは12月8日、東京會舘(東京・千代田区)で事業戦略発表会を開催。同社代表取締役社長の堤 浩幸氏が2022年の事業戦略について講演した。 堤氏はまず、「フィリップスは有意義なイノベーションを通して、より健康で持続可能な循環型社会を実現する」と述べ、2021年までの同社における事業戦略のテ…

量子科学技術研究開発機構/量子メス開発に関する研究成果と将…

 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(QST)は、7月9日、オンライン上で、次世代高性能がん治療装置「量子メス」の開発の進捗等を紹介する2021年度第1回QST記者懇談会を開催した。  はじめに、QST理事の野田耕司氏が「量子メス開発の現状と将来展望」と題して講演。旧放医研時代からの重粒子線治療開発に関する…

宿毛市&大井田病院/オンライン診療・服薬指導に関する医療実…

 高知県幡多地域の宿毛市と特定医療法人長生会 大井田病院は、6月28日、医療実証事業に関する連携協定を締結。同日より12月28日までの半年間、オンライン診療・オンライン服薬指導および地域医療情報ネットワークを活用した「SUKUMOオンライン医療実証事業」を実施すると発表した。  宿毛市長の中平富宏氏は会見で「宿…

医療機器サイバーセキュリティ協議会/サイバー犯罪に対する演…

 医療機器サイバーセキュリティ協議会は、5月19日、オンライン上で第6回医療機器サイバーセキュリティ協議会を開催した。  同協議会は、2019年9月に設立されたもので、医療機器ベンダー、セキュリティベンダー、医療機関、関係府省などから有志が参加。各分野、領域の専門家が、医療ITのセキュリティ向上のために…

日本IVR学会/第50回となる節目の大会を完全Web形式にて開催

 日本IVR学会は4月26日、第50回日本IVR学会総会(5月20~22日、Webにて開催)に先立ち、プレスセミナーをオンライン上で開催した。  司会は掛田伸吾氏(弘前大)が務め、まず日本IVR学会について同学会理事長の山門亨一郎氏(兵庫医科大)が説明。その後、山門氏は「IVRを用いた新たながん治療」を演題に講演し、IVRに…

TOPへ