キヤノンメディカルシステムズ

キヤノンメディカルシステムズ

●名実ともにキヤノングループとして初出展、最新の医療情報ソリューションを紹介
 2018年1月4日にキヤノンメディカルシステムズと社名を変更して名実ともにキヤノングループとしての出展となった今回、医療の質と効率を向上させる当社独自のアプローチとして、ベンダー・ニュートラルの実現を目指す医療情報統合管理システム「Abierto VNA」と、診療情報とVNAの画像情報を統合表示する「Abierto Cockpit」を展示。電子カルテやPACSだけでなく、内視鏡画像や臨床検査情報などを1画面で表示、時間軸連動表示機能によって、診療に必要な情報をタイムラインとデータパネルに展開できるほか、ルールベース診療評価エンジンを搭載。医師の経験に基づいた異常値や、急激な容体変化を検出し表示情報見落としのリスクを低減する、ルールに基づくイベント検出機能を実現している。

 7月13日(金)には、出展社プレゼンテーションセミナーとして、三原直樹氏(国立がん研究センター 情報統括センター)が「現状の電子カルテシステムの課題 Abiertoシリーズに期待すること ~放射線診断専門医、医療情報部の視点から」と題して講演し、同システムへの期待を述べた。
 このほか、総合電子カルテシステム「HAPPY ACTIS」や、受診者の待ち時間が一番短いと想定される検査を健診端末およびタブレット端末上に表示する機能を実装した健診システム「HealthcareAgent」などの最新ICTソリューションを展示した。


その他の記事

アライドテレシス

●「つなぐ・まもる・つかう」をテーマに、ネットワーク製品群を紹介  ア…

医用工学研究所

●DWHデータをAI検索により有効活用する新機能を参考出展  医用工学研究…

EIZO

●「診断から治療まで」-医用画像・映像ソリューション製品群を展示  EI…

SBS情報システム

●地域医療をサポートする各種ソリューションを展示  SBS情報システムは…

NEC

●「働き方改革と医療サービスの継続」をテーマに、最先端の医療ICTを展示 …

カリーナシステム

●手術室を支える、手術映像管理トータルシステムを展示  カリーナシステ…

JVCケンウッド

●手術安全・ワークフローの効率化を実現する手術室向け映像ソリューション…

ジェイマックシステム

●放射線業務関連のシステム新機能を中心に紹介  ジェイマックシステムは…

ジャパンシステム

●医療情報システムのセキュリティ強化ソリューションを提案  ジャパンシ…

PHC

●新しい病院向け電子カルテとオンライン診療連携をアピール  2018年4月…

PSP

●統合検査情報システムや内視鏡検査情報管理システムを出展  PSPは、…

日立製作所

●「“CARE”をつなごう」をテーマに、医療から健診に至る豊富なソリューショ…

ファインデックス

●「紙文書とデジタル共存で経営改善」をテーマに、各種ソリューションを出…

TOPへ