ジェイマックシステム

ジェイマックシステム

●放射線業務関連のシステム新機能を中心に紹介
 ジェイマックシステムは、同社のシステムに追加された新機能を来場者に向けてアピールしていた。その1つが読影レポートシステム「LUCID」に新たに加わった「注意喚起コメント」機能である。「注意喚起コメント」は、レポート内容の見落とし防止を目的とした機能であり、読影医が自身のレポートに「依頼部位以外に病変あり」などの形で注意喚起コメントを付けると、レポートを受け取る側の医師が院内配信Webレポート画面を立ち上げた瞬間に同コメントがポップアップされ、確認を促す。同コメントは印刷も可能。また、レポート自体の見落とし防止を目的に、各診療科の医師のレポート閲覧を画面表示する「レポート確認済」機能も追加された。
 もう1つは、放射線部門業務システム「ACTRIS」に新たに設定された「線量管理オプション」である。同オプションは平成30年診療報酬改定で施設基準に盛り込まれたCT線量管理加算などへの対応を設定の目的としており、①各種比較(検査部位や検診など設定基軸ごとの線量集計比較機能)、②DRL比較(診断参考レベル[Japan DRLs 2015]と自施設計測線量との比較機能)、③線量検知(自施設推奨の照射線量範囲の設定および範囲外照射に対するアラート機能)の機能を持つ。同オプションの実装は現在CTのみで、今後、他のモダリティにも拡大していく予定であるという。


その他の記事

アライドテレシス

●「つなぐ・まもる・つかう」をテーマに、ネットワーク製品群を紹介  ア…

医用工学研究所

●DWHデータをAI検索により有効活用する新機能を参考出展  医用工学研究…

EIZO

●「診断から治療まで」-医用画像・映像ソリューション製品群を展示  EI…

SBS情報システム

●地域医療をサポートする各種ソリューションを展示  SBS情報システムは…

NEC

●「働き方改革と医療サービスの継続」をテーマに、最先端の医療ICTを展示 …

カリーナシステム

●手術室を支える、手術映像管理トータルシステムを展示  カリーナシステ…

JVCケンウッド

●手術安全・ワークフローの効率化を実現する手術室向け映像ソリューション…

ジャパンシステム

●医療情報システムのセキュリティ強化ソリューションを提案  ジャパンシ…

PHC

●新しい病院向け電子カルテとオンライン診療連携をアピール  2018年4月…

PSP

●統合検査情報システムや内視鏡検査情報管理システムを出展  PSPは、…

日立製作所

●「“CARE”をつなごう」をテーマに、医療から健診に至る豊富なソリューショ…

ファインデックス

●「紙文書とデジタル共存で経営改善」をテーマに、各種ソリューションを出…

TOPへ