医用工学研究所

医用工学研究所

●DWHデータをAI検索により有効活用する新機能を参考出展
 医用工学研究所は、医療DWH「CLISTA!」の新サービスとして開発中の「CLISTA! AI検索」を参考出展した。
「CLISTA! AI検索」は、自己学習型のAI(人工知能)の支援を受けて「CLISTA!」に格納されたデータから検索対象を高精度に抽出・分析する機能である。病院におけるデータ活用の裾野を広げるために、簡単かつ習得しやすい操作を重視して設計された。具体的には、ITリテラシーが高くない経営層でもDWHを自在に使いこなし、病院資産であるデータをより経営改善や将来構想の構築等に有効活用できるようにすることを実用化の目標に掲げている。操作方法を簡単に説明すると、使用者が解析要件、例えば検索入力欄に「糖尿病薬の処方から1ヵ月後の血糖値改善の結果」といったキーワードを打ち込むと、AI解析によりデータ格納の条件が複数例提示され、その中から必要項目を選択しデータ検索の精度を高めていくことで、より分析結果の有用性を高める仕組みとなっている。
なお、医用工学研究所によると、「CLISTA! AI検索」の出展はデモを通じて来場者のニーズや意見を収集しシステムを改善することが主な目的である。また、同機能は医療DWH「CLISTA!」の最新版4.0のアルファ版として、2018年度内のサービス開始を目標に掲げて開発を進める一方で、特許を出願中であるという。
 ブースでは他に、5台用意されたデモ機で今年10月リリース予定の「CLISTA! Benchmark」のシステム概要や機能などを紹介。病院間のベンチマークを可能とするクラウド型原価計算システム「HOMAS-Cloud」のデモも来場者に好評を博していた。


その他の記事

アライドテレシス

●「つなぐ・まもる・つかう」をテーマに、ネットワーク製品群を紹介  ア…

EIZO

●「診断から治療まで」-医用画像・映像ソリューション製品群を展示  EI…

SBS情報システム

●地域医療をサポートする各種ソリューションを展示  SBS情報システムは…

NEC

●「働き方改革と医療サービスの継続」をテーマに、最先端の医療ICTを展示 …

カリーナシステム

●手術室を支える、手術映像管理トータルシステムを展示  カリーナシステ…

JVCケンウッド

●手術安全・ワークフローの効率化を実現する手術室向け映像ソリューション…

ジェイマックシステム

●放射線業務関連のシステム新機能を中心に紹介  ジェイマックシステムは…

ジャパンシステム

●医療情報システムのセキュリティ強化ソリューションを提案  ジャパンシ…

PHC

●新しい病院向け電子カルテとオンライン診療連携をアピール  2018年4月…

PSP

●統合検査情報システムや内視鏡検査情報管理システムを出展  PSPは、…

日立製作所

●「“CARE”をつなごう」をテーマに、医療から健診に至る豊富なソリューショ…

ファインデックス

●「紙文書とデジタル共存で経営改善」をテーマに、各種ソリューションを出…

TOPへ